イギリスの古墳コールドラム・ロング・バロウ

冬のイギリスでは非常に貴重な、抜群に快晴の週末があり、何処かに出掛けたいと願いました。でも近場の目ぼしい所は既にほとんど回っちゃったし…とウンウン考えて、前日に偶然ネットで見付けたのが、ケントの州都Maidstone メイドストーン近くにある、「Coldrum コールドラム」と言う遺跡でした。ケント州で最も保存状態が良いと言われる新石器時代の巨石文明遺跡で、「long barrow=長墳」と呼ばれる古代の墳丘墓です。こんなに私にピッタリな場所が、実は割と身近にあったなんて!と、結構ワクワクしました。NT(ナショナルトラスト)管理ですが、入場無料の多くはガイドブックに掲載されていない為、今まで知りませんでした。
a0208783_2442564.jpg
最寄の市町村は「Trotisscliffe トロティスクリフ」と言い、ヨロズヤの一軒もないような(でもパブはある)小さな村。中心から、しばらく細く折れ曲がった農道を進みます。3、4台しか止められませんが、一軒の農場の脇に、NTの専用駐車場があります。
a0208783_2445685.jpg
駐車場のある入り口から長墳まで、10分位歩きます。イギリスらしく、遊歩道は完備されています。
a0208783_2453342.jpg
途中、野イバラのヒップなど、赤い実を色々見掛けました。
a0208783_2461070.jpg
5、6分歩いた森の中の遊歩道を抜けると、突然視界が開けます。
a0208783_247183.jpg
コールドラムは、ノースダウンズ丘陵地帯の丁度麓にあるのです。この丘の尾根には、カンタベリーとウィンチェスターの二つの重要な大聖堂都市を繋ぐ、中世から続く「Pilgrim's Way 巡礼者の道」も通っています。
a0208783_24926.jpg
コールドラムの魅力は、保存状態の良い遺跡そのものだけでなく、そのドラマティックな立地だと言われています。日本の古墳も、風水に乗っ取り、最高の立地を選び建設したのではと言われていますが、イギリスの古墳も、古代人の研ぎ澄まされた感性で選び抜かれた、大抵風光明媚な眺望の良い場所に建設されたようです。どちらにせよ、死者や死後の世界に対する畏敬の念が感じられます。
a0208783_3172172.jpg
牧草地に出てから少し右に折れると、やっと木々に囲まれた遺跡そのものが見えて来ます。遊歩道より一段高い場所に築かれており、階段か坂道を少し登ります。
a0208783_251371.jpg
頂上に到着しました。実は子供の頃から、古墳キチ★イだった私。日本の古墳時代と言うと、紀元3世紀から7世紀を指しますが、この長墳は、それより遥かに古い紀元前4000年頃に築かれました。かの有名なストーン・ヘンジよりも、更に1000年程古い時代に築造されたと言われているのだから、胸がときめきます(…ヘンタイ?)。その上、日本の天皇陵等の大規模で歴史上重要な古墳の多くは、宮内庁管轄に指定されており、一般人の入場が厳しく禁止されていますが、ここのは誰でも気軽に近付くことが許されています。
a0208783_2523850.jpg
盛り土は失われ、石室入り口が露出した、言わば石舞台古墳状態です。
a0208783_2534948.jpg
このメイドストーンの近くのRiver Medway メッドウェイ川流域には、「Kit’s Coty House」や「Countless Stones (Little Kit’s Coty House)」と呼ばれる新石器時代の古墳(の残骸)が幾つかありますが、やはりどれも石室が剥き出しの状態です。中世の暗黒時代に、異教の遺物だと言う理由で破壊されたとか。ついでに巨石を、建築物等にちゃっかり再利用したそうです。
a0208783_2543774.jpg
これらの巨石は、sarsen サーセンと呼ばれる砂岩の一種。氷河期の名残りと言われ、欧州最大のストーン・サークル「エイヴベリー」でも使用されている、イギリスでは良く見られる岩石です。普通砂岩は脆いのですが、サーセンは石英の粒を含み、かなり強固です。
a0208783_255134.jpg
こちらは、かつて古墳の側面を覆っていた石。コールドラムは、「長墳」と言えど他の一般的な長墳に比べ、かなり短い形状な為、長い間ストーン・サークルだと誤解されていました。
a0208783_2555773.jpg
石室入り口は、こんな風に結構急な崖の上に築かれています。
a0208783_2564956.jpg
新石器時代の古墳の入り口は、どれも東を向いているそうです。
a0208783_4232873.jpg
古代遺跡の見学に限って言えば、冬が最適。夏は、定期的に草刈りはされていても、それ以上に植物の成長が早く、部分的に隠れて良く見えなかったり、藪が深くて思い通りに近付けなかったりして不便です。それに、冬の低い日差しのほうが、遺跡の撮影には向いています。
a0208783_2573490.jpg
これが、埋葬当時の想像図なんですが、…崖は何処に? 中世から盗掘が繰り返された為、副葬品の多くは失われていましたが、20世紀初頭の発掘調査で、子供を含む男女22体が埋葬されていたそうです。多分後のDNAの鑑定結果から、同じ一族の2百年以上に渡る埋葬地だったと言われています。遺体は、一定期間他の場所で放置され、白骨状態になってから埋葬されたとか、内臓を取り除き、手足を切断する(スペース有効利用の為??)など、「excarnation」 と言う死体処理方法の一部が取られたと考えられています。
a0208783_2581723.jpg
古墳の脇に立つこの大木には、リボンが沢山結び付けられています。イギリスのスピリチュアル・スポットに多い、「wishing tree 願いの木」と言うもので、ちょっと日本のおみくじの木に似ています。
a0208783_2585339.jpg
その木の根元には、不気味に焼け焦げたギターが。遺跡周辺で焚き火の痕も度々見掛けるイギリスですが(おいおい)、文化財の近くで無断で火を使用するのは止めましょう。
a0208783_302651.jpg
古墳の巨石の上には、更に藁細工のお供え物(念の為藁人形ではないよ)が置いてありました。どちらにせよ、キリスト教とは無関係の、原始宗教的、自然崇拝的、またはヒッピー的とかペイガン的と言えます。
a0208783_31612.jpg
ハロウィーンの後だったせいか、何故かカボチャのお供えも。色の近いコマドリと仲良し。
a0208783_314384.jpg
「Coldrum」と言う地名は、ケルト系のコーンウォール語の「魔法の地」を意味する「Galdrum」から来ていると言われています。名付けられたのは、多分建造よりずっと後の時代だと思いますが、そう呼びたくなるのも頷ける、否応無しに神秘的で特別な場所に感じられるコールドラムです。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-23 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ウラン・ガラスのネックレス

a0208783_20293790.jpg
今まで幾つかウラン・ガラスのアクセサリーを手に入れましたが、それらは大体、ウラン・ガラスの製造がほぼ終了した1940年代以降のアクセサリーで、単に前時代から余っていたラインストーンを使用しただけ、と言った感じでした。そこで、実際ウラン・ガラスの製造が盛んだったアール・デコ時代以前の、しかも部分的にではなくウラン・ガラスがメインのアクセサリーを、今度は手に入れたいと思っていました(…あくまでフリマで安く)。そしてとうとう出会ったのが、このネックレスです。
a0208783_203039.jpg
大きさのグラデーションになった主要のガラス・ビーズが、ウラン・ガラス特有の黄色っぽい緑色ではなく、どちらかと言えば青みの強い、エメラルド・グリーンに近い緑色なのですが、間に繋げた無色透明のシード・ビーズを除いては、睨んだ通り全てウラン・ガラスでした。間には菊座も繋げてあり、間違いなくアール・デコ時代のデザインの、多分チェコ製のファイヤー・ポーリッシュ・ビーズだと思います。
a0208783_20303031.jpg
例えウラン・ガラスじゃなかったとしても、ビーズの色合いと透明感が美しい、中々素敵なネックレスです。良く見ると大きいビーズのあちこちにカケがありますが、遠目には気になりません。直に肌に触れない、衣類の上からとかなら、実際使用することも出来ます。
a0208783_6122597.jpg
アール・デコ時代のウラン・ガラスとしては放射線量は高めで、紫外線光でかなり濃く輝きます。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-22 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

チロリアンな靴下

a0208783_7243761.jpg
随分昔、旅行したオーストリアを去る際、余ったユーロを使い切ろうと(今思えば、とって置いても腐る物じゃなし、そんな必要全くなかった)、ウィーンの空港内の民族衣装のお店で買った物です。こんな靴下他で見ない~、かつオーストリアらしい~と思って買ったんですけど、実際には、毛糸素材がちくちくして肌触り悪いし、長さが中途半端だし、しかも既に三つ折り仕様で使い辛く、合いそうな服装もなく、結局未使用で長年仕舞ったままでした。その割に、何故か猫毛だらけになっていましたが…。
a0208783_7251110.jpg
金属のエーデルワイスのモチーフが付いているのが最大の特徴なのですが、これがピューター製らしく、はっきり言って重過ぎ&でっか過ぎ。このせいで、靴下がだらしなくだらーんと下がって来ます。そもそも素材は毛糸だから、寒い季節に履く靴下のはずなのに、このモチーフを見せる状態で冬に靴下を履くってことは(タイツの上に重ね履きでもしない限り)なさそう。多分このまま一生使用することはないだろうから、モチーフだけ切りとって、他の何かに再利用しようかと検討中です。
   




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-21 15:33 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

ヒヨコ柄の羽織

a0208783_815193.jpg
昔リカちゃん人形用の文化人形風の衣装を作った、和風のヒヨコ柄の生地です。人形用の着物を作り始めて以来、この布で作ったら、どんなに可愛いだろうと思っていましたが、元々小さな端切れだった上に残り少なく、どう考えても着物には足りません。そこである日、着物用の羽織なら出来るかも、と思い付きました。
a0208783_8153368.jpg
ところが、思いの他羽織も、布の面積が結構必要なんですね~。腕を下ろすと袖が丈より長くなる、結局ヘンな羽織になってしまいました…。おまけに、柄の密度の偏りが大きく、凄く使い辛い生地だと痛感しました。特に、数少ないヒヨコ部分を、目立つ場所に持って来て布を断つのが一苦労でした。
a0208783_8143158.jpg
着物と羽織の布が揃いのアンサンブルも可愛いけど、バラバラなのも古風で好きです。
a0208783_8161040.jpg
下に合わせた着物の布は、イギリスで買った中古品で、赤と緑のストライプ。クリスマス色と言えばそうだけど、クリスマスでさえ、こんな布で作る人形の服なんて、長年何も思い浮かびませんでした。しかし、意外と着物ならイケるかも知れないと閃きました。やっぱり着物って、洋服とは考え方や合わせ方が全然違う。ちょっとノスタルジックな色合いで、普段は粋で渋い縞の着物も、これなら子供用にOKだと思いました。
a0208783_8164689.jpg
帯は、古布風の縮緬で、文庫もどきにしています。上に羽織を着るから、余り出っ張る形では可笑しいなあと思いまして。帯揚げは、ポップに水玉柄。髪飾りも、とことんレトロ&キッチュに仕上げたいと思いました。
a0208783_818526.jpg
結局このキャッスル黒髪おかっぱリカちゃんは、更に前髪を切って眉出しにしました。このほうが、私の着せたい服のイメージに合うし、顔写りが数段良くなり、表情も少し優しくなったように感じます。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-20 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

フリンジ付きゴージャス・ブローチ

a0208783_2014712.jpg
スミレのブローチを買った日の同じフリマで、別のプロらしきストールで買いました。その時P太も一緒に居たのですが、「さっきのスミレのは君にぴったりだけど、これは派手過ぎるんじゃない?」と言いました。こっちは姉に上げる為に買ったんだよ、と言うと、P太納得。大ぶりで、いかにも姉の好みに合いそうだからです。
a0208783_2022053.jpg
縦9cm×横6cmぐらいで、立体感もあり、確かにボリュームはたっぷり。円を三つ連ねた、または三つ葉のクローバーを逆さにしたようなフォルムから、長さの違うフリンジが三本伸びていて揺れます。もしこのフリンジがなかったら、余り印象に残らなかったかも知れません。
a0208783_203723.jpg
びっしり覆っているラインストーンは概ね大きめで、今でも輝きが十分あります。派手と言えばその通りなのですが、石が全て無色透明なので、地色を選ばず、割とどんな服にもすんなり馴染みそう。尚且つ、程良く目立つアクセントになってくれると思います。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-19 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

スウェーデンのアート・ガラスのクリーマー

a0208783_8154212.jpg
こちらは、ハンガーフォードのアンティーク・モール「アーケード」で、私が買ったガラス器です。鮮やかな黄色ですが、念の為ウラン・ガラスではありません。スウェーデンの「Stockholms glasbruk ストックホルム・ガラス工房」の手作り吹きガラスで、多分1960~70年代辺りの製品。工房は、首都ストックホルムのユールゴーデン島の、「Skansen スカンセン」と言う野外博物館に在るそうです。買った理由は、吹きガラスならではのトロリとした形や質感、そして、透明に黄色が霜降り状に混じった独特な色合いが気に入ったからです。
a0208783_817153.jpg
更に、目に眩しい酸っぱい黄色の本体に対し、深いコバルト・ブルーのハンドルの組み合わせが、アクセントとして利いています。言わばスウェーデン色。もしこれが同じ黄色だったら、全く印象が違ったと思います。
a0208783_8164287.jpg
スウェーデンの工芸ガラス、特にビンテージは高価だと、度々古物番組でも紹介されていますが、これは2ポンドとフリマ並みの値段でした。昔、一緒に働いていたコピー・ライターさんのお友達が、スウェーデンでガラス職人の修行をしていると聞き、スウェーデンはガラス工芸が盛んなのだと初めて知ったものです。英国等の西欧のガラス製品とは明らかに違う、北欧らしい、ちょっと捻りのあるデザイン処理が多いと思います。
a0208783_8185190.jpg
色と形が、まるで洋梨みたい。用途は一応クリーマー(クリーム・ジャグ、またはミルク・ピッチャー)ですが、レーベルが残っていることから、多分今まで一度も実用はされておらず、また向いていないと思います。
この工房のガラスは、どちらかと言うと、小鳥等の動物やキノコ、リンゴなどのオブジェ(ペーパー・ウェイト?)で有名です。特に、全体に細かいヒビを入れた技法は代表的で、「スカンセン・ガラス」と呼ばれます。昔P太が義母と実際スカンセンに寄った際には、代表的なアイテムな一つの猫を買ったそうです。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-18 15:27 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ウラン・ガラスの六角形のソルト・セラー

a0208783_64947100.jpg
ハンガーフォードのアンティーク・モール「アーケード」では、予め「ウラン・ガラスに10ポンド以上使わないように」とP太に釘を刺しておきました。それで最初は、変な形の吹きガラスのヴィクトリア時代の花瓶8ポンドを買うつもりでしたが、最終的に、このオープン・ソルト・セラーを見付けました。小さくて場所を取らず、色も意匠も美しく、発光も強くて、正に私達のコレクションには理想的。ところが値札がなく、肝心の価格が分かりません。複数の契約出店者の参加しているアンティーク・モールでは、必ず値札に値段と出店者名、またはブース番号を記さなければならないシステムですが、時々値札の漏れがある、または紛失することがあります。そういう時は、レジに持って行って、モール側から出店者に値段を問い合わせて貰わなければなりません。出店者に連絡の付かないこともありますが、今回はすぐに繋がりました。値段は最初10ポンドと言われましたが、モール側から8ポンドに値切って貰い、値段交渉出来る機会に恵まれて、返ってラッキーでした。
a0208783_6502980.jpg
アメリカ・オハイオ州のケンブリッジ市にあった、「Mosser」と言うガラス・メーカーの、19世紀末の製品だそうです。この透明の黄色+乳白黄色の組み合わせの「プリムローズ色」の他に、無色透明、黄色のみ、コバルト・ブルー等、同形で幾つかの色のバリエーションが存在したようです。
a0208783_6505929.jpg
基本は、何故か古いガラス製のソルト・セラーに良くある六角形ですが、縁が鋭角ではなくカーブになっている所や、とろんとした乳白色な所、また、花のようなカット模様が入って透明感や反射が美しく、小さいながら中々充実したデザインだと思います。ソルト・セラーって本当に卓上の宝石…と言うか、ガラスならではの魅力が際立って、返ってウラン・ガラスのジュエリーより魅力的に見えます。
a0208783_6513534.jpg
縁が乳白黄色と言うよりは、限りなく白に近いのですが、この部分にもちゃんとウランが含まれているらしく、ブラック・ライトで発光します。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-17 15:27 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

エナメルのスミレのブローチ

a0208783_1957369.jpg
寒い季節でも定期的に開催されるフリマは、小規模な物ばかりで、出店者は毎回同じ顔ぶれのプロが多くを占めます。そう言うストールは、不用品を売る一般人よりは値段は高めですが、運が良ければ、アンティーク屋やチャリティショップよりは安めの物に出会え可能性があるので、賢く利用したいものです。
a0208783_1957325.jpg
これは、そんないつも出店しているプロのストールで買ったブローチです。スミレの花が、グラデーションの艶やかなエナメル彩色で表現されています。縦7cm位で、ブローチとしての存在感は十分ありますが、地金が薄めな為、重量はそれ程なく、繊細さもあります。また、花の立体感が、葉脈まで結構リアルに再現されています。多分1920~40年代の、オーストリア製です。白いレースとか、清楚な服装に似合いそうです。




  
[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-16 15:35 | アクセサリー | Comments(0)

年男

a0208783_4543920.jpg
先日、うちからそう遠くない観光用農場で、ファーム・ショップの他にも、アンティークやコレクタブルを販売しているとの情報を得たので、とある週末、天気は全然だけど、行ってみることにしました。
a0208783_455672.jpg
…と思ったら、入り口の駐車場に、いきなり迫力のデカさの雄鶏が! 
a0208783_4553150.jpg
寄り添う妻(雌鶏)と比べても、裕に倍位の大きさです。今年の干支が酉と言うことは、日本の皆様は既にイヤと言う程耳にしていると思いますが、この酉は、英語では単に「chicken 鶏」ではなく、「rooster 雄鶏」のことを指します。
a0208783_456545.jpg
鶏は大抵攻撃性が強く、猫も逃げ出す程ですが、この体格の良い彼はシャイな性格だったらしく、ちょっと近付いただけでスタコラ逃げて行きました。―――リーフレットには、農場は毎日オープンしていると書いてあったのに、実はその日は改装中で閉場。前以て何でも、サイトで確認しないと駄目かいな…。結局、立派な鶏の写真だけ撮って帰りました(笑)。
 



.
[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-15 15:33 | 動物 | Comments(0)

卓上の宝石、ソルト・セラー

a0208783_5182144.jpg
イギリスのチャリティショップやフリーマーケットで、非常に小さな古臭いガラスの容器を、時折見掛けることがあります。中央に窪みがあるので、どうやら容器らしいことは分かります。しかし、全体でも直径は5cm以下の小ささで、しかも大抵ガラスが分厚く、つまり容量は非常に限られている為、何を入れて利用出来るのか一瞬検討が付きません。もし日本であれば、さしずめ薬味入れ位にはなりそうです。実はこれらは「Salt cellar ソルト・セラー」と呼ばれ、主に食卓で使用する塩入れ容器なのです。古くは古代ローマ時代から、主に20世紀初頭まで使用されました。時にソルト・ディッシュとも、またイギリスではソルト・ポットとも呼ばれます。蓋付きもありますが、蓋のないタイプは「オープン・ソルト(セラー)」と呼ばれます。小さな専用スプーン付きの場合もありますが、「ソルト・ディップ」とも表現されることから、食べ物を容器に持って行って直接塩を付けたり、または指で塩を摘んで料理に振り掛けたりもしたようです。素材はガラスがメインで、他にも銀やブラス等の金属、陶器、木製など。ガラスと金属の組み合わせも、良く見掛けるタイプです。陶器製と木製は、調理時に使用する現代のキャニスターを差すことが多いかも知れません。卓上ソルト・セラーは、20世紀前半までは存在していたようですが、蓋に穴の開いた、容器から直接塩を料理に振り掛ける、便利な「salt shaker ソルト・シェイカー」が1911年に登場すると、急速に姿を消して行きました。
a0208783_51964.jpg
これは、以前も御紹介したことがある、随分昔にハンガリーの蚤の市で購入した、ユーゲントシュティール時代のオープン・ソルト。枠はエナメル彩色付きの銀メッキで、中にガラスのインナーがセットされています。後からイギリスのアンティーク番組で、全く同じものが登場したのを目撃し、ソビエト時代のロシア製であることが分かりました。番組中の値段は、スプーン無しで50ポンド位しました。
a0208783_520224.jpg
一方、こちらは現在のアメリカ製のソルト・セラー。とは言え、今までソルト・セラーだとは全く気付きませんでした。昔の物よりは割と容量があるので、私は普段、ジャム入れや薬味入れとして利用しています。日本の料理番組で、調味料入れとして登場するのも度々見掛けます。
a0208783_5204714.jpg
アンティークやビンテージの場合、銀製や銀との組み合わせは当然高価ですが、型抜きガラスだけの物なら、簡単に安価で見付けることが出来ます。一人一つずつ配されたらしく、大抵セットで販売されていたので(昔は6個組みが基本)、今でも割と多く残っている訳です。上の写真の三つは、ハンガーフォードのアンティーク・モール「アーケード」内の「ジャンク・ショップ」で買った、一個50ペンスの物。フリマでも大抵この程度の価格で手に入りますが、そんな値段でも、100年を超えている可能性が高いのです。割れ物とは言え、掌に収まる程小さく、更に分厚く頑丈に出来ている場合が多い為、持ち運びには苦労することもなく、初心者向けイギリスのアンティーク土産としては、最適なアイテムの一つかも知れません。
a0208783_5214654.jpg
現在塩入れとして使う人は今はまずいないでしょうが、アクセサリー入れ等としてなら、勿論今でも十分活用出来ます。大抵カット・ガラス風に華やかな装飾が施されており、デザインも様々なので、幾つか集めて並べると、まるでジュエリーのように綺麗だし、また和食器の豆皿のように魅力が増すように思います。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-01-14 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(116)
(94)
(87)
(87)
(75)
(71)
(70)
(66)
(54)
(52)
(52)
(49)
(48)
(47)
(44)
(43)
(39)
(37)
(37)
(35)

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

イギリスの古墳コールドラム・..
at 2017-01-23 15:25
ウラン・ガラスのネックレス
at 2017-01-22 15:25
チロリアンな靴下
at 2017-01-21 15:33
ヒヨコ柄の羽織
at 2017-01-20 15:28
フリンジ付きゴージャス・ブローチ
at 2017-01-19 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

chi-ppiさん、ご..
by piyoyonyon at 04:52
はっちさん、はじめまして..
by piyoyonyon at 04:48
三つ編みかわゆい(⋈◍>..
by chi-ppi at 15:42
 ぴよよんさん、初めまし..
by はっち at 21:31
猫の額さん、明けましてお..
by piyoyonyon at 18:13
参考地名と美しい写真付で..
by 猫の額 at 12:25
abby819lucky..
by piyoyonyon at 19:10
真木さん、お慰めありが..
by piyoyonyon at 19:04
Tallualhさん、お..
by piyoyonyon at 18:50
にいくさん、今までとらじ..
by piyoyonyon at 18:38

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。