春のウェイクハースト・プレイス

a0208783_2137440.jpg
絶好のお出掛け日和の週末があり、丁度モクレンの季節だったので、王立植物園キューガーデンの別園である「Wakehurst Place ウェイクハースト・プレイス」に 義両親と行って来ました。ここは我が家から近く、ナショナルトラスト(NT)の会員なら入場無料なので、今までも度々訪れ、自分の庭の延長のような感覚でいました。ところが、元々敷地自体はNT所有であるのにも関わらず、昨年四月から王立園芸協会(RHS)員、キューガーデン&ウェイハースト友の会員以外は、とんでもなく高い駐車場を払わなくてはならなくなった為、すっかり縁遠くなっていました。ただし、こうしてRHS会員の義両親となら、訪問出来る訳です。
a0208783_21374842.jpg
お屋敷では、地元画家の個展が開かれていました。手頃な値段のプリント、ティータオル、絵葉書等も販売され、義母は、この夏フィンランドへ帰国する際の良いお土産になると喜んでいました。
a0208783_2138883.jpg
個展に伴い、普段は閉まって入れない部屋も公開されていました。この大食堂らしきホールの暖炉の脇には、中々迫力の等身大に近い修道僧の木像が。元修道院でもないのに、何故坊さん?
a0208783_21392255.jpg
一見豪華そうな壁の木彫でも、実はかなりプリミティブで、笑っちゃうと言うか不気味と言うか。この人魚なんて、体型が男のようです。
a0208783_21402124.jpg
この立派な大理石の暖炉も、やっぱり良く見ると彫刻の造形が稚拙。
a0208783_21404456.jpg
不思議な形の、ハープシコードみたいな鍵盤楽器。
a0208783_21414376.jpg
続いて、お気に入りのウォルド・ガーデンに行きました。
a0208783_2143144.jpg
咲いているのは、未だチューリップとエリシマム程度ですが、紫色系でシックにまとめています。
a0208783_21422418.jpg
そして、この庭園のアイコン的な鉛製のプランター(写真下)や、中央の石製プランターにのみ、赤いチューリップをポイント的に植えて、心憎い演出。
a0208783_2144063.jpg
この赤いチューリップにしても、葉に模様が入っている種類で凝っています。
a0208783_21442015.jpg
雉の多いウェイクハーストですが、自ら餌を求めて人間に近寄って来る、「奈良公園の鹿」状態の大胆な雉には、初めて会いました。
a0208783_21445355.jpg
続いて、小川の流れる谷へ行きます。
a0208783_21523496.jpg
どの庭園&公園でも、水辺は子供達に人気。このウェイクハーストには、広大な敷地内に大きな池が二つ、小川、湿地などがあります。
a0208783_2147568.jpg
石橋の袂に、水芭蕉が咲いていました。イギリスでも割と珍しい植物ですが、英語では「skunk cabbage スカンクのキャベツ」なんて風情のない名前(でも愛嬌はある)で呼ばれています。
a0208783_2151055.jpg
スカンク・キャベツは、こちらの黄色い少し大きな種類が主流です。
a0208783_21512765.jpg
芽吹いたばかりの、力強さがみなぎるシダ類。
a0208783_2153413.jpg
「日本の菖蒲園」の見頃は、2ヶ月位先かと思われましたが、この時はツツジが見事でした。日本でもツツジ園と言うと、傾斜を利用することが多いですね。
a0208783_21532058.jpg
モミジは紅葉だけでなく、若葉も美しいと思います。もの種類は、茎や葉脈のみ赤です。
a0208783_21452250.jpg
駐車場を有料にして以来丁度1年経った訳ですが、以前はこんな快晴の週末なら、予備の駐車場すら空きを探すのが大変な程の人気だったのに、メインの駐車場さえ空きが目立ち、確実に訪問者が減っていました。かつては充実していたショップも、随分ショボくなていました。元々利用者の80%がNT会員だったらしいので、当然の結果だとは思います。「今まで無料だった駐車場が、一日10ポンドだなんて馬鹿げている!」と、カンカンに怒る客も目にします。元々入り口のショップ&カフェだけは、入場料を払わずとも利用出来、一応最初の30分間のみ駐車無料なんですが、これを1時間に伸ばさない限り、カフェを利用したい客さえ来ないと思います。政府からの補助金が減って、キュー自体が財政難の為の苦肉の策とのことですが、イギリスが世界に誇る「王立」植物園なんだから、女王が城や船の一つ二つを売ってでも守るべきだと思います。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-05-08 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(76)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-21 15:23
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-20 15:30
十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 02:00
ぴよよんさん、 ぽ..
by 真木 at 10:18
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。