<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

森の中のワース教会

a0208783_5221860.jpg
イギリスで貴重なサクソン教会の多くは、今は時代に取り残されたような意外な場所にあります。この「Worth Church ワース教会」もそんな一つで、ガトウィック空港の南のCrawley クローリーと言う町の外れの普通の住宅街に、結構いきなり現れます。
a0208783_523585.jpg
教会の入り口には、日本の寺院の山門のような門があります。
a0208783_5234112.jpg
そして教会は、墓地、更に林に囲まれています。この林は、かつては「St. Leonards Forest 聖レオナルドの森」の一部だったと思われます。長閑で平穏そのものの場所に見えますが、今や周囲はすっかり住宅地に開発され、また空港や高速道路も近い為、実際には静かとは言い難いロケーションです。
a0208783_5241612.jpg
ここは元々は「ワース村」でしたが、今はクローリーに吸収合併されています。クローリーは戦後発展した味気ない新興の町なのに対し、ワース自体は歴史が古く、今でも結構瀟洒なお屋敷街で、住民は誇りが高いらしく、クローリーとは別個に「ワース」と名乗ることを好むようです。
a0208783_5265992.jpg
正式名称を、「St. Nicolas’ Church 聖ニコラス教会」と言います。「サクソン教会」または「アングロ・サクソン教会」と呼ばれる物は、起源をアングロ・サクソン時代(5世紀から1066年のノルマン征服まで)に持つだけで、実際には建物の大部分は後世に改増築された場合が多く、サクソン時代の建造物を多く残す本当のサクソン教会は、イギリス中に20~30しか残っていないようです。その点この教会は、非常に貴重な真のサクソン教会で、ウィキの「イギリスで最も古い建物のリスト」にも掲載され、国内の現役で使い続けられている教会としては11番目に古く、恐らく東西両セックス州の現存する教区教会としては最古、南東部全体でも最も古い教会の一つと考えられます。
a0208783_5252238.jpg
教会は、紀元950年に建てられたと言われています。その後のノルマン時代に、ウィリアム征服王の娘婿William de Warenneにこの地一帯が与えられて以来、代々彼の一族の庇護を受けて発展したようです。
a0208783_5261556.jpg
この窓は、典型的なサクソン様式。身廊の天井に近い上部にあるのは、珍しいそうです。
a0208783_5275160.jpg
この北側の塔と、反対側の南側の木製ポーチのみは、19世紀に建てられた比較的新しい建築物です。
a0208783_5283314.jpg
12月だったのに、墓地では寒桜か何かが咲いていました。
a0208783_5291675.jpg
一昔前のイギリス人は、墓石を安定良く立てる習慣、または技術がなかったらしく、古い墓石の多くは大きく傾いていて、イギリスの墓地は概ねゾンビ映画の撮影が出来そうな荒れた状態に見えます。フィンランド人の義母に言わせると、イギリスの墓地の無整頓ぶりは見苦しいそうです。墓地不足なのは日本同様ですが、御覧の通り一区画の境界線すらない場合がほとんどで、土地を無駄に使っているような気がします。墓地の中には、時折ケルト十字型も見掛けます。先祖がケルト系(スコットランド人、ウェールズ人、アイルランド人、コーンウォール人等)だからなのかは分かりません。
a0208783_53004.jpg
こちらの木の周りは、死産した子供達の墓標を集めた場所。ここ10年以内の物ばかりで、今でも死産は多いのだなと思いました。
a0208783_5305424.jpg
中に入ってみましょう。綺麗に明るく改装されていて、一見そんなに歴史の古い教会とは気付けません。奥の内陣手前のアーチは、現存するサクソン時代の教会のアーチとしては、国内最大級の物。
a0208783_5385345.jpg
村の教会としては相当立派な、パイプ・オルガンもあります。元は、身廊北側の壁に設置されて、もっとパイプが長かったそうです。
a0208783_5315070.jpg
この非常に背の高い狭いアーチは、身廊の両側に付いていて、元は全て外側に開いていたそうです。用途は今だはっきりせず、一説に寄ると、もしかしたら馬に乗ったまま教会に礼拝し、そのまま反対側から出て行く為の出入り口だったんじゃないかと(…そんなの失敬じゃないのか?)。
a0208783_5323422.jpg
サクソンやノルマンの教会建築は、何故か壁に不可解な窪みの開いていることが多く、元々は十字架等を祭る祠だったのかも知れませんが、今は教会側や信者に寄って、大抵ディスプレイ・スペースになっています。
a0208783_5331814.jpg
13世紀の石製の洗礼盤。実は、それぞれ側面の彫刻のデザインが異なります。
a0208783_5335918.jpg
内陣・祭壇部分。クリスマス時期だったので、ツリーが飾られていました。
a0208783_534337.jpg
極力小さく取られた窓が、ゴシック以前の教会建築の特徴を伝えています。1870年に火災に遭った為、木製の天井はヴィクトリア時代に葺き替えられました。
a0208783_5351070.jpg
クリスマス時期だったから、nativity=キリスト降誕の場面を描いたミニチュア・モデルも展示されていました。これは陶器製のようです。
a0208783_5354567.jpg
南礼拝堂には、大変古めかしいチェストが。念の為、棺桶ではありません。17世紀初頭の物で、当時大変貴重だった紅茶葉を保管しておく為のチェストだったと言われています。
a0208783_5371317.jpg
その横にも、アンティークのチェスト。上に積み上げられた、中途半端に古臭いスーツ・ケースのほうが気になります(笑)。
a0208783_5375673.jpg
北礼拝堂の窓のステンドグラスは、この教会で最古の物(12世紀)。
a0208783_5393570.jpg
身廊南側のステンドグラス。
a0208783_5402370.jpg
こちらの内陣南側のステンドグラスは、キリスト教の三元徳の内、「信仰」とそれを象徴する十字架、「希望」とそれを象徴する碇、の二つを描いた物。残り一つの「慈愛」は、何故かナシ。
a0208783_5423027.jpg
贅を尽くして権威を誇った有名な大聖堂も勿論面白いけれど、海外の旅行ガイドブックには決して紹介されないような、実際訪れてみない限り興味すら沸かない、小さく地味な古い教会の特徴や歴史も、やはり非常に面白いと感じました。今後も機会がある限り、サクソン教会を訪れてみたいと思います。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-31 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

チューリップ型ムーングロウのブローチ

a0208783_6122367.jpg
随分前に買った、チューリップ型のルーサイト樹脂パーツが付いた古いブローチです。ルーサイトの中でも、「ムーングロウ」と呼ばれるM.O.P.のような光沢を持つタイプです。その他にも、無色透明のラインストーンが散っています。一つだけラインストーンが外れていたのを、最近やっと補充しました。
a0208783_613623.jpg
一枚だけの葉は、透かし細工風。チューリップの花束をイメージしたデザインで、中々凝った構図です。
a0208783_6133873.jpg
地金が金色で、他は無色に抑えていることもあり、普段は可愛く子供っぽいイメージのチューリップも、このブローチでは少し大人っぽく見えます。縦5cm位で、ブローチとしては特に大きくもありませんが、ボリュームがあり充実して見えます。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-30 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

野菜柄ミルク・ガラスの小さなボウル

a0208783_2114090.jpg
地元のチャリティショップで買った、パイレックスのイギリス版「JAJ」の、小さなサイズのボウルです。この柄の大きなキャセロール(またはボウル)なら、既に持っているし、他でも今まで何度か見掛けているのですが、こんな小さなサイズのボウルが存在するとは知りませんでした。
a0208783_212574.jpg
口径は11cm位で、もしかしたら元は透明ガラス製の蓋が付いた、ココット皿だったのかも知れません。
a0208783_2134113.jpg
とにかく、北欧ビンテージから影響を受けたのに違いない、1950年代らしい平面的に単純化された野菜のデザインが大好きです。
a0208783_212323.jpg
福耳のようなハンドルが、両脇にぴょこんと飛び出ています。
a0208783_2125230.jpg
結局大きなキャセロールのほうは、食器としては一度も使いこなせていません(キャセロールが多いもので…)。こっちの小さなボウルのほうが、丁度シリアル・ボウル程度の大きさで、色々役に立ちそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-29 15:35 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

3月の庭便り&猫便り

a0208783_1263924.jpg
3月ももう終わりに近いけど、今年最初の庭便りです。この庭に毎日遊びに来ていた猫ソックスちゃんが、2年前にお隣が引っ越すと共に去って行きました。同じく良く遊びに来ていた猫フォックステイルの住んでいた2軒先も、昨年夏頃に引っ越して行きました。ついでに、新しくお隣になったウェスト・ハイランド・テリア犬のテディも、私が庭に出る度に塀に突進して来て、はしゃぎ回って愛想を振りまいていたのに、昨年突如居なくなりました(多分生まれた子供に問題を起こして里子に出された)。庭は随分寂しくなりましたが、我が家のトラ猫とらじが居るから十分だと思っていました。…しかし、そのトラちゃん自身が、昨年末に急に亡くなってしまいました。庭に出ると、否応無しにトラを思い出して涙が込み上げて来ます。あの子は、亡くなる最後の日も、この大好きな庭を眺めて、こんな暖かい春の日に庭に出て遊ぶのを楽しみに待っていたのです。
a0208783_1273420.jpg
ナイマンズの記事でも書きましたが、この春は植物の成長が驚く程の早さです。気が付いたのは、街路樹の桜が2月末に既に満開だった時。とりわけ暖冬だったと言う実感はないのですが、とにかく異例の早さです。
a0208783_1826311.jpg
特に早いと思うのは、今年のチューリップの開花時期。春の代表的な球根植物は、1月からスノードロップ→クロッカス→水仙→ヒヤシンス→チューリップの順で、徐々に咲き始めます。水仙まではほぼ例年並みに感じていましたが、今年はこの間隔が短く、多くがほぼ同時に咲いているように思います。
a0208783_1342966.jpg
ムスカリは、春の球根植物としては、切花の持ちが良いので重宝します。零れ種でどんどん増えます。
a0208783_1294887.jpg
いつもは4月下旬頃に咲き出す華曼草(鯛釣草)も、既に咲き始めました。
a0208783_1305015.jpg
こちらは白の華曼草。
a0208783_18294061.jpg
バラの新芽もぐんぐん伸びて、既に蕾が付いているのもあるし。
a0208783_18302226.jpg
ライラックの蕾も、既に色付き始めています。
a0208783_18311596.jpg
このクレマティス・モンタナは、本当にもうすぐ花開きそう。近所では、既に満開の所も見掛けました。夏咲き大輪系のクレマティスも、最早蕾を付けています。
a0208783_1832042.jpg
一方こちらは、12月頃から咲いているウィンター・クレマティスで、品種名を「ジングル・ベル」と言います。植えた最初の2、3年間は、一冬に2、3個しか咲かないショボさでしたが、今では沢山花を付けます。クレマティスが絡まっているカルフォルニア・ライラックも、咲き始めました。
a0208783_1361381.jpg
イギリスでは、斜面やテラス式花壇の上部に植え、滝が流れ落ちるように咲いているのを良く見掛けるオーブリエチア。段差のある日当りの良い庭で、セラスティウムや黄色い宿根アリッサムと共に活躍します。
a0208783_18391516.jpg
ヘレボラスは、私の庭と相性が良さそうなので(要は日当たりが良くない)、もっと増やしたいな。
a0208783_1324998.jpg
黄色は復活祭のシンボル・カラーであり、春を象徴する色です。その代表が水仙の黄色だと思いますが、今年の復活祭(4月中旬)には、水仙はすっかり終わっていることでしょう。
a0208783_18335185.jpg
水仙と共に、春の黄色を代表するレンギョウ。
a0208783_18344291.jpg
そして山吹。繁殖力、と言うか侵略性が強く、辺り一面芽を出して蔓延るので、定期的に刈り取っています。
a0208783_18355772.jpg
愛猫ポコちゃんは、こんな暖かい日に私と一緒なら庭へ出ます。庭では尻尾ピーンでリラックスし撒くって走り回っていたトラちゃんとは違い、ポコちゃんは常に尻尾ぶんぶんで、今だ緊張している様子。
a0208783_1837628.jpg
庭で私に始終遊びを要求していたトラに対し、ポコは始終草を食べさせることを要求します。自分で草を食べるのは、相変わらず絶望的に下手です。
a0208783_18375360.jpg
もうポコしか猫が居ないのだから、「猫便り」じゃなくて「ポコ便り」で良いかも…。
a0208783_18383135.jpg
実は来月、今回は私だけで一時帰国します。イギリスもこれからはとても良い季節で、特に庭が楽しく美しくなるので、この時期に離れるのは残念な気がします。とは言え、幾らイギリスの1月&2月が余りにもクソだからって、日本だってもう少し暖かい季節のほうが、色々楽しみが多いのは決まっているのに、いつも冬にばかり帰国するのにはホトホト飽きました(笑)。私の留守中、P太が植物を枯らすことなく、たまには庭の手入れをしてくれて、私がイギリスに戻る際には、ジャングルにも砂漠にもなっていないことを祈るばかりです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-28 15:31 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

黄緑系ラインストーンのブローチ

a0208783_1817028.jpg
毎週月曜日にコヴェント・ガーデンで開催されるアンティーク・マーケットに、二週続けて行った際、一週目にアクセサリー専門のストールの「どれでも一個5ポンド」の箱の中で出会い、その後やはり未だ気になっていたので、二週目にとうとう買いました。正直言って、凄く珍しいデザインのブローチではないし、フリーマーケットでも出会いそうで、これで5ポンドは、私にとってはそんなにお買い得だった訳ではありません。それでも忘れられずに買ったのは、爽やかな黄緑系でまとめたラインストーンの輝きが中々美しく、尚且つ大き目のラインストーンがウラン・ガラスだったからです。
a0208783_87917.jpg
P太に見せたら、きっと喜ぶであろうと思ったのもあります(勿論使用するのは私ですが)。値段を告げたら、「5ポンド? 安いじゃん」ですって。P太を一緒に連れて行って、買わせるべきだなあ(笑)。
a0208783_18172713.jpg
こんなか細い流線状のワイヤーに、円型のラインストーンが散っているような可憐なデザインは、1940~50年代のブローチに割と良く見られるタイプです。その中でもこのブローチは、サイズも小ぶりであっさりとしていて、いかにも「着飾ってまっせ~」と言った気張りがなく、さりげなく使い易そう。黄緑色は、生命の力や若々しさを連想させます。ピンクや黄色い服なんかに合わせたら、きっと春にぴったりです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-27 15:37 | アクセサリー | Comments(0)

ロイヤル・レゴ・ファミリー

a0208783_2263187.jpg
パスポート申請でロンドンに行った折、リージェント通りの玩具のデパート「Hamley’s ハムレイズ」にも、ちょこっとだけ寄りました。
a0208783_227322.jpg
その店に、ほとんどレゴ専門の階があり、吹き抜けからこんな物が覗いていました。ほぼ等身大です。こんな大きな物を根気良く上手く組み立てたと感心するし、何よりちゃんと似ています。この背後には、実物大のイギリスの赤い電話ボックスも、レゴで制作されていました。一応説明すると、2011年のロイヤル・ウェディングの様子でして、左からケンブリッジ公夫人(キャサリン妃)、ケンブリッジ公(ウィリアム王子)、チャールズ皇太子、ハリー王子です。はっきり言って人気の少ない、コーンウォール公夫人(カーミラ)とエディンバラ公(フィリップ殿下)はハブ。…ん?肝心のエリザベス女王の姿も見えないんですけど?
a0208783_2272797.jpg
女王陛下は、別個におわしました。玉座も背景のユニオン・ジャックも、全部レゴ製で力作です。しかし、この店で特に興味を引いたのは、このレゴ・モデル達だけ位で、平日でそれ程混んでいなかったこともあり、デモストレーションする店員達の、子供相手のテンション高い声だけが、やたら空しく店内に響き渡っていました(笑)。そもそも、イギリスならではの商品がそれ程ないし、レゴにしてもデンマークのメーカーだし、この店ならではの品揃えも特に感じられず、やはり原宿キディランドのほうがずっと面白いとは思いました。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-26 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ビンテージのウェディング・カード

a0208783_7354939.jpg
コヴェント・ガーデンのアンティーク・マーケットで買った、古い使用済みの結婚祝いカードです。多分1950年代の物で、メーカーはHallmark ホルマーク社。もしかしたら、アメリカ製かも知れません。
a0208783_23215100.jpg
少し大きめで、縦18×横15cm位。シュガー・ピンクの地色に、白いレースのようなロマンティックなベルを中心に、白い鳩、ピンクのバラが沢山描かれ、更に銀ラメのバーコ印刷と金色のシルク印刷が加わり、ラブラブ感と砂糖菓子のような甘さがいっぱいのウェディング・カードです。
a0208783_23213847.jpg
ベル部分の縁がダイカットされ、全体が観音開きのようになっています。一応、左右どちらが上になっても可笑しくないように、ベルのイラストがデザインされています。薄めの紙を二つ折りにして、両面印刷のように見せているのは、この時代のカードとしては良くある技法です。
a0208783_2322940.jpg
中を開くと、こんな感じ。中央の上部には、実際に小さなカードが飛び出た仕様になっています。書体にも、50'sらしさが表れています。英米のグリーティング・カードに良くある、長々とポエムのようなお祝いの言葉が印刷され、差出し人は、「with love」等の結びの言葉と署名を付け加えるだけになっています。しかし、日本人の感覚からすると、幾ら美しい名言でも、こんな既成文章を贈られるよりは、例え多少つたなくとも、やはり自分で考えたお祝いの言葉の肉筆のほうが、受け取って数倍嬉しいだろうなと思うところです。 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-25 15:28 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

リカちゃんのセラドン・グリーンのコート

a0208783_719019.jpg
このコートとベレー帽に使っている、セラドン・グリーンに小花柄の極細畝のコーデュロイの布地は、実はかつて私のシャツ・ワンピースでした。イギリスで売られている服としては珍しく、結構自分の好みに合い、おまけにセールで凄く安かったので喜んで買いました。…が、実際着てみると(一応試着はしてから買ったけど)、どうにもこうにも地味!でした。ボタンを赤に付け換えたり、コーディネイトで色々工夫してみましたが、地味さはどうしても回避出来なかった…。それで、結構すぐに飽きてしまいました。今思うに、東洋人にとっては、顔移りが悪い難しい色だったのではと思います。
a0208783_7194026.jpg
となれば、フリマで売るか、チャリティショップに寄付して処分するしかないのですが、かなり細かい花柄&畝なので、それよりは、いっちょ人形の服でも作ってみたろと思い立ちました。
a0208783_721972.jpg
起毛の暖かいイメージの生地なので、まずはオーバー・コートを作ることにしました。このパターンは、日本ヴォーグ社の「リカちゃん6」に掲載されたものを元にしており、このダーク・グレイ地に白いレース付きのコートと同じ形ですが、少しだけカジュアルな雰囲気にしたかったので、丈を2cm程短くしました。
a0208783_7201078.jpg
このシリーズの本に掲載してあるリカちゃんの服は、基本的に子供が遊ぶ為の物のようで、つまり実際に服の上に着せるコートだから、かなり大き目のパターンになっています。それにしても大き過ぎて見えたので、背中にギャザーを寄せ、共布のリボンを付けることで解決。少し腰部分がぽっこり膨らんで、一層少女らしいい雰囲気になりました。ウェストにもレースを付けて、切り替え風に。
a0208783_7231736.jpg
最初はリカちゃんにとっては、生地がかなり厚めなんじゃないかと危惧していましたが、実際作って着せてみると、特に厚過ぎるようには見えず、とても縫い易く、人形用には意外と役に立つ生地でした。はっきり言って寝惚けた地色に、アクセントとして紺色のケミカル・レースを合わせて、思いの他可愛く仕上がったと結構自己満足しています。少なくとも、私のシャツ・ワンピだった時よりは、ずっと可愛く見えます(笑)。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-24 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

コヴェント・ガーデンのアンティーク・マーケット

a0208783_2020021.jpg
パスポートを更新しなければならなくて、久々~にロンドンへ行きました。うちから電車でのアクセス自体は、田無~新宿間並みに簡単なんですけど、運賃がまるで違う! 時間帯を選ばない一日使用出来る切符だと、新幹線で東京から実家に帰れるのに近い値段。おまけに、ロンドンの大気汚染が本当にひどくて(長年東京に住んでいた私にとっても)、行く度にマジで病気になるので、正直言ってイヤイヤ行きました。切符は、一番安い「スーパー・オフピーク」と言うのを選びました。これは、大体10時から4時までの空いている時間帯だけ(※時間は地域に寄る)使用できる切符で、それでも往復+ロンドン周遊券込みで2000円以上します。6時間しか滞在出来ない訳ですが、日本大使館の旅券課でそう待たされることはないし、好きでロンドンに行く訳じゃないから十分です。それでも高い交通費で行ったついでなので、大使館で申請した後、コヴェント・ガーデンで毎週月曜日に開催されるアンティーク・マーケットに立ち寄ってみました。
a0208783_20211871.jpg
ロンドンの中でも、特に観光客率の高い場所で、いつも大道芸人&その観客でいっぱい。
a0208783_20215170.jpg
この吹き抜けの地下では、いつ来ても室内楽(室内じゃないけど)の生演奏が行われています。曲目は、何十年経っても「主よ、人の望みの喜びよ」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、ヴィヴァルディの「四季」、パッヘルベルの「カノン」ばかり…。
a0208783_20222595.jpg
この辺の飲食店は特に割高なので、貧乏な学生旅行者達は、テイクアウトでベンチに座って食事を済ませます。更に貧乏な私は、家から持って来た菓子パンを齧りました(笑)。
a0208783_202255100.jpg
昔からここにある、老舗玩具店「Benjamin Pollock ベンジャミン・ポロック」。目玉商品は、この店オリジナルの紙製組み立て式劇場モデル。
a0208783_20232643.jpg
知育玩具中心ですが、どちらかと言えば、子供よりも大人に嬉しいお洒落な玩具店です。
a0208783_20235119.jpg
しかし、どんどん売り場が小さくなって来ていてショック。
a0208783_2024942.jpg
今の売り場はほんの少ししかなく、ほとんどオリジナルの紙製品と、ドーヴァー社の本位しか売られていません。それでも、なくならずにずっと続けて欲しいと思います。
a0208783_20205991.jpg
コヴェント・ガーデン自体はロンドン観光の人気スポットなのに、ここのアンティーク・マーケットは、ポートベロー程は混んでおらず、結構穴場です。それでも客の半分位は、海外からの観光客ですが。
a0208783_20252486.jpg
屋内の小規模なマーケットなので、家具等の大きな品はほとんどなく、女性的な雑貨小物中心。特にアクセサリー類は品揃え豊富で集中していて、ビンテージ・ジュエリーを探すには便利な場所かも知れません。
a0208783_20254613.jpg
まずこちらの部分は、「Apple Market アップル・マーケット」。
a0208783_2026849.jpg
アンティークとは関係ない、単なる新品のお土産品だけど、それぞれの猫の毛色別に寄る性格の特色が書かれた、結構猫好きには嬉しいブリキの看板。でも「三毛猫=外出好き」とか説明してあり、内容の信憑性は余りないなあ。「赤トラ=腹芸好き」だけは合っていましたが。
a0208783_20271339.jpg
奥の「Jubilee Market ジュビリー・マーケット」は、もっとゴチャゴチャしていて、骨董市らしく見えます。
a0208783_20275071.jpg
今回、ここのアンティーク・マーケットで気付いたことは、アール・デコ時代のフィリグリーのビンテージ・ジュエリーが、かなり豊富に揃っていると言う事です。自分が一層注目するようになったせいもあるのでしょうが、逆に、ここで以前多く見掛けた、60年代ののエナメル花ブローチや、50年代のルーサイトのインタリオは、少なくなったような気がします。そして、ベイクライトのビンテージ・ジュエリーは、概ね大変高価だと言う事。
a0208783_20325394.jpg
写真撮影を禁止しているストールは多く、多分接写したり、商品を手に取ってスナップ撮影したりする観光客が多い為と思われます。かなり遠巻きに、他の客の邪魔にならない程度で撮影しています。
a0208783_20315274.jpg
ビンテージ布専門店。イギリスの古い布製品は、全体的に白い物が多いと思います。
a0208783_20311169.jpg
ウラン・ガラスもちらほら有り。
a0208783_20283588.jpg
このジュエリー専門のストールには、「一つどれでも5ポンド」や、「一つどれでも1ポンド」のジュエリーを販売するコーナーがあります。「一つ1ポンド」では、現代の物も壊れたアクセサリーも玉石混合。ネックレスが相当ぐちゃぐちゃにこんがらがったままなので、どのお客もしつこく粘って発掘する為、中々入り込む隙がありません。頑張って、中々良さな物を見付け出す日本人観光客の親子も見掛けました。
a0208783_20291350.jpg
他にも、ビンテージ・ジュエリーどれでも一つ5ポンド均一のストール、一つどれでも10ポンドのストールなんかがあります。根気良く探せば、結構お買い得な品も見付けられます。
a0208783_20302630.jpg
パスポートは、まず申請して、一週間後に受け取りに来なくてはならないので(イギリスの郵送なんて信用出来なくて紛失が怖い)、再び月曜日にロンドンにやって来ました。で、再びコヴェント・ガーデンに行きました。日本大使館の最寄地下鉄駅から、ピカデリー線で一本なのです。
a0208783_20294671.jpg
この日の朝は相当冷え込んだせいか、前回より出店が少なめでした。
a0208783_20432179.jpg
何だかんだ言っても、今でも結構楽しめるアンティーク・マーケットでした。全部回るのにも、1、2時間あれば十分。スーパー・オフ・ピーク・チケットは、4時15分まで使用可能ですが、鉄道会社「サザンレイル」の運行が今だ不安定で、直前の列車が予定通り発車されるとは限らない為、かなり早めにロンドンを去ることにしました。案の定、その日も数本の列車が突如キャンセルされていたので、正しい判断でした。嗚呼、本当にロンドンは(って言うかイギリスそのものが)、色々面倒臭い場所だ…。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-23 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ジェードのウラン・ガラスの手描きの一輪挿し

a0208783_1503771.jpg
ノーリッジで最後に訪れた「セイント・グレゴリーズ・アンティークス&コレクタブルズ」で、最後の最後に見付けて、P太が気に入って買ったウラン・ガラスです。典型的なヴィクトリア時代のジェード(乳白緑)色のウラン・ガラスで、花模様がエナメルで少し盛り上がって手彩色されています。
a0208783_1523755.jpg
実を言うと、私は余り乗り気ではありませんでした。余程凝ったデザインじゃない限り、一個10ポンド以上のウラン・ガラスは一応買わない約束にしていたのに、これは15ポンドだったと言うのもあります。ヴィクトリア時代の吹きガラスとしては十分安い上、結局1割引きで13.5ポンドにして貰えたのですが。
a0208783_1515042.jpg
絵付けそのものも決して下手ではないし、輪状の出っ張りを超えても茎が真っ直ぐ伸びている構図など中々お洒落なのですが、多分「絵付けの色彩がジェード色に致命的に似合わない」と言うのが、気に入らなかった最大の原因かと思います。茶色に近い渋いオレンジ色の花で、何だか全体的に秋色ですよね…。
a0208783_5274271.jpg
うーむ。仏壇に置いても違和感なさそう。「場所を取らない」と言う、私達のもう一つのウラン・ガラス・コレクションの決まりはクリアしています。首が極端に細くなったタイプの花瓶で、日本で言うといわゆる一輪挿しです。英語では、「bud vase 蕾み差し」と言うそうです。一輪差しは、どんな花を少量だけ生けても大抵簡単に絵になるので、庭の花の未だ乏しいこの季節には特に重宝します。
a0208783_6482972.jpg
ただし、ヴィクトリア時代のジェード・カラーのウラン・ガラスとしては、放射線量がかなり少な目で、P太にとっては残念でした。
a0208783_1533066.jpg
ところで、この花瓶を買う際、モールのオーナーが、「これはウラン・ガラスではありません。何故ならウラン・ガラスが開発される以前の時代に製造されたからです」と断言していました。が、きっぱりウラン・ガラスです、これ。P太が反論して、その場で放射線量を測定して見せることも出来たのですが、何だかそのオーナーが宗教めいて頑なそうで…、喧嘩を売るだけになりそうなので、珍しくP太は黙っていました。それだけウラン入りを嫌がる客が多いから、店側としては何としてでもウラン含有を否定したいってことなんでしょうか??
 





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-22 15:27 | インテリア・デコレーション | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(121)
(111)
(107)
(99)
(92)
(81)
(72)
(68)
(58)
(56)
(56)
(55)
(54)
(52)
(52)
(46)
(46)
(41)
(40)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

桜吹雪の鶴ヶ城
at 2017-07-26 15:32
会津木綿のトート・バッグ
at 2017-07-25 15:28
会津若松の素敵なお店
at 2017-07-24 15:23
ウラン・ガラスの金彩入りワイ..
at 2017-07-23 15:21
会津のキャラクター達
at 2017-07-22 15:33

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45
>にいくさん、こちらこそ..
by piyoyonyon at 00:31
>加代子さん、ありがとう..
by piyoyonyon at 00:19
>まこさん、こんにちは、..
by piyoyonyon at 00:12
ヴィンテージやアンティー..
by 千鳥 at 21:44

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。