中世のマーケット・タウン、フェイヴァーシャム

a0208783_1945148.jpg
ケント州の古いマーケット・タウンFaversham フェイヴァーシャムの、船着場の昔の倉庫街「Standard Quay スタンダード・キイ」を訪れた後は、Abbey Street アビー通りを南西に進んで、町の中心に向かいます。スタンダード・キイは町外れに在ると言っても、小さな町なので十分徒歩で中心へ行けます。
a0208783_1941219.jpg
アビー通りの名の通り、この一帯は、スティーヴン王とその妻マティルダ王妃に寄って12世紀に建立された、Abbey(大修道院)の敷地でした。左側の石造りの建物は、その時の外壁の門の名残り。
a0208783_19414514.jpg
アビー通り沿いには、1950年代の取り壊しを免れた木組みの家も、沢山残っています。サクソン時代には、フェイヴァーシャムはケント王の夏の首都だったそうです。
a0208783_19422239.jpg
港町でマーケット・タウンであるフェイヴァーシャムは、ビールの町としても知られています。以前通り掛った時、丁度ホップ祭の最中だったので、モーリス・ダンスに誘われて(爆)偶然立ち寄ったものの、歩くのもままならない程混雑していました。それで、もう一度普通の日に訪れたいと思っていました。しかし、今でも毎週土曜日に市場が開かれていて、この日もかなり混んでいました。
a0208783_19434754.jpg
この爽やかな水色の、時計台を持つ立派な建物は、昔のギルド・ホール。
a0208783_19442229.jpg
ギルド・ホールの裏側です。こんな地階がギリシャ風の柱だけのピロティ形式の建物は、イギリスでは典型的な昔の市場会場ですが、今でも現役で使用され、しかも木製の柱なのは珍しいんじゃないかな。
a0208783_19444122.jpg
ギルド・ホールの脇に立つ、ヴィクトリア時代の消化栓。
a0208783_195382.jpg
石畳や古い家も沢山残り、歴史的な町の雰囲気ばっちりです。この建物は、今は不動産屋と言うのが、ちとガッカリですけど(笑)。
a0208783_19453762.jpg
イギリスに古いマーケット・タウンは多く存在し、大抵人気の観光地になっていますが、こんなに昔ながらの面影をそのまま残す町は、少なくとも南東部では結構珍しいかも知れません。雰囲気の良さの決め手は、町の中心に車が入り込めないこと。イギリスって、例え歴史的な町(特に中小規模)でも、中心を幹線道路が通過して交通量が非常に多かったり、町のヘソの広場が全て駐車場になっていたりで、景観を大きく損ねていることが多いのです。ハンガリー人の友達に指摘されて、「確かに」と思いました。
a0208783_19465626.jpg
これは布地屋さん(の裏側)。イギリスとしては安めの薄手のプリント生地が沢山揃っていたので、じっくり見て選びたかったなあ。
a0208783_19471997.jpg
この毎週土曜日の市は、基本的に何でも売っていて、一部はアンティーク・マーケットになっていました。因みに、毎月第一日曜日には、アンティーク&ビンテージだけのマーケットも開かれるそうです。
a0208783_19474150.jpg
この古物を売るストールは、船乗りの為のチャリティ・ショップ。そんなチャリティが存在するとは、さすがは港町です。しかしこんな場所にも、EU離脱派のキャンペーンが。
a0208783_1948780.jpg
カラフルなフルーツ柄のグラス・セットも、オレンジ色のホーローのケトルも素敵。左の可愛いイラストの箱は、交通ルールを学ぶ為のドミノ・ゲームだそうです。
a0208783_19484512.jpg
箱入りデッドストックのシンディ人形の実物を、初めて見ました。この状態で25ポンドは、割とお買い得かも知れません。
a0208783_19493641.jpg
アンティーク・マーケットの裏には、アンティーク・ショップが。
a0208783_1950246.jpg
店内は、イギリスの典型的な骨董商の品揃えと言う雰囲気。
a0208783_19503964.jpg
右の50年代の食器棚と、左の白いわんこが可愛い(笑)。
a0208783_19511782.jpg
本当は、訪れる予定だったアンティーク・ショップがもっとあったのですが、駐車場の時間切れで、後ろ髪を引かれながらフェイヴァーシャムを去りました。人気の観光地なので、町内の道路は、許可証を持った住民以外は駐車厳禁になっています。町の駐車場でも4時間が最長みたいですが、4時間あってもじっくり見て回れるか疑問な程、雰囲気ばっちりで魅力的なフェイヴァーシャムです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-03 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(122)
(111)
(107)
(99)
(93)
(81)
(72)
(68)
(58)
(57)
(56)
(55)
(54)
(52)
(52)
(47)
(46)
(41)
(40)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ミニチュアの金彩のティーセット
at 2017-07-28 15:27
艶消し銀色の桜のバレッタ
at 2017-07-27 15:25
桜吹雪の鶴ヶ城
at 2017-07-26 15:32
会津木綿のトート・バッグ
at 2017-07-25 15:28
会津若松の素敵なお店
at 2017-07-24 15:23

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45
>にいくさん、こちらこそ..
by piyoyonyon at 00:31
>加代子さん、ありがとう..
by piyoyonyon at 00:19
>まこさん、こんにちは、..
by piyoyonyon at 00:12
ヴィンテージやアンティー..
by 千鳥 at 21:44

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。