ノーリッジでの夕食

a0208783_5435064.jpg
ノーフォークの州都Norwich ノーリッジに出掛けた際、昼食はお弁当を持参して、夕食を現地で取る予定にしていました。が、その日はバレンタイン・デイ。普段バレンタインに外食する習慣がないもんで、ついうっかり忘れていましたが、その日の夜は何処の飲食店もメチャ混みするはずです。余程早い時間に入店しない限り、予約の無い我々は、ディナー難民になってしまう可能性大です。
a0208783_5444124.jpg
まず目を付けたのは、このベルギー料理のお店でした。ベルギー独特の変わったメニューがあるし、手頃な価格のコース料理もあるし、建物自体が素敵。しかし夕食は5時半からで(その時4時半位だった)、それを待っていては、ノーリッジは遠いだけに、帰宅がかなり遅くなってしまいます。
a0208783_5454922.jpg
次に目に入ったのが、このブラッセリーでした。ラッキーなことに、ランチ~早ディナー・タイムが7時まであります。しかも、2コース11ポンド、3コース14ポンドと、イギリスとしては手頃なお値段。ランチ・メニューは、前菜、メイン、デザートのそれぞれ5種類位からしか選べませんが、何せフランス料理なので、どれもイギリスのパブ・メニューとは異なり、在り来たりでなく美味しそうでした。…ここに決定。
a0208783_5464112.jpg
私達は、それぞれ2コースずつを注文して、一人が前菜を、もう一人がデザートを選び、どちらもシェアする、いつもの手を取りました。その位の量が、いつも私達には丁度良いのです。前菜として選んだのが、「croquette de porc」、つまりポークのコロッケです。で、出て来たのがこれ。一口食べてみて、余りの洗練された美味しさ&新鮮さに、まるで殴られたようにガツーンと来ましたね(笑)。コロッケがこんなにお洒落になるなんて。パン粉が細かい為に余り油っこくない、しかも揚げ焼けしてあるクロケットに、ポーチド・エッグとオランディーズ・ソースが掛かり、つまりコロッケのエッグ・ベネディクト風なんです。更に、クロケットに入っている豚肉は、定番の挽肉ではなく、煮込んでポロポロに解したような豚肉で、言わばプルド・ポークみたい。それがふんだんに入っているのに、クロケット自体の味わいは、割とあっさりしているのです。
a0208783_5472145.jpg
次に主菜として、私は初めフレンチ・フライ付きムール貝を注文するつもりでしたが、ムール貝が切れてしまったとのことで、「スモーク・トゥールーズ・ソーセージのル・ピュイ産レンズ豆煮込み付き」を選びました。トゥールーズ・ソーセージは、肉の旨みたっぷりの、フランスを代表する美味しいソーセージだそうで、パリッと焼いてあり美味。イギリスのソーセージでは、絶対こうは調理出来ません。ル・ピュイ産のレンズ豆は、レンズ豆の最高ブランドだそうで(全部後調べ)、これを食べると他のレンズ豆を受け付けられなくなるとか。ほっくり軟らかく煮てあり、かなり塩辛いソーセージに対して、良い塩梅の滋味深い味わいでした。元々レンズ豆は好きなんですが、我が家では食べる機会はありません。何故なら、P太が嫌っているもんで。ニンジンには歯応えが残り、白いソースには、ほんのりホース・ラディッシュが利いていました。
a0208783_5475493.jpg
一方P太の選んだ主菜は、フランス料理としては御馴染みの「coq au vin コック・オウ・ヴァン」、つまり鶏肉の赤ワイン煮込みでした。ほとんどチキンのトマト煮の義母のコック・オウ・ヴァンとは異なり(それはそれで美味しいんですけど)、赤ワインの風味がしっかりし、タイム等のハーブが芳しい大人の味わいです。骨付きチキンは、勿論柔らか~く煮込んであり、肉離れが抜群。付け合せのとろとろクリーミーなチャイブ入りマッシュ・ポテトと一緒に食べると、一層美味でした。
a0208783_5494175.jpg
最後に我々がデザートに選んだのは、「crème caramel」。見た目通り、日本の美味しいパティシエで食べられるようなプリンそのものです。非常に滑らかでミルキーで、幸せをしみじみ感じる味でした。今までてっきりプリンって、「カスタード・プディング」とか呼ばれるイギリスのデザートが元で、それが日本に伝わったものだと勝手に思っていましたが、この通り起源はフランスで、イギリスでもフランス語で呼ばれるそうです。
a0208783_55703.jpg
結果的に、大正解&大満足の夕食でした。さすがに人気のお店らしく、その晩は予約でいっぱいで、私達より少し遅く来店した予約無しのお客は皆断られていたから、我々はとてもラッキーでした。しかし、コスパ抜群の夕食と喜んでいたのも束の間、…公営駐車場の料金が物凄く高く付いてしまいました~。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-11 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(153)
(136)
(118)
(113)
(109)
(100)
(88)
(74)
(71)
(70)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(56)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

田無「けんぞう」で大満足ディナー
at 2017-10-23 15:35
グリーン系三連ネックレス
at 2017-10-22 15:33
国立の「甘味ゆい」の職人技カキ氷
at 2017-10-21 17:26
ノスタルジック・ブルー・デイジー
at 2017-10-20 15:35
ウィズリー庭園の植物フェア 2
at 2017-10-19 15:30

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。