夏の終わりのスコトニー城

a0208783_1825353.jpg
ベイハム・オールド・アビーをお昼頃に去った後は、少しだけケント州側に入って、NT(ナショナルトラスト)の「Scotney Castle スコトニー城」を訪れることにしました。ここへは何度も来ていますが、ベイハム・アビーのすぐ近くなので、時間があれば、ついでに訪れない手はありません。
a0208783_181408.jpg
まずは到着後すぐに、駐車場脇のピクニック・ベンチで昼食。今日の弁当、ズバリ「海苔弁」です。「食戟のソーマ」の創真の海苔弁に凄くそそられたのと、その名も「のり弁の秘密」と言うふりかけを、母が送ってくれたものですから…。おにぎりより返って簡単です。ただし、魚のフライの竹輪天もなく、サツマイモのかき揚げを乗っけたので、炭水化物が多くて栄養バランス悪いです(苦笑)。
a0208783_18145177.jpg
「新城」脇の、終わり掛けの褪せたアジサイの微妙な色合いが綺麗。
a0208783_18133045.jpg
ここには、「新城」と「古城」の二つの城館があり、19世紀築の新城の内部もインテリアが興味深いのですが、今回はパス。
a0208783_18151830.jpg
ひたすら谷底にある、半分廃墟の14世紀築の古城を目指します。
a0208783_18154293.jpg
バラ園には、一種類だけのバラが植えられていました。種類は分かりませんが、匂いが強く葉がマットで、オールド・ローズかイングリッシュ・ローズのようです。
a0208783_18161490.jpg
途中、新たにハーブ・ボーダーが設けられていて、バーベナ・ボナリエンシスやアメジスト・セージ、ネペタなどが満開でした。
a0208783_18171197.jpg
古城に近付いて来ました。
a0208783_18184714.jpg
堀に囲まれた古城に到着。堀と言うよりは、湖に浮かぶ島に城が立っている感じです。
a0208783_18194411.jpg
城の前には、円型のハーブ・ガーデンがあります。
a0208783_18201459.jpg
その周囲のボーダー花壇。…正直言って、余りパッとしませんねえ。まあここは、建物と景観庭園との組み合わせを楽しむ場所であって、ツツジの季節の石切り場庭園の見頃以外は、純粋に植物を楽しみたい人にとっては、ちょっと物足りないかも知れません。
a0208783_182046100.jpg
咲き始めたセダムには、蜂が群がっていました。茎が紫色の、ちょっと変わったタイプ。
a0208783_18212631.jpg
お城の裏側(東側)は、すっかり廃墟です。こちらのボーダー花壇ほうが、廃墟と植物を上手く組み合わせてあり、中々見応えあると思います。
a0208783_1822032.jpg
この季節咲いていたのは、主にフロックスと秋明菊。
a0208783_18223241.jpg
続いて、池の周囲を歩いてみます。この日は汗ばむ湿度の高い日だったので、辺りが霞んで見えます。
a0208783_18231711.jpg
ここは、新城と古城を一緒に撮影出来る、数少ないスポットなんですが、生憎新城の裏側が修理中で足場に覆われていまして、あえて足場を避けて撮影してみました。
a0208783_18235320.jpg
イギリスには珍しく、トンボが多い場所のはずなんですけど、今回は余り見掛ませんでした。
a0208783_18241881.jpg
とても暑い日だったので、最後はお決まりのアイスクリーム・タイム! お気に入りのケントの地元アイス「SOLLEY’S」が、創立30周年記念と言うことで、特別限定フレーバー「バナナ味」を出ていました。試してみたら、人工的ではない自然なバナナ風味の上、甘さスッキリでクリーミーで凄く美味しい! P太は「ハニカム味」です。それにしても、NTやEHのカップ・アイスは、一個2.5ポンドと高めです(安いジャンク・アイスじゃ意味ないけど)。外出にほとんどお金を掛けない私達夫婦にとって、唯一とも言える贅沢品です(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-22 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(2)
Commented by 真木 at 2016-09-23 10:15 x
おお、スコットニー!

私はいつも、チャイニーズ・ホワイト・ウィステリアが
満開の時にしか訪れないので、秋の庭は斬新です。
ふむ、こんな風なのですね~。
とにかく、池がこの景色のすべてな気がします。
水面に映る城と地上の城が美しく映えるときが一番好き。

NTのアイスクリーム、高いですよね。
でも、日本のカップアイスより量がかなり多いような。
欧米人はアイスが好きなうえに、量も食べますよねぇ。。。

のりべん、美味しそうです!
Commented by piyoyonyon at 2016-09-24 18:11
真木さん、ほんとにここは、城と池(堀)と組み合わせて見てナンボと言った庭園ですよね。
新城の内部も面白いのですが、私が初めて訪れた時は、
新城は改装中で、近付くことさえ出来ず、物足りなかったのを憶えています。

日本のカップ・アイスって、そんなに小さかったでしたっけ??
すっかりイギリス・サイズが適量になってしまいました。ヤバイなあ(笑)。


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(135)
(109)
(108)
(100)
(94)
(88)
(78)
(70)
(65)
(54)
(54)
(53)
(52)
(51)
(51)
(50)
(45)
(42)
(39)
(38)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

春のリース・ヒル 2
at 2017-05-23 15:31
春のリース・ヒル 1
at 2017-05-22 15:38
鳥型のソーラー・ライト
at 2017-05-21 15:37
公衆電話ボックスの活用法 3
at 2017-05-20 15:31
リカちゃんのピンクのパーカー
at 2017-05-19 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

> 真木さん、イギリスを..
by piyoyonyon at 10:59
おお、ただいま日本におら..
by 真木 at 09:42
> 真木さん、こんにちは..
by piyoyonyon at 12:24
ぴよよんさん、 こ..
by 真木 at 09:25
> はっちさん、こんにち..
by piyoyonyon at 11:34
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 20:43
猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。