<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ルイスでアンティーク・モール巡り インテリア編 

a0208783_2125453.jpg
日本の骨董市で、品物を部屋の一角のようにお洒落にディスプレイしている出店が多いように、イギリスのアンティーク・モールでも、ストールまるごと、まるで人が住んで生活している部屋のように見立てて、ディスプレイしているのを良く見掛けます。古物の使い方やインテリアへの合わせ方の参考になるし、何より一つ一つは然程印象に残らない商品でも、全体的には俄然魅力が増して見えるのだから不思議です。特にイギリスのアンティーク・モールは、元は普通の民家の建物だった場合が多く、かつての一部屋が一つのストールだったりするので、そのリアリティの効果は大です。今回は、そんなアンティーク・モールの魅力的なディスプレイと共に、古いインテリア・グッズを交えて御紹介します。
a0208783_2127350.jpg
部屋のようにディスプレイしている例は、50's~60'sスタイルのダイニング・ルームが多いと思います。それ以前の時代の家具の場合、多分大げさ&大き過ぎるのが、ディスプレイしにくい理由の一つではないかと思います。または、単に私が余り関心がないせいで、注目していないだけかも(笑)
a0208783_21423859.jpg
多分この時代、核家族化が一般的になってきたので、家具が小型化&簡素化されたのかも知れません。こんな天板がメラミン張りの(安っちい)ダイニング・テーブル、子供の頃実家にも未だありました…。
a0208783_2144044.jpg
いかにも50年代らしい、ミントグリーン+可愛い花柄のキャニスター・セット。
a0208783_21571429.jpg
今回ルイスのアンティーク・モール巡りで、ホーンジー社の「ヘアルーム」や「ブロンテ」「サフラン」のテーブルウェアを多く見掛けました。確かに使い易い優秀なデザインの食器ですが、フリマやチャリティショップでも、未だ比較的出会える機会はあります。
a0208783_21412313.jpg
唯一、ダイニングじゃないタイプの部屋。「眠り姫」を思い出させる、大きな糸紡ぎ車が印象的。
a0208783_2130249.jpg
イギリスのお得意、毛糸のニードル・ポイントを張ったフット・ストゥール(オットマン)。60年代風です。
a0208783_213336.jpg
美しいホーロー引き+エナメル彩色の、小ぶりのペアのフォト・フレーム。多分ヴィクトリア時代の物で、当時の写真が入ったまま。
a0208783_21352535.jpg
やはりイギリスらしい手芸の代表、ヘキサゴン・パッチワーク。
a0208783_21372770.jpg
これは、別に部屋っぽくディスプレイしてある訳ではありません。クラリス・クリフとか、アール・デコ時代の陶器を中心に集めてあります。
a0208783_21384142.jpg
実は、敷物にされているパッチワークに惹かれました。かなりの大作。
a0208783_21395516.jpg
このカーテン生地は、前にも撮影した覚えがあるような。偶然同じ商品が入って来たのか、単に未だ売れ残っているだけなのか?
a0208783_21463441.jpg
古いソーイング・ボックスを、リメイク&リペントしたようです。中々センス良い仕上がり。それにしても、最早家具と呼ぶべき大きなソーイング・ボックスです。
a0208783_21552536.jpg
このかなり好みのクッション・カバーの布は、50年代風のリプロのようです。
a0208783_21544854.jpg
何の変哲のない器達も、窓辺に集めて並べれば、この通りのディスプレイ。
a0208783_2154063.jpg
もっとも、イギリスでは窓自体の造りが絵になる、と言われれば、元も子もありません。
a0208783_21563362.jpg
窓から見える風景自体が、日本とは全く違いますし。この窓なんて、古城が見えるのですから。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-31 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ビンテージの幼児服 3種

フリーマーケットで、1970~80年代の古い乳児~幼児服が、沢山詰まったダンボール箱がありました。一着50ペンスと書いてありました。ニット服がほとんどでしたが、中には可愛いプリント生地の服もありました。ドール服を作るのに使えそうだと思い、三枚選んで買いました。しかし、布地だけでなく、子供服として十分可愛いので、切り刻む前にお見せしたいと思います。
a0208783_6444773.jpg
まず、赤地にストライプと花柄の、胸ヨークの切り替えが可愛い長袖のワンピース。白いコットンのレース襟が、時代を物語っています。後ろはボタン留め。「Mothercare」と言う、今でもメジャーなマタニティ&子供服チェーン店の商品で、イギリス製なのが、また時代の古さを感じさせます。
a0208783_6332232.jpg
化繊混の、少し起毛した暖かみのある綾織りの、ちょっとフォークロアなプリント生地です。甘めの赤い地に青い小花柄は、非常に好み。一目見て、人形用の民族衣装を作るのに、ピッタリな生地だと思いました。
a0208783_6335520.jpg
お次は、ウォール・ストライプのコットン生地のノースリーブ・ワンピース。スカートには二つのポッケ、端は同色のバイアス・テープでトリミングされています。被り込み式で、背後に一つだけボタンがあります(つまり結構背中が開く)。手作りらしく、タグは見当たらなく、裾は手縫いです。
a0208783_6343627.jpg
こちらのほうが、現物に近い色味です↑。ちょっと幼児には渋過ぎるようなピンク色の、壁紙のようなストライプ+古風な花柄です。人形用には、クラシックな少女服が作れそう。
a0208783_6454367.jpg
最後の、少し朱掛かった赤のワンピースは、ウォール・ストライプ柄と同じ作者に寄るもののようで、全く同じパターンで出来ています。やはり同じ場所にポケットがあり、端はバイアスでトリミングされています。こんな何の変哲もないシンプルなデザインが、子供には一番素直に可愛いように思います。
a0208783_6353942.jpg
特にビンテージらしくもない、中途半端に古臭いプリント・コットン生地ですが、良く見ると、波線のボーダーの中に、猫村さんのような猫がソンブレロを被っているイラストが描かれていて、何とも言えない緩さに、どうにも逆らい難くなりました。周囲には、パイナップルやサボテンも描かれています。どうして猫でメキシカンを表現したかったのか、この布のデザイナーに突っ込みたくなりますね。これのみは、1/6サイズのファッション・ドール用の服としては、ちょっと柄が大きいので、何か別な物に改造するかも。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-30 15:30 | ファッション・コスメ | Comments(0)

ホフロマ塗りのジャム・ポット

a0208783_19203944.jpg
フリーマーケットで買った、ロシアを代表する民芸品、ホフロマ塗りの蓋付きの器です。ホフロマ塗りの中古品は、フリマで割としょっちゅう見掛けますが、こんなベリー柄が一番魅力的に見えます。黒地に朱赤と金が特徴のトールペイントが、東西文化の交流地点であるロシアらしさを良く表していると思います。
a0208783_19214869.jpg
ホフロマ塗りは、木製品と言えど強固に塗装・コーティングしてある為に耐水性で、実用の食器として使用が可能と言われているので、これもジャム入れではないかと思っています。確かにベリー柄のこの器に、ベリー・ジャムを入れたら美味しそう。
a0208783_19224750.jpg
ただし問題がありまして、蓋のサイズが合わない、または座りが悪いどころか、全く器の上に納まりません。ちょっと動かしただけで、するっと外れて落ちてしまう安定の悪さ。造り自体が、蓋を乗せる構造になっていないようです。実際ジャムを入れるのは、無理っぽそうです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-29 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

キラキラ・ラインストーンの花のブローチ

a0208783_17343082.jpg
…タイトルにすべき特徴が見付からないのですが、1940~50年代の古い物のはずなのに、とにかく今だラインストーンの輝きが抜群に美しいブローチです。
a0208783_1735072.jpg
曲げてブーケ状に束ねたワイヤーの上に、一部は花の形になったラインストーンを鏤めた、この時代には良く見られる在り来たりなデザインで、特に珍しい部分は何処にもありません。しかも、ラインストーンは無色透明のみの単純さ。なのに、半世紀以上経った今でも、ハッとする程の美しさを放ちます。
a0208783_17352778.jpg
花を模ったアクセサリーって、やはり永遠の可愛さがあります。それでいて、単なるコスチューム・ジュエリーながら、フォーマルに使用しても十分な位の気品と華やかさもあります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-28 15:21 | アクセサリー | Comments(0)

ウェールズ織りのがま口バッグ

a0208783_1341490.jpg
素材は100%の羊毛なので、ちょっとこれからの季節には暑苦しくて不向きですが、友達へのプレゼントとして買った、ウェールズの伝統工芸ウェールズ織り(Walsh tapestry)のビンテージ・バッグです。とても綺麗な状態で、最初は未使用かと思いましたが、中に1ペンス硬貨が残ったままでした。ウェールズ織りで、こんなパーティー・バッグのように小さいがま口型は、初めて目にしました。
a0208783_1345312.jpg
ただし、パーティー・バッグにしては、持ち手が妙な長さなのです。言わば、肩に掛けられる長さ。
a0208783_1353324.jpg
地色は少し緑掛かった芥子色で、黒が利いています。いかにも60年代に流行したジオメトリックな柄で、今まで見た来たビンテージのウェールズ織りの中でも、特にモッズの時代らしさが溢れるデザインです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-27 15:32 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

ジェニー人形のコロッボックル風の衣装

a0208783_7284763.jpg
この服は、もうビンテージと呼べる程、随分昔に作りました。今は廃刊されたジェニー人形の専門雑誌の、誌上ファッション・コンテスト「カジュアル部門」で、何と第二位の優秀賞を頂いた物です。賞を受けるなんて高校生以来だったので、そりゃ勿論飛び上がる程の嬉しさでした。それどころか、ドールの服作りの超ビギナーだったから、予選を通っただけでも凄いと思ってたので、当然受賞なんて思いも寄らず非常に驚きました。
a0208783_7293518.jpg
周りの受賞者の方々の作品は、皆大変高レベルで個性や工夫が溢れていたのに対し、これは、今見ても地味な上、何一つ技術的に優れたところはありません。何故受賞したのか、本当に自分でも不思議です。生地なんて、学校教材(小学校の家庭科)の残りを利用しただけのような(笑)。
a0208783_7301219.jpg
因みに賞品は、当時発売中のジェニー人形五体がダンボール箱に詰まってやって来ました。今回のモデルは、「ヒロミチ・ナカノ」ジェニー。受賞時は、ジェニーの友達の「リエ」と言う人形に着せていました。
a0208783_730595.jpg
作品説明の際、一応コロボックル風と名付けてみましたが、ピクシー風とでも、妖精、小人風とか何とでも言えます。まあ、こんな風に人形が草花に紛れた風景を、思い描いて作ったのかも知れません。
a0208783_7313490.jpg
でも、人形の屋外撮影はドキドキ物です。何と言っても、長時間陽に当てると、ボディのビニールが変色してしまうので、すばやく済ませなければなりません。人形も人間も、紫外線は大敵なのです。
a0208783_7321426.jpg
ううっ、ケモノ接近! とらじが居なくても、結局撮影は邪魔されるんだ…と分かりました。
a0208783_7324973.jpg
しかし今のカメラだと、強い日差しの下では、返ってコントラストが強過ぎるので、曇天の日で十分かな。
a0208783_733255.jpg
唯一、靴だけは気に入っています。スエードを縫い、ベルトの端を切った厚めの合皮を靴底に貼っています。
a0208783_7334895.jpg
今見てもしみじみ思う、またつくづく呆れるのは、当時から好みが全く変わっていないこと、そして技術も全く進歩していないことです! ただし、その頃は一応ミシンを使っていたので、手縫いオンリーの今は、進化どころか返って退化したかも(笑)。ともあれ、コンテストに参加出来たのは、今でも大変良い思い出です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-26 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ルイスでアンティーク・モール巡り ファッション編

a0208783_6345373.jpg
今回のルイスのアンティーク・モール巡りで、自分でも「うえ~、いつまで写真を撮り続けるんだ…」と呆れたのが、ビンテージ・ドレスの数々。一々引っ張り出して写真を撮って、もし他の客に気付かれたら、相当怪しい行動だと思います(笑)。いえ、それ以前に、普通はやる勇気がないと思いますけど。でも、いつかは誰かに買われ、または着古されて処分されるかも知れない運命の古着です。こうして少しでもまとめて記録して置くのは、自分の資料として悪くないんじゃないかと思いました。
a0208783_6391959.jpg
自分で着たいというよりは、ビンテージ・シンディ人形に着せたいような服がいっぱい。まずは、いかにもスウィンギングのイギリスらしいオレンジの花柄。
a0208783_72124.jpg
ミントグリーン+茶系に、蛍光ピンクのアネモネのような花柄。柄は派手でも、形的には、こんな風に極めてシンプルと言うのが流行だったようです。
a0208783_74260.jpg
これぞサイケデリック!な、極彩色ペイズリー柄。麻薬の幻覚みたい(笑)。襟にフリル付きです。
a0208783_78596.jpg
肩紐の処理が割とお洒落で、これは自分でもちょっと着たくなります(本気か?)。
a0208783_6541371.jpg
糸瓜襟付きの開きが大きく、結構女っぽいデザイン。柄は、黄土地にスカイ・ブルーと白とクリームの花柄。
a0208783_6563291.jpg
これは…ビンテージなんだろうか? 形的には、せくし~で自分には絶対無理なスリップ・ドレスなんですけど、赤と青と黒のポップな花柄の生地は中々好みです。
a0208783_657480.jpg
フォルムは至って大人し目ながら、しっかり柄がファンキー。そして丈がかなりミニ。今は色褪せていますが、当時はさぞかし鮮やかだったことと思います。
a0208783_71485.jpg
60年代の抽象画のようなパターン。着ると意外とお洒落なはずです。
a0208783_7102737.jpg
単なるストライプですが、こちらも着ると意外にお洒落だと思います。
a0208783_6584353.jpg
素材的にすっかり色褪せて落ち着いて見える服が多い中、これは鮮やかなまま。柄は相変わらずフラワー・パワー全開で、かなりのインパクトです。
a0208783_6503814.jpg
てろてろの化繊生地のブラウス。柄自体は悪くないのですが、結構ダサさと背中合わせ。
a0208783_771473.jpg
迫力マキシ丈。ころんとしたサボとか合わせたのかなー。身頃のみ単色無地にしているところがミソです。
a0208783_781972.jpg
こちらも似たデザイン。驚く程大胆なチェックも、無地の身頃が落ち着かせています。襟やポケットのパイピングも丸。多分、ロー・ティーンネイジャー向けです。
a0208783_6403571.jpg
50年代っぽい、爽やかな印象の開襟のノースリーブのワンピース。
a0208783_7113849.jpg
スウィンギングの時代に比べると、品の良さが際立つ1940年代のドレス。渋い色でも十分優雅です。
a0208783_655248.jpg
やたら写真が多いのは、何故かわざわざ子供服も撮影しているからです。胸でヨーク切り替えの服は、小さな子供にはやっぱり可愛い。芥子色の地に白いノバラ(?)柄の生地も素敵です。
a0208783_76054.jpg
大きなパフスリーブは、昔の子供服の定番。柄は、紫+青系の、マリー・クワントのような花柄。
a0208783_6354019.jpg
ちょっと下着みたいな生地だけど、白地にピンクの花柄、水色のリボンのアクセントが愛らしい子供服。多分1950年代以前。
a0208783_6361478.jpg
ピンクのピンドット+沢山のピンクのフリル+パフスリーブで、いかにも女の子が喜びそう。
a0208783_6595130.jpg
茶系に菱餅色の微妙な組み合わせのチェックが中々素敵な、ロー・ウェストのワンピース。
a0208783_6472150.jpg
ファッションとは言い難いのですが…、貴重になって来ている赤ちゃんの洗礼服です。洗礼を受ける子供自体が、極端に少なくなっているので、近い将来絶滅するアイテムかも知れません。
a0208783_6452549.jpg
パキッと鮮やかな色合いの、中々好みのビンテージ・ハーフ・エプロン。値段は2ポンドと、チャリティショップ並みの安さでしたが、シミが多かったので買うのを見送り。
a0208783_6495048.jpg
ちょっと変わった可愛いデザインの、小ぶりのスカーフ。ピンク地に白い窓が沢山開き。線画の不思議な文様が描かれています。
a0208783_6525480.jpg
最後に、何と日本の着物のズラリと並ぶコーナーがありました。ガイジン土産の化繊のなんちゃって着物ではなく、銘仙とかの本物の(日本人がかつて着た)ビンテージ着物です。色合いも柄も全体的に渋めだから、誰が買うのかは謎。やはり欧米では、ハデハデな振袖とかが受けると思うので。



  

[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-25 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ウラン・ガラスの蝶のキャンドル・スタンド

P太への誕生日のプレゼントを買いに街へ行ったついでに、チャリティショップを覗いたら、これが売られていました。2日前に訪れた時には確かになかったのに、新たに入荷したようです。例え駄目元でも、やはりチャリティショップのチェックは、出来るだけコマメにするのに越したことはないようです。
a0208783_4301926.jpg
以前シュルーズブリで買った蝶柄のボウルと、同じシリーズです。色味は大体同様に黄色味の強い緑色ですが、こちらはフロストではありません。因みに、同じシリーズの蝶柄の色違い(薄い水色)のトレイが、同じ頃に地元の他のチャリティショップで売られていました。このシリーズ、当時本当に人気があったようで、あちこちで多く見掛けます。色のバリエーションも、結構豊富に存在したようです。
a0208783_4304983.jpg
リアルな蝶のモチーフなんてイヤ、と思っていましたが、色がない分そんなにリアルには見えないし、ガラス製品としては精巧で大変美しいと思います。
a0208783_4311728.jpg
用途は、最初はボンボン・ボウルだろうかと思っていましたが、…実はまたしても天地が逆で、キャンドル・スタンドでした。お店でも、最初の写真の状態で陳列してあったので、こっちが上だと気付く人は少ないようです。そのチャリティ屋では、全く同じ物が二つ売られていましたが、販売はペアではなかった為、一つだけ買って来ました。またしても、コスメ・セットに付属していたのだと思います。
a0208783_43154100.jpg
ボウルだと思っていた台の部分には、花のレリーフが。水仙だろうかと思いましたが、花芯が違うようです。
a0208783_4321917.jpg
結局、P太へのプレゼントに混ぜ込みました。まあ楽しむのは二人一緒なんですけど、プレゼントを開けた時に入っていたほうが、嬉しいかなーと思って。
a0208783_7522960.jpg
美しいガラス器なのは確かで、自然光でも蛍光色に強く輝き、紫外線光でも濃く発光します。ただし放射線量は、何故かフロストのボウル同様に弱めでした。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-24 15:27 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

春のリース・ヒル 2

a0208783_731880.jpg
イギリス南東部の最高峰「Leith Hill リース・ヒル」の頂上、そして其処に立つ「Leith Hill Tower リース・ヒル・タワー」に登った後は、麓のお屋敷「Leith Hill Place リース・ヒル・プレイス」の駐車場に戻り、脇のピクニック・テーブルでお昼御飯のお弁当を食べます。
a0208783_73496.jpg
今日の弁当、またしても海苔弁(爆)。それに、残り物の高野豆腐と大根の煮物付き。このフィッシュフィンガーが気に入ったのと、おにぎりより用意するのが簡単なことに気付きました(笑)。
a0208783_7425344.jpg
そして、一応この日一番の目的である、ブルーベルの花見に出掛けます。途中、道路脇で土筆を発見。その周囲に生えているのは蕗? どちらも私の田舎では在り来たりの山菜ですが、イギリスじゃ余り見掛けたことがありません。
a0208783_741997.jpg
森の中へ続く遊歩道らしき物があり、奥にブルーベルの群生が見えたので、入って見る事に。
a0208783_772980.jpg
未だ咲き始めですが、場所に寄ってはかなり密集しています。
a0208783_734972.jpg
恐らく、次の週位が一番の見頃だったことと思います。
a0208783_7351440.jpg
本当に、森の奥の奥まで、果てしなくブルーベルがびっしり広がっています。満開時には、本当に青いカーペット状態になります。
a0208783_7364997.jpg
ブルーベルの合間に、黄緑色が眩しい羊歯が芽吹いていて、また美しい。
a0208783_7371416.jpg
そして、森そのものが美しいのです。
a0208783_7331923.jpg
最後に気付きましたが、良いブルーベル・スポットを探している内に、どうやら公共遊歩道ではなく、誰かの私有地に入っちゃったみたいです(汗)。実は、朽ち果てて蔦に埋もれたレンガの塀に囲まれていました。
a0208783_737463.jpg
再び駐車場に戻り、最後にお屋敷「リース・ヒル・プレイス」を目指します。「石楠花の森」を通り、こんな緩やかな斜面をしばし降りて行きます。
a0208783_7384550.jpg
お屋敷としては地味ですが、陶器メーカーのウェッジウッド家、生物学者チャールズ・ダーウィン、そして国民的作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムスに縁の深い、興味深い館なのです。内部は前回見学したので、軽く流しました。余程予算が少ないのか、相変わらずインテリアは、簡素どころか貧乏臭い…。
a0208783_80533.jpg
しかし、前回訪れた、寒々しい季節の惨めったらしい天気の日とは、印象が全く違います。
a0208783_739108.jpg
お屋敷の南側は、本来は見晴らし抜群のテラスになっています。しかしこの日は、やはり一日中ひどく霞んでいました。
a0208783_7395299.jpg
実は、今回この屋敷に寄った理由は、ティールームのクリーム・ティが目当て。ボランティアの方々が切り盛りする、寄付金制のティールームなのです。食器も多分ボランティアが不用品を持ち寄った物だから、柄が皆バラバラ。でも何だか、こんな風景を眺めながら、こんな食器でクリーム・ティなんて、まるで多くの日本人が思い描くイギリスですね(笑)。クリームはクロテッドではなくホイップ・クリームでしたが問題なく、スコーンは外側がさっくり&中がふんわりで大変美味でした。
a0208783_7401883.jpg
一日中たっぷり歩いたけど、アイスクリームの上にクリーム・ティーまで食べて、消費したカロリーは帳消しになってしまいました(笑)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-23 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(8)

春のリース・ヒル 1

a0208783_6542163.jpg
日本に一時帰国するので、今年のイギリスのブルーベルの季節は逃しちゃうな…と残念に思っていた所、日本に帰る直前、近所でブルーベルが咲き出しているのに気付きました。折りしもピーカンの週末があり、荷造りもそっちのけで、ブルーベルの名所の一つでイギリス南東部の最高峰(と言っても海抜300m程度)「Leith Hill リース・ヒル」に出掛けました。
a0208783_641918.jpg
向かう途中うっかり間違えて、いつも通るコースじゃない道路を通ってしまいましたが、今回ばかりはこの間違いが大正解。こんな素晴らしい菜の花畑の中を、走って行く道なのですから。
a0208783_6413272.jpg
丁度車を止められるスペースがあったので、しばし撮影しました。
a0208783_6415367.jpg
「月は東に日は西に」って程広くはないものの、菜の花畑の中にイギリスらしい農家がある、こんな風景、まるで絵本みたいでしょ?
a0208783_6532882.jpg
中央の木の陰に見えるのは、お屋敷のようです。イギリスの田舎のあちこちには、特に見晴らしの良い高台には、マナー・ハウスや城館等のお屋敷があります。
a0208783_6421620.jpg
丘の上のやや右寄りに見える建物が、我々が登る予定のリース・ヒルの頂上に立つ「Leith Hill Tower リース・ヒル・タワー」。
a0208783_6425578.jpg
ナショナルトラスト管理のお屋敷「Leith Hill Place リース・ヒル・プレイス」の駐車場に車を止め、頂上を目指します。お弁当は持参しましたが、未だ午前中なので、頂上から戻って来て食べる予定。このリース・ヒルは、ロンドンからも割と近い為、ピクニック、トレッキング、犬の散歩、サイクリング、バイクのツーリングに大人気。上り口周辺に設けられた幾つかの駐車場は、週末のお昼過ぎには大抵満杯になり、一度は断念したこともあります。この石垣のある登山道コースを登るのは初めて。こんな日本のような石垣は、イギリスでは結構珍しいかも知れません。この部分は結構急で、P太は息が切れていました。
a0208783_6442411.jpg
しかし急だったのはその最初だけで、この西側の登山道は、お年寄りやベビーカーでも歩行可能な程ゆるやかな坂道が続きます。
a0208783_6444678.jpg
途中、桜が美しく咲いていました。
a0208783_645185.jpg
これは、実は「bill berry」と言うブルーベリーの一種。フィンランドでは「mustikka」と呼ばれ、義母の好物です。このリース・ヒルの一帯に沢山自生していますが、生粋のイギリス人(いわゆるアングロ・サクソン人)は概ね野生の食物に興味がなく、この植物に食用の実がなることに気付いたのは、私達の前を歩いていたインド人の女性でした。しかし、この植物が大繁殖していると言うことは、ここの土壌が酸性なのを意味しています。
a0208783_6454019.jpg
頂上に到着。ここに登るのは、4、5年ぶりかも知れません。周囲の木が随分伐採されて、見晴らしが一層良くなったようです。
a0208783_646575.jpg
ただしこの日は、非常に霞んで視界が良くありませんでした。中央に見えるのが、リース・ヒル・プレイスのお屋敷。
a0208783_6462347.jpg
そしてこれが「リース・ヒル・タワー」。ラプンツェルの話で出て来そうな中世の塔に見えますが、実は意外と新しくて、18世紀の末に地元の貴族が酔狂で中世風に建てた物です。
a0208783_6464747.jpg
ここで、P太がまさかの燃料切れ!(…情けないなあ)。弁当は車の中に置いて来て、水しか持って来なかったので、塔の売店でアイスクリームを買いました。近くのLeighと言う村の農場製のアイスです。P太が蜂蜜生姜味、私はラズベリー味を選びました。甘さが極力控えめで、合成的な風味が皆無で、クリーミィなのにジェラートのようにあっさり軽く、抜群な美味しさでした。
a0208783_6471596.jpg
燃料補給した後は、塔を登ります。途中、螺旋階段が真っ暗でちょっとビビリました。
a0208783_648394.jpg
部屋の一部も展示室として公開されていますが、一階に付き面積が6畳程度なのです。本当に、塔の上から眺望を楽しむ為だけの建物。
a0208783_649038.jpg
こちらは北のロンドン方面。視界の良い日には、ロンドンの「小キュウリの漬物」や「チーズ下ろし」等の高層ビルまで見えるはずです。
a0208783_649292.jpg
東側には、先程通って来た菜の花畑は見下ろせます。南東方面には、本当は国立公園のサウス・ダウンズ丘陵地帯も見えるはずなのですが、こんなに晴れているのに、この日は本当に視界が悪くて残念でした。
a0208783_651352.jpg
とは言え、快晴の日のピクニックは、やはり気分が良いと上機嫌で丘を下りました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-22 15:38 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(153)
(136)
(118)
(113)
(109)
(100)
(89)
(74)
(71)
(70)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(56)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージの長いレース襟
at 2017-10-24 15:32
田無「けんぞう」で大満足ディナー
at 2017-10-23 15:35
グリーン系三連ネックレス
at 2017-10-22 15:33
国立の「甘味ゆい」の職人技カキ氷
at 2017-10-21 17:26
ノスタルジック・ブルー・デイジー
at 2017-10-20 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。