ルイスのアンティーク・モール巡り ファッション編

a0208783_2023542.jpg
昨年末に訪れたLewes ルイスのアンティーク・モールで見掛けた、好みのビンテージ物の内、今回は服やアクセサリー、バッグ等のファッション雑貨を御報告します。
a0208783_20263741.jpg
これは、古いベルトのバックルばかりを集めたコーナー。主に20世紀初頭の物で、この頃のバックルは装飾性が高く、ジュエリーと呼んで良い程です。普段この町へは、姉へのプレゼントのビンテージ・ジュエリーを探しに行くので、アクセサリーを一番熱心にチェックしますが、今回はその目的がなかった為(既にプレゼントは買っていた)、それ程アクセサリーは観察しませんでした。
a0208783_20271180.jpg
自分用には幾つでも持っていたい、1960年代のポップなエナメル花ブローチ。
a0208783_20252390.jpg
ビンテージ・バッグも、姉が欲しがるので、アンティーク・モールではチェックが欠かせないアイテム。ビーズびっしり&ずっしりのバッグは、昔のパーティー・バッグの定番です。
a0208783_20275672.jpg
現在残っている、特に1950年代以前のビンテージ・バッグには、フォーマル使いのバッグが多いらしく、白か黒ベースに同色、または金や銀色の装飾を沢山見掛けます。がま口タイプが多く、凝った細工の口金も目を引きます。透かし金具の口金には、古い時代の優雅さが感じられます。
a0208783_20283390.jpg
こんなゴブランのビンテージ・バッグも、割と良く見掛けるタイプです。留め具が何気に素敵。
a0208783_20292094.jpg
着物の帯のような金糸入り織り地のバッグ。やはり留め具が、透かし金具で凝っています。
a0208783_2030625.jpg
これはビンテージではなさそうですが、渋いストライプの布地、華やかな赤いコサージュ、木製のハンドルの組み合わせが、かなり絶妙でお洒落。
a0208783_20304883.jpg
70年代辺りの素直に可愛い、チェックのカントリー風の子供服。
a0208783_20315042.jpg
この古着専門のストールは、モッズ時代のロンドン・ファッションらしさ溢れるビンテージ・ドレスが多く、心躍りました。一々引っ張り出して撮影(笑)。お客さんが多く混んでいる時は、勿論しませんよ。
a0208783_20323611.jpg
柄は派手だけど、フォルムがシンプルなこの時代の服には、心引かれる物が多くあります。この少女らしいハイウェストのワンピースは、眩しい程白い襟とカフスが決め手。
a0208783_20333435.jpg
実際着るかどうかは別として、こんなポップで子供っぽい花柄が、この時代で一番好きかも知れません。
a0208783_20341168.jpg
オレンジや黄色は、この時代の象徴。こちらも白い大き目の襟が、全体をピシッと引き締めています。
a0208783_20344939.jpg
こんなワンピは、今でも街で着ているおばーさんを時折見掛けます。ちょっと赤い花が、ラフレシアみたいですね…。どのワンピも、P太からは目がチカチカするから着ないで欲しいと釘を刺されました(爆)。
a0208783_20353553.jpg
形自体は結構コンサバ。共布のトーク帽と、白い手袋が似合いそうな雰囲気です。
a0208783_2036838.jpg
柄は大胆ですが、色味は渋くて落ち着いています。左のポケットがアクセント。
a0208783_20364997.jpg
これは、現代でも着られそう。って言うか、余りビンテージらしくなく、もしかしたらそう古くない製品かも。セラドン・グリーンの葉と黄色の花の組み合わせが、爽やかで上品です。
a0208783_203728100.jpg
昔の白いコットンのナイティは、日本でもお洒落に着こなしている人をちらほら見掛けるアイテム。結構厚手なので、外着としても(日本なら)組み合わせ次第で大丈夫です。
a0208783_2038822.jpg
これはビンテージではありませんが、「seasalt」と言うコーンウォール発のファッション・ブランド。ホリデイ&リゾートがコンセプトらしく、ラクチンなフォルムに着心地良い素材の、お洒落で目を引くプリントのデザインが多く、イギリスには珍しく、中々私好みの服がいっぱいです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-04 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(2)
Commented by kagicho at 2017-03-05 21:55 x
ぴよよんさん、こんにちは

いつもはドール服に喰いつくkagichoなのですが、実はアンティーク・モールの記事も大好きで、毎回楽しませていただいてます。

今回のお店、すごく素敵ですね。私がこのお店に一歩足を踏み入れたとしたら、わくわくしすぎてソッコーお腹が痛くなってしまいそうです。(私の場合『青木まりこ現象』は、期待と興奮から起きるみたいなので、本屋じゃなくても時々発症するのです。トホホ…)

アンティークなバックルのゴージャスなこと!
日本で云うと、帯留めに凝る…みたいな感じで女性達は競っていたのでしょうか。昔はこんなバックルが必要なドレスが存在して、そのドレスを必要とする女性達がいて、そんなドレスを着た女性達の居場所のある社会だったんですねぇ。

…なーんて妄想を始めるといくらでも現実逃避出来そうです(笑)

たくさん見せて頂いたワンピースの中で、形はともかくプリントが素敵だな〜と思ったのが、茶色に大きな赤い花が印象的なワンピースです。一目で『あ、私この柄似合うかも…』と思いました。何たって身長が170センチ近くあるでかい体ですから、ラフレシアなんぞには負けませんとも!

それと、すぐ上のオレンジの身頃に白い襟のワンピースなのですが、襟の形が歪なのは、もしかしてハンドメイドだったのでしょうか?なんでそう思ったかというと…私もドール服の襟を作るとき、きれいに左右対称にならない事が多いからで〜す!
Commented by piyoyonyon at 2017-03-08 19:40
kagichoさん、こんにちは! アンティーク・モールの記事、そのように楽しんで頂けたら本望です♪ 私も、こんな服なら、こういう風に合わせれば着れるかもと脳内シミュレーションしたり、ドール用に作りたいとか考えて、ビンテージ・ドレスを眺めています。

確かにこの時代の大胆な花柄は、背の高い方にこそ映えますね! こんな大柄が好きでも、私は逆にチビなので、どう見ても柄に負けていることが多いです(涙)。

そしておっしゃる通り、写真中の白い襟が左右不対称ですね。この時代の服には、手作りも多く見掛けますが、日本人には想像も付かない大胆な造り(と言うかやっつけ仕事)の物も多いです(笑)。人形の服の襟のサイズは、比べ物にならない小ささなので、歪んでも仕方ないかなあと。本の中でも結構不揃いだし、私なんて挑戦する勇気さえありません(涙)。

優雅なバックル、確かに帯留めに共通しますね。帯留めは割と新しい習慣と聞くので、もしかしたら西洋の装飾バックルから来たアイディアなのかも知れません。

ご感想頂いて、こちらも色々なるほど~と思わせて頂きました。有難うございます!


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(121)
(111)
(107)
(99)
(92)
(81)
(72)
(68)
(58)
(56)
(56)
(55)
(54)
(52)
(52)
(46)
(46)
(41)
(40)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

桜吹雪の鶴ヶ城
at 2017-07-26 15:32
会津木綿のトート・バッグ
at 2017-07-25 15:28
会津若松の素敵なお店
at 2017-07-24 15:23
ウラン・ガラスの金彩入りワイ..
at 2017-07-23 15:21
会津のキャラクター達
at 2017-07-22 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45
>にいくさん、こちらこそ..
by piyoyonyon at 00:31
>加代子さん、ありがとう..
by piyoyonyon at 00:19
>まこさん、こんにちは、..
by piyoyonyon at 00:12
ヴィンテージやアンティー..
by 千鳥 at 21:44

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。