古いミニチュア木靴のブローチ

a0208783_6465867.jpg
フリーマーケットの一つのストールで、好みのビンテージ・ジュエリーを四つまとめて買いましたが、その中でもこの小さな木靴のブローチは、単なる昔のキッチュなスーベニールで、多分私以外にとってはほとんど価値のない物です。しかし、販売地とは無関係の現在の大量生産土産物には見られない、その土地らしい懐かしい手作業の魅力には溢れています。
a0208783_6472368.jpg
木靴の大きさは縦1cm程度で、リカちゃんでさえ履けない小ささ。凝った意匠でも精巧な造りでもありませんが、木靴本体は勿論手彫りだし、赤い花の絵柄は手彩色です。専門の職人に寄るものではない、恐らく農民が農閑期に副業として制作した、この手の工芸品を、「民衆工芸」と呼ぶそうです。木靴は経年で程良い艶が出て、揺れるとカチカチと小気味の良い音がします。
a0208783_6474767.jpg
多分オランダのお土産だと思いますが、木靴の脇に小さく手書きで地名らしきものが書かれてあるものの、判読不可能で突き止められませんでした。
 

・ 
[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-16 15:29 | アクセサリー | Comments(0)

オーストリアの鳥柄のエナメル小皿

a0208783_2036249.jpg
隣町のフリマで購入した、エナメル (ホーロー)の小皿です。一応値切りましたが、向こうも手工芸品だからと結構粘り、フリマとしてはそんなに安くはなりませんでした(笑)。
a0208783_20365247.jpg
中央の図案は、以前手に入れた孔雀柄のエナメル小皿に良く似ていて、淡目の黄色の帯は、やはり細かい網目のような地模様になっています。大きさは孔雀皿と同じで、バック・プリントも同じ。どちらもオーストリアの「Steinbock Studio シュタインボック工房」製だと思います。
a0208783_20371513.jpg
ネットで検索すると、この工房のホーロー製品、どのデザインもフォークロア感がいっぱいで可愛く、見ていて飽きません。60年代辺りのビンテージは、更にレトロ感がプラスされて魅力的なようです。また機会があれば、今後も手に入れたいと思います。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-15 15:33 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

紫ラインストーンのフォーマル・ネックレス

a0208783_642637.jpg
紫色のラインストーンが連爪で連なった、フォーマル用のネックレスです。多分1940~50年代の物で、大きく襟ぐりの開いたイヴニング・ドレスに合わせて使用したのだと思います。
a0208783_6422820.jpg
紫&地金はゴールド色で、ちょっと年配向きっぽい色合いですが、状態は良く、ラインストーンも地金も綺麗に輝きます。とにかく美しい紫色です。中央の三つの大きめのラインストーンがポイント。連爪がスカラップ状に連なったデザインは、やはり優雅です。
a0208783_643084.jpg
この手の裏打ちされた細かいラインストーンのネックレスは、色や透明感や輝きを写真でお伝えするのが、つくづく難しいと感じます。元々イヴニング用だからか、自然光で撮影するよりは、蛍光灯等(これはLEDですが)人工の光で撮影したほうが映えるようには思います。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-14 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

毛糸の花束のティーコジー

a0208783_143049.jpg
5つで1ポンドの中古クリスマス飾りを買う際、最後の5個目が見付からず、結局一緒に買ったのはこのティーコジーでした。毛糸の手編みのティーコジーは、最もイギリスらしい手芸の一つ。基本はポンポン付きワッチ・ニット帽のような形ですが、果物や動物、コテージ(田舎家)型など、様々な工夫を凝らした個性的で楽しいデザインが存在します。
a0208783_1432134.jpg
今回のティーコジーは、カントリー・カラーの毛糸を沢山使い、段に寄って色を変え、ループ状に弛ませて鱗のように重ねた、ちょっと凝った編み方です。
a0208783_1434472.jpg
その上に、小花の花束がたっぷり乗せられているように作られています。ポットに被せると、まるでカラフルなケーキのように見えます。
a0208783_144724.jpg
丁度うちのティーポット(イノダコーヒの土瓶)に、見事ぴったりの大きさ。ハンドルと注ぎ口は穴から飛び出る仕組みなので、一度被せたら茶葉を取り替えるまで外す必要はないのですが、ちょっと引っ張り気味に被せないといけない程ジャスト・フィットで、やはり取り外しが面倒かな。



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-13 15:23 | ファブリック | Comments(0)

リバティ・プリントのパーカーとワンピース

a0208783_534189.jpg
関口妙子さんの「はじめてのドール・コーディネイト・レシピ」(グラフィック社Dolly*Dolly別冊)に掲載されていたパーカーの、袖裾リブやポケットのないシンプル版があると良いな~と考えていたところ、同じ関口さんの著書「今日からはじめるドール服LESSON」(宝島社刊)に、丁度そういうパターンが載っていたので、挑戦してみることにしました。
a0208783_533369.jpg
本の中では、基本的にスムース・ニットを使ったルームウェアとして紹介されていますが、私は義妹から貰ったウール・リネンの端切れを利用して、アウターとして作りたいと思いました。リバティのビンテージ生地をアクセントに、中のワンピと御揃いと言う設定です。
a0208783_4474568.jpg
グレイなので、フードを被ると、どうしてもネズミ男っぽい…。
a0208783_5342525.jpg
パーカーの中は、同書掲載のルームウェアをアレンジした、ハイウェストのシンプルなワンピ。重ね着し易いよう(あと作るのがラク)ノースリーブにしましたが、この季節に見ると寒々しいばかりですね(苦笑)。
a0208783_4484038.jpg
調子に乗って、屋外にも撮影に出てみました。室内でも大抵自然光で撮影していますが、屋外の光はまたかなり勝手が違うと実感しました。
a0208783_4443557.jpg
単にうちのボロっちい外壁ですけど(笑)、レンガ壁は意外と人形に映えて使えます。
a0208783_5331380.jpg
室内に、ちょこちょこ置いて見ても楽しい。
a0208783_449745.jpg
今までモモコ・ドールは、お洒落過ぎて私には敷居が高いと思っていましたが、実際には優秀なモデルさんは、私の下手でショボイ服でも着こなしてくれるもんなんだ~と勝手に感心しています(笑)。特にこの「そっとほっとミルク」のモモちゃんは、本当に好みの服装がばっちり似合うので、この子を選んで買って(貰って)良かったとしみじみ思います。そして、普段リバティには別に惹かれないのだけど、このプリントはつくづく可愛く、柄が細かく、尚且つ柄が均等に散らばっていて使い易く、人形の服作りには持って来いです。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-12 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

ドライフラワーのカプセル・ドーム型ブローチ

a0208783_63668.jpg
隣町のフリマの、ルーサイトの帆船のインタリオ・ブローチに出会ったとの同じストールで、このドライフラワーのブローチも見付けました。今までも何度か見掛けたことのあるタイプで、セルロイド製のカプセル・ドームに、キッチュな色合いに染色された小さなドライフラワーが、ブーケのように並べられて閉じ込めてあります。
a0208783_6363065.jpg
ドームと土台の隙間から、錆のような汚れが中に入り込んじゃっています。この手のブローチは、ルーサイトのインタリオ同様に、1940年代に流行したそうです。1940年代は、さすがに未だ生まれていないから知らないはずなのに、何故か懐かしさに溢れるブローチです。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-11 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

カスタード・ウラン・ガラスのフリル縁の皿

a0208783_621476.jpg
今回のルイスのアンティーク・モール巡りで、P太が手に入れた原子力お宝はコレです。自然光ではウラン・ガラスには全く見えず、「まさかね」と思いつつ一応紫外線光で確認してみたら…、物凄ーく強く発光し、夫婦揃って驚きました。
a0208783_6303011.jpg
更に驚くことには、4枚で5ポンドと言う、フリーマーケット並みの安さでした。会計時に、モールのスタッフさえ驚いていました。このストールの売り主は、状態も良くシンプルな皿なだけに、まさか19世紀のガラス器だとは気付かなかったようです。
a0208783_627569.jpg
直径は20cm位。基本は型抜きガラスですが、ヴィクトリア時代に流行した縁のフリルは、型抜き後に透明な縁を接着し、熱しながら手作業で形成したらしく、カーブが全て不均等で、どれ一つとして同じ形の皿がありません。シンプルに見えても、中々凝った造りのようです。
a0208783_6233484.jpg
一般的に、乳白の黄色(クリーム色)、すなわちカスタード色のウラン・ガラスは、ヴィクトリア時代に多く見られ、自然光では蛍光色らしさは全く見当たりませんが、ウランの含有量は高く、発光の強いのが特徴です。しかし、発光の強さとは裏腹に、このお皿の放射線量は、アール・デコ時代の淡い緑色のウラン・ガラス並みに低いものでした。何故なら、カスタード色の表面を、無色透明のガラスが覆っている、つまり被せガラスの二重構造になっているからのようです。ウラン・ガラスの放射能はアルファ線なので、紙一枚でも簡単に隔たれ弱くなる性質を持っています。
a0208783_6221673.jpg
非ウラン・ガラスでコーティングされていると言う事は、食器として実用しても差し支えないと言う事です。普通にテーブルウェアとして可愛いお皿なので、ケーキやデザートを盛ったら美味しそう。念の為(再三言いますが)、ウラン・ガラスを食器として数度使用したところで、ただちに健康を害する程の有害成分が溶け出す訳ではないし、まして被爆する訳でもありません。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-10 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ルイスのアンティーク・モール巡り ガラス製品&テーブルウェア編

a0208783_20523068.jpg
姉へのクリスマス・プレゼントを探しに行ったルイスのアンティーク・モールでは、勿論ウラン・ガラス探しにも余念がありません。この趣味のお陰で、それまでP太にとっては退屈で、単なる私の付き合いでしかなかったルイスのアンティーク・モール巡りも、毎回楽しみとなりました。
a0208783_20432731.jpg
今回まず最初に出会ったウラン・ガラスは、小さな手作り吹きガラス製のフィギュリン。この手のフィギュリンは、今でもほぼ同じ製造工程で作られているので、ビンテージかどうか見分けるのが難しいのですが、これは古いらしく、幾つかはウラン・ガラスでした。しかも、かなり濃く光ります。しかしセット販売で、48ポンドもしくさります。
a0208783_20435520.jpg
いかにも60年代の北欧デザインらしい花瓶です。タグに寄れば、フィンランド製とのこと。
a0208783_20441852.jpg
なんと、これもウラン・ガラスでした。スタイリッシュだし珍しいし、P太は相当気に入っていましたが、68ポンドでは手が出ません。
a0208783_20445917.jpg
上記の花器が本当に60年代の製品だとすれば、もうガラスに着色用でウランを使用する事は、ほとんどない時代のはずなのに不思議です。と思ったら、この同じストールの、さして古く無さそうなこのイッタラのキャンドル・スタンドも、実はウラン・ガラスでした。
a0208783_2045204.jpg
ただし放射線を測定した訳ではないので、実際ウランが含まれているのか、単に紫外線光に反応する蛍光塗料が含まれているだけなのかどうかはハッキリしません。
a0208783_20455868.jpg
中央のアール・ヌーヴォーらしい香水瓶のデザインが素敵ですが…、
a0208783_20462576.jpg
やはり私達のお遊びには高過ぎる値段です。
a0208783_20464942.jpg
いつも芸術品と言える程美しいガラス器を並べているストール。お値段も芸術品価格。
a0208783_20471475.jpg
ウラン・ガラス以外のガラス器では、この60年代のハンカチーフ型花器を、今回あちこちで多く見掛けました。やはり無地より、プリント付きのほうが「らしく」て魅力的です。
a0208783_20483150.jpg
これはガラス器と言うよりは、金属製の蓋に付いた、ルーサイトのインタリオの取っ手が気になりました。こんな所にも使用されていたのか…。蝶モチーフが並んだ受け皿も可愛い、50年代辺りのキッチュなシュガー・ポットです。
a0208783_20474272.jpg
惚れ惚れする程洗練されたデザインの、60年代の金属製ホルダー付きカップのセット。
a0208783_20492393.jpg
P太は「ウラン陶器」にも興味があります。このいかにもアール・デコらしいデザインのティー・セットも、釉薬にウランが含まれています。
a0208783_20502240.jpg
アール・デコ時代のピッチャーを中心に集めたストール。この中にも、ウラン陶器が含まれているのに違いありません。オレンジ色や黄色っぽいのは、特に怪しい。
a0208783_20504950.jpg
うちに在るのと、似たようなピッチャーも混じっています。
a0208783_20515736.jpg
アーツ&クラフツらしい美しいフォルムのティー・セットは、実は精巧なミニチュア。銀製なので、100ポンド以上します。
a0208783_20551944.jpg
今回本当に時間が足りなくなって来て、いつまでも売り場で放射線量まで測定しようとするP太に、「そんなの家に買って帰ってからやってよ!」と、思わずイラッと来て急かしてしまいました(笑)。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-09 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ルーサイトの帆船のインタリオのブローチ

a0208783_6223242.jpg
隣町のフリーマーケットで、1940年代に流行した、大好きなルーサイトのインタリオのブローチに出会えました。しかもモチーフは帆船で、今まで見たことのないタイプです。
a0208783_6225591.jpg
一辺4cm弱の正方形で、古風な帆船が裏彫り彩色されています。帆船に加え、波やカモメ(または飛沫?)も描かれています。モチーフがセンターからずれて、ピンの金具が表側にはみ出している所が御愛嬌です。帆が甘いシュガーピンクってのも、帆船のワイルドなイメージとはちょい違う気がしますが、まあこのブローチを着用するのは女性だからなあ。
a0208783_6252983.jpg
その日のフリマでは、一つのストールで、これだけ好みのビンテージ・ジュエリーに出会えました。一つ50ペンス。やはり在る所には、集中して在るんですよね~。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-08 15:26 | アクセサリー | Comments(0)

自分達へのお年玉

一昨年末は愛猫トラちゃんを失い、昨年末はポコちゃんを失い、二年連続でクリスマスも正月も祝える気分では全くなかった私達夫婦は、耐え切れずに、ナショナル・キャット・センターへ行って新たに養子を迎え、自分達へのお年玉とすることにしました。
a0208783_19434254.jpg
それがこの子、タラちゃん、6ヶ月の女の子です。この「タラちゃん」と言う、トラちゃんともたまちゃんとも紛らわしい名前は、実は本名です。今までP太の希望で、うちの猫は皆日本風に改名して来ました。たまちゃんの元の名前は「Red」、ポコちゃんは「Ollie」か「Olive」、トラちゃんは「Arthur」でした。友達から、名前なんて動物でもそう勝手に変えるもんじゃないと言われましたが、うちの子達は、猫撫で声で何度も呼ばれる新しい名前が皆気に入って、旧名には全く反応しませんでした。ですが、タラちゃんは元々「Tara」で、カタカナにしても日本語っぽく、十分短くて呼び易い為、このまま使用し続けることにしました。英語では本当は「ターラ」に近い発音で、結構金持ち風の名前だそうですが、日本語にすると、サザエさんの息子と同名でメチャ庶民的(笑)。
a0208783_19363857.jpg
性格は、未だほとんど仔猫だから、天真爛漫で元気が有り余っています。相当活発で遊びたがりで好奇心旺盛。いたずらっ子のお転婆娘です。尚且つ、非常に人懐っこい甘ったれの構ってちゃんです。初対面の時から、全く物怖じせずシュリシュリお腹ゴロンで、我が家に到着しても全然警戒せず、直後から喜んで興奮して走り回って探検していました。二日目からは、すっかりリラックスし捲くって、既にうちに長く住んでいる猫のように見えました。
a0208783_19371410.jpg
おねんねは、教えた訳でもなのに、初日の夜から当然のように私達のベッドの上で一緒に寝ます。夜11頃には、ベッドでスタンバっています。ポコトラと違って、夜中に起き出して動き回る事は全くなく、朝までずっと同じ場所で寝ています。ベッドに来るのは夜間の私達が居る時のみで、他はソファか床(カーペット)の上で横になります。猫ベッドと猫イグルーは新調しましたが、これらには興味がない模様…。膝乗りも、抱っこ(頭を撫で続ければに限り)も好き。早朝のご飯強請りの暴動も起こしますが、最初は未だ体が小さい為、ほとんど効果はありませんでした。しかし学習能力は結構高く、日々悪質化して来ています(笑)。
a0208783_1938561.jpg
食欲も旺盛…と言うか、こんなに小さい体にも関わらず、かなり食い意地張っている大食漢です! キャット・センターから、朝は仔猫用ウェット・フード1パウチ、夕方は大人用カリカリ30gとキッチリ指導されていますが、それじゃ全く足りないようで、ご飯場所の在るキッチンに行く度に、キャット・フードの仕舞われた戸棚にシュリシュリして、蚊の鳴くようなか細い声でミーミーご飯を強請ります。この哀れな超音波仔猫声でお願いされては、ついご飯を上げたい気持ちになりますが、P太からも「君は動物を太らせる才能があるから、絶対余分に与えないように」と厳しく言われています。やむを得ず、規定量を小分けにして与える工夫をしていますが、それでもやっぱり足りません。ご飯は常に一度で完食で、周囲にこぼれた物さえ一粒残さず全て舐めて綺麗に平らげます。好き嫌いは、ほとんどないようです。ほぼいつも空腹で、食事直後でもご飯が足りず、要求を無視すると、調理台に登ったりゴミ箱を漁ったり実力行使します。その為結局、水飲み場だけ他の場所にももう一箇所設け、食事時間以外はキッチンのドアを閉める事を余儀なくされました。
a0208783_1944125.jpg
意外にも、こんな黒白ハチワレ猫を飼うのは、私にとっては初めて。正に、キャット・フードのマスコット・キャラクター「フィリックス」みたいです。タラちゃんのような毛皮の猫は、英語では「タキシード・キャット」と呼ばれているようです。多分黒猫に次いで、イギリスで二番目に多い猫の毛の色です。義妹の家のティナもタキシードですが、タラよりも黒い部分が多めです。
a0208783_1939218.jpg
長めの尻尾のほんのちょっと先だけ白いのが、チャーム・ポイント。まるで縫いぐるみのようにフッコフコで萌えます。両腕に、ホクロのような黒い毛皮の点があるのも特徴的です。
a0208783_19392840.jpg
目頭の毛皮の模様のせいで、寝る時はいつも笑い顔。一緒に居る縫いぐるみは、トラちゃんのキッカー(足蹴り用)だったフィリックス君。
a0208783_19401621.jpg
マミーの指を喰っているところ。この後、必ずペロペロがワン・セットです。ある意味「飴とムチ」? 未だ子供だから、満足の行くまで遊んで上げるのは、いつも体力の要る一仕事です。疲れても、すぐに再チャージされます(笑)。遊びたいモードの時に十分応えないと、わざと大きな音を立てて暴れる、悪さをして気を引く等の典型的な猫知恵は、既に身に付いています。
a0208783_193950100.jpg
今まで仔猫と一度も暮らしたことのないP太は、仔猫を飼うことに異様に期待し、もうタラちゃんにメロメロデレデレです。タラちゃんのほうも、今のところダディーとマミーに平等に甘えます。逆に私は、久々の仔猫に多少緊張していました。教える事が多く、寄り責任が重いと考えたからです。しかしタラちゃんの場合、母猫とも十分一緒に過ごし、前の飼い主の対応も良好だったらしく、人間と暮らす猫としての社会性は、既に十分備わっているように見えます。
a0208783_19413836.jpg
イギリスでは、仔猫を見掛ける機会が滅多にありません。保護活動が発達して、ノラ猫はほぼ皆無だし(少なくとも私は見たことがない)、ペットショップの店頭で犬猫を販売することは禁止されているからです。保護猫施設でも、仔猫は稀です。避妊・去勢手術が徹底されている上、仔猫が保護されたとしても、人気ですぐに引き取り手が見付かるからです。タラちゃんも、ナショナル・キャット・センターに入所して未だ数週間足らずで、ウェブサイトにすら未だ紹介されていませんでした。今回私達夫婦は、出来るだけ長く一緒に暮らしたいと言う理由で仔猫を引き取りましたが、かと言って、仔猫の内から飼わないと懐かないんじゃないかと思うのは大間違いです。例え生まれた時から一緒に暮らしていても、愛想の非常に悪い猫も居ます(笑)。たまちゃんのように、12歳と言う猫としては高齢で引き取っても、すっかり馴染んで家族としての信頼関係を築ける猫も居ます。要は、猫の性格と愛情次第です。大人の猫のほうが、返って性格を見極め易いとは思います。そう言う点で、いつも予め人懐こい子を選んでいる私達は、ズルイとも言えます。
a0208783_19404864.jpg
ポコちゃんが亡くなって未だ日が浅い内に、新たに猫を迎えるなんて、我ながらまるで猫版青髭公のようだと思いました(因みに、たまちゃんが亡くなった後にポコちゃんを引き取ったのは、もっと早かった)。実際ポコトラを失った悲しみが、これで消える訳では全くありません。無邪気にじゃれるタラを眺めていても、ポコトラが騒がしかった頃や、ポコちゃんの最期を思い出して、度々涙が込み上げて来ます。しかし、世の中には新しい家族を待っている猫達が山のように居るのに、自分の一生の内では、その中のほんの僅かな猫としか暮らせないと改めて気付きました。今後タラちゃんに惜しみない愛情を注ぎ、幸せなニャン生を全う出来るよう最善を尽くす事は、今までのうちのニャンコ達と変わりありません。掛け替えのない家族として、沢山の楽しい思い出を積み重ねることに寄り、タラちゃんもポコトラたまに並ぶ存在となってくれるでしょう。





[PR]
# by piyoyonyon | 2018-01-07 15:32 | 動物 | Comments(2)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(170)
(149)
(127)
(125)
(115)
(111)
(99)
(78)
(74)
(71)
(70)
(62)
(61)
(61)
(59)
(59)
(58)
(51)
(46)
(46)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

古いミニチュア木靴のブローチ
at 2018-01-16 15:29
オーストリアの鳥柄のエナメル小皿
at 2018-01-15 15:33
紫ラインストーンのフォーマル..
at 2018-01-14 15:28
毛糸の花束のティーコジー
at 2018-01-13 15:23
リバティ・プリントのパーカー..
at 2018-01-12 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 17:14
 モモコドールは、そっけ..
by はっち at 16:24
Tallulahさん、あ..
by piyoyonyon at 19:31
実は次のにゃんこはいつか..
by Tallulah at 18:33
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 06:27
ぴよよんさん、はじめまし..
by mintmint36 at 09:08
にいくさん、確かにケバい..
by piyoyonyon at 03:00
最初の写真を見て、思わず..
by にいく at 18:32
にいくさん、めちゃ三毛..
by piyoyonyon at 19:15
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 19:07

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。