<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

年末のスタンデン

欧米のクリスマスは、基本的に家族や親戚と過ごすもので、日本のお正月の雰囲気に良く似ています。クリスマスの特別ドラマ等のテレビでも見ながら、ひたすら御馳走を食べ捲くり、その御馳走が大量過ぎて、数日間食べ続けなければならないのも、まるで日本の御節料理のようです。私達夫婦も、例年通り義両親の家で義妹家族と共に過ごしましたが、今年のクリスマスは週末に連なって長かったせいか、何だか夫婦揃ってドッと疲れてしまいました。今年も山のようにクリスマス・プレゼントとして玩具を手に入れた姪が、それらをダイニング・ルームの床中に広げてぶっ散らかし、興奮してキーキー騒いでいたのが(その割に、どれ一つとして長続きせずすぐに飽きる)、一番の原因だと思います。それに加え、姪の偏食が相変わらずひどくて、食事にはほとんど手を付けず、お菓子ばかり食べているのに、P太は心底イライラしたそうです。それで、次の日は義妹の家の夕食に誘われたのを、断ってしまいました。また姪の甘やかされぶりを目にしてウンザリしたり、姪一人に振り回されるのは真っ平御免だし、義妹の家に行ったら最後、私が遊び奴隷として姪の部屋に監禁されるのは、目に見えていましたので。その代わりにその日は、食べ過ぎた体に少しでも運動させる為、近辺のナショナルトラストの庭園にでもウォーキングに出掛けたいと思いました。クリスマス中でも開いている場所を確認し、久々に「Standen スタンデン」に行くことにしました。
a0208783_14272.jpg
ここは、ウィリアム・モリスとフィリップ・ウェッブの代表作であり、アーツ&クラフツ様式の見本のようなお屋敷なのですが、館内は既に見学したことがあるので、とにかく周辺を散歩することに。
a0208783_145562.jpg
未だクリスマス「休暇」中なので、あちこちがデコレーションされています。
a0208783_152586.jpg
やはりこんなコテージにこそ、クリスマス・リースは絵になるなあ。
a0208783_15539.jpg
お屋敷の主玄関の前には、こんなド迫力の斬新なクリスマス・ツリーが。
a0208783_161726.jpg
Zandra Rhodes とAndrew Loganと言うアーティストの作品だそうです。ショッキング・ピンクがメインで、キッチュな紙飾りやプラスティック製の鏡が飾ってあります。クリスマス・ツリーと言うよりは…、何か中国の宗教儀式のようだと思いましたよ。
a0208783_171487.jpg
ツリーの天辺には、クリスマス・エンジェルとして古臭い人形が飾られていて、何だか禍々しい。
a0208783_173479.jpg
その直後、こう言うオーソドックスなクリスマスの装飾を見ると、大変ホッとしますね(笑)。
a0208783_175125.jpg
現在、ナショナルトラストのお城やお屋敷で良く見掛ける古本屋販売コーナー。この時は無人でしたが、フルシーズンは有人なのかも。お金は箱に入れる仕組みで、「誠実に金額通り支払って下さい」なんて貼り紙がありました。
a0208783_181448.jpg
古本より気になったのが、古風なレジ。
a0208783_184464.jpg
屋敷の南側には、オランジェリーが(左一階部分)。
a0208783_19493.jpg
中は、こんな風になっています。まあサンルームですね。
a0208783_192324.jpg
その脇にあるベンチ・コーナー。ここの館内は、魅力的な家具や装飾の宝庫ですが、撮影禁止なのが残念です。インテリアの写真が撮れるのは、この場所位。
a0208783_194354.jpg
多分オランダ・デルフト焼きのタイルと、典型的なアーツ&クラフトの木彫ベンチ。
a0208783_110024.jpg
真冬と言えど、今年は異様な暖冬なこともあり、結構花が咲いていました。これは沈丁花。多分ヒマラヤ種なので、日本のものより匂いが弱めです。
a0208783_1102580.jpg
石楠花や椿や紅葉も、沢山植えられています。土壌が酸性なのを物語っています。
a0208783_1105926.jpg
ハンガリーの友達に聞いたら、石楠花も椿も余り見たことがないそうです。椿は日本等の東アジアが原産なので、この国でこんなに普通に看掛けるのは、イギリス人が椿の輸入・育成に余程熱心だったのだと思われます。
a0208783_1114299.jpg
この谷は、昔の石切り場跡をシェイド・ガーデンにしたもので、冬場は石が滑り易いせいか、立ち入り禁止になっていました。雨傘がさしてあるのは、大型シダ類の中心に水が入らないようにする為のようです。
a0208783_117765.jpg
この時期に咲くので、「クリスマス・ローズ」と呼ばれるタイプのヘラボラス。一方早春に咲くタイプは、「レンテン・ローズ」と呼ばれるそうです。
a0208783_1121437.jpg
その白花で、葉がギザギザな種類。蟻や羽虫が結構群がっていました。そもそも昆虫って、普通この時期でもこんなに活動しましたっけ?
a0208783_1123546.jpg
スノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲くのには、さすがに早いかな。
a0208783_113034.jpg
久々に訪れたら、新たにこんな遊歩道が増設されていました。
a0208783_1131943.jpg
そして、展望台も作られていました。
a0208783_1134254.jpg
そこからの眺め。馬の牧場が見えます。
a0208783_114635.jpg
展望台の下は、切り立った岩壁になっています。ここも、かつての石切り場だったのかも知れません。南東部で剥き出しの岩場は、結構珍しいのです。
a0208783_1172862.jpg
新しい遊歩道脇には、原種のシクラメンやヒマラヤ・ユキノシタなんかが植えられていました。
a0208783_1142931.jpg
こちらのテラスは、お屋敷建設当時からのもののようです。通路脇に植えられているグランド・カバーは、ヘザー(ヒース、またはエリカ)。
a0208783_1144626.jpg
ここからは、「クマのプーさん」で有名な「アッシュダウンの森」や、「Weirwood」 と言う人造湖(貯水ダム)が見渡せます。
a0208783_115644.jpg
クリスマス中の、しかも気が滅入るような暗い曇天の日でしたが、意外と訪問者が多くて結構ビックリ。私達のように、親戚疲れや御馳走疲れしたのかも知れません。一方イギリスの北部や西部では、クリスマスだと言うのに酷い洪水に見舞われ(場所に寄っては今月だけで四回も!)、本当に気の毒に思います。被害者が一日も早く元の平和な生活に戻れるのを、願うばかりです。

今年も当ブログを御愛読頂き、本当に有り難うございました。お正月中も更新はしますので、お暇な時にお立ち寄り頂ければ幸いです。それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-31 08:01 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ビンテージ・シンディのアウトフィット 3種

「フェアリー・グレン」の1/6ファッション・ドール用のコートと共に、山小屋風チャリティショップで見付けて買った、昔のシンディ・ドール用の服です。「人形の服、二つで10ペンス」と書かれ、それぞれくしゃくしゃのゴミのような状態で籠に詰まっていた中から、えっさほいさと探して選んで来ました。因みに、貴重なアマンダ・ジェーン・ベイビーの服も見付かりました。あちこち解れたり破けていたので、家に帰ってから洗濯して修正しました。こんなゴミみたいなものでも、ネット・オークション等で買うとなると結構高いんです。
a0208783_17294845.jpg
まずは、すぐにシンディのものだと認識出来た、ユニークなヨット柄のブラウス。襟がとてもデカイのが目を引きます。
a0208783_17282149.jpg
元は、黄色い胸当て付きミニ・スカートとセットになっていました。私には思いも付かない、大胆なコーディネイトだった訳です。
a0208783_17291024.jpg
レトロな、中々可愛い花柄の半袖ブラウス。
a0208783_17302019.jpg
ビンテージ・シンディには、「Mix & Match」と言う、上下自由に組み合わせることが出来る着替えのみが、豊富に販売されていました。そういう組み合わせる楽しさは、女の子のファッションのセンスを磨いたことと思います。今自分ではワンピースを着ることが多く、コーディネイト力が落ちたなあとつくづく感じています。
a0208783_1731958.jpg
この服のみは、シンディのものかどうか確認できず。シンディのアウトフィットの多くには、タグが付いておらず、例え付いていても、「Sindy」とロゴが入っているのは初期のものだけで、後は原産国名が記入されているだけだったりします。これには何も付いていませんが、既成品だとは思います。
a0208783_17322871.jpg
マキシ丈の巻きスカートと言うところに、時代を感じます。足元には、当時はボア付きのサボとかを合わせていたのかも知れません。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-30 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(2)

キノコ柄ミルクピッチャー kawaii

a0208783_18251269.jpg
キノコがレリーフ状にどどーんと盛り上がって描かれた、古いミルクピッチャー、またはクリーマーに出会いました。1976年の日本製で、オレンジ色や黄色がアクセントの、いかにも70‘sっぽいデザインです。
a0208783_18253213.jpg
表面には「キング・オブ・毒キノコ」ベニテングダケっぽいキノコが描かれていますが、裏面はフンギ・ポルチーニ風です。そしてピッチャー全体が、木の幹っぽく表現されています。この時代に多かった脆い軽量陶器の為、幾つか目立たないチップがあります。
a0208783_4511722.jpg
食器として使うことはまずなさそうだと思い、発芽したアボカドちゃんを植えました。これでも根は結構深いので、ぴったりの大きさ。冬だからか、アボカドの成長が若干遅いように感じます。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-29 15:23 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

アクアのラインストーンのビンテージ・ブローチ kawaii

今回の姉へのクリスマス・プレゼントは、最初にルイスを当たり、その次にブライトンでも探して、コレダと思えるものに出会えなかったので、再びドーキングを訪れました。しかし、そこでも中々見付けられず、来週またルイスへでも行くしかないか…と思っていた矢先、最後の最後にこのブローチに出会いました。
a0208783_2312270.jpg
以前チャリティショップで買ったブローチと同じく、アール・デコ時代のオーストリア製に見えます。姉が好きそうであれば、チャリティ屋やフリマで安く手に入れたものでも構わないと思うのですが、やはりアンティーク・モールで探したほうが、状態も良く好みに合うものを見付け易いと思います。
a0208783_2314476.jpg
ラインストーンは、全てブルー・トパーズのようなアクア色で統一されています。葉モチーフ部分も、同じ色でエナメル彩色されています。大きなアクセサリー好きな姉にとっては、ちと小ぶりで大人し目かなあとも思いましたが、右の三つのラインストーンは大きめで、かなり美しく輝きます。何より、ペースト・ガラス独特の優しい質感が、現在のアクセサリーとは違う品の良い存在感を発揮してくれると信じています。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-28 15:30 | アクセサリー | Comments(0)

公衆電話ボックスの活用法

イギリスの赤い公衆電話ボックスは、赤いポストやロンドン二階建てバスと並び、紅茶やお菓子の缶、キーホルダー等のお土産のモチーフにもなる、言わばイギリスのアイコン的な存在です。けれども、この誰でも携帯電話を持つ時代、公衆電話の需要はすっかりなくなりました。若い世代は、公衆電話の掛け方すら知らないようです。そんな中、使われなくなくなった電話ボックスの、こんな再利用法をブライトンで見掛けました。
a0208783_3531676.jpg
右にはコーヒー・マシーン、左にはチョコレート噴水(チョコ・フォンデュのようなもの)が置かれていて、串刺しにしたお菓子か果物に絡めたものを販売しているようです。お二人の格好も、何だか絵になっていますねえ。表情も良いんですよ。この他にも、この電話ボックスを庭の温室として利用している人を、以前テレビで見たことがあります。温室の単語を英語に訳すと「green house」ですから、それは「red green house 赤いグリーン・ハウス」と言う訳です。もし手に入る機会があったら、きっと私も欲しくなると思います。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-27 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

白いもふもふ犬

a0208783_2511349.jpg
隣町の床屋さんで、歩道からガラス越しに見掛けた犬です。真っ白い、シベリアン・ハスキーかアラスカン・マラミュートだと思います。一般的な柴犬より二周り以上の大きさですが、一歳未満の、多分生後5、6ヶ月とかの若い子のようです。凄いフッコフコぶりで、あ~~撫でたい!!と言う衝動に駆られました(笑)。
a0208783_2513276.jpg
目は片方だけ青く、もう一方は茶目のオッド・アイでした。猫の場合、成長しても青い目のままなのは聾唖で、オッド・アイなら青い目側の耳にだけ聴覚障害があるらしいのですが、犬はどうなんでしょうか?? …いや、平気か。実家の小次郎号は、両目とも青かったけど、聴覚には問題ありませんでしたから。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-26 15:35 | 動物 | Comments(2)

クリスマス・カクタス

a0208783_481443.jpg
シャコバサボテンのことです。クリスマスの時期に咲くので、英語ではそう呼ばれます(一方イースター・カクタスと言うのもある)。我が家のシャコバも、確かにこの時期咲き出します。義母から貰った苗で、もう7、8年になりますが、手入れは時々水を上げるのと、花後に花ガラを摘むことだけです。尚且つ挿し木で簡単に増えます。と言うか、最早葉から根が沢山伸びています。余りの花弁の重みで、茎が項垂れています。
a0208783_492695.jpg
「クリスマスの~」と呼ばれている割に、ヒイラギや樅の木、ポインセティアやヤドリギのようには、クリスマス・モチーフとしては全く登場しない、言わば陽の目を見ない少し可哀想な植物です(笑)。そこで、ちょっとスポットを当ててみたいと思いました。ピンクや白もありますが、うちのは花色が赤で、結構クリスマスに相応しいと思います。ワックス掛かったような艶やかな花弁には、華やかさも十分あります。
a0208783_483942.jpg
リカちゃんが着ているのは、新品の安物クリスマス用ドイリーから作ったドレス。白地じゃない色付き地のドイリーは、ちょっと珍しいと思いまして、いじってみたくなりました。しかし、簡単にクリスマスらしく仕上がる!と目論んだものの、残念ながら期待したようには全く作れませんでした…(トホホ)。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-25 15:38 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

クリスマスの思い出

a0208783_18262791.jpg
皆様にとって、素敵なクリスマスでありますように! イギリスだと12月は、クリスマス休みにプラスして長期休暇を取る人が多かったり、既に頭が浮かれていたりで、ほとんどの会社で仕事にならないそうですが、日本では「教師でさえ走るから師走」って位、最も忙しい時期(の一つ)ですね。おまけにクリスマス自体は休みではないし…。多忙な中、結構無理矢理祝う人が多いのではと思います。
a0208783_18264769.jpg
そんな私にとって、一番無理矢理なクリスマスの思い出は、姉と暮らしていた際、私は仕事で帰宅が遅く、姉は更に遅くて12時近くでした。クリスマスを祝うことなどすっかり諦めていましたが、その姉が、安売りになっていたからと、帰宅途中のコンビニででっかいケーキ(不二家かヤマザキの)を買って帰りました。しかもそのコンビニは、その日限りで閉店で、「僕達明日から職を失うんです…」と店員さんがしんみり話していたそうです。とは言え、夜中にそんなでかいケーキを二人で平らげられる訳がなく、結局大量に余ったように記憶しています。しかしそのケーキでさえ、今となっては、想像するだけで胸焼けして来そうなイギリスのクリスマス・プディングやミンス・パイより、遥かに美味しかったように思います。昨年の日本でのクリスマス・ディナーが、悶絶しそうな程恋しい私です(笑)。写真は、アメリカのアール・デコ時代のクリスマス・カードです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-24 15:21 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

れりご~♪柄の子供服

a0208783_1828388.jpg
イギリスの八歳の姪っ子へのプレゼントは、どう考えても玩具は貰い過ぎなので、私達夫婦は毎回出来るだけ着る物を上げようと考えています。しかしそのプレゼントでさえ、姪の偏食がひど過ぎて、全く成長しないから(非常に遅いだけで「全く」ってことはないだろうさ)、服を贈る意味がないとボヤく夫は、選ぶのにも全然熱意がありません。スーパー・マーケットなんかで、極力てっとり早く済まそうと考えています。しかし、今回選んだこの「アナ雪」のトレーナーは、二人揃って結構可愛いんじゃないかと思いました。
a0208783_18283325.jpg
今年の子供服は、女児用ならアナ雪、男児用ならミニオンズが圧倒的に多く、イギリスなのに相変わらずアメリカのキャラクター一辺倒でウンザリしますが、子供自身が好きで喜ぶのなら、まあその選択もアリです。それに、大抵アニメの画像をそのままプリントしたものか、印刷し易く単純化されて益々可愛くなくなったものですが、これはちょっと毛色が変わっていて、繊細なタッチと目に優しい色合いで、ファンならずとも中々魅力的なイラストだと思いました。言わば、ちょっと日本の少女漫画風。袖にも柄があり、所々スパンコールが鏤められていて、裾にもレースが縫い付けられていて、トレーナーながら中々ドレッシーなトップスです。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-23 15:26 | ファッション・コスメ | Comments(0)

白いビーズ刺繍のビンテージ・バッグ kawaii

a0208783_3381084.jpg
山小屋風チャリティショップで見付けた、がま口式の古いパーティー・バッグです。フェイク・パール、乳白色のシードビーズとスパンコールで、全面×両面びっしり覆われており、ずっしり重みがあります。パターンは両面同じ。多分1950年代の中国か香港の製造だと思いますが、昔の中国製品は、アジア人の手先の器用さが発揮され、とても仕事が丁寧でした。
a0208783_3384790.jpg
拡大して見ると、こんな感じ。トライポ・フォビア(ブツブツ恐怖症)の方は閲覧注意な程、本当にビーズとスパンコールがびっしりです。私も結構ぞわっとしました(笑)。
a0208783_6592219.jpg
実は裏面に、蝋?が垂れたらしいピンク色の汚れが少しありますが、使用には耐えられる程度です。ビーズの糸の緩みはなく、中面も綺麗な状態。内ポケット付き。ビンテージ・バッグ好きの姉に上げても良いんだけど、送料だけは半端なく嵩むだろうし、そもそも彼女の好みには余り合わなさそう(…後で聞いてみよう)。値段は80ペンスでしたが、後日アンティーク・モールで確認したら、最低でも10ポンドはすると思います。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-22 15:34 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(125)
(115)
(107)
(104)
(96)
(85)
(73)
(68)
(60)
(60)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(50)
(46)
(41)
(41)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

懐かしの西荻窪
at 2017-08-21 15:21
ウラン・ガラスの羽根柄フルー..
at 2017-08-20 15:31
今日は女子会
at 2017-08-19 15:27
蝉時雨
at 2017-08-18 15:28
古い女児用の作り帯
at 2017-08-17 15:28

記事ランキング

検索

最新のコメント

> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 04:56
ぴよよんさん こんにちは..
by jin-chan at 16:19
>加代子さん、欧米人の美..
by piyoyonyon at 17:34
本当に素敵なバレッタです..
by 加代子 at 19:47
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。