カテゴリ:アクセサリー( 163 )

エナメル彩色のバラのブローチ

a0208783_21471860.jpg
ブラスで立体的に形成したバラの花に、エナメルが彩色されているブローチです。多分、アール・デコ時代のオーストリア製だと思います。この手のブローチは、当時イギリスへも結構盛んに輸出されていたらしく、バリエーションを度々見掛けます。
a0208783_21474799.jpg
エナメルが剥げ気味で、状態は余り良くないのですが、アクアと山吹の二つのペースト・ガラスのラインストーンは、今尚綺麗に輝きます。淡く渋い微妙なエナメルの色合いに、遠い昔の優雅さが漂います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-13 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

アイビーと黄緑のラインストーンのブローチ

a0208783_554717.jpg
最近フリマで出会った、多分40~50年代製造の、小枝にアイビーのような葉っぱの付いたデザインのブローチです。葉はミント・グリーンでエナメル塗装され、その合間に黄緑色のラインストーンが輝きます。
a0208783_561764.jpg
ピンの位置からすると、これが上下天地のようです。50年代頃のビンテージ・ブローチとしては、割と平凡なデザインですが、これを買ったのは、石の欠けもなく状態が良いのと、ラインストーンがウラン・ガラスではないかと睨んだから。ラインストーンはカット自体で十分輝く為、肉眼では一番ウラン・ガラスと見分けが付きにくいかも知れません。ブラック・ライトで確認したら、見事全てウラン・ガラスでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-30 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

アール・デコの三連フェイク・パール・ネックレス

a0208783_2462185.jpg
グラデーションになったフェイク・パールが、3重に連なった古いネックレスです。多少パール玉にキズと剥げはありますが、糸に緩みもなく、概ね状態は良好です。玉は最大で直径約7mm、多くは直径3mm位で、三連とは言え、そんなに仰々しいボリュームはなく、繊細さと優雅さが漂う使い易い大きさ。色がエクリュと言うのも、日本人には肌馴染みが良く嬉しいところです。パールの芯はガラスで、結構重みがあり、フェイクと言えど安っぽくはありません。
a0208783_248965.jpg
パールのネックレスは、アクセサリーの定番。本真珠はフォーマルな場で活躍しますし、汗をかき易い季節の普段使いには、フェイク・パールは有難いものです。また、パールの独特な存在感で、こんなシンプルなネックレスでも、ファッションの雰囲気をガラリと変える威力があります。
a0208783_249192.jpg
アール・デコ時代の製品だと分かるのは、クラスプが典型的なデコのデザインだから。良く見ると、ラインストーンが一つ欠けていますが、さすがにこの小ささの石は手持ちがなくて修理出来ませんでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-22 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

パステル・ラインストーンのリースのブローチ

その日は曇りの予報でしたが、郊外大型フリマに到着して30分も立たない内に、結構本格的に雨が降り出してしました。早速P太は、無情にも「今日はもう帰るよ」と言い出します。彼の都合でいつもより遅く来たのに、入場料も払ったのに、そして今までの経験からすると、こんなシケた天気の日にこそ、掘り出し物に出会える可能性が高いのに、そんなに簡単に諦めるんじゃねえ!と私は怒り、「もう少し経てば小降りになるかも知れないから、ちょっとだけ待とうよ」と駄々をこねました。本当にその内小降りになって来たのですが、P太は「僕は猫のように少しでも雨に濡れるのが嫌なんだ」だと。そこで、数分だけ待ってくれと言い、最初に見て気になっていたこのブローチを、小走りに行って買って来ました。そこは毎回出店しているプロの骨董商らしきストールだったので、高いだろうと躊躇していたのですが、値段を聞いたら1ポンドでした。
a0208783_1946598.jpg
パステル・トーンのマルチ・カラーのラインストーンが、花型の台座に嵌め込まれ、リース状に並んだ、若々しく愛らしいブローチです。葉っぱ部分は、エナメルで彩色されています。多分アール・デコ時代の、チェコかオーストリア製です。直径3.5cm位と、ブローチとしては余り大きくありませんが、存在感は十分あります。
a0208783_19515620.jpg
隙間に溜まった埃を取り除く為、古歯ブラシで擦ったら、ついでにラインストーンのくすみも取れて輝きが蘇っり、思いの他見栄えが数段良くなりました。三つの黄緑色のラインストーンは、ウラン・ガラスではないかと最初から睨んでいましたが、確認したら一つだけがそうでした。自然光では、全く区別が付きませんよね…。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-18 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

セルロイドの花付き金色の台のブローチ

a0208783_18282946.jpg
レトロ・キッチュさが大好きなセルロイド製の古いアクセサリーですが、今回フリマで手に入れたものは、また雰囲気が独特です。金色の台座自体は、細工も中々細かく、造りもしっかりし、どう見てもクラシックな雰囲気ですが、中心のセルロイドの花が何とも安っちさ全開で、正直言って台座に全く合っていません(笑)。特に、花の中心の蛍光ピンクがチープです。そのセルロイドの花パーツにしても、実は細工がかなり繊細です。
a0208783_18284957.jpg
一体何故、こんな組み合わせにしちゃったのか。実際使うことはなさそうですが、そんなミスマッチが気になって購入した(20ペンスだったしな)、ビンテージ・ブローチです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-25 15:26 | アクセサリー | Comments(0)

連爪の蝶型ラインストーンのネックレス

a0208783_203284.jpg
ラインストーンが専用チェーン金具に嵌め込まれて連なった「連爪」のネックレス、特に無色透明のラインストーン一色のものは、ビンテージとしては結構良く見掛けるアイテムです。しかし連爪だけで、この蝶型のように具象的な形に表現したタイプは、割と珍しいのではないかと思いました。
a0208783_20324640.jpg
蝶は「美」のシンボルとして、アクセサリーとしては人気のモチーフなので、昔から蝶のネックレスも沢山存在します。しかし、大抵はビーズそのものが蝶型だったり、蝶型の台座にラインストーンを嵌め込んでトップとして使用したものです。その点これは、連爪だけで蝶を形成している為、動く度にまるでヒラヒラ蝶が飛んでいるように揺れるのが(実物の飛ぶ蝶なんて真っ平だけど)面白いと思いました。
a0208783_20332789.jpg
クラスプも、昔らしいデザインで気に入っています。しかし、首の後ろで自力で留めるのは無理っぽい程、非常に着脱し辛いのです。とは言え、使い易い現代のクラスプに付け替えて、外してしまうのは勿体ないし…。そこで閃いたのが、このクラスプに現代のを付け足せば良いのかも。
a0208783_20341397.jpg
この手のネックレスがイギリスに多く残っているのは、ウェディング等のフォーマルな場に合わせる需要が高かったからのようです。しかしこの程度のボリュームなら、普段の格好にも大丈夫そう。普段使いする場合、キャミソールにジーンズとか出来るだけシンプルな服装でカジュアル・ダウンするか、カチッとしたスーツで甘さを抑えるのが決め手かも知れません。無色透明の石は、合わせる色を選ばず、使い勝手の良い利点があります。アール・デコらしいデザインですが、もしかしたら、デコ・スタイルがリバイバルした1950年代の製品かも知れません。ともあれ、ラインストーンの輝きも十分美しく、かなりグラマラスなネックレスです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-19 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

茶系とダーク・グレイのラインストーン・ブローチ

a0208783_19262723.jpg
このところ、アール・デコ時代のアクセサリーばかりに目が行くのですが、1950年代のブローチを買ったのは久々です。ちょっと変わったデザインで、状態が良くて、ラインストーンの輝きがとても綺麗だったからです。
a0208783_19273288.jpg
ゴールドの地金に、茶色、シトロン(薄い黄色)、濃いグレイのラインストーンが鏤められています。このグレイの石は、少し青み掛かっていて、スワロフスキーやチェコ・ビーズで「モンタナ」と呼ばれる色に近いかも知れません。全体的に、秋に似合いそうな色合いです。
a0208783_19281775.jpg
花とも実とも言えない、何とも不思議な形。
a0208783_19284577.jpg
オリジナルかどうかは定かではありませんが、フリマで買った時は、こんな古風な紙箱に入っていました。単なるコスチューム・ジュエリーにしても、概ね今より高級で大事にされていた、古い時代の奥ゆかしさが感じられます。
  
   



[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-14 15:23 | アクセサリー | Comments(0)

パステルのリースのブローチ

a0208783_16172798.jpg
白くエナメル塗装された葉っぱ型のリース状の台座に、パステル・カラーのプラスティック・ビーズの花、無色透明のラインストーンが鏤められた、若々しく愛らしいビンテージ・ブローチです。花の色味に、レトロ感が漂うところが気に入っています。
a0208783_16214260.jpg
直径は5cm程度で、製造年代は恐らく1950年代周辺。アール・デコ期のブローチと異なり、薄い金属板の打ち出しではなく、厚みがある合金なので、ずっしり重みがあります。こう言った線対称型のブローチは、バランスが取り易く使い易いと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-11 15:34 | アクセサリー | Comments(0)

円型に花が並んだブローチ

a0208783_19463131.jpg
タイトルを少しでも差別化しようと考えて、何だか訳の分からん苦しい内容になって来ましたが…(笑)、見てのまんまです。直径5.5cm位の円型の中に、六弁の花が七つ配置されています。そして、渋めのライラック色のペーストのラインストーンが、花の中心等に鏤められています。
a0208783_1947115.jpg
台座は、金メッキの上に、花の部分だけ白っぽくパール塗装されている感じです。フィリグリーではありませんが、これもアール・デコ時代のチェコ製のブローチだと思います。地味過ぎず派手過ぎず、中々使い勝手が良さそうです。
a0208783_19474573.jpg
裏面を見ると、シンプルなピンが、中心より少しだけ上部に取り付けられているのが分かります。こうする事により、ブローチの重心が下方に寄るので、服に着けても、パタッとひっくり返ることを防げるはずです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-07 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

オーストリアのエナメル・ペンダント

a0208783_19284472.jpg
文句なしに可愛い、エナメル・プレートのペンダントに出会いました。バッグスタンプ等は一切見当たりませんが、多分ホーロー製品工業で定評のあるオーストリア製だと思います。
a0208783_19301564.jpg
縦4cm位。金と茶色のプリントで、ハートや植物等をあしらったフォークロアな飾り罫の中に、民族衣装を着た、目が点(文字通り)の女の子が居るイラストです。
a0208783_19292184.jpg
中古品として買いましたが、未使用のようです。茶色いベルベット調のリボンが付いており、首の後ろで結ぶタイプです。チョーカーのように短めに結んで、オーストリアの民族衣装ディアンドルに合わせたのかもと想像しています。しかし普段の格好にも、どんどん活用したいと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-01 15:25 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(122)
(111)
(107)
(99)
(93)
(81)
(72)
(68)
(58)
(57)
(56)
(55)
(54)
(52)
(52)
(47)
(46)
(41)
(40)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ミニチュアの金彩のティーセット
at 2017-07-28 15:27
艶消し銀色の桜のバレッタ
at 2017-07-27 15:25
桜吹雪の鶴ヶ城
at 2017-07-26 15:32
会津木綿のトート・バッグ
at 2017-07-25 15:28
会津若松の素敵なお店
at 2017-07-24 15:23

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45
>にいくさん、こちらこそ..
by piyoyonyon at 00:31
>加代子さん、ありがとう..
by piyoyonyon at 00:19
>まこさん、こんにちは、..
by piyoyonyon at 00:12
ヴィンテージやアンティー..
by 千鳥 at 21:44

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。