カテゴリ:テーブル&キッチンウェア( 117 )

アンティークのMOPと銀メッキのスプーン

帰国する際の日本の友達へのお土産は…、やはり今回も古物中心になってしまいました(汗)。現行品だと、日本人の好みに合う物が中々見付からない、もしあったとしても、大抵それは既に日本で売られている(しかも大差ない値段で)からです。結果、日本では中々手に入らない、または日本では割と高価なアイテムで、専業主婦の私でもイギリスで買える範囲の物となると、アンティークやビンテージに偏ってしまいます。
a0208783_174544.jpg
このスプーンも、そんなお土産の一つで、友達は高かったんじゃない?と聞きましたが、本当は友達には申し訳ない位安いんです(白状済み)。確かに、日本のアンティーク屋なんかだと凄く高く売られているようですが、これは銀メッキでして、この手のアイテムがイギリスで高いのは、純銀製の場合だけだと思います。
a0208783_181366.jpg
とは言え、100年以上前のスプーンで、古き優雅な時代を忍ばせるデザインなのには変わらないと思います。ハンドルはMOP(マザーオブパール)で、美しく輝きます。
a0208783_183818.jpg
匙の部分にも、優雅なアイビーのような模様が彫刻されています。元の用途は、多分ティー・スプーンかデザート・スプーンで、6本位のセットだったと思いますが、例え一本だけでも、ジャム・スプーンやシュガー・スプーンとしてなら、使って貰えるのではないと思いました。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-17 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

フィッギオの「ロッテ」の大皿

今回の一時帰国は、P太をイギリスに残したままの単独だったので、あちこちに旅行せず、割と近場だけで、まるで日本に住んでいた時のように過ごしました。P太とはほぼ毎日ビデオ・チャットで話していましたが、改めて痛感したのは、それ以外の時は英語を喋らなくて済むのが、何てラクチンなんだ~と言う事です(笑)。で、東京滞在中にまずしたいと思っていたのが、リサイクル・ショップ巡り。義兄にお願いすると、自分の得意分野なこともあり(義兄はリサイクル屋でお宝を見付けるのが得意!)、快く車で連れて行ってくれました。
a0208783_646821.jpg
その中の一店で出会ったのが、このノルウェーのフィッギオ・フリントの「Lotte ロッテ」の大皿です。思わず、ひゃっほー♪と思いましたよ(笑)。これ、人気のトゥーリ・デザインの上、相当でかくて重量も半端なく、郵送料が嵩むこともあり、日本の北欧ビンテージ屋なんかではかなり高い値段で売られているんですが、そのリサイクル屋では普通の大皿の値段で売られていました。メジャー・チェーン店のリサイクル屋だから、当然細かいマニュアルに則って、慎重に買い取り&価格設定するはずなのですが、未だ時々こんな掘り出し物があるのです。イギリスのアンティーク・モールと比べても、ずっと安価でした。
a0208783_6464970.jpg
デザインは、フィッギオでも特に人気の高い、トゥーリ・グラムスタッド・オリヴァーに寄るもの。ちょっとクセのある独特な人物画を、レトロな花模様と渋めの青系で、すっきり巧みにまとめてある魅力的な意匠です。「ロッテ」のシリーズは、同じく人物の描かれた「マーケット」や「サーガ」と並んで中々貴重なようですが、こんな大きなサイズの皿自体が、日本に入って来ることの珍しいアイテムのようです。
a0208783_6471034.jpg
縁の文様も、何気にお洒落。
a0208783_647398.jpg
もしイギリスで出会っていたとしたら、当然自分の物にしているところですが、思いがけず日本で出会った為、余りに重くて持って帰れそうもありませんでした。丁度友達への誕生日プレゼントを探していたこともあり、絶対好みに合いそうで、ホーム・パーティーの多い友達の役に立ちそうだと思い、プレゼントに加えることにしました。使ってくれると嬉しいなあ。
a0208783_648391.jpg
…なんて思って姉の家で撮影していたら、ケモノが。
a0208783_64928.jpg
ハイちゃんこと、ロシアン・ブルーの灰斗くん2歳です。いつもしっかりカメラ目線(笑)。
a0208783_6492843.jpg
何度叱っても、テーブルの上に乗ることを躊躇しません!(涙)。 念の為、有り余る好奇心から皿の匂いを嗅いでいるだけで、決して皿を舐めたりはしていない模様。
   



[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-14 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(2)

ホフロマ塗りのジャム・ポット

a0208783_19203944.jpg
フリーマーケットで買った、ロシアを代表する民芸品、ホフロマ塗りの蓋付きの器です。ホフロマ塗りの中古品は、フリマで割としょっちゅう見掛けますが、こんなベリー柄が一番魅力的に見えます。黒地に朱赤と金が特徴のトールペイントが、東西文化の交流地点であるロシアらしさを良く表していると思います。
a0208783_19214869.jpg
ホフロマ塗りは、木製品と言えど強固に塗装・コーティングしてある為に耐水性で、実用の食器として使用が可能と言われているので、これもジャム入れではないかと思っています。確かにベリー柄のこの器に、ベリー・ジャムを入れたら美味しそう。
a0208783_19224750.jpg
ただし問題がありまして、蓋のサイズが合わない、または座りが悪いどころか、全く器の上に納まりません。ちょっと動かしただけで、するっと外れて落ちてしまう安定の悪さ。造り自体が、蓋を乗せる構造になっていないようです。実際ジャムを入れるのは、無理っぽそうです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-29 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ウラン・ガラスのヴィクトリア時代のワイン・グラス

a0208783_3384712.jpg
今回ルイスで、アンティーク・モールを一通り見渡した後、最終的にP太が選んで買ったウラン・ガラスです。同じブースのガラス・ケースに、二つの同じ値段のウラン・ガラスのワイン・グラスがあった内、こちらのほうが発光が強いし、少しデザインが変わっているので買いました。
a0208783_3403493.jpg
自然光での見た目は、どちらかと言えば青味の強い緑色で、蛍光っぽくは全くなく、つまりウラン・ガラスらしからぬ色をしています。
a0208783_3392934.jpg
しかし、紫外線光では驚く程強く輝きます。放射線量も、アール・デコ時代のガラス器よりずっと高めでした。一瞬そんなに古くは見えないけど、実はヴィクトリア時代のワイン・グラスのようです。
a0208783_3411380.jpg
元々は吹きガラスで形成され、後からグラインダーでカット模様を付けたようです。触ってみると、カットのエッジが、型抜きガラスよりハッキリと鋭いのが分かります。しかしそのウラン入りのガラスの粉塵は、もし工人が吸い込んだら、さぞかし体に有害だったことと心配します。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-13 15:36 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

「アラビア」のムーミン・マグ

a0208783_6254220.jpg
イギリス生活の中で最も利用頻度の高い食器と言えば、なんと言っても一日に何度もミルク・ティーを飲む、普段使いのマグだと思います。今まで夫婦でロブ・ライアンのマグを使っていましたが、最近これに換えました。今更御紹介するまでもない、誰もが知っている、多くの人が持っている、フィンランドの「アラビア」のムーミン柄のマグです。イギリスの紅茶のティー・バッグの茶渋は大変強烈なので、紅茶用マグは、いつもスポンジでゴシゴシ擦ったり、またしょっちゅう漂白しなければならないのですが、その内マグの釉薬に傷が付くのか、益々茶渋が付き易くなり、手に負えなくなります。そうなって来ると、例え欠けたりヒビが入った訳じゃなくとも、マグは換え時なのだと悟りました。青いほうのマグは、随分前からP太が持っていましたが、ピンクのほうを今年の誕生日に義母から貰ったのを機会に、普段使いのマグを換えることにしました。
a0208783_6291268.jpg
そして使ってる内に、このムーミン・マグが、好きなキャラクターだから、人気のメーカーの製品だからと言うだけでなく、とても優秀で使い易いことが改めて分かりました。少しだけ口が広がったシンプルな形は洗い易く、大きめのハンドルの穴は掴み易く、容量が私達夫婦にとって調度良いのです。今までのロブ・ライアンのマグだと、この1.5倍程の容量があり、飲み切れずに残してしまう事がほとんどでした。残ると、捨てて淹れ換えるか、レンジで再び暖めるしかないので、返って不経済的でした。口が広がり気味のマグは、飲み物が冷め易い難点があるものの、すぐに飲み切ってしまう容量なので問題ありません。
a0208783_6302182.jpg
このムーミン・マグのシリーズ、非常に沢山の種類があり、また毎年新柄が出るようです。ピンクのほうは、トーヴェ・ヤンソン特有の、細かい描線やベタが生きた、全体的に黒さが目立つ柄。ムーミンと「スノークのお嬢さん(日本のアニメ版ではノンノンかフローレンと呼ばれる)」、運命の出会いの場面のよう?
a0208783_6313252.jpg
柄は三場面に分かれていまして、寄り添うムーミンとお嬢さんの後ろ姿。
a0208783_632025.jpg
最後は、二人(二匹)がしっかりハグ。ピンクの地色も相まって、何だかラブラブなマグです。
a0208783_6324840.jpg
青のほうは、ムーミンだけのドアップのシンプルな柄。氷か水に映っている自分を、心配そうに覗き込んでいる様子です。
a0208783_633152.jpg
こちらのマグの柄は二場面に分かれていまして、反対側はその後ろ姿で、ほとんど尻のみ! ムーミンのお尻のアップだけの、ある意味大胆な柄です。日本の最初のアニメのムーミン(岸田今日子がムーミン役のやつか?)は、カバに似過ぎると作者のトーヴェ・ヤンソンから苦情が来たそうですが、この尻尾を見ると、やっぱりムーミンって元々カバっぽいじゃん…と思いました。 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-07 15:20 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ウラン・ガラスのリーフ型ディッシュ

a0208783_77577.jpg
今回のライでのアンティーク・ショップ巡りで、Wish Wardのアンティーク屋でP太が買ったウラン・ガラス器です。決め手は、アール・デコ期の型抜きガラスの割に紫外線光での発光が強いこと、今まで見た事のない、ガラス器そのものとして中々魅力的なデザインであること、余り場所を取らない大きさ・形であること、そして値段がチャリティショップ並みであること(笑)です。
a0208783_783313.jpg
フォルムは、縦20cm、横10cm位の長い葉っぱ型。今までもフロスト・ガラスの葉っぱ型のボウルなら持っていますが、これは深さ的にはお皿ともボウルとも言えます。そしてフロストではなく、全体的にシボが付いています。ちょっと調べたところ、ガラス製品にリーフと言うのは、結構この時代に多いモチーフだったようです。
a0208783_78578.jpg
青みの強い緑色なのですが、蛍光色っぽさは強く、自然光でもギラギラと輝き、売り場でも目立っていました。ただし、はっきり言ってしまえば、とても安っぽい色で、状態も良いだけに古い物には全く見えず、現在の100円ショップで売られている器と言っても、信じてしまうかも知れない見た目です。
a0208783_792162.jpg
P太の期待通り、放射線量は、アール・デコ期のウラン・ガラスとしては高めでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-23 15:25 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ヒヨコ型ソルト・シェイカー

a0208783_23105492.jpg
随分昔、姉がパリのお土産として買って来てくれた物です。陶器製の卵の殻の中にヒヨコが入っていまして、ヒヨコの頭には幾つかの小さな穴、ヒヨコの底にはプラスティックの栓があり、卓上塩入れになっています。
a0208783_23112219.jpg
殻のほうは、対になる胡椒入れになっているのかと思いきや、…単なるスタンドなのです。
a0208783_23115573.jpg
スタンドにセットすると、普通はヒヨコの顔はすっぽり隠れ、卵にしか見えません。
a0208783_23122883.jpg
殻の裏面にはエッフェル等が描かれ、更に「J'AIME PARIS パリが好き」なんて書いてあり、バリバリのスーベニール。しかし、藍一色の絵付けとカントリーな花柄が、お土産らしい俗っぽさを緩和しています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-15 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

赤い花柄のウラン陶器のピッチャー

a0208783_5321643.jpg
今回ブラックリーのアンティーク・モールでP太が買ったのは、このピッチャー(ジャグ)です。ウラン「ガラス」じゃなくて陶器じゃないかとお思いでしょうが、黄色掛かった釉薬にウランが含まれている「ウラン陶器」なのです。ただし今まで見て来たウラン陶器は、紫外線光を当てると極微量に発光するものでした。しかも発光するのはガラス質の釉薬のみで、オレンジ色系の塗料がウラン入りの場合は発光しません。発光が楽しくてウラン・ガラスに興味があるのだから、(余り)発光しないウラン陶器はつまらないと今まで思っていましたが、このピッチャーは、同じアンティーク・モールで見掛けた花柄のティー・セットと同様に、ウラン・ガラス並みに発光します。こんなに強く発光する釉薬が存在するとは、夫婦揃って驚きでした。
a0208783_716468.jpg
放射線量を測ったら、案の定ヴィクトリア時代のウラン・ガラスを超えるブッチギリの放射線量を放っていました。ある程度厚みのあるガラスと違い、陶器の場合、表面を覆っている極薄―い釉薬にウランが含まれている訳ですから、この釉薬のウラン含有量が半端なく高濃度なのを示しています(注:それでも人体に影響を与える程ではありません)。
a0208783_5331781.jpg
ウランの有無に関わらず、見た目的にも中々悪くない陶器だと思っています。手描きの絵付けで、大胆ながら決して大味ではない赤い花が、力強く描かれています。葉を黒で表現したところも気に入っています。
a0208783_534520.jpg
勿論、花瓶としてなら使用に差し支えありません。本当は、牡丹や芍薬等もっと華やかな大輪の花を生けるのが似合いそうです。ウラン・ガラスの本場(?)チェコスロヴァキア製で、多分アール・デコ期の製品です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-09 15:25 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

オーストリアのレトロ柄ホーロー両手鍋

a0208783_1975438.jpg
この鍋をフリマで見付けた時、小規模なフリマだったので、P太と二人で歩いていました。大好きなオーストリアのホーロー鍋で、値札にはたった50ペンスとあり、しかも中古の調理具としては状態良し。でもこんな大きな物を買ったら、また文句を言われるに決まっている…。と言う訳で、P太が目を離した隙に、一瞬そろ~とストールに戻って買いました。
a0208783_198203.jpg
このシリーズのオーストリアのホーロー製品を買うのは、片手鍋ポットに続きこれで三度目。実はどれも一度も実用していないのですが、北欧のビンテージ・ホーロー製品にも負けない、デザイン性の高いこの柄には、いつもつい逆らえなくなってしまいます。
a0208783_1984345.jpg
この両手鍋の場合、蓋の取っ手のデザインが、また少し変わっています。---さて、P太に黙って買ったこの鍋、気付かれない内に、キッチンの棚の奥底にスペースを作って、こっそり仕舞う事が出来ました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-01 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

野菜柄ミルク・ガラスの小さなボウル

a0208783_2114090.jpg
地元のチャリティショップで買った、パイレックスのイギリス版「JAJ」の、小さなサイズのボウルです。この柄の大きなキャセロール(またはボウル)なら、既に持っているし、他でも今まで何度か見掛けているのですが、こんな小さなサイズのボウルが存在するとは知りませんでした。
a0208783_212574.jpg
口径は11cm位で、もしかしたら元は透明ガラス製の蓋が付いた、ココット皿だったのかも知れません。
a0208783_2134113.jpg
とにかく、北欧ビンテージから影響を受けたのに違いない、1950年代らしい平面的に単純化された野菜のデザインが大好きです。
a0208783_212323.jpg
福耳のようなハンドルが、両脇にぴょこんと飛び出ています。
a0208783_2125230.jpg
結局大きなキャセロールのほうは、食器としては一度も使いこなせていません(キャセロールが多いもので…)。こっちの小さなボウルのほうが、丁度シリアル・ボウル程度の大きさで、色々役に立ちそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-29 15:35 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。