2017年 09月 07日 ( 1 )

眺望抜群!ウォルベリー・ヒルとクーム・ジベット

a0208783_1765294.jpg
ある日地図を眺めていて、バークシャーのHungerford ハンガーフォードから遠からぬ場所に、観光的に興味を引く場所を示す☆星マークで、「Combe Gibbet クーム・ジベット」と呼ばれる場所があることに気付きました。Combe クームとは、その近くの村の名前のようですが、「gibbet ジベットって単語、何~?」とP太に尋ねると、絞首刑場(台)だそうです。・・・・・・それが観光地なのか・・・・・・。やっぱイギリスって、日本人の常識を色々飛び超えていてスゲエ。小高い丘の上に位置し、眺めが抜群な場所らしいので、日の長い季節にハンガーフォードを訪れる機会があったら、ついでに行ってみたいと思っていました。
a0208783_16452399.jpg
場所は、ハンガーフォードの南東7km程度の、Inkpen インクペンとCombe クームと言う村の間にあります。しかし、AやBクラスの主要道路が全くなく、細い折れ曲がった農道しか通じていない為、7kmよりもずっと長く感じました。途中ゲートの付いたコモン(共有地)も通過する為、もしナビがなかったら、この道本当に進めるのぉ?と思いっきり迷うところでした。インクペンを過ぎると、進行方向に小高い丘が聳え、ジベットはその頂上に立っていました。最初P太は、携帯電話の電波塔だと勘違いしていましたが。
a0208783_16351690.jpg
峠には、無料駐車場が完備されています。この丘自体はWalbury Hill ウォルベリー・ヒルと呼ばれ、イングランド南東部の最高峰です。今までサリー州のリース・ヒルが南東部で一番高いと思っていましたが、実はこちらのほうが3mだけ高いそうです。
a0208783_1762386.jpg
何はともあれ、確かにここからの眺めは絶景。丘は東西に連なっている為、360度とまでは行きませんが、北側と南側は広く開け、特に北側はかなり遠くまで見渡せます。私が今までイギリス南東部で体験した中でも、最高級に眺望の良い丘だと感じました。
a0208783_179576.jpg
海抜300m程度でも眺望が抜群なのは、周りが更に低いことと、イギリスが牧草地だらけで、視界を遮る樹木が少ないからです。地表がチョーク質の為、大きな木が育たないようです。
a0208783_16375353.jpg
北側は、ケネット川流域のKennet Valley ケネット谷から、丘が急に隆起したような地形です。
a0208783_163774.jpg
谷と呼べど、周囲も高低差が大して無い為、日本人が想像するような谷間には全く見えません。ハンガーフォードの町は、丁度コモンの森の影になって見えないようです。
a0208783_16384653.jpg
この日は天候が非常に変わり易く、途中で土砂降りに見舞われたりもしました。しかしその為に、返って雲が複雑で興味深い模様を空に描いています。この西側には、どう見ても豪雨を降らせているドス黒い雨雲が見えましたが、幸運もこちらへは来ませんでした。
a0208783_16392450.jpg
南側は、なだらかな丘陵地帯で、徐々に下っています。この辺りは、バークシャーとハンプシャー、ウィルトシャーの州境で、主要道路も通じず、本当に住むには辺鄙な場所だと感じました。インクペンの村にはパブが一軒ありましたが、丘の反対側のクームには、ヨロズ屋の一軒もなさそうでした。
a0208783_16443739.jpg
とは言え、絞首刑台は確かに観光に人気らしく、結構多くの人が次々に訪れていました。大きな水溜りは、先程まで大雨が降っていたのを物語っています。
a0208783_16403083.jpg
絞首刑台さえなければ、、まるで「風立ちぬ」のタイトルが入りそうな風景(笑)。丘の頂上が不自然に盛り上がっていますが、実はこれは「Inkpen Long Barrow インクペン・ロング・バロウ」と言う、青銅器時代の古墳(長墳)なのです。やっぱりこの時代の埋葬地って、見晴らし抜群の場所が選ばれたようです。古代のお墓の上を処刑場にしちゃったとは驚きですが、当時それが判明されていたかは謎です。
a0208783_16361163.jpg
絞首刑場と言えど、常に刑場として長年使用されていた訳ではなく、17世紀末、浮気をしていた男が、浮気相手の女と共謀し、妻とその間の自らの息子を殺した罪で処刑される際、この場所が特別に選ばれたようです。デヴィルズ・パンチボウル近くの丘もそうですが、イギリスの絞首刑場は、寄り遠くまで、寄り多くの人が眺められるよう、度々出来るだけ高い場所に設けられたようです。そして恐らく、公衆に見せしめの為に、死体はしばらくその場に晒し者にされたと思われます…。
a0208783_16455841.jpg
念の為、この木製の絞首刑台はオリジナルではありません。何度も朽ちて、その都度わざわざレプリカを建て直したそうです。因みに、「gibbet ジベット」と言う単語は、絞首刑場だけでなく、囚人を籠に入れて吊るして放置し餓死させる刑台(「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出て来るやつ)をも指すようです。
a0208783_17221183.jpg
更に、駐車場の東側は、実は私の大好きな鉄器時代の要塞遺跡(hill fort )になっています。
a0208783_16465583.jpg
遺跡の中央を遊歩道が貫通していますが、生憎この時期は牧草地で草が深く、土塁程度は確認出来たものの、遺跡の概要を実感出来なかった為、途中で引き返しました。
a0208783_1795497.jpg
とは言え、やはり見晴らし抜群の立地は、防衛機能を伴う集落を建設するには、理想的だったであろうと納得出来ます。
a0208783_17482980.jpg
更に更に、ここには第二次世界大戦中の砲台も設置されていたそうです。イギリスで軍事的に重要な土地は、千年経っても重要なのです。
a0208783_17103592.jpg
埋葬地や要塞を建設するのなら理解出来るものの、こんな眺めの良い清々しい立地を、処刑場に選んだ昔の英国人の感覚には、やはり驚かされますが(…イエス様の磔台も丘の上だったがな)、非常に興味深い、訪れる価値のある場所でした。ハンガーフォードを車で訪れる際は、是非ここにも立ち寄ってみて下さい。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-07 15:25 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(152)
(135)
(118)
(113)
(109)
(99)
(88)
(74)
(70)
(69)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(55)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ウィズリー庭園の植物フェア 1
at 2017-10-18 15:27
ラインストーン付きエナメル花..
at 2017-10-17 15:35
田無の隠れ家的ダイニング・バ..
at 2017-10-16 15:28
オレンジと黄緑のフラワー・パ..
at 2017-10-15 15:33
やっぱり美味しい「グラスハー..
at 2017-10-14 15:39

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。