ノーリッジでバレンタイン・デート

2月の初旬、天気が悪くて、フリマにすら出掛けられない週末が続きました。フラストレーションの溜まったP太が、もしバレンタイン・デイに天気が良かったら、有給を取って一日出掛けようと言い出しました。その日の予報を調べると、ここ南東部の天気は余り良くないものの、イースト・アングリア地方なら良好とのこと。そこで、ノーフォークの州都Norwich ノーリッジ(ノリッチ、ノリッジとも)を久々に訪れることにしました。
a0208783_514557.jpg
イースト・アングリアは地理的に孤立していて、全体的に交通の便が余り良くない上に、我が家からノーリッジは「東京~実家」以上の距離があります。9時に出発して、途中で昼食休憩し、結局到着したのは1時近く。それでもノーリッジに行きたいと思ったのは(勿論天気の都合もありますが)、以前訪れた際、大聖堂都市で城下町でもあるこの街が、とても気に入ったからです。…期待した通り、お天気は抜群の良さでした。
a0208783_521443.jpg
前回訪れたのは、もう7、8年前。やはり、街のあちこちが変わっていました。小さな広場に、いきなり巨大脳ミソが。…う~ん、何処から突っ込んで良いのか分かりません。
a0208783_523656.jpg
古風な教会と、非常にモダンな建物のコントラストが凄まじい。
a0208783_525515.jpg
この建物は、近年建てられたショッピング・モールのようです。中には入っていませんが、まるで宇宙船のようで、ノーリッジで特に異質に見えました。
a0208783_53309.jpg
市役所広場。市役所自体はそう古くない建物のようですが、役所前がこんなに気持ち良く広々としているのは、イギリスでは結構珍しいかも知れません。何処でも役所周辺は街のヘソであるはずなのに、見苦しい駐車場になっている場合がイギリスでは多いので。
a0208783_54243.jpg
その脇に立つ、非常に貴重な六角柱の郵便ポスト。「RV」のイニシャルが読みにくいのですが、19世紀のヴィクトリア女王治世時の物で、英国最古のタイプだそうです。
a0208783_543887.jpg
広場の一段低い場所は、市場になっていて、カラフルな屋根の小屋(もしかして本当に元は浜辺小屋用の建物かも)が並びます。
a0208783_553739.jpg
この市場で売られている品物は、古本や古着も若干あるけど、アジアの食品系が一番多いかな。まあ全体的に、結構胡散臭い雰囲気ではあります(笑)。
a0208783_561747.jpg
同じく市役所広場に並ぶ、こちらはギルド・ホール。市松模様のような外壁が印象的です。
a0208783_564985.jpg
恐らくノーリッジの自慢の一つでもあろう、アール・ヌーヴォー時代の美しいアーケード。マスタードで御馴染みの、コールマン社の直営店が入っています。
a0208783_573043.jpg
旧市街地では、イギリスでは少なくなって来ている石畳の、こんな雰囲気の良い小路が入り組んでいます。
a0208783_58143.jpg
イースト・アングリア地方は、イギリスでも特に海抜が低く、この周辺も真っ平らな土地が続きますが、ノーリッジの街自体は結構丘勝ちで標高差があり、坂道が多いのです。
a0208783_583429.jpg
こんなオレンジ色の壁は、お隣のサフォーク州の特色だとか。柱の木彫にも注目。
a0208783_59011.jpg
このエルム地区周辺の雰囲気は、特に好きです。中央の茅葺屋根の建物はレストラン、右の元教会の建物は確かステンドグラス博物館です。ノーリッジは、英国一教会密度の高い都市としても知られています。
a0208783_592722.jpg
ノーリッジ観光の目玉、大聖堂の入り口の門に到着。
a0208783_510174.jpg
良く見ると、門には細かい彫刻が施されています。
a0208783_5102515.jpg
一方ノーリッジ大聖堂のファサードは、大聖堂としては拍子抜けする程シンプル。
a0208783_5105134.jpg
少し横から眺めたほうが、この大聖堂は絵になるかな。右の遺跡の組み込まれた新しい建物は、7年前に建てられた施設。展示場や聖歌隊の練習場があり、現在はここが大聖堂の入り口になっています。入場寄付金の目安一人5ポンドだったので、大聖堂の内部は見送りました。前回見学したし、時間もたっぷりある訳ではなかったから、結局正しい選択でした。
a0208783_5111875.jpg
中央尖塔は、イギリス第二位の高さを誇るそうです。外壁の装飾文様が、ちょっと独特です。
a0208783_5121664.jpg
その大聖堂の敷地内に立つ、ノーフォーク州出身のイギリスの英雄ネルソン提督の像。
a0208783_5125134.jpg
ノーリッジには美大や美術学校があるらしく、画材屋を結構多く見掛けました。これはその一つで売られていた、作業制作用のスモック。同じに見えますが、襟開きや折り返しの袖から覗く裏地のプリント生地が異なっていて、欲しくなる程可愛いのです。右ポケットに縫い付けられている織りタグに、わざわざ「SMOCK スモック」と書いてあるのが、ちょっと御愛嬌ですけど。
a0208783_513319.jpg
古さと新しさが良い具合に混じりあい、活気があって、やっぱりノーリッジは楽しい町(実際には市)だと感じました。アンティーク屋巡りも存分に楽しみ、益々ノーリッジが好きになった私達夫婦です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-07 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(2)
Commented by 加代子 at 2017-03-08 03:37 x
ノーリッジは長女がイーストアングリア大学に入ったので
1度行った事があるのですが 街の観光は殆どせずに
とても残念に思っていました。
大聖堂だけは それでも行ってました。
色々面白いものがある所なんですねェ。
Commented by piyoyonyon at 2017-03-08 19:45
加代子さん、こんにちは! ノーリッジは、色々訪れたイギリスの町の中でもお気に入りです。
でも、御家族や御親戚、お友達等の、誰かに会う目的で行かれる場所って、ちゃんとした観光をする機会が中々ないものですよね。


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(75)
(74)
(71)
(66)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25
楕円のウラン・ガラスのライン..
at 2017-11-16 15:37
再びシュルーズブリのアンティ..
at 2017-11-15 15:27
金色と銀色の銀線細工のブローチ
at 2017-11-14 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。