サネット半島の風景

a0208783_21155027.jpg
Deal Castle ディール城を見学した後は、未だ日が長いので、北のサネット半島に向かうことにしました。ケント州の最東端の半島ですが、現地名は「Isle of Thanet サネット」と言います。かつては、浅い狭い海峡を挟んで、実際に島だったからです。その後、海峡には泥が堆積して干上がって行き、17世紀までには本島のブリテン島と完全に陸続きとなりました。ディールの桟橋の下から見えるのが↓、サネット半島部分。
a0208783_211424.jpg
この半島には、Margateや Ramsgate等の人気のビーチ・リゾートがあり、学校の夏休み期間はかなり混雑するそうです。比較的起伏の多い狭い面積の土地に、街が連なって集中していて、ケントとしては割と独特な風景を形成しています。私達が向かったのは、Broadstairs ブロードステアズと言う町。
a0208783_2133795.jpg
既に夕方だったので、海の近くの道路に無料駐車することが出来ました。 …何だか海の色が違う!
a0208783_2141569.jpg
海の水の色が違って見えるのは、どうやらイギリス南部では珍しい砂浜だからのようです。そして、海岸線に近付くには、絶壁の断崖を下りなくてはなりません。
a0208783_2143823.jpg
こんな、ほぼ垂直の崖。「わ~、自殺に最適!」と連発していたら、P太から「いい加減にして!」と厳重注意されました(笑)。
a0208783_2161437.jpg
途中、イギリスの夏のリゾート地に良く設置されている、ちんけな移動遊園地が。
a0208783_2152189.jpg
こんな空気で膨らます城(bouncy castle)や滑り台は、郊外型のフリマでも良く見掛けますが、巨大バックス・バニーは初めて見ました。
a0208783_2164521.jpg
海岸沿いの崖の上は、良く整備された公園になっており、EUからの補助金で作られたそうです。…ばいばい、EU。
a0208783_2173220.jpg
ここは、「Viking Bay ヴァイキング湾」と言うそうです。勿論、海岸にも下りました。あちこちに、崖の上から綴れ折りの階段が設置されています。
a0208783_2182191.jpg
足腰の弱い人用には、こんなエレベーターもあります。意外と新しいものです。使用は無料で、夕方には閉鎖されます。
a0208783_2191827.jpg
久しぶりに砂浜を歩いたので、足を取られる思いでした。キメの細かい、綺麗な砂に見えました。
a0208783_21195793.jpg
砂遊びが出来て、岩場の磯辺もあり、子供には最適な浜辺ですね。私も子どもの頃は、磯辺でカニやイソギンチャクを見るのが大好きでしたから。
a0208783_21102652.jpg
でもここの岩場は、見事に海藻に覆われて、滑ってビーサンでも歩けなさそう。
a0208783_21181297.jpg
砂浜には、こんな人も。地雷捜査にも使用されるような金属探知機で、砂の中のお宝を探しているのです。上手く行けば、結婚指輪とかが発見されます。砂浜は、やっぱり大人にとっても楽しい場所です。
a0208783_21121578.jpg
このブロードステアズのヴァイキング湾を去る際、ドーヴァー海峡の向こうのフランスでは、大雨が降っていたらしく、虹が見えました。
a0208783_21124863.jpg
元々ブロードステアズを目指したのは、地図でこの町に灯台があるのを見付け、P太が「灯台はクールだ!」と言って見たがったから。実際には灯台は町外れにあり、しかも海辺間近ではなく、更に脇を車で通過して、見落としそうな位の低さでした!
a0208783_5435724.jpg
更に北に進むと、こんな崖のトンネルが。崖の上には、やはりヘンリー八世時代の要塞跡らしき建物が見えます。どうやらこの半島の海岸線は、ぐるりと一周こんな絶壁+砂浜で構成されているようです。この辺りは「Kingsgate Bay」と呼ばれ、17世紀の国王チャールズ二世が、晩年に訪れた場所と言われていることから名付けられています。
a0208783_21145762.jpg
このお城らしき立派な建物は、地図にも載っていません。現在も使用されている城風のお屋敷、もしくはお金持ち学校ではと思いましたが、後から調べたところ、なんと一般人用のアパートメントに改装されているそうです。---やっぱりサネット半島の風景は、ちょっとだけ独特だと感じました。Margateの町にはビンテージ屋も多いらしいので、今度じっくりこの地域を廻ってみたいと思います。
  




00000010_1257561.png
[PR]
by piyoyonyon | 2016-07-27 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(135)
(109)
(108)
(100)
(94)
(88)
(78)
(70)
(65)
(54)
(54)
(53)
(52)
(51)
(51)
(50)
(45)
(42)
(39)
(38)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

春のリース・ヒル 2
at 2017-05-23 15:31
春のリース・ヒル 1
at 2017-05-22 15:38
鳥型のソーラー・ライト
at 2017-05-21 15:37
公衆電話ボックスの活用法 3
at 2017-05-20 15:31
リカちゃんのピンクのパーカー
at 2017-05-19 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

> 真木さん、イギリスを..
by piyoyonyon at 10:59
おお、ただいま日本におら..
by 真木 at 09:42
> 真木さん、こんにちは..
by piyoyonyon at 12:24
ぴよよんさん、 こ..
by 真木 at 09:25
> はっちさん、こんにち..
by piyoyonyon at 11:34
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 20:43
猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。