英国パワースポット紀行 オールド・サラム

a0208783_18595955.jpg
イングリッシュ・ヘリテイジの管轄で、前から是非行ってみたいと思っていたのが、このウィルトシャーの「Old Sarum オールド・サラム」です。ソールズベリーの北約3kmにある、直径約400mの円型の遺跡です。ソールズベリーの北には、ストーン・ヘンジエイヴベリーを始め、古代遺跡好きには堪らない場所が沢山ありますが、これも大変興味深い遺跡です。実際、遺跡の中の遺跡。先史時代の「hill fort 要塞」遺跡であり、後に中世の城壁都市でもあったのですから。
a0208783_1903837.jpg
まずは、案内板の航空写真(西方向より)を見るのが、一番分り易いと思います。ほぼ正円に近い遺跡で、堀は二重、土塁は三重になっています。ドーナッツ部分がかつての一般市民の居住区で、その真ん中のドーナッツの穴部分には、ノルマン様式の城が築かれていました。
a0208783_21322726.jpg
上の写真は、5年前にソールズベリー大聖堂で撮影したもので、中世のオールド・サラムの様子を復元したミニチュア模型。向かって正面が、丁度東方向になるようです。
a0208783_191533.jpg
同じく東側。現在は、駐車場が遺跡内にあるのにちょっと驚きです。
a0208783_1921654.jpg
そしてトイレは、更に大胆な立地で、土塁の側面を掘って設けられていました!
a0208783_1924040.jpg
中央の一段盛り上がった丘が、かつて城が立っていた場所。町(居住区)部分からせいぜい7、8m程高く見えます。
a0208783_193963.jpg
しかし実は、こんな深―い堀が取り囲んでいて、橋が無ければ安易に城に近付くことは出来ません。
a0208783_193391.jpg
木製の橋を渡って城内跡に入ります。今は固定されていますが、昔は敵が攻めて来た場合、外すことが出来るよう跳ね橋だったようです。ここからは有料。
a0208783_1941798.jpg
城内は、こんな風になっています。
a0208783_1943820.jpg
所々、石造りの城の建物の跡が残っています。これは礼拝堂跡かな。
a0208783_1945338.jpg
城の井戸は、使用人達のゴシップの場であったと、説明書きに記してあります。井戸端会議は世界共通でした。
a0208783_2223735.jpg
城の正面入り口は真東で、反対側の真西に、もう一つの入り口がありました。
a0208783_1955034.jpg
そして北西側には、かつてのオールド・サラムの町に立っていた、大聖堂の跡が見えます。ソールズベリー大聖堂の前身です。
a0208783_2213465.jpg
このオールド・サラム、最初に新石器時代に既に居住区であり、次の青銅時代には宗教儀式の場であったと言われ、鉄器時代には防衛機能を持つ、再び居住区となりました。ローマ軍に攻略されると駐屯地となり、その後のサクソン時代にも砦となりました。鉄器時代の土木工事(堀や土塁)が、ヴァイキング来襲からの防衛に役立ったからです。更にノルマン時代に入ると、ウィリアム征服王に寄って、要塞の中央にモット&ベーリー式の城が築かれました。城は長年「王城」の一つとして利用され、城壁都市として発展し、城壁内には大聖堂まで築かれました。12世紀後半には、ヘンリー二世の后で、リチャード獅子心王&ジョン欠地王の母であるエレオノール(またはアリエノール)・ダキティーヌが、この城に幽閉されていました。
a0208783_2221153.jpg
しかし町が手狭にでもなったのか、13世紀前半から、南のソールズベリーに新たな大聖堂の建設が始まると、町の機能も住民も徐々にそこにへ移って行き、オールド・サラムは衰退して行きました。14世紀にエドワード2世に寄って、城は完全に放棄されましたが、それ以後も王家に属する城ではあり続けました。けれど16世紀、ヘンリー8世に寄って売却されました(何でも売る!)。
a0208783_1984343.jpg
これは、城内のパン焼き場の跡と言われています。
a0208783_197253.jpg
城を取り囲む土塁の上は、今は遊歩道になっています。道が白く、少し土壌を削ると、チョークの層で覆われているのが分かります。
a0208783_1981871.jpg
勿論、ここからの眺望は抜群です。南のソールズベリーの街と、現在の大聖堂の尖塔が見えます。城が立っていた当時の塔からの眺めは、更に良かったことでしょう。
a0208783_191472.jpg
続いて城を出て、町跡部分をぐるりと一周します。
a0208783_199636.jpg
外側の堀は更に深く、防衛設備として相当有効だったと想像出来ます。しかしこの急な傾斜を、レトリーバーみたいな大型犬が、飼い主の投げたボールを追い掛けて、何度も全速力で上り下りしていたパワーには驚き。この部分は入場無料なので、地元民の格好の犬の散歩場所のようです。
a0208783_1910365.jpg
これは、斜面に生えていた大木が、根こそぎ倒れているところ。土壌が大変浅い為、根も浅く、この他にも倒れている木を沢山見掛けました。
a0208783_19103039.jpg
旧大聖堂の一段低くなった部分。かつての地下礼拝堂跡と思われます。
a0208783_2214939.jpg
散歩中のテリア犬が、何度もボールを銜えて私の所にやって来て、投げて遊んでくれと強請りました。
a0208783_19124572.jpg
近くにエアフィールドがあり、沢山の種類の小型飛行機がひっきりなしに飛んでいました。丁度、円盤で「風立ちぬ」を見た直後だったので、興味深く眺めました。
a0208783_1913438.jpg
更に、カラフルなパラグライダーも沢山。結構忙しい空だなあ。
a0208783_19132741.jpg
やはり歴史好きなら、一度は見ておきたい偉大な遺跡だと感じました。ソールズベリーかストーン・ヘンジを訪れる際は、是非一緒に予定に組んでみてはいかがでしょうか。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-06-02 15:36 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(75)
(74)
(71)
(66)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25
楕円のウラン・ガラスのライン..
at 2017-11-16 15:37
再びシュルーズブリのアンティ..
at 2017-11-15 15:27
金色と銀色の銀線細工のブローチ
at 2017-11-14 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。