ハンガーフォードでアンティーク・ショップ巡り 2

a0208783_23143816.jpg
イギリスのGWとも言えるイースター休暇の唯一の晴れの日に、夫婦でバークシャー州のハンガーフォードのアンティーク屋巡りに来ています。一番の目的は相変わらずウラン・ガラスですが、ガラス製品以外の商品も勿論チェックしています。ここは、最初に訪れた「ハンガーフォード・アーケード」と言うアンティーク・モール。
a0208783_23152959.jpg
Lea Stein リア・スタン(またはシュタイン)と言うフランスのデザイナーのセルロース・アセテート製のブローチは、非常に人気の高いコレクターズ・アイテム。値段も、貴金属並みに高価です(日本だと倍位)。アール・デコ風だけど、実は年代的には結構新し目の70~80年代。
a0208783_23162636.jpg
大好物のルーサイトのインタリオのブローチは、ここでは軒並み20ポンド以上しました。ブライトンやルイスのほうが、お買い得だなと実感。
a0208783_2317694.jpg
その点、同じルーサイトのインタリオでも、単なる置物は安め(…オーナーにも寄りますが)。
a0208783_23182140.jpg
布物のチェックも外せません。イギリスでは、刺繍よりもパッチワークに惹かれます。
a0208783_23174267.jpg
イギリスのパッチワークは、全般的に余り緻密じゃなくて、返って素朴で和める雰囲気です。
a0208783_2319285.jpg
オールド・シュタイフ等が揃う、ビンテージ玩具の専門ブース。テディベアも、ブリキのおもちゃも根強い人気。
a0208783_232019.jpg
イギリスでは、昔から缶入りお菓子がギフトとして定番で、その空き缶を集めている人も多いようです。左下のビアトリクス・ポッター柄の丸い缶は、私も子供の頃から実家で持っている物と同じ。中のお菓子は、何せ昔のイギリス製だから、悲しい程不味かった記憶が(笑)。
a0208783_23213321.jpg
ドイツ語圏で良く見掛ける、木製のお菓子、またはバターや蝋細工型。
a0208783_2322575.jpg
スージー・クーパーのデコ時代の人気デザイン「ドレスデン・スプレイ」のポットは、58ポンドでした。
a0208783_23231216.jpg
しかし、同時代でもスージーより遥かに高価なのが、クラリス・クリフ。古物番組を見ていると、多少難有りでも高値で取り引きされます。
a0208783_23235082.jpg
ロイヤル・コペンハーゲンのクリスマス・プレートは、何処でも人気。中央の、北欧フォークロア調の柄に惹かれました。
a0208783_23242668.jpg
ここのアンティーク・モールで、我々が一番興奮したのが、この小さな地下部屋(及びその入り口周辺)のブース。主に陶器やガラス器などのテーブルウェアを扱っていますが、何せ値段が、今時のチャリティショップより安い位なのです。お客さんの中には、ここの食器ばかり何個も買っている人もいました。
a0208783_23245481.jpg
中央の花模様のカップは、確か「Queen Ann」と言うメーカーだったような。右のソルト・ディスペンサーは、その後お買い上げされていました。
a0208783_23255722.jpg
人懐っこい花柄が愛らしい、J&Gメーキンの「トピック」のティーセット。
a0208783_23265067.jpg
ここでは、お皿一枚からバラバラで売られていますが、ティーセットは割と揃っていることが多いようです。今はカップ&ソーサーなんてめっきり使わなくて、多分丸ごと手放す人が多いのでしょうね。
a0208783_23273988.jpg
結局、ここで中々魅力的なウラン・ガラス器を、手頃な値段で幾つか手に入れることが出来ました。気が付けば、この最初の店だけで、いつの間にかたーっぷり3時間も費やしてしまいました…。前回訪れた際は、仕方なく私に付き合わされて、始終眠そうだったP太も、うって変わって今回は凄く楽しんでいました。これもそれも、ウラン・ガラスのお陰です。しかし、ウラン・ガラスを知らない、または興味のない人から見れば、余り高級そうでない地味なガラス器ばかり嬉々として買って、我々はさぞかし奇妙な客に写るだろうなと思いきや…、とんでもない! 私達とほぼ同時に会計をしていた他の客のうち、一組の夫婦は鹿の頭蓋骨と錆びたプロペラを、もう一組は野鳥(しかも特に珍しい種類でもない)の古い剥製を買っていて、私は横目で内心うわあ…と思って見ていました。骨董趣味(?)の奥の深さを、改めて思い知らされましたとさ(笑)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-04-13 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(148)
(131)
(117)
(111)
(109)
(97)
(86)
(74)
(69)
(66)
(63)
(59)
(56)
(56)
(54)
(53)
(51)
(47)
(41)
(41)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハンガリーの「ジェルボー」の..
at 2017-09-23 00:56
イエロー系ラインストーンのブ..
at 2017-09-22 15:27
再びドーキングでアンティーク..
at 2017-09-21 15:35
ガーデニング日和
at 2017-09-20 15:26
ハンカチ・パッチワークのトー..
at 2017-09-19 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 16:33
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 10:29
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 04:56
ぴよよんさん こんにちは..
by jin-chan at 16:19
>加代子さん、欧米人の美..
by piyoyonyon at 17:34
本当に素敵なバレッタです..
by 加代子 at 19:47

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。