<   2015年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

大雪!の飯盛山

a0208783_2311213.jpg
会津若松市内昼食を済ませて、寒さで奪われた体力を少し取り戻したので、ここはやはり一丁飯盛山へ行かねば!と決心しました。幕末ドラマはP太も幾つか見ていて、会津の歴史についてはかなり齧っていることだし、会津若松へ来て飯盛山を訪れないのは片手落ちだと思ったからです。飯盛山は、戊辰戦争の際の白虎隊の自刃地で、隊士の墓地が設けられている場所です。山と呼ばれるだけに、会津盆地の東端に位置し、市内中心部や会津若松駅からは、バスに乗らなければなりません。丁度循環バスが、最寄のバス停に到着する時間でしたが、こんなひどい天気だから、もしバスが凄く遅れるようだったら諦めようと弱腰のP太。でもさすがは日本の交通。ほぼ定刻通りにバスに乗ることが出来ました。
a0208783_233220100.jpg
普段なら、会津でも最も有名な観光地の一つで、団体客がひっきり無しにやってくるような場所なのですが、この雪で静まり返っています。押し売りのような強引さで有名なこの辺りの土産物屋(最近はそれ程でもなさそうだが)、多くは開いているのか閉店しているのか分からない状態。
a0208783_23135580.jpg
墓所はこの山の中腹にあり、距離自体は大したことはないものの、かなり急な階段を登るらなくてはならないのですが、 雪で埋まって最早階段じゃない! とは言え、有料のエスカレーターに乗る気は毛頭なく、脇の傾斜の穏やかな歩道をぐるりと通っていくことにしました。
a0208783_23142451.jpg
途中、記念館に入りました(ショコタンや堺雅人も来たらことがあるそうな)。ちょっと展示が雑多で見辛いものの、中々興味深い内容でした。
a0208783_23134932.jpg
横道を行くと神社があり、その境内に、大敗した白虎隊の士中二番隊が逃れて通って来た、「戸口堰洞穴」と言う、猪苗代湖から水を引く用水路が通っています。水の流れが急で夏でも非常に冷たそうで、子供の頃はこれだけでも恐ろしく見えたものです。
a0208783_2314538.jpg
どちらにせよ、「さざえ堂」も見学する予定だったので、この脇道を回って正解でした。さざえ堂は、江戸時代後期に建設された仏堂で、正式名称を「旧正宗寺三匝堂」と言い、国の重要文化財に指定されています。
a0208783_23142215.jpg
外から見ると六角形の三重の塔に見える内部は、まるでサザエ貝の中のように螺旋式の斜路になっています。順路に沿って仏像等の信仰対象が展示されているので、進むだけで巡礼が叶うと言われている建物(因みにヨーロッパにも、キリストが処刑されたゴルゴダの丘を模した、似た趣旨の巡礼教会がある)。日本の各地に「さざえ堂」が存在しますが、この会津のものは、その中でも一番有名だそうです。
a0208783_23155421.jpg
何せ二重螺旋構造になっており、登りの通路は決して下りの通路と行き合わない複雑な構造なのです。フランスの世界遺産になっているシャンポール城にも、ダ・ヴィンチが設計したと言われる、こんな二重螺旋階段があるそうです。
a0208783_23161486.jpg
かつては三十三観音が設置されていたらしいのですが、今は「皇朝二十四孝」の額絵が掲げられています。信仰の対象なので、千社札がいっぱい。この建物へ友達を連れて来ると、例え建築に余り関心がなくとも、誰もが感心しますが、P太も「面白~い」と感心し切りでした。
a0208783_23165627.jpg
深い雪を踏み分け、顔に叩き付ける吹雪に耐え、やっと辿り着きました、白虎隊の墓所。普通はここは、参拝者や線香の煙でいっぱいなんですけど、この日訪れていたのは、私達も含めてバカップル3組だけ。
a0208783_23172610.jpg
正面は、自刃した隊士達19人の墓石です。会津戦争時は、遺体に手を付けることを官軍に禁じられていたので、三ヵ月後に近くの寺に仮埋葬された後、ここに墓が築かれたのだそうです。これより少し離れた場所に、自刃したものの奇跡的に生き残った飯沼貞吉の墓もあります。
a0208783_23181019.jpg
この右脇には、自刃前に戦死した隊士達31名の墓があります。
a0208783_23183447.jpg
そして左脇には、二本松少年隊など、戊辰戦争で戦死した同年代の少年武士達の慰霊碑です。
a0208783_23185863.jpg
この敷地には、白虎隊に感銘したローマ市やドイツ大使館員から寄贈された石碑があるのですが、雪に埋もれて何が何だか分かりませんねー。
a0208783_23213819.jpg
因みに、正面階段を上から覗いたらこんな感じ。試しに一歩降りてみたら、カチカチに凍っていて、奈落の底まで一気にツルーッと落ちそうな程滑りました。文字通り、一歩足りと進めない状態(ソリなら早そうだが)。
a0208783_23222296.jpg
人気のない薄暗い墓地で怖いと言うよりは、遭難しそうな恐怖を感じました(笑)。前回会津若松を訪れた時、これ以上の酷い天気に来ることはなかろうと二人で話していたのですが、記録を更新しちゃいました。しかし、まるで斉藤清の版画のような、会津らしい風景・天候と言えば、確かにその通りなのです。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-28 15:33 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ジェリーベイビーズのトートバッグ

友達用に買ったバッグです。「ジェリーベイビーズ」は、イギリスでは昔からお馴染みの、ジェリービーンズとグミの中間みたいなお菓子。実物の見た目や味のほうはともかく(笑)、トレードマークのイラストは可愛いくて、以前この柄のミニカーを買ったことがあります。
a0208783_0274647.jpg
「オイル・クロス」と言う、ビニール・コーティングされた生地で出来ています。このバッグの場合、コーティングはツヤ消しで、余りテカテカしないところが一層嬉しいポイント。多少雨に濡れても平気な素材だし、相当大きめで、マチも持ち手の長さもたっぷりあり、使い勝手は良さそうです。イギリスでは、トートバッグをお出掛け用に使う人は余り見掛けなくて、この手のバッグは、買出し用にエコバッグとして使われることが多いんじゃないかと思いますが、日本なら、十分普通のバッグとして使えそうなデザイン性と材質だと思いました。
a0208783_19384720.jpg
左下の赤いベイビーの頬に、旗がブッ刺さっているようにしか見えませんが(笑)、全体的には中々お洒落な構図です。そして、カラフルなジェリーベイビー達を、渋い紫色の地でまとめているところが大人です。タグもジェリーベイビーズ型。因みに両面同じ柄です。
a0208783_028522.jpg
また、マチ部分のポップな菱形模様も、重要なデザインのポイントです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-27 15:34 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

花モチーフ編みのヴェスト

a0208783_1465455.jpg
紅白の子供用ドレスを買ったのと同じフリマのストールで、同じ作り手に寄る大人用のクロシェ服も幾つか売られていました。その中でも特に愛らしい、レトロな魅力がいっぱいの服を買いました。
a0208783_19102070.jpg
以前、バラのような花モチーフの付いた、クロシェ編みのドイリーを御紹介しましたが、これは言わばその服版。手芸の中では編み物が特に盛んらしいイギリスでも、こんなデザインは、今まで実物は勿論、本・雑誌の中でも見たことがありません。白黒で花モチーフの甘さを程良く抑えてあり、所々だけ花芯に赤の毛糸が入っているところがミソ。この赤が、また好みの甘い色なのが気に入っています。
a0208783_1994933.jpg
アイテム的は、一応ヴェストと呼ぶべきなのかな。長さはチュニック丈です。四角だけで構成したような筒状に編んであり、おまけに私には大きめで、決してお洒落なフォルムではありません。多分もっと体にフィットすると、スウィンギンの時代っぽさが増したと思います(まあ「そのもの」に見えてもナンですが)。それでもやはり、この色や編み方の可愛さは見逃せませんでした。
a0208783_1471181.jpg
脇裾にはスリットが入って、裾にポンポン・テープを縫い付けたような編み方になっているのも、可愛さの重要なポイントです。
a0208783_1472422.jpg
毛糸とは言えスカスカの編み方で、防寒としての服の意味はまるでないんですけど(笑)、シンプルな無地のワンピースやチュニックの上に重ねると、今でもそれなりに着こなせます。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-26 15:37 | ファッション・コスメ | Comments(0)

会津のお洒落な野菜カフェ

会津若松市の昼食は、正月休暇の直後だったせいか、当てにしていた店がやはりことごとく閉まっており、偶然見付けた野菜中心のカフェ(ベジカフェ)「野菜屋SUN」に入ることにしました。
a0208783_2251225.jpg
今日本では、どんな地方へ行っても(失礼)、都会に負けないお洒落でレベルの高い飲食店がありますね。ここも、東京の人気のカフェに全く負けない雰囲気でした。店内では、若い女性スタッフがテキパキと良く動き回り、お客も女性中心。こんなひどい天気なのに、とても賑わっていました。
a0208783_22515160.jpg
昼食として選んだのは、二人ともサラダ付きのパスタのランチ・セットでしたが、運ばれているパスタを見て、ちょっと足りないかもと思い、サイドディッシュとしてオニオン・フライを注文。これが自慢の逸品らしく、確かに絶妙なスパイスが味わい深く、サクサクでめちゃウマでした。
a0208783_22523076.jpg
そしてサラダが、普通ランチに付いて来る、小鉢や小皿なんかに盛られた量を想像していたら大間違い。これでドドーンと一人分なんです。使用している野菜は、自家菜園で栽培している、または地元の契約農家の、新鮮なものばかりだそうです。ドレッシングは、数種類の中から選べます。
a0208783_22525711.jpg
パスタは、私は「キャベツとしめじのぺペロンチーノ」を頼みました。麺は勿論アルデンテ。ガーリックは強くなく、ちょっと薄味だったかな(昼間っから余り臭くて困りますが)。
a0208783_22534286.jpg
P太は、野菜たっぷりのボロネーズ(ミートソース)を注文。トマトの利いた、さっぱり目なのにコクがあるソースで、こちらのほうが美味しいと思いました。一月だったので、「おせちランチ・プレート」なんてのもありました。
a0208783_225473.jpg
飲み物やスウィーツも、野菜を中心に工夫を凝らしてふんだんに使った、美味しそうなものばかりのようです。今度はお茶の時間にでも、是非また訪れてみたいと思いました。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-25 15:38 | 飲み物・食べ物 | Comments(0)

赤いルーサイトの紋章風ブローチ

a0208783_4254338.jpg
赤いムーングロウのルーサイトと、赤いラインストーンが使用された、一辺4.5cm位のブローチです。割とずっしり重みがあります。リボンを組み合わせたようなモチーフが、線対称に四つ並んでいる、まるで勲章みたいな面白い構図で、キリッとした印象があります。何だか、オスカルの軍服に付いていた紋章みたい…。
a0208783_426641.jpg
この赤いルーサイトが、ちょっと乳白色掛かって、苺味の飴のようで美味しそう(笑)。合わせるのなら、トラッド・ファッションのネイビー・ブルーのジャケットの襟元なんかがイメージです。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-24 15:22 | アクセサリー | Comments(0)

会津若松のレトロな街並み

a0208783_22155860.jpg
喜多方に一泊した次の日は、初めから会津若松訪問を予定していたのですが、この大雪!! 前日喜多方で、雨よりは雪のほうがマシ~なんて言っていたものの、やはり極寒の吹雪も相当辛いのでした…。お城(鶴ヶ城)は前回訪れたし、こんな天気の日は一体何処へ何しに行ったもんか?と途方にくれながら、ただ中心部をひたすら歩きました。
a0208783_2219384.jpg
会津若松市中心部には、レトロな洋風建築が沢山残っています。
a0208783_2220964.jpg
大正時代から昭和初期、つまりアール・デコ時代に建てられたものが多いようで、戊辰戦争で荒れたこの街が、その時代までにはすっかり活気を取り戻し、かなり栄えていたことを物語っています。
a0208783_22205652.jpg
ここでも、オリジナルと思われる店舗のままで残っている建物の多いのが、また凄いと思います。今時個人店舗が生き残るのは、生易しいことではありません。特に地方では、後継者の確保に苦労するはずです。
a0208783_22212854.jpg
会津にこれ程古い街並みが残っているのは、第二次世界大戦で、アメリカ軍からの空襲を間逃れたからです。これは、たまたま攻撃されなかった訳ではなく、京都や奈良同様、保存するのに相応しい歴史的な街として、アメリカ政府から選定されたからだとか。
a0208783_22171170.jpg
看板建築と言う、正面のみ西洋風にしている建物も多く見られます。側面の壁にまで文字がレリーフで入っており、時代の古さを物語っています。
a0208783_22174683.jpg
近代的なビルを背景にして、まるで嵌め込み合成のように見える西洋館。イタリアン・レストランになっているようです。イギリスで西洋館ばかり見ている私でも、日本のこういう建築物には全く飽きません。
a0208783_22183183.jpg
こちらは、かつての医院とかなんじゃないかな。側に立つ松の木も様になっています。
a0208783_2222861.jpg
中には綺麗に改装され、古いのか新しいのか、見分けの付かない建物もあります。
a0208783_2222443.jpg
喜多方同様、土蔵住宅店舗も多く見られます。
a0208783_22234146.jpg
やはり多くが、現役の店舗や住宅として活躍中。
a0208783_22231519.jpg
左の建物は、「野口英世青春館」と言う、明治17年に建てられた、元は野口博士が手の手術を受けた病院で、現在は資料館兼カフェになっています。黒い壁が迫力。
a0208783_2224565.jpg
ひえぇぇぇ~、見るだけで寒いッ。レンガ壁の蔵に、ステンドグラスが妙にマッチ。
a0208783_22245390.jpg
実物は全く残っていませんが、これは興味深い建物の跡地です。吉田松陰、土方歳三、新島襄&八重夫妻が宿泊した旅館が、かつてここに存在したそうです。
a0208783_22251896.jpg
会津若松のレトロの街並みのハイライトと言えるのが、ここ七日町通り。右からネオギリシャ様式のジョージアン風(用途不明)、ルネサンス風の老舗漆器屋さん、土蔵店舗と、中々見るものを圧倒する光景です。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-23 15:13 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ピンク・マーガレットとコスモス柄のテーブル・クロス

a0208783_18384224.jpg
これも、随分昔に買ったテーブル・クロス。更に大きくて、一辺2m位あります。…全体的にアイロンを掛ける気力はありません(笑)。同じ柄が等間隔に並んだだけの単純な構図ですが、可憐な花束がモチーフになっています。ピンクの花は多分ピンク・マーガレットで、青いのは、最初はブルー・マーガレットかなと思いましたが、葉っぱを見るとコスモスのようです。赤茶色を使用したのが独特で、さり気ないポイントになっています。
a0208783_18381761.jpg
マーガレットは、実物の花も好きです。でも、ここイギリス南東部では十分耐寒性がなく、地植え出来ないのが残念。鉢植えのマーガレットは、冬の間は温室に入れて数年越しに育ち、最早茎が木化しました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-22 15:36 | ファブリック | Comments(0)

喜多方の酒蔵巡り

a0208783_19525591.jpg
今回喜多方を訪れた目的の一つは、酒造元で試飲をし、美味しいお酒を買って帰ることでした。私は全くの下戸ですが、P太は大の日本酒ファン。会津は酒処で、土地柄良質の米と水に恵まれ、また戦国時代のその昔、蒲生氏郷が京都の伏見から杜氏を連れて来た為、酒造りが発達したと言われています。九州生まれで焼酎派だった義兄も、会津を訪れるようになってから、日本酒の魅力に目覚めたそうです。喜多方市内にも、味自慢の酒造元が多くあります。
a0208783_20121072.jpg
まず向かったのが「大和川酒造」。宿泊したホテルで御年始に貰ったのも、ここのにごり酒でした(しかも一人一本ずつ)。試飲出来るだけなく、博物館のように整備された酒蔵を見学することが出来ます。
a0208783_19533050.jpg
建物からして、見応えがあります。
a0208783_19541967.jpg
私は何度か訪れていますが、ここを見学すると、私のようなアルコールに疎い人間でも、日本酒を醸造する工程について、詳しく知ることが出来ます。
a0208783_19572473.jpg
そして、大吟醸がいかに贅沢かが理解出来ます。米の70%も研磨するんですから。
a0208783_19581921.jpg
ここもいつもなら、訪問者で賑わっているんですけど、この日は我々以外には誰もいなくて、神聖な空気が漂っている程でした。
a0208783_19552670.jpg
コンクリートのように硬く踏み固められた土間に、歴史の重みを感じます。
a0208783_19575026.jpg
面白かったのが、酒樽等にプリントする、ステンシルの型。
a0208783_1959196.jpg
酒瓶を並べた、何故かスペーシィな演出(ショップではありません)。
a0208783_19593977.jpg
最奥は、前回会津若松で訪れた末廣酒造同様に、コンサート等の多目的ホールになっています。酒蔵は音響抜群のようです。手すりに酒瓶を使用しているところに注目。
a0208783_202678.jpg
試飲&販売のコーナー。やはり純米大吟醸が濃厚で一番と言うことで、P太お買い上げです。
a0208783_2023523.jpg
美味しい酒造りに欠かせない、飯豊連峰からの湧水。
a0208783_2010244.jpg
その次に訪れたのが、喜多方でも最も古い「清川酒造」。
a0208783_2032321.jpg
見学無料と書いてあるものの、それ用にはほとんど整備されていない、ありのままの~♪ローカルな雰囲気たっぷりの造り酒屋で、これまた興味深いのでした。
a0208783_2034916.jpg
調合室なんて、こんなかんじ。非常にレトロな柄のホーロー鍋が、コンロに乗っていました。
a0208783_2041454.jpg
若かりし頃は結構イケメンであったであろうと思われる(笑)、味のある御主人が対応してくれました。全国的にも珍しい女性の杜氏を輩出した酒造元で、「夏子の酒」と言う漫画のモデルの一つになったそうです(和久井映見主演のドラマにもなりましたね)。ただし、そのモデルとなったお嫁さんは、病気療養中だと聞いたのが気掛かりです。ここでは、キリッと美味しい純米酒を買いました。
a0208783_2043637.jpg
酒蔵巡りと言いつつ二軒だけですが、これ以上訪れて気に入ったお酒に出会ったとしても、もう買って帰れないので断念。次回のお楽しみとします。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-21 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

紅白のクロシェの子供用ドレス

a0208783_18561247.jpg
私は着られるはずもないし、姪達にも最早小さ過ぎるサイズなのですが、余りの可愛さにフリマで買ってしまった、子供用の古い手編みのドレスです。こんな貴重なものは、私が保管しておかなきゃ…と勝手に思い込みまして(笑)。まるで、1950年代頃に流行したドレス型のポットホルダーを、実際幼児サイズにしたようなデザイン。売り主の娘さんが小さい頃、編み物の得意な友達のお母さんが編んでくれたものだそうです。
a0208783_18563710.jpg
とにかく、編み方を色々変えて工夫して、赤と白の組み合わせの魅力を、最大限に引き出したような服だと思いました。とても独創的に見え、本や雑誌に載っていたパターンとは思えません。
a0208783_18595538.jpg
特に、胸のコサージュが決め手ですね。コットンっぽいアクリル毛糸で緻密に編んであり、結構重量があるので、小さな子供には重い服だったかも知れません。その分、労力も相当掛かっているはずです。
a0208783_1902486.jpg
余りに個性的なデザインなので、最初はお遊戯や学校劇などに着る、ファンシー・ドレスの類かなと思いましたが、普通の余所行きだったそうです。幼児用とは言え、スカートの下が透けて見えないよう、ペチコートを履いたのかも。こんな独特で可愛い服を着た女の子は、きっとテンションが上がったのでしょうね。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-20 15:32 | ファッション・コスメ | Comments(0)

ラインストーンとパールのビンテージ・ネックレス

a0208783_21145711.jpg
いかにもアンティークやビンテージっぽい~…ではなく、少しだけ古風な、微妙に現代の製品とは違う、その匙加減が気に入って買った古いネックレス。不思議な扇状の金具に、ラスター加工のラインストーンとフェイク・パールが鏤められ、繋げてあります。とにかく、ラインストーンの輝きが綺麗。石に寄って、実は青味掛かっていたり、薄いピンク系だったりします。今のイギリスのアクセサリーには中々見られない、繊細な愛らしさが漂う点も気に入りました。今時の普段の服装にも、合わせ易そうです。
a0208783_21152781.jpg
良く見ると、石の裏面は極小のビスで固定され、かなり丁寧な造りなのが分かります。そして、結構立体的に出っ張っています。ただし、全体的なボリュームはやはりないので、大きいアクセ好きの姉行きではなく、自分で使おうと思っています。でも半端ないラインストーンの輝きで、小ささの割にかなり目立ちます。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-02-19 15:27 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(130)
(105)
(104)
(97)
(88)
(84)
(76)
(68)
(64)
(54)
(54)
(52)
(52)
(51)
(48)
(47)
(45)
(42)
(38)
(37)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びプルボローのアンティーク..
at 2017-04-27 15:33
ジョストボ塗りのペンダント
at 2017-04-26 15:32
壁画教会のお祈りクッション
at 2017-04-25 15:32
もう一つの中世の壁画教会
at 2017-04-24 15:30
ウラン・ガラスのリーフ型ディ..
at 2017-04-23 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05
加代子さん、こんばんは!..
by piyoyonyon at 22:20
ライの町は 数年前、高校..
by 加代子 at 02:28
真木さん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 05:36
ぴよよんさん、こんにちは..
by 真木 at 09:58
真木さん、確かにこの春の..
by piyoyonyon at 05:23
は、早いっ!!(@@; ..
by 真木 at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。