カテゴリ:おもちゃ・人形( 203 )

古い馬の縫いぐるみ

a0208783_5394176.jpg
イギリスでは馬は、その辺の普通の道路でも乗馬している人を時々見掛けることがあり、日本よりもずっと身近な動物に感じます。でも馬の縫いぐるみでこんな可愛いのは、イギリスでも中々見掛けないと思います。
a0208783_5404162.jpg
フリマで、世界各国の古いお土産人形が詰まったダンボール箱の中に入っているのを見付けました。小ぶりで(身長17cm位)、別珍のような黒い生地の中に、古い縫いぐるみらしく、オガクズがぱんぱんに詰まっています。たてがみと尻尾は毛糸。足と口には、馬具として白いビニールが巻き付けてあります。
a0208783_54114.jpg
円らな瞳、少し首を傾げているところ、まるで産まれ立ての仔馬が初めて立ち上がったような、うんしょと踏ん張って立っているところが、とても愛らしいと思います。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-11 15:37 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのアール・デコ風のドレス

昔「銀座リカちゃん」と言うのが限定販売されたことがあり、モガ・スタイル、つまりアール・デコ風の衣装を着ていて魅力的でした。頭は黒い断髪で、おお、このリカちゃん自体なら、うちの黒髪おかっぱちゃんに近いかもと思い、似たような格好をさせたくなりました。
a0208783_3475463.jpg
と言っても、袖付けもない、非常にプリミティブなパターンの服なんです。もし何とかそれらしく見えるとしたら、一重にスカート部分の幅広レースのお陰かも。これは本物のビンテージでして(いつもの単なる中古品とは違い)、実際とても繊細で美しいレースなんです。私みたいなぶきっちょ&粗忽者が使うとなっては、失敗しては一大事だと、カットする時は結構ドキドキしました。あと、クロッシェ・ハットは必須だと思いました。
a0208783_3545914.jpg
自分の胴に全く括れがないせいか、ジャスト・ウェストの服より、ハイウェストやローウェストの服が好きです。一方リカちゃん人形には、ちゃんと胴の括れがありますが(小学五年生のくせに。ちっ)、ハイウェストやローウェストのほうが、リカちゃんにとっても一層可愛く見えるように思います。ローウェストには、エドワーディアンやアール・デコなど、クラシックな少女服のイメージが強いからかな。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-05 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

エストニアの木製民族衣装人形

a0208783_23243496.jpg
フリマで買った、身長約8cmの小さな木製の人形です。何故か、元々こんなバンザイをした状態でした。外箱(と言うか円柱型の塩ビのケース)も残っていまして、それにはエストニア製と書いてあります。
a0208783_23245350.jpg
顔はちゃんと可愛く、服もシンプルながら造りは丁寧で、未だ行ったことのないエストニアが、フォークロア色の濃い国であることが窺えます。
a0208783_23252230.jpg
スカートの中は、こんな糸巻きみたいな状態になっています。旧ソ連の共和国の一つで、それ以前にもロシア帝国の支配下にあり、政治的にはロシアとの関わりが強かったエストニアですが、文化や民族的にはフィンランドに近いそうです。この民族衣装も、フィンランドのものに似ているように思います。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-29 15:23 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ソ連の民族衣装少年ビニール人形

a0208783_4251055.jpg
やはり見れば欲しくなる、民族衣装を着たソフト・ビニール製の、ソビエト時代のお土産人形です。身長は約20cm。以前買ったこの人形とほぼ同じかと思いましたが、服装は非常に似ているものの、微妙に大きさが異なっていました。少なくとも、顔の鋳型は同じものは使用していないようです。
a0208783_426559.jpg
ロシアらしい毛皮の帽子で隠れ気味ですが、実は円らな瞳の結構可愛い顔をした少年です。帽子は糊付けされている為、外すことは出来ませんが、多分下は一休さん状態になっていると思います(笑)。そしてやはり、もし対になる少女人形も一緒に売られていら、尚嬉しいと思うところでした。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-27 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの「リトル・ボー・ピープ」風の衣装

a0208783_201534.jpg
可愛いと言えば可愛いけれど、在り来たりで地味~な小花柄と、同じく何の変哲もないストライプのコットンの布。でもこの二つを合わせると、結構お洒落なんじゃないかと思いました。それにピンクとグリーンは、私にとっては昔から惹かれる組み合わせです。
a0208783_204632.jpg
そして、こんな人形の服になりました。リトル・ボー・ピープっぽいので、ボンネットも作ってみました。合わせた靴は、実はビンテージ・シンディ人形のバレエ・シューズでして、ちとリカちゃんには大き過ぎ。
a0208783_211081.jpg
「Little Bo-Peep リトル・ボー・ピープ」って、マザーグースの歌に登場する羊飼いの少女のことです。英語圏なら誰でも知っている存在らしく、イラスト等のモチーフとしてもお馴染みのようです。何故か大抵、羊の世話をするのには全く非実用的な、ふんわりヒラヒラしたロリィタ・ファッションのような衣装を着て描かれます。「トイ・ストーリー」のキャラクターとしても、その人形が登場しますし、実際リトル・ボー・ピープ仕様の、バービー人形やシンディ人形も販売されたことがある程です。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-25 15:38 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

スリープアイの金髪幼児人形

a0208783_427347.jpg
ダークブラウンの髪の幼児人形を手に入れて、つくづく可愛いな~と満足していたところ、数週間後にフリマで、全く同じ人形の金髪版に出会いました。多分ダークブラウンの人形を買ったのと、同じストールだと思います。ぱんつと靴下と「シンデレラ・シューズ」を、履いたままだったのも同じ。ただし今回の人形は、両腕が外れて無くなっている悲しい状態でした。その他は、前回同様、手垢汚れが一切無い良好なコンディションだったのに。でもきっと腕は、この人形が突っ込まれていたダンボール箱に、未だ残っているのに違いない!と勝手に信じ、底までゴソゴソ探して、とうとう二本の腕を見つけ出しました。
a0208783_4272663.jpg
腕の付け根(内側)にフックが付いており、そこに輪ゴムを引っ掛けて、ボディの中で繋げていた仕様だったのが、経年でゴムだけ劣化して切れてしまったようです。家に帰って、ヘアゴム(少しは耐久性がマシ?)を繋げて早速直しました。もし腕がないままだったら、当然誰にも買われず見向きもされず、果てはゴミ箱行きの運命であったであろう古人形は、たまたま私の目に留まって、新たにべべを着せて貰い、再び人形として永らえることになりました。
a0208783_427463.jpg
違うのは髪色のみで、髪型は同じ、ブルーグレイの目の色も同じ。ぱんつ、靴下、靴の素材・仕様も全く同じです。でも単に髪の色が異なるだけなのに、似合う服の色が結構違うもんだと思いながら、この服を作りました。…そうこうしているうちに、この子達にも、秋冬服を作ってやらねばならない季節になっちゃった。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-21 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

黒髪ロングヘアーのリカちゃん

a0208783_642169.jpg
今年の一月に訪れた「リカちゃんキャッスル」の、お人形教室で購入した三体のリカちゃん人形のうち、残る一体はコレです。これのみはスペシャルではなく通常版の、つまり2000円コースの人形でした。通常版のリカちゃんは、髪色や前髪の仕様が異なるものの、基本的に直毛ロングの人形しか用意されていません。でも、そんな髪形なら、スタンダードに黒髪が一番。元々和服が似合う人形が欲しかったので、国産の質の良い人形を2000円で購入出来てラッキーでした。リップも程良く赤く、とっても大和撫子なリカちゃんです。
a0208783_643944.jpg
そしてその後、リカ城のショップで着物を購入すれば完璧…と思っていたのですが、生憎その時は好みの振袖が売られていませんでした~。着物なんて作ったことないし、十分な大きさの和柄の生地の持ち合わせもないので、今のところこんな格好をさせています。写真では写らなかったけど、本当は結構鮮やかな紫色の布地です。メルヘン・リカちゃんとは逆に、この子には割とはっきりした色が似合うように思います。
a0208783_6434025.jpg
それで、こんな服も拵えてみました。赤と青系は元々好きな組み合わせなんですが、この赤いストライプの生地に紺色を合わせたら、凄くBorn in the U.S.A.な雰囲気になっちゃった(笑)。
a0208783_6435742.jpg
そして、一応こんな格好も似合います。目にする機会がないけれど、タータン・チェックは今、日本のアイドル服の定番なんでしょうか? 私は、幅広のリボンをスカート部分に使いました。端の始末をしなくて良いから便利、と思っていたのですが、端の処理がブ厚過ぎて、返って梃子摺りました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-15 15:37 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ミニチュアのカップ&ソーサー

姉から、ビンテージ・ジュエリーの他に、高級着せ替え人形スーパー・ドルフィー(SD)用の小物も頼まれていたので、ミニチュアのカップ&ソーサーも買って送りました。イギリスでは、昔からこう言ったミニチュア陶器が生産されており、古物として割と見掛けるアイテムです。多分、コレクターも多いのだと思います。
a0208783_446116.jpg
ソーサーの直径は6cm位。小さくとも、ちゃんとボーンチャイナで出来ています。「Oakley China」と言うメーカーの製品で、イングランド製。ミヤコワスレのような、紫色のマーガレット系の花が描かれています。プリントの精度は余り良くないかな。1/2サイズなので、SDに合うはずです。デザイン的には清楚な雰囲気ですが、本当はロックな赤いバラとかの、結構派手な柄のミニチュア・カップ&ソーサーを探していました(笑)。
a0208783_4464150.jpg
姉が持っているSDは、「秘密 ―トップ・シークレット―」と言う清水玲子の漫画の主人公「薪剛」モデル。限定抽選販売で、確かネットで10万円以上で落札したような…(恐)。元々薪剛がラルクのHydeをイメージして生まれたキャラクターだそうで、別名Hyde人形と呼んどります。同じドール好きから見ても、更に深くて厳しい(特に経済的に)樹海のような世界です…。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-09 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

スリッパからリカちゃんの服 kawaii

友達からプレゼントされたお気に入りのスリッパを、貰って数ヶ月で早速履き潰してしまいました~(涙)。ほとんど引き篭もりの専業主婦で、家でスリッパを履いている時間が長いから、室内履きの消耗は非常に早いようです。しかし、本当に好きなデザインだったので、このまま単に捨てるのは勿体ないと、傷んでいない部分を切り取って、人形の服に再利用することを思い付きました。
a0208783_19172810.jpg
これなら、ほんの少しの生地でも役に立ち、ずっと手元に残すことが出来ます。後ろ身頃は、別な生地を使用しています。こんなストンとしたシンプルなワンピースでも、着こなしてくれるのがリカちゃん人形の良いところ。合わせるのは、相変わらずバブーシュカと縞ソックスが好きです。
a0208783_19174567.jpg
限られた材料で、出来るだけ柄を生かして、尚且つ自分の僅かな技量と忍耐の範囲内で、作ることの出来る人形の服をデザインするのは、まるでパズルのような作業です。しかし、予めこのイメージをはっきりさせておかないと、作り始めてすぐに躓くことになります。イギリスでは、極普通の手芸材料でも、思うように手に入りにくく、例えば、薄手の無地の綿生地等が売られていなかったり、あったとしても異様に値段が高く、また20cm角があれば十分なのに、1m単位でしか売ってくれかなかったりと、非常に面倒です。この国では、作りたいものを先にイメージしてから材料を探すのではなく、手に入る(または手元にある)材料から、作れるものを考えなくてはなりません。その点、日本は本当に、ハンドメイドに関しては恵まれていると痛感します。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-04 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

木製猫とネズミのシーソー玩具

a0208783_2563872.jpg
フリマで買った、ゆる~い昔の木製おもちゃです。エルツの手の込んだ木工芸なんかじゃなくて、外貨稼ぎの為に盛んに輸出された1950年代の日本製っぽいと思います。全体的な幅は6cm位で、ネズミは約1cmのツブ(尾除く)。目や髭は手描きです。シーソー部分は無垢な木地のまま、猫を白、ネズミを赤で表したコントラストが、結構可愛いと思いました。
a0208783_257824.jpg
ネズミは、耳と尻尾が合皮か何かで出来ていて、何気に凝った造りです。
a0208783_2574383.jpg
明らかに猫のほうが重いんですけど、シーソーとしての機能が全く役に立っておらず、真ん中で止まったり、ネズミのほうに傾いたりします。玩具の楽しさとしてもどーよ?って感じなんですが、今時有り得ない位のまったり和み系なのが見逃せなくて買っちゃいました(…こんなんばっかだ)。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-08-30 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(171)
(149)
(127)
(125)
(115)
(111)
(100)
(78)
(74)
(71)
(70)
(62)
(61)
(61)
(59)
(59)
(58)
(51)
(46)
(46)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

鮮やか緑系ビンテージ・ネックレス
at 2018-01-18 15:30
花とペイズリー柄のビンテージ..
at 2018-01-17 15:22
古いミニチュア木靴のブローチ
at 2018-01-16 15:29
オーストリアの鳥柄のエナメル小皿
at 2018-01-15 15:33
紫ラインストーンのフォーマル..
at 2018-01-14 15:28

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 17:14
 モモコドールは、そっけ..
by はっち at 16:24
Tallulahさん、あ..
by piyoyonyon at 19:31
実は次のにゃんこはいつか..
by Tallulah at 18:33
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 06:27
ぴよよんさん、はじめまし..
by mintmint36 at 09:08
にいくさん、確かにケバい..
by piyoyonyon at 03:00
最初の写真を見て、思わず..
by にいく at 18:32
にいくさん、めちゃ三毛..
by piyoyonyon at 19:15
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 19:07

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。