欧州最大のストーン・サークル、エイヴベリーへ再び

a0208783_5531716.jpg
鉄器時代の要塞遺跡「Barbury Castle バーベリー・キャッスル」を訪れた後は、南方面に位置する、ヨーロッパ最大のストーン・サークル「Avebury エイヴベリー」に向かいます。この日は未だクリスマス休暇中で、冬としてはまあまあのお天気の上、私達夫婦は2時過ぎと結構遅めに到着したせいか、ナショナルトラスト付属の駐車場は既に満杯。空きを探す為に、しばし駐車場内をぐるぐる回りました。多分この時間が最も混み、返ってもっと遅い時間のほうが駐車し易いと思います。
a0208783_5542049.jpg
ここを訪れるのはもう5回目ですが、何度来ても飽きません。何せ、ストーン・サークルの中に村がある程大きいのですから。初めてここを訪れたのは、単に「ストーンヘンジのついで」で、元々イギリスに全く疎かった私は、エイヴベリーの名前さえ聞いたことがありませんでした。ストーンヘンジには、余りにも海外からの観光客が多くて騒がしく、しかも遺跡そのものには近付けず、遠巻きにしか眺められないことにガッカリした直後だったこともあり、このエイヴベリーにはしみじみ感動したのを憶えています。
a0208783_555753.jpg
偶然義妹家族が、丁度この一週間後位に、ウェールズから帰宅する途中にここに立ち寄ったそうです(同じような写真を撮っていた…)。意外にも義弟は、初めてここを知って訪れたとか。姪っ子はいかにもこういう場所が好きそうなのに、義弟は余り興味がないようです。
a0208783_5574710.jpg
このストーンサークルは、紀元前2600年前頃の新石器時代に建造され、その後千年間は使用されと言われ、約2千年前の鉄器時代には既に放棄されていたそうです。イギリスで最も重要な古代巨石文明遺跡なのは確かで、ストーンヘンジと共に、世界遺産に登録されています。
a0208783_5523379.jpg
ここから南東の太古の謎の人口丘「Silbury Hill シルベリー・ヒル」に向かって、「West Kennet Avenue ウェスト・ケネット・アベニュー」と呼ばれる遺跡が続き、道路に沿って対になった巨石が並んでいます。
a0208783_5503453.jpg
これらの巨石は、「sarsen サーセン」と呼ばれる、イギリスでは在り来たりな砂岩の一種です。地上に立っている部分は文字通り氷山の一角で、実は地中に潜っている部分がかなり大きいそうです。
a0208783_5495327.jpg
石は皆、天然のままの形です。その中でもこの石は、特に変な形かも。ちょっとヘンリー・ムーアの彫刻風。
a0208783_549558.jpg
こっちの石も、相当奇妙。
a0208783_5483359.jpg
これも自然の現象なのか…? 石にはびこる苔が、まるで描かれた文様のように見えます。
a0208783_547432.jpg
ストーンサークルの周囲を、「henge ヘンジ」と呼ばれる、環状のかなり深い溝と土手が囲んでいます。ヘンジと要塞遺跡を囲む溝と土塁の違いは、後者が鉄器時代の居住区の防衛設備なのに対し、前者は石器時代の主に宗教儀式場の囲い(境界線?)と言われています。
a0208783_546278.jpg
毎度ながらこの土木工事が、ブルトーザーもない時代に、手作業だけで形成されたと思うと、古代人の執念に近いパワーを感じずには居られません。
a0208783_5513344.jpg
説明板に寄ると、直径約330mの巨大なストーンサークル(ヘンジの直径は約420m)の中に、更に直径100m程の二つのストーンサークルが存在するそうです。その一つがこれ。右の教会のような建物は、今は観光案内所になっています。
a0208783_5444787.jpg
ヘンジの上に、巨大な木が生えています。この木の下で、カップルが人目も憚らずかなりイチャ付いていましたが、その後すぐに騒がしい子供達が大勢でやって来て、退散を余儀なくされました(笑)。
a0208783_5435722.jpg
この木はwishing tree、つまり願い事の木になっており、沢山のリボンが結び付けられています。枝の張り振り自体が、何だか曰く有り気な木ですが、根の張り方がまた圧巻! 多分この一帯の土壌が極めて浅い為、根が地上に盛り上がり、尚且つ広範囲に広がるしかないのだと思います。
a0208783_543236.jpg
やっぱりここには、冬の夕暮れに近い時間に訪れるのが、一番雰囲気あるような気がします。何千年も前からここに立っている、様々な形の巨石達が、まるで会話をしているように感じられます。


 


[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-23 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(122)
(111)
(107)
(99)
(93)
(81)
(72)
(68)
(58)
(57)
(56)
(55)
(54)
(52)
(52)
(47)
(46)
(41)
(40)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ミニチュアの金彩のティーセット
at 2017-07-28 15:27
艶消し銀色の桜のバレッタ
at 2017-07-27 15:25
桜吹雪の鶴ヶ城
at 2017-07-26 15:32
会津木綿のトート・バッグ
at 2017-07-25 15:28
会津若松の素敵なお店
at 2017-07-24 15:23

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45
>にいくさん、こちらこそ..
by piyoyonyon at 00:31
>加代子さん、ありがとう..
by piyoyonyon at 00:19
>まこさん、こんにちは、..
by piyoyonyon at 00:12
ヴィンテージやアンティー..
by 千鳥 at 21:44

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。