カテゴリ:アクセサリー( 180 )

セルロイドのバラのブローチ

a0208783_18225835.jpg
地元の保護猫チャリティショップで、ドールに役立ちそうな造花を買っていたら、レジ前のガラス・ケースの中の、このレトロなブローチが目に入りました。スタッフの常在しているレジのガラス・ケースは、こんな機会でもないと、中々じろじろと見ることが出来ません。猫チャリティですから、普段なら買う・買わないのボーダー・ラインの商品でも、多少価格とも(これは高くなかったけど)、率先して買うことにしています。
a0208783_18234722.jpg
MOP風の光沢があるセルロイドの台に、同じくセルロイド製のバラと忘れな草のモチーフのレリーフを、二つ重ねあって貼り付けてあるデザインです。キッチュなレリーフの彩色が、レトロな可愛さの決め手。このレリーフは、現在リプロ(orデッドストック?)が販売されているようで、時々日本で見掛けます。中心に裏のピンを止める為のハトメの穴が開いてあり、本来それを隠すようにレリーフが貼り付けてあるはずなのですが…、何だかバランスの崩れているのが御愛嬌です。
a0208783_18245677.jpg
裏面を見ると、こんな風になっています。細かい優雅な模様が型押しされているものの、ハトメの穴からして中心からズレていますね。こんな造りの緩さも、古い製品ならではの魅力とも言えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-30 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

マイクロ・モザイクの三日月型ブローチ

a0208783_22243293.jpg
小金井公園のフリーマーケットで50円で売られていた、イタリアのマイクロ・モザイクのブローチです。かなり熟練の技が必要な総ハンドメイドで、現地で買うと結構高いのですが、やはり人から貰ったお土産物なんかで不要な場合、価値が分からないから安く手放されちゃう事が多いようです。
a0208783_2225619.jpg
こんな三日月型のマイクロ・モザイクは、初めて目にしました。すっきり細長く、黒と青系中心の石(ガラス・ピース)でまとめてある為、一層すっきりした大人っぽい印象に見えます。
a0208783_22262381.jpg
すっかり三日月型…と思っていましたが、こうして星のパターンの布に乗せると、まるで星空に浮かぶゴンドラのようにも見えます。どちらにせよ、ゴンドラもイタリアのベネツィアらしいモチーフだと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-24 15:22 | アクセサリー | Comments(0)

イエロー系ラインストーンのブローチ

a0208783_1848561.jpg
ドーキングのアンティーク・モールで、ついに姉の誕生日プレゼントに相応しいビンテージ・ジュエリーを見付けることが出来ました。複雑に立体的にデザインされたフィリグリー風の座金に、ブリリアント・イエローとレモン・イエローのラインストーンがびっしり嵌め込まれた、幅7cm位のボリュームたっぷりのブローチです。
a0208783_18492964.jpg
座金は、中央の花座から帯状が四方に伸び、その間に6つの花弁が並びます。
a0208783_1850023.jpg
いかにもクラシックなデザインなんですけど、裏のピンの形態を確認すると、実はビンテージと呼べる程古くはないかも知れません。そう思いつつも、姉の好みに合うことが一番大切だからと選びました。裏面にはチェーンを通す為のループも付いていて、ペンダントにもなります。
a0208783_18502921.jpg
余り古そうじゃない分、状態は良好だし、ラインストーンの輝きはばっちりです。存在感も十分で、つくづく美しいブローチだと思いつつ、姉に発送しました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-22 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

桜の螺鈿の帯留めブローチ

a0208783_1281771.jpg
小金井公園のフリマで、こんなウットリ美しい物が、たった100円で売られていました。直径は5cm程度の黒い塗りの木製カボション台に、薄く切った桜の花びら型の貝が鏤めてある螺鈿細工です。
a0208783_6471947.jpg
裏面を見ると、ブローチ・ピンの他に、帯締めに通せる帯留めの仕組みになっています。帯留めは着物のアクセサリーなれど、江戸後期に生まれた比較的新しいアイテムと聞きます。明治に入って廃刀令が出てからは、刀唾を帯留めに改造するのが流行し、失職した刀装飾職人達は帯留め職人に職替えしました。つまり、元は男性用のアイテムだったのです。また、明治以降、男性が刀装飾等をお気に入りの芸者に契りの証としてプレゼントし、それを芸者達が帯留めに改造して身に着けるのが流行したので、女性にも広まって行ったと言われています。そして、最初は帯と一体化したベルトのバックルのような固定金具で、実用本位だった帯留めが、徐々に単なる装身具に変わって行きました。それまで簪位以外の装身具がほとんど存在しなかった日本に、和装でも合わせられるジュエリーとして定着したのが帯留めのようです。
a0208783_6475876.jpg
とても素敵な螺鈿のブローチですが、普段の服装に合わせるとなると、やはりお洒落に着こなすのはちょっと難しそう。元持ち主も、それで手放したのかも知れません。着物の上にショールを羽織って留める時に使うとか、やっぱり帯留めとして使うのが、一番魅力を引き立たせるように思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-17 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

セルロイドの扇型ブローチ

姉への誕生日プレゼントビンテージ・ジュエリーを探しに行った、Hungerford ハンガーフォードのアンティーク・モールですが、……実は全部隈なく見て回っても、コレダと思える物に出会えませんでした。その代わり、いえ、代わりには全然ならないんですけど、自分用には良いかも、と思えるブローチは買いました。
a0208783_15501050.jpg
それが、このセルロイドの扇型のブローチです。2ポンドで、チャリティショップ価格でした。見覚えのあるバラのモチーフが乗っかっていて、もしかしたら占領下時代の日本製(occupied Japan)ではないかと踏んでいます。ネットで検索したら、同じ物にヒットして、1950年代の製品だと書かれていました。
a0208783_15574349.jpg
セルロイド製のビンテージ・ジュエリーの中でも、彩色してあるほうが、寄りレトロ&キッチュな魅力を高めると思います。しかし、例え彩色無しでも、経年でアイボリー色に育った独特な質感は、オールド・プラスティックの魅力を十分伝えています。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-11 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

古布のピエロ猫のブローチ

a0208783_19123739.jpg
富岡八幡宮の骨董市では、自分用には古布しか購入しませんでしたが、義母へのお土産用にこの猫のブローチを買いました。古着や古布を売っているストールの手作り品で、やはり古布で出来ています。身長は7cm位。大きなエリザベサン・カラーを付けて、ピエロに扮する猫のようです。正直ピエロには余り良いイメージがないけれど(不気味なピエロの都市伝説以前に)、猫のピエロなら歓迎します。義母に渡す前に日本で写真を撮っておいたのですが…、イギリスに戻ってからメモリー・カードがぶっ壊れているのに気付き、ダウンロード不可能になってしまい(涙)、慌てて義母の家でスマホで撮影する羽目に。スマホのカメラも随分進化しているとは言え、やっぱ通常のカメラに比べると(セッティングもありますが)写真がしょぼいと思います。
a0208783_1913276.jpg
直径2cm程度の顔も、刺繍やビーズやペイントで丁寧に作られています。何より、ちゃんと猫らしくて、顔の可愛いのが決め手。私の好きな「アタゴオル」に登場する猫みたい。帰って姉に見せたら、「おねーちゃまも欲しかったなあ」と言っていました。確かにそんなに高くなかったから、姉の分も、ついでに自分の分も買って置くべきでした。次にこの骨董市を訪れる時、未だ売っていることを祈ります。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-03 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

セルロイドのエーデルワイスのブローチ

a0208783_2220451.jpg
フリマで買った、エーデルワイスの花を模った、典型的なアルプス地方の古いお土産ブローチです。最初はボーンかと思いましたが、樹脂を型に流して形成してあるようです。
a0208783_22264739.jpg
彩色が、エーデルワイスの花芯の黒い部分だけ(しかもほとんど剥げ掛かっている)なのがちょっと寂しい、はっきり言って地味~なブローチ。やっぱりこの手のブローチは、カラフルに彩色してあるほうが、レトロ感とキッチュなスーベニール感が盛り上がるように思います。でも、セルロイドは、経年で程良く柔らかいミルク色に育っているかな。濃い色のベレーやキャップなんかにちょこんと付けると、結構映えそうです。
   




[PR]
by piyoyonyon | 2017-08-27 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

艶消し銀色の桜のバレッタ

a0208783_3332117.jpg
郡山のイオンの中に、和風雑貨屋さんが入っており、イギリスの家族へのお土産等を買うのに結構重宝するので、帰国する度に利用します。そこで、思い掛けず素敵なバレッタに出会いました。自分用です。髪が長い時、私にとってはバレッタが一番使い易いので愛用していますが、イギリスは勿論、日本でも流行っている訳ではないから、気に入った物には滅多に出会えません。
a0208783_3343329.jpg
バレッタってバリエーションが極端に少ないアイテムなので、こんなデザインは、在りそうで中々ないと思います。桜を表しているから、和風と言えばその通りで、着物にも平気そうなんですが、普通の洋服に合わせても全く問題ありません。色は単色で派手ではないけれど、黒髪の上ではしっかり目立つはずです。何より、バレッタで初めて見る品のある艶消しの銀色は、プチプラの割に高級感があります。中々細かい立体感ある造形とアシンメトリーな構図、フェイク・パールのアクセントも気に入っています。
a0208783_3335122.jpg
ただし、日本に帰国する度に、まず美容室で髪をボブ・カットにしてしまうのが習慣なので、このバレッタを使用するのは、まだまだ先のことになりそうです。
 



 
[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-27 15:25 | アクセサリー | Comments(2)

トパーズ色のラインストーンのブローチ

a0208783_21374483.jpg
フリーマーケットで、デザインも色合いも中々シックで上品なビンテージ・ブローチに出会いました。製造は、多分1940~60年代前半です。
a0208783_2138124.jpg
メインのラインストーンの色は、薄茶とも言える渋めの黄色系で、言わば本来のトパーズ色。トパーズと聞くと、大抵もっと山吹に近いような鮮やかな黄色を思い浮かべますが、天然のインペリアル・トパーズは概ねこんな色だそうです。
a0208783_21383367.jpg
色は渋めながら、サイズは大きめでボリュームは十分あり、存在感はたっぷりあります。毛皮のコートなんかに似合いそう。と言う訳で、このブローチも、帰国の際の姉へのお土産に仲間入りしました。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-13 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

グリーンのエナメル花ブローチ

a0208783_18171182.jpg
ケント州の村ヘッドコーンのアンティーク・モールで出会った、ちょっと珍しい仕様のブローチです。
a0208783_1818376.jpg
基本的には、私の大好きな、1960年代のポップなエナメル塗装の花ブローチなんですが、花弁部分が透かし細工風の金属で覆われ、更に中心にラインストーンが嵌め込まれています。しかも、台座がかなり立体的に盛り上がっています。ポップと言うよりは、クールな印象。こんなエナメル・ブローチ、初めて見ました。
a0208783_1818348.jpg
とは言え、モッズらしさが溢れる、お洒落なブローチであることには変わりありません。値段は、フリマ並みの2ポンドでした。エナメル花ブローチとしてはやや小ぶりなサイズ(縦約7cm)ながら、パキッとした鮮やかな色と共に、程良く目立つデザインで、使い易そうです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-06 15:25 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(76)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-21 15:23
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-20 15:30
十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 02:00
ぴよよんさん、 ぽ..
by 真木 at 10:18
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。