喜多方の酒蔵巡り

a0208783_19525591.jpg
今回喜多方を訪れた目的の一つは、酒造元で試飲をし、美味しいお酒を買って帰ることでした。私は全くの下戸ですが、P太は大の日本酒ファン。会津は酒処で、土地柄良質の米と水に恵まれ、また戦国時代のその昔、蒲生氏郷が京都の伏見から杜氏を連れて来た為、酒造りが発達したと言われています。九州生まれで焼酎派だった義兄も、会津を訪れるようになってから、日本酒の魅力に目覚めたそうです。喜多方市内にも、味自慢の酒造元が多くあります。
a0208783_20121072.jpg
まず向かったのが「大和川酒造」。宿泊したホテルで御年始に貰ったのも、ここのにごり酒でした(しかも一人一本ずつ)。試飲出来るだけなく、博物館のように整備された酒蔵を見学することが出来ます。
a0208783_19533050.jpg
建物からして、見応えがあります。
a0208783_19541967.jpg
私は何度か訪れていますが、ここを見学すると、私のようなアルコールに疎い人間でも、日本酒を醸造する工程について、詳しく知ることが出来ます。
a0208783_19572473.jpg
そして、大吟醸がいかに贅沢かが理解出来ます。米の70%も研磨するんですから。
a0208783_19581921.jpg
ここもいつもなら、訪問者で賑わっているんですけど、この日は我々以外には誰もいなくて、神聖な空気が漂っている程でした。
a0208783_19552670.jpg
コンクリートのように硬く踏み固められた土間に、歴史の重みを感じます。
a0208783_19575026.jpg
面白かったのが、酒樽等にプリントする、ステンシルの型。
a0208783_1959196.jpg
酒瓶を並べた、何故かスペーシィな演出(ショップではありません)。
a0208783_19593977.jpg
最奥は、前回会津若松で訪れた末廣酒造同様に、コンサート等の多目的ホールになっています。酒蔵は音響抜群のようです。手すりに酒瓶を使用しているところに注目。
a0208783_202678.jpg
試飲&販売のコーナー。やはり純米大吟醸が濃厚で一番と言うことで、P太お買い上げです。
a0208783_2023523.jpg
美味しい酒造りに欠かせない、飯豊連峰からの湧水。
a0208783_2010244.jpg
その次に訪れたのが、喜多方でも最も古い「清川酒造」。
a0208783_2032321.jpg
見学無料と書いてあるものの、それ用にはほとんど整備されていない、ありのままの~♪ローカルな雰囲気たっぷりの造り酒屋で、これまた興味深いのでした。
a0208783_2034916.jpg
調合室なんて、こんなかんじ。非常にレトロな柄のホーロー鍋が、コンロに乗っていました。
a0208783_2041454.jpg
若かりし頃は結構イケメンであったであろうと思われる(笑)、味のある御主人が対応してくれました。全国的にも珍しい女性の杜氏を輩出した酒造元で、「夏子の酒」と言う漫画のモデルの一つになったそうです(和久井映見主演のドラマにもなりましたね)。ただし、そのモデルとなったお嫁さんは、病気療養中だと聞いたのが気掛かりです。ここでは、キリッと美味しい純米酒を買いました。
a0208783_2043637.jpg
酒蔵巡りと言いつつ二軒だけですが、これ以上訪れて気に入ったお酒に出会ったとしても、もう買って帰れないので断念。次回のお楽しみとします。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-21 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。