灰色のウザイ猫ちゃん

a0208783_232560.jpg
今回の帰国中、ゴールデン・ウィークを迎えましたが、その間姉夫婦は義兄の実家のある宮崎に里帰りするので、その留守中に愛猫灰斗(ハイト)の猫シッターをしに、私は福島の実家から東京に戻って来ました。当初姉は、「灰斗は凄まじい『かまってちゃん』で、はっきり言ってウザイから、無理に猫シッターを引き受けなくても良いよ?」と言っていましたが、私は「ウザイ猫の扱いなら慣れておる」と言って引き受けました。姉夫婦が揃って宮崎に帰省する際は、普通は灰斗も連れて行くのですが、犬猫を飛行機に乗せるのには生死のリスクを伴うし、空港への行き帰りに、動き回る(キャリーの中で)重い動物を運ぶだけでも大変ですから。
a0208783_23101459.jpg
ハイちゃんこと灰斗の性格は、ずばり天真爛漫。警戒心と言う概念がないらしく、私にも初対面の時から全く物怖じせず、極めて友好的でした。確かに極度に甘ったれ&遊びたがりで、特に抱っこは大好き。義兄が会社から帰宅すると、まずは猛烈な抱っこのおねだりで、毎晩義兄は30分位灰斗を抱えながら、着替えと夜御飯の支度とお風呂の準備をしなくてはならないそうです。
a0208783_2351446.jpg
普通ロシアン・ブルーは「静寂の猫」と言われ、滅多に啼きません。多くのロシアン・ブルーの飼い主も、「にゃあ」と言うのを一度も聞いた事がないと言います。ところが、灰斗はしょっちゅうニャーニャー言っています。私がブラッシングをしたら、すっかり気に入って、それ以降一日に何度もブラッシングを要求するようになり、更にでっかい声で強引に啼くようになってしまいました。
a0208783_2335114.jpg
姉は、はっきり言って灰斗は頭が悪い!と断言します。何度叱っても、全く悪びれることすらなく学習しません。ここまで聞き分けのない、物分りの悪い猫は初めて見た、さもなくば、もし猫にも自閉症スペクトラムとかがあるとしたら、それに違いないと言います。姉は、もし自分に子供がいたら、我が子は全て訳隔てなく平等に愛する自信があったそうですが、灰斗を見ていると、つい先代猫カナンと比べてしまい、「おにいちゃん(カナン)は出来たのに何故あんたは!」と怒ってしまう自分に凹んだそうです。
a0208783_2385830.jpg
しかし、灰斗の運動能力は、今まで出会った猫の中でも飛び抜けていて、特にジャンプの高さは、それまでの猫に対する常識を覆します。どんなに高い棚でも、果敢に挑戦して登りますが、問題は学習能力がない為、そこに何が乗っていようとお構いなしなので、姉の家のインテリアの被害は甚大です。特に、どんなに高い壁に飾ってあろうと(姉の家は天井が高い)、アート・フラワーを襲うのが好きで、しょっちゅうバラの花を咥えて走り回っています。生花は、灰斗と暮らし始めて以来、一切飾れなくなりました。
a0208783_23213493.jpg
ある日洗濯物を畳んでいたら、いつの間にか空になったランドリー・バスケットに灰斗が潜んでいて、ひょいと私がバスケットを覗いた途端、いきなり大きくジャンプして顔を引っ掻かれ流血しました。それでも全く悪気はなく、わーい♪叔母ちゃん、遊べて楽しいね~と、叱っても叱っても無邪気に喜ぶハイちゃん…。
a0208783_238835.jpg
灰斗は本当に始終遊んでいたい猫で、疲れを知りません。私は、姉の家に滞在中は、出来るだけそれに応えようと心掛けましたが、さすがに調理中や食事中は無理です。そうすると、灰斗は実力行使して、私にジャンプして飛び掛ったり、私の食事中の食器に玩具を咥えて持って来て、ポトンと中へ落としました(涙)。一体我々は、日に何度「ハイちゃん、止めて!」と叫ばなければならなかったことでしょう。
a0208783_23104695.jpg
その一方で灰斗は、食には関心がありません。食事はカリカリだけで、与えても決してガッつくことなく、気が向いた時に少しずつ食べるのみです。どんなに注意しても食卓には躊躇なく飛び乗り、全ての食べ物・飲み物に鼻面を押し付けないと気が済みませんが(ひえ~)、盗み食いをしたことはありません。しかし、私が出来るだけ遊んでいた間は、明らかに運動量が増えたので食欲も増し、確実に体がでかくなりました。
a0208783_23111230.jpg
また灰斗は、意外な事に「おねんね」にも興味がありません。寝室のドアを開けておくと、遊んで欲しそうに何度か偵察にやって来ますが、人と一緒に寝ることはほとんどありません。
a0208783_2394048.jpg
灰斗は、実は毛繕いも余りしない結構バッチイ猫で、お母さん猫から色々習わなかった事が多いんだろうな…と想像しています。ペットショップで義兄が運命を感じて灰斗を購入した際、生後三ヶ月なのに、既に値引きされていました。と言うことは、かなり幼少の頃から、ペットショップで過ごしていたはずです。
a0208783_23114985.jpg
普通犬猫は、母親から離して他に譲渡するのは、生後三ヶ月以降が適切とされていますが、ペットショップでは、それより遥か前に売りに出されることが多く、問題になっています。また、ペットショップで売れ残って成長してしまった動物の処分の問題もあり(実際にはスタッフさんが捨て置けず引き取る場合が多いらしいが)、動物保護団体から「ペットショップで動物を買わない」運動も進められています。現にイギリスでは、現在ペットショップで犬猫が販売されることはほとんどありません。
a0208783_2362378.jpg
私がイギリスに去った後、灰斗はしばらく私を探し回り、うるさく啼き喚いて大変だったそうです。姉の話では、あんなに遊んで貰ったことは、彼のニャン生の中で生まれて初めての、夢のような日々だったのに違いないと言うことです。私にとっても、ウザイ猫ほど離れると寂しいのは、体験上良く分かっています。灰斗がプンコなおつむで私を忘れない内に、また日本に戻って、いっぱい遊んであげたいと思います。



.
[PR]
by piyoyonyon | 2017-08-14 15:32 | 動物 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(76)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-21 15:23
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-20 15:30
十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 02:00
ぴよよんさん、 ぽ..
by 真木 at 10:18
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。