2017年 10月 11日 ( 1 )

東京から一番近い観光地、川越 1 sanpo

a0208783_2265790.jpg
今回の日本滞在も終盤に近付いた週末、姉と義兄と一緒にお出掛けしたいな~と思い、結構無理に誘って、埼玉県の川越市に行くことにしました。東京都は東西にはかなり長く、沿線の利便にも寄るので、川越が「東京から一番近い観光地」と言えば語弊はありますが(東京自体が観光地と言えばそうだし)、少なくとも姉の家の在る場所からは、川越は最も手軽に行ける観光地だと思います。
a0208783_18471472.jpg
駅に到着後、義兄が銀行に寄りたかったこともあり、今回初めて市の中心商店街を通って、歴史的景観地区「蔵のまち」を目指しました。和服を着ている女性を、多く見掛けました。
a0208783_1850129.jpg
街の中心部にも、こんな歴史を感じさせる木造建物が未だ残っています。背後のビル(マンション)との、コントラストも凄まじい(笑)。和文具屋さんになっていました。
a0208783_18515991.jpg
まずは、昼食を取ることにします。場所は、「小江戸(川越の別称)蔵里」を選びました。元醸造所の蔵が、土産物店、飲食店、市場、展示場に改装され、観光に必要な物がコンパクトにまとまっているスポットです。
a0208783_18543274.jpg
その中でレストラン「八州亭」は、「大正蔵」と呼ばれる、実際大正自体に建てられた酒蔵に入っています。地の食材をふんだんに使った、日本酒に合う料理をテーマにした和風レストランです。
a0208783_1859622.jpg
広々とした開放感のある店内は、酒蔵の時代から改装はほとんどされず、当時の面影をそのまま残しています。ただし広いだけに、団体客も利用するのかも知れません。
a0208783_1904481.jpg
義兄は、元々この蔵で作られていた地酒「鏡山」を注文。ガラス製の徳利&杯が綺麗ですね。
a0208783_1921674.jpg
姉が注文した飲み物は、地ビールの「COEDO 伽羅(生)」。味見させて貰いましたが、これ、まるでエールみたいで味わい深く、普段ビールには余り惹かれない私が、また飲みたくなる程超美味でした~。
a0208783_19115566.jpg
私と義兄は、お寿司付きの天ざる蕎麦セットを注文しました。天ぷらには、勿論川越らしくイモ天が付いています。どれもソツ無く美味しく頂けました。
a0208783_19133536.jpg
姉だけは、川越名産の三元豚を使用した肉汁蕎麦セットを注文しました。暖かい豚汁に、冷たいお蕎麦を潜らせて頂きます。こちらは、天ぷらではなくミニ天丼付きでした。汁は甘めで、ほっとする美味しさ。どちらも、蕎麦と饂飩から選べます。
a0208783_19165793.jpg
昼食後、目的地を目指して歩いて行く途中にも、あちこちにこんな昭和の香りがする建物が残っています。観光客相手ではなく、ちゃんと地元密着の現役の商店なのがまた素晴らしい。
a0208783_1918323.jpg
この辺で、やたら若者の多く集まる神社に遭遇。絶対アニメとかの聖地に違いない!と思い訪ねてみると、「神様はじめました」と言う漫画&アニメのモデルになっているそうで、特製痛絵馬も販売されていました。
a0208783_19195411.jpg
この熊野神社、元々は足腰に御利益があるようで、参道脇にはこんな足ツボ・マッサージ(?)が設けられていました。この上を靴を脱いで歩く訳ですけど、マジで涙が出る程痛かったです。特に、あちこちの弱った姉にとっては、「もう一思いに殺してくれ~」と叫びそうな位辛かったそうです。
a0208783_1923760.jpg
そうこうしている内に、「大正浪漫夢通り」に到着。
a0208783_19251585.jpg
この辺りからは、レトロな建物が目白押しです。
a0208783_19283067.jpg
まるで、小金井公園の東京江戸たてもの園のよう。
a0208783_19264511.jpg
こんな公道に面した表側だけ洋風に見える商店を、「看板建築」と呼ぶそうです。ファサードは、一見石造りのようなモルタル製の場合もあれば、トタン葺きの事もあります。関東大震災後、鉄筋コンクリートを建てる予算はない中小規模の店舗圏住居として、都市部に増えたそうです。
a0208783_19313598.jpg
その一方で、重厚な土蔵の商店も混じり…、
a0208783_19334641.jpg
…昔ながらの木造建築商店も健在です。綺麗に手入れされていて、粗末な感じが全くしません。
a0208783_19355484.jpg
木造三階建ての、見るからに絶対タダモノではない鰻屋さん。
a0208783_2202834.jpg
距離的には本当は大したことないんですけど、こんな風に建物の写真を撮ってばっかで、更にお店もちょこちょこ覗くので、結局カメラ馬鹿のP太と一緒じゃなくとも、歩みが非常にノロい私達でした(笑)。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-11 15:36 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(75)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25
楕円のウラン・ガラスのライン..
at 2017-11-16 15:37
再びシュルーズブリのアンティ..
at 2017-11-15 15:27

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。