古代ローマ帝国時代の要塞、リッチボロー

a0208783_021358.jpg
ウォルマー城とディール城に行った翌週、同じくEH(イングリッシュ・ヘリテイジ)管理の「Richborough Roman Fort リッチボロー・ローマ要塞」を訪れました。この遺跡は、ディール城からは割と近いのに、何故同じ日に両方とも訪れなかったのかと聞かれそうですが、我が家からはかなり遠く、現地到着後の半日だけでは全部は回り切れない為、次の週もわざわざやって来たのです。
a0208783_001399.jpg
チケット受け付け兼売店の小屋。周囲ではトリカブトが咲いていました。この中に、ミニ博物館と言うか資料室もあり、遺跡を見学する前に予習しても良し、見終わった後に復習しても良し。
a0208783_005574.jpg
小屋の脇に転がっている石も、遺跡の一部のようです。
a0208783_04442.jpg
さて、この要塞は、紀元前43年にローマ軍がブリテン島に初上陸した地であり、ルカルヴァー要塞と共に、ヨーロッパ大陸に最も近い軍事の要でした。当時はワンツム海峡と呼ばれた海に面しており、海峡の北の端ではルカルヴァーが、南端にはこのリッチボローが睨みを利かせていた訳です。
a0208783_03877.jpg
かつてはほぼ正方形だった要塞は、現在は東(左手)部分の1/3位が崖下に崩れ、しかも今は海は干上がって陸地になっています。写真上部の丸く見える緑地は、当時の円型劇場跡だそうです。
a0208783_073031.jpg
要塞遺跡と言うと、大抵溝と土塁の土木工事跡しか残っていませんが、ここは城壁まで残っていて、遺跡好きとしては興奮します。特に、ローマ時代の建設技術は、その後の中世の時代より遥かに進んでいたことに、毎回驚かされます。
a0208783_05094.jpg
西門部分。左手の下にあるのは、当時の墓地だそうです。
a0208783_05531.jpg
城壁の外に、二重の堀はあるものの、土塁は見当たりません。
a0208783_063840.jpg
城壁内にも三重の堀がありますが、夏は湿地植物が高く茂るので、冬のほうが分かり易いかも。
a0208783_09264.jpg
これは井戸かと思いきや、洗礼台の跡だそうです。キリスト教徒を迫害し続けた古代ローマ帝国でしたが、4世紀末にはキリスト教を国教と見なします。
a0208783_0104350.jpg
北門は、ちょっと複雑な造り。
a0208783_0112475.jpg
この要塞の北東部分は、最初は「mansio」と呼ばれる上官の住居で、後に浴場になった場所。とにかく、ローマの遺跡に風呂は付き物です。
a0208783_0123454.jpg
この先が、要塞の崩れ落ちた部分。木が鬱蒼と生い茂って谷底が見えませんが、実はかなり深くて急です。崖の下は、今は鉄道とStour川が通っています。
a0208783_0142077.jpg
ローマが去った後、この部分には、サクソン後期に聖アウグスティヌス礼拝堂が建てられていました。やっぱりローマの遺跡は、立地の良さと建設物の利用価値から、リサイクルされることが多いようです。礼拝堂は、17世紀に取り壊されました。
a0208783_0161235.jpg
この辺りは、ローマ時代の商店街。セント・アルバンスの円型劇場にも、ローマの商店街跡がありました。
a0208783_0165866.jpg
中央の一段高い場所には、凱旋門が立っていました。
a0208783_0174489.jpg
資料室の復元イラストだと、こんな感じ。
a0208783_0182662.jpg
城壁の構造は、土台が砂岩で、その上は素焼きのレンガやタイル、フリント石が交互に混じっています。
a0208783_019599.jpg
汗ばむ日だったので、最後にお決まりのアイスクリームを食べました(…トリカブトの脇で)。私が「ラズベリー・リップル」で、P太が「ストロベリー&クリーム」です。この「Solley’s」と言うメーカーのアイスは、イギリスのカップ・アイスの中では、最高位に美味しいと思います。ケントを訪れる際には、是非お試し下さい。
a0208783_0193737.jpg
イギリス各地に点在するローマの遺跡の中でも、「ハドリアヌスの壁」に次ぐ位、最も歴史的に意味が深く、かつ最も良く保存されている場所の一つだと思います。EHの海外旅行者用チケットで、ドーヴァー城やウォルマー城、ディール城を訪れる際には、一緒に予定に入れる価値有りです。
  



00000010_1257561.png
[PR]
by piyoyonyon | 2016-08-02 15:34 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(136)
(110)
(109)
(101)
(95)
(89)
(79)
(70)
(66)
(54)
(54)
(53)
(52)
(51)
(51)
(50)
(45)
(42)
(39)
(38)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

キラキラ・ラインストーンの花..
at 2017-05-28 15:21
ウェールズ織りのがま口バッグ
at 2017-05-27 15:32
ジェニー人形のコロッボックル..
at 2017-05-26 15:24
ルイスでアンティーク・モール..
at 2017-05-25 15:32
ウラン・ガラスの蝶のキャンド..
at 2017-05-24 15:27

記事ランキング

検索

最新のコメント

> 真木さん、お友達のお..
by piyoyonyon at 17:41
ぴよよんさん、 わ..
by 真木 at 10:02
> 真木さん、イギリスを..
by piyoyonyon at 10:59
おお、ただいま日本におら..
by 真木 at 09:42
> 真木さん、こんにちは..
by piyoyonyon at 12:24
ぴよよんさん、 こ..
by 真木 at 09:25
> はっちさん、こんにち..
by piyoyonyon at 11:34
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 20:43
猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。