チャートウェルのカボチャ畑 sanpo

a0208783_6361275.jpg
夫婦揃って姪から風邪を移された週末、二次感染させる可能性がある為、年老いた義両親を訪れるのは遠慮させて貰いました。しかし、二人とも出掛ける分には問題ない程度の体調だったし、お天気も良かったので、第二次世界大戦時のイギリス首相チャーチルの旧邸宅、ケント州の「Chartwell チャートウェル」を、久しぶりに訪れることにしました。
a0208783_636384.jpg
ここは、ロンドンからそう遠くないこともあり、またチャーチル自身が今でも極めて人気の高い人物なこともあり、元々人気のナショナルトラストでしたが、最近は益々訪問者が多いようで、新たに駐車場が拡張されていました。更にその日は快晴だった為、拡張された駐車場ですら満杯になる寸前に到着しました。
a0208783_63778.jpg
生憎邸宅自体は修復中で、工事の足場に覆われていました。その邸宅脇にあるバラ園。その日は混んでいたから、奇跡的に人が居ない瞬間を狙って撮影。
a0208783_6373535.jpg
バラの葉は概ね傷んでいましたが、未だ結構多くの花が咲いていました。20世紀初頭に人気だったらしいバラ園のスタイルで、十字の通路で四角に仕切られたブロックに、それぞれ一種類ずつのバラが植えられており、面積の割に品種は多くありません。
a0208783_638189.jpg
ベンチの脇に植えられているのは、確か「サー・ウィンストン・チャーチル」と言う名のバラ。
a0208783_6384973.jpg
その他この時期咲いている花は、秋明菊、紫陽花(未だ)、フーシャ、フロックスなど。
a0208783_639145.jpg
…それと、ペンステモン。
a0208783_6395231.jpg
ガウラ(ハクチョウ草)の群生。
a0208783_6401615.jpg
この日は割と視界が良く、イングランド南東部の「weald ウィールド」と呼ばれる森林地帯を、かなり遠くまで見渡せました。
a0208783_6405720.jpg
続いて、ウォルド・ガーデンになっている畑に向かいます。この部分は元々「庭園」ではなく、チャーチル夫人の家庭菜園で、昔から料理に使う野菜や館に飾る花を栽培していました。
a0208783_6414191.jpg
この季節、ダリアが満開で圧巻。
a0208783_6421496.jpg
何故ダリアがイマイチ好きじゃないかと言えば、1.耐寒性がなく、毎年球根を堀り上げなくてはならず栽培が面倒、2.有毒、3.母が盆のお供え用に大量に栽培していて抹香臭いイメージ、…だからなのですが、見栄えがとても良い花だと言うことは認めざるを得ません。
a0208783_6425541.jpg
そして、ここでもう一つ目を引くのがカボチャ畑。この季節にピッタリな眺めです。畑っつーか、既に刈り取られて、カボチャの実だけが棚に吊り下げられています。多分地面に触れたままだと傷むから、吊るした状態で陽に当てて完熟させるのだと思います。
a0208783_6434035.jpg
こちらの小さなカボチャ達は、多分食用ではなく、おもちゃカボチャのような装飾用なのではと思います。
a0208783_644129.jpg
ブツブツ恐怖症の人は閲覧注意(もう遅いか。笑)。自分で撮影しておいてナンですが、私も苦手ですぅ。
a0208783_6444730.jpg
畑の中央には、「Golden Rose Avenue」と呼ばれる通路が。昨年秋に、チャーチル在世時の植栽計画に沿って、デザインを戻したそうです。メインのバラは、咲き進むにつれて色が変化する「マスカレード(マスケラード)」。バラの下草としては、ネペタやラムズ・イヤーなど銀葉植物でまとめてあります。
a0208783_6452315.jpg
ヒガンバナの仲間のネリネの群生。葉が無い分、花の固りが一際目立ちます。
a0208783_645508.jpg
壁に這ったクレマティスも、未だ沢山咲いています。
a0208783_6463845.jpg
ウォルド・ガーデンの脇の果樹園では、つやつやの姫リンゴが鈴成り。
a0208783_6471485.jpg
実は私達、チャートウェルには何度も来ているのに、いつも義両親の家に行く途中とか、中途半端な時間にやって来て、1~2時間程しか滞在しないので、池の反対側に行ったことは一度ありませんでした。それで今回、初めて(ちょこっとだけ)行ってみることにしました。
a0208783_6473974.jpg
池の脇には、チャーチル夫妻の像。
a0208783_6481661.jpg
中央辺りの池の表面に、大きな水しぶきが見えるでしょうか? 実は、体長1mもありそうな巨大な鯉が跳ね上がった直後なのです。田舎育ちの私の経験からすると、これは雨(特に夕立や雷雨)の前兆。しかし、この快晴からは雨の降ることが全く想像できませんでした。が、この一時間後位に本当に雨が降りました~。
a0208783_6485415.jpg
遊歩道は、この周辺に果てしなく完備されており、10km歩けば同じナショナルトラストのエメッツ庭園まで行けるとか。海外からの観光客ではない、地元のリピーターには、割と早い時間にやって来て、延々と森の中を散策する家族が多いようです。この頃の森は、丁度紅葉が始まったばかりと言ったところ。
a0208783_6492550.jpg
最後に、売店&カフェに戻ったら、大好きなアイスクリーム・メーカー「SOLLEY’S」の創立30周年記念と言うことで、専用アイスクリーム・スタンドが特設されていました! こんなの初めて見る!(思わずコーフン) スコトニー城で食べたバナナ味があったら、絶対それを選ぼうと思っていましたが、意外とフレーバーの種類は少なく、とんでもなく不味そうな色の、聞くだけでジャンクな「バブルガム味」なんてのがありました。
a0208783_6495094.jpg
結局、塩キャラメル味を注文。…これは正直言って、残念ながらチェシャーで食べたアイスのほうが遥かに上でした。P太は無難にチョコレート味。お釣りに受け取ったのは、この9月から使用されているプラスティック製の新5ポンド札です。丁度チャーチルの肖像入りだったから、一緒にパチリ。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-26 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(2)
Commented by 真木 at 2016-10-28 09:27 x
わ~、ぴよよんさん、私もダリア苦手です~!!
一つ一つを見るとそんなにイヤでもないけれど、集団で見ると
派手派手しくて暑苦しい・・・。
そして、めんどくさい球根ってのも同じく。

ネリネ系の方がよっぽど好きです。

こんな晩秋まで、アジサイやらクレマチスが咲いているって
本当にすごいですね・・・。
チャートウェル、Jock*世(何代目か忘れました)に
会えましたか?たしか、最近代替わりしたような?

友人から、5ポンド札の話を聞きましたが、交換期間が
短い上に、イングランド銀行のみなんて鬼すぎです。
使いやすいから、今回の旅行でもけっこう5ポンド札を
秘蔵していた私のような観光客はどーすればっ。笑
・・・お正月に帰国する友人に無理やり、10ポンド札に
替えてもらう気ですけれども。続いて、10・20ポンド札も
切り替えなんですよね・・・。やれやれ。
Commented by piyoyonyon at 2016-10-29 05:41
真木さん、日本のダリアの咲く時期と気候を考えると、本当にダリアって暑苦しい花ですよね!(笑)。イギリスの夏は暑くないせいか、幾分マシに見えますよ。日本と同じ植物、同じ四季のある北半球の国でも、微妙に開花時期や期間が違うようです。
ジョックの他にも、チャートウェル猫が、常時屋敷周辺をウロウロしているみたいです。
新5ポンド札の交換期間、知りませんでした~。こちらで暮らしていると、現金を所有&使うことが余りないもので…。時々ATMで、10ポンド札が切れているから20ポンド札しか出て来ないことがあるのですが(連休中とか)、使い辛過ぎて激おこです(笑)。


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(160)
(140)
(120)
(118)
(112)
(103)
(91)
(76)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ペースト・ガラスのブーケ型ブ..
at 2017-11-22 15:25
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-21 15:23
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-20 15:30
十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 02:00
ぴよよんさん、 ぽ..
by 真木 at 10:18
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。