春のシシングハースト城庭園 1

a0208783_6265325.jpg
今年は植物の成長が非常に早く、イギリスの庭がどんどん美しくなって行くので、この時期にイギリスを去るのが惜しくなってさえ来ました。そこで、日本に帰国する2週間前に、イギリスを代表する名園「Sissinghurst Castle Garden シシングハースト城庭園」で、春の球根植物のボーダー花壇を見ておくことにしました。はぼ毎年見に行っていますが、日本の桜と同じで、何度見ても飽きないのです。
a0208783_6114614.jpg
ピクニック・スポットが、入り口の前の緑地から、カフェの裏側に移動していて、こんな景色を眺めながらお弁当を食べました。側に広がるのは、多分この庭園のレストランで調理に使う野菜を育てている菜園です。
a0208783_6125734.jpg
本日の弁当、またしても海苔弁。「フィッシュ・フィンガー」と言うイギリスの一般的な冷凍食品が、魚のフライの代用品になり、海苔弁らしさを盛り上げています(笑)。しかもこのフィッシュフィンガー、衣が普通のとちょっと違っていて(どちらかと言うと天ぷらに近い)、冷めても中々美味しいのです。
a0208783_6133465.jpg
いよいよ、城内に入ります。城と言っても小規模な城館で、やはりここは庭園として有名です。
a0208783_6142846.jpg
あちこちでヒヤシンスが大量に咲いていて、花の香りに包まれました。春の球根植物では、ヒヤシンスの香りが最強かも。
a0208783_615195.jpg
母屋の前の、芝生だけでも既に見事。
a0208783_616299.jpg
母屋の外壁は、まるで蔓性植物の見本帳です。日本ではお馴染みのボケも、ここでは赤レンガの壁に這わせてあり、一味変わって見えます。
a0208783_616671.jpg
カラフルな色がグラデーションになって楽しい、エリシマム「チェルシー・ジャケット」
a0208783_6165630.jpg
ちょっと珍しい、八重のプリムロース「ブルー・サファイヤ」
a0208783_6173129.jpg
これは何かマメ科の花。
a0208783_618839.jpg
何度も言いますが、本当に今春は植物の成長が早い! 普通は春の球根植物の開花時期には、このバラ園は未だ寂しい状態なのですが、今年はバラから既にシュートがグングン伸びています。
a0208783_6184380.jpg
チューリップとウォール・フラワー(エリシマム)は、イギリスでは鉄板の組み合わせ。
a0208783_6191622.jpg
どのクレマティスより一早く開花する(ウィンター・クレマティスを除き)、アルピナ種の「ルビー」。
a0208783_6195815.jpg
そして、一番のお目当ての、春の球根植物のボーダー花壇「Lime walk」に入りましたが、…むむっ、静か。人が少なくて驚きました。
a0208783_6203889.jpg
いつもならこの時期は、人を避けて撮影するのは無理な程混んでいるのです。
a0208783_621813.jpg
どうやら、開花時期が例年より異様に早い為、バスで押し寄せる団体旅行客、特にヨーロッパ大陸からの訪問者が、未だ来ていないからのようです。
a0208783_632421.jpg
それとこの日は、イギリスの4月の天候らしく、にわか雨が多いと予報されていたからかも知れません。実際には、一度も雨に降られることはありませんでした。
a0208783_6215073.jpg
ここの花壇に新たに加わった、大理石(またはアラバスター?)の彫像。
a0208783_622345.jpg
桜も咲いていて、花見が出来ました。
a0208783_6231460.jpg
チューリップの赤が入ると、やはり映えます。
a0208783_6235015.jpg
ウィンド・フラワー、フリティラリア、水仙と、一つ一つは野の花のように地味でも、やはり群生すると見応えあります。
a0208783_6242160.jpg
白同士の組み合わせも清楚で綺麗。
a0208783_625896.jpg
スズラン水仙(スノー・フレーク)は、母のお気に入りの花だったので、私も昔から親しみがあります。
a0208783_6284324.jpg
球根植物の花壇なのですが、所々そうじゃない植物が組み合わせてあり、また楽しいのです。
a0208783_6255346.jpg
ここで、小さいながら、かなりの存在感を発揮していたのがシラーの一種「scilla messeniaca」。イギリスでお馴染みのブルーベル(scilla campanulata)より、小型で、花色が薄いと言ったところです。
a0208783_6262567.jpg
花壇だけじゃなく、敷石の隙間とか、至る所から花が咲いていて楽しませてくれます。
a0208783_626482.jpg
菩提樹の根元の、小さなスペースにも。プリムローズとムスカリの組み合わせが、色に寄って意外と新鮮。―――以下、続きます。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-09 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(4)
Commented by 真木 at 2017-05-11 09:25 x
ぴよよんさん、

こんにちは!
ほんと、今年のイギリスは春が早いですね~!
もう、東京は出遅れまくりです。5月になってようやく、
薔薇がちらほら・・・から、ただいまグイグイと咲き出して
ますが、いつもなら4月末には咲き出しますから。
2週間くらい、今年は春が遅いです。

私もシシングハーストに行くと、コテージ前の暖色の
組み合わせに、「・・・ふむ、これもアリだわね」←偉そう
と思いますが、日本の小さな庭でオレンジやイエロー系は
暑苦しい・・・というか、ちょっとねぇ・・・。笑
コテージが新しく公開されたなんて聞くと、また行きたく
なります。
次回の楽しみにしよう・・・。
Commented by piyoyonyon at 2017-05-11 12:24
> 真木さん、こんにちは!
実はこれ、イギリスを去る直前の光景でして、今東京に滞在中なのですが、
夫の話だと、その後イギリスで気温の上昇が余りなくて、
今でも植物はほぼこの状態のままなんだそうです!
ビデオチャットで話すと、未だ時折はんてん着ていて(笑)、結構寒そうです。
バラなんて、あんなに早く蕾を付けたのに、最近やっと咲き出したし、
チューリップやクレマティス・モンタナは、ほぼ一か月咲いていたと言っていました。
「兎と亀」の兎が、居眠りして亀に追い付かれた感じ??

私も、オレンジや黄色の花って、暑苦しくて敬遠していました(笑)。
日本の夏の半端ない暑さと、確かに庭の規模の問題ですね。
あとテーマかな。和風や英国風より、
地中海風の庭なんかだと、簡単にしっくり来るようです。
Commented by 真木 at 2017-05-12 09:42 x
おお、ただいま日本におられるんですね?
ジャストじゃないですか?
わが家の薔薇は早咲きのERから始まって、徐々にORに。
私は6月初旬にイギリスへ行きますが、それまでに満開は
確実です。^^

それにしても、異常に早かった春の後、低温で停滞?
何年か前にそっくりですね~。
あの時も、チューリップが2ヵ月くらい(早咲遅咲含め)
ブルーベルもいつまでも咲いていた(6月中旬でも!)のを
思い出します。。。

オレンジや黄色の花は、確かに地中海風の庭に似合いますね。
カラっとした気候でないと。笑
テラコッタにもぴったりですし。
Commented by piyoyonyon at 2017-05-13 10:59
> 真木さん、イギリスを発つ際、私がイギリスに戻る頃には、
今年はバラの盛りがもう終わっちゃうかも…と思っていたのですが、
この分じゃどうも大丈夫そうです(笑)。

でもこのところのイギリスの気候は、
異例ばかりで、本当に地元民でも予測出来ないようです。

すっかりイギリスの生ぬるい夏に慣れてしまい、
既に東京の暑さに辟易している私です(笑)。


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(135)
(110)
(108)
(100)
(94)
(88)
(78)
(70)
(66)
(54)
(54)
(53)
(52)
(51)
(51)
(50)
(45)
(42)
(39)
(38)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ウラン・ガラスの蝶のキャンド..
at 2017-05-24 15:27
春のリース・ヒル 2
at 2017-05-23 15:31
春のリース・ヒル 1
at 2017-05-22 15:38
鳥型のソーラー・ライト
at 2017-05-21 15:37
公衆電話ボックスの活用法 3
at 2017-05-20 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

> 真木さん、お友達のお..
by piyoyonyon at 17:41
ぴよよんさん、 わ..
by 真木 at 10:02
> 真木さん、イギリスを..
by piyoyonyon at 10:59
おお、ただいま日本におら..
by 真木 at 09:42
> 真木さん、こんにちは..
by piyoyonyon at 12:24
ぴよよんさん、 こ..
by 真木 at 09:25
> はっちさん、こんにち..
by piyoyonyon at 11:34
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 20:43
猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。