日本で出会ったルーサイトのインタリオのブローチ

イギリスであれば、大抵の街にチャリティショップがあり、何処を訪れても覗いて見ますが、日本ではそういう店が一般的ではありません。しかし日本にも、リサイクル・ショップやセカンドハンド・ショップならあります。東京の姉の家から駅へ行く途中にも何軒かあり、滞在中は度々覗いていました。一重にリサイクル屋と言っても、普通の中古屋、ほとんどお洒落なビンテージ屋、ブランド中心、エコ目的の店等があります。共通して言えることは、やはり古物との出会いは一期一会なので、こういう店でお宝を獲得するのには、出来るだけしょっちゅうチェックするのに越したことはないと言う事です。
a0208783_16581189.jpg
これは、そんな姉の家の近所のリサイクル・ショップで、一個300円位で売られていた中古アクセサリーが詰まった箱の中から見付けたもの。他に売られていたのは、ほとんど中途半端に古いアクセサリーでしたが、その中でこれのみは目に留まりました。ルーサイトらしき透明な厚めの樹脂の、裏から手彫りした後彩色して、立体的な花のモチーフを閉じ込めたように表現している、つまりインタリオの技術なんです。こんなブローチが、日本にも存在したとは。ただし実際には、アメリカとかからの輸入品かも知れません。
a0208783_16583611.jpg
裏を見ると、ピンの形態から、結構年代物であることが分かります。裏が白い樹脂で塞がっているので確認出来ませんが、多分裏彫り彩色だと思います。
a0208783_1659148.jpg
しかし、イギリスで見掛けるルーサイトのインタリオに比べると、明らかに彫り方が無骨で大味です。何の花か分からないモチーフも、何だか地味。とろんとした楕円のカボション自体は、優しい雰囲気で好きです。形的にもデザイン的にも、ブローチより帯留めのほうが似合うかも知れません。

 
.
[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-13 15:37 | アクセサリー | Comments(0)

アンティークのハートの刺繍の絵葉書

a0208783_6123451.jpg
うちからはちょっと遠い、ほとんどアンティーク・マーケットのようなフリマの、今年最後に訪れた日に買いました。「今年最後」と言うのは、今年はその日で開催終了と言う訳ではなく、次の週から近くの別なフリマが始まるので、わざわざ遠い其処へはもう行く必要がないからです。しかし、そのフリマで買わないと、アンティーク・マーケットやモールの絵葉書専門ストールでもない限り、中々出会えないアイテムなのです。ほぼ百年前の第一次世界大戦中の兵士用に制作された、大好きな刺繍のアンティーク絵葉書です。ラッキーなことに、久々に気に入った絵柄に出会えたので、友達用に購入しました。
a0208783_6131232.jpg
これらの第一次世界大戦時の刺繍葉書は、極薄の絹地に刺繍してある為、コレクターの間では「シルク・ポスト・カード」と呼ばれています。台紙にはシミが目立ち、刺繍地は多少破けていて、コンディションは余り良くありませんが、ちょっと目を引く蛍光っぽいパステル・カラーの刺繍糸の、愛らしいハート・モチーフなのが気に入りました。
a0208783_613428.jpg
売り手の話だと、こんな風に台紙の額縁にエンボス模様の入っていたほうが、シルク・ポスト・カードとしては価値が高いそうです。
a0208783_614375.jpg
通信面からは、多分兵士である父親が、息子の15歳の誕生日に、戦場から送った葉書であることが分かります。この父親が、その後無事に家族の元へ帰ることが出来たことを祈るばかりです。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-12 15:34 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

タンジェリン色のガラス・ビーズのロング・ネックレス

a0208783_6205030.jpg
日本に帰国する直前に行ったイギリスのフリマで出会い、おっ、これは姉へのお土産に良さそうと思って買った、古いネックレスです。
a0208783_6212746.jpg
単色の、しかも同じ形&大きさのガラス・ビーズを連ねているだけなのですが、このビーズの色が、ちょっと変わっていると思いました。いわゆる「タンジェリン」と呼ばれる、朱に近いオレンジ色です。
a0208783_6232274.jpg
一見シンプルなようでも、一つ一つのビーズに菊座が嵌めてあり、何気に重厚感があります。
a0208783_6215118.jpg
更に、実はとんでもなく長ーいネックレスでして、三重でも使用出来そうな位です。多分アール・デコ時代のチェコ製で、この時代に流行した典型的なフラッパー・スタイルのネックレスだと思います。デコ期には、こんなタンジェリン色も流行したそうです。
a0208783_6234068.jpg
・・・しかし、この色+丁度この粒の大きさが、私にはどうしてもイクラを連想させる!
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-11 15:18 | アクセサリー | Comments(0)

バラのジャングル

a0208783_03134098.jpg
約二ヶ月間の日本滞在から、イギリスに戻って来ました。今回、初めて夫P太をイギリスに残しての帰国でした。今までの帰国は秋か真冬でしたが、今回は春から初夏に掛けてとあって、本来なら庭仕事の忙しい時期でした。気掛かりだったのは、私の留守中に庭が大丈夫かと言うこと。仕事が忙しく、しかも普段はガーデニングに興味のないP太に、庭の世話を任せられるか不安でした。しかし、「美しい庭はビールを旨くさせてくれるから」と言う理由で(それがモチベーションかい。笑)、大切な植物を枯らしては一大事と、雨が少ない時は水撒きを、またバラの花がら摘み等も割と小まめにしてくれたようです。とは言え、予想はしていたものの、イギリスに帰って来てみると、裏庭はローズ・ガーデンどころか、ローズ・ジャングルになっていました!
a0208783_4423454.jpg
もしこの時期家を離れずに居たら、日に日に成長するバラやクレマティスを、引誘したり支柱で添えたりして、少しは位置を調整していたはずなのですが、…当然ながら見事に好き勝手に伸び撒くっていました。
a0208783_03175721.jpg
おまけに最近暴風雨続きだったので、枝は更に暴れ捲くり傾き、生えたばかりのシュートは折れたり…。
a0208783_4325232.jpg
しかし、バラの花がら摘みに関して言えば、例え私が日本に帰らず、ずっと世話していたとしても、手が回り切れなかったことと思います。手が届かない程高い、または奥深い場所は、もう諦めました(笑)。
a0208783_03145446.jpg
イギリスを去った頃は、いつもより気候が暖か目で、植物の成長も例年よりずっと早かったのですが、その後気温の上がらない状態が一ヶ月以上続き、このような花盛りになったのは、つい最近のことだそうです。
a0208783_03185712.jpg
黄バラ「グラハム・トーマス」には、茄子紺色のクレマティスが絡まって、中々好みの景観になりました。
a0208783_435747.jpg
苺アイスクリームのような花色だけでなく、少し銀葉掛かった葉も魅力の「セプタード・アイル」。
a0208783_03294620.jpg
「スカボロー・フェア」と共に、陽に透ける様が美しい「ザ・ラーク・アセンディング」。
a0208783_03234892.jpg
小さくシンプルな一重咲きが愛らしい「センター・ステージ」は、今年は花付きが良いようです。
a0208783_03245051.jpg
アーチに掛かるバラ「ニュー・ドーン」は、かなり成長しました。最初は地味~なバラに見えたけど、年追う毎に美しくなるような気がします。
a0208783_03254186.jpg
もう一つアーチに掛かる、ころころバラこと「ロウブリッター」。本当に愛らしくて、一季咲きなのが残念です。
a0208783_03264358.jpg
我が家の唯一のランブラー・ローズ「オープン・アーム」も、元気一杯で伸び撒くっています。そのうちP太から、ガレージの屋根の上の太陽光パネルの邪魔になるからと(ガレージの上までソーラー・パネルを置くほうが可笑しいんじゃい)、「切れ切れ」コールが掛かりそう。…ってか、パネル増えてる!
a0208783_03273660.jpg
目を引く蛍光ピンクの「ザ・ハーバリスト」は、既に花期が一段落のようです。
a0208783_03304601.jpg
クレマティスも、今年は沢山花を付けています。
a0208783_03313764.jpg
バラ「ザ・ジェネラス・ガーデナー」と共に、庭の一番奥の壁面を覆っているクレマティス「ビル・マッケンジー」。ここは日当たり最悪なのに、この二つの植物の勢力は、庭の中でも特に圧巻です。 
a0208783_03324778.jpg
美女桜も、既に咲いていました。後ろの黄緑色の葉は、咲き始めのシモツケ。
a0208783_03334033.jpg
愛猫ポコちゃんは、相変わらず草を食べることだけが、庭に出る目的のよう。
a0208783_03345217.jpg
日本から帰って来たら、いきなり自分の庭がこの花盛りの状態で、嬉しいことは嬉しいけれど、やはり自分のバラが少しずつ咲き始めるのを眺める喜びには、勝らないなあと感じました。やっぱりこの時期には、出来るだけイギリスを離れないほうが良いのかも知れません(…東京はえらく暑かったし)。
a0208783_03360183.jpg
実は今年は、前庭もバラの庭に改造する予定なのです。幾ら日本よりはバラの手入れが楽なイギリスとは言え、益々バラの世話に勤しまなくてはならず、きっとバラの奴隷になるであろう私です(笑)。




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-10 15:30 | ガーデニング・植物 | Comments(0)

リカちゃん人形のピンクのパーティー・ドレス

a0208783_425932.jpg
友達の三歳のお嬢ちゃんが、リカちゃん人形に夢中だと聞いたので、帰国する際に手作りの服でも持って行ったろーと思いました。ところが、姪に上げるリカちゃんの服作りに、あれもこれもと熱中して止められなくなってしまい、結局こちらに取り掛かったのは帰国前日。急いで作った上に、久々にツルツル滑る化繊を縫ったものだから、この世で一番位シンプルな服のはずなのに、ひどい出来になってしまいました。背中の位置なんて見事に合っていないし、身頃からおっぱい見えそうだし(汗)。
a0208783_4254138.jpg
上げるのも憚れる下手さでしたが、一応手渡しました。小さな子供でも脱ぎ着し易いよう、袖無しで背中開きは大きくしています。リカちゃん人形等多くのファッション・ドールは、対象年齢3歳以上になっていますが、実際には3歳児が遊ぶのには、未だ結構難しいと思います。もし年少さん用に人形の服を作るのなら、上下一体型のドレスやワンピースをお勧めします。ボディにぴったりではなく、ある程度ゆとりがあるサイズなのも大切です。また、とにかく袖口に人形の手が引っ掛かり易いので、袖無しか袖口大きめが鉄則です。背中は、丈の短いワンピースなら全面開きがベスト。背中の留め具は、ベロクロ・テープが一番簡単で、現在の市販品も大抵そうなっていますが、人形の髪の毛が引っ掛かり易い難点もある為、私はスナップ留めにしています。ヘッド・ドレスとして、植木用の柔らかい針金製で、極めて着け易いお花のカチューシャも用意しました。
a0208783_4261326.jpg
少子化や、単価の安い着替えよりも人形そのものを売りたいメーカーの戦略のせいで、お人形で着せ替えを楽しむ女の子の人口は、世界的に減って来ているようです。そこで、お子達の着せ替え人形好きを促進させたり、一人でも増やすのが、勝手に私の使命だと思っとります(笑)。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-09 15:22 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ビンテージの陶器のままごとティー・セット

a0208783_1629530.jpg
地元のチャリティショップで買った、外箱も残ったままの、古い陶器製のティー・セットの玩具です。まず、中身そのものよりも、いかにもレトロなパッケージの箱が気に入りました。でも、もしこれが中国製だったら、買う程ではなかったと思いますが、日本製だと言う所に惹かれました。
a0208783_16294452.jpg
つまり、結構古い事を示しています。パッケージのイラストは50年代風ですが、それよりは少し新しい60年代の製品かも知れません。パッケージの側面のデザインは、特に好き。
a0208783_16301780.jpg
ティー・セットそのものの柄は、かなり稚拙なバラがスタンプで押してあるだけで、おせじにも可愛いとは言えません。食器の一個一個の底にも、「MADE IN JAPAN」のバックスタンプが押してあります。リカちゃん人形等の1/6サイズのファッション・ドールには、ちょっと大き過ぎるスケールです。ポットの蓋はなくなってしまったのか?と思いましたが、箱に蓋の納まるスペースは見当たらないし、シュガー・ポットの蓋もないところを見ると、元から付いていないようです。
a0208783_16304669.jpg
こんな非常にキッチュなアイテムでも、箱にきっちりセットされる仕様には、しっかり日本人の几帳面さが表れています。




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-08 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

四角いマイクロ・モザイクのブローチ

a0208783_194933.jpg
このブローチを山小屋風チャリティショップで見付けた時、今まで私が持っているマイクロ・モザイクより細工がずっと細かく、これは古そう!と思いました。
a0208783_194378.jpg
一辺2cm強で、金属の枠で仕切られた中に、マイクロ・モザイクが埋め込まれています。こんな古い物でも、マイクロ・モザイクにピースの欠けが滅多に見当たらないのは、ピースの根(縦の長さ)が見た目よりずっと深いからのようです。このブローチも、小さいながら、思いの他ずっしり重みがあります。
a0208783_195110.jpg
もしかしたらヴィクトリア時代のかも?と期待しましたが、家に帰って調べたら、それよりは新しい1910~30年代頃の物のようです。ヴィクトリア時代のマイクロ・モザイクは、真の上流階級しかイタリアに旅行出来なかった時代の、また本当の金持ちしかこういう土産を買えなかった時代なので、そして当時はイタリアにも腕の良い職人が事欠かなかっただろうから、もっと死ぬ程精巧で美しく、最早芸術品です。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-07 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ビンテージのカラー・クロシェ・ドイリー 5種

フリーマーケットで、古い鉤針編みのドイリーが何枚か売られていました。その中から、色付きの物だけ5枚選んで買って来ました。スタンダードな白だけの物のほうが、本当はドイリーとして一番映えて使い易いし、撮影にも役立つのですが、カラー・クロシェのレトロな魅力には中々逆らえません。
a0208783_6461873.jpg
まずは、定番の立体的なバラの模様編み。昔、イギリスで結構流行った手芸のようで、今までも何度か見掛けました。
a0208783_647380.jpg
バラの花部分は、グラデーションの糸で編まれています。
a0208783_6473064.jpg
バラ編みのバリエーション。パステル・カラーの、少し艶のある柔らかい化繊糸で編まれています。
a0208783_6475691.jpg
バラは中央だけで、葉がハート型なのが可愛い。
a0208783_6483541.jpg
バラと共に、古いクロシェのドイリーのモチーフとして、イギリスで良く見掛けるパンジー。
a0208783_6491935.jpg
三色スミレの和名の通り、大抵花の部分は色分けされて複数の色の糸で編まれていますが、これは藤色一色の為、余りパンジーっぽく見えません。
a0208783_6494561.jpg
白と淡いピンクの、砂糖菓子のような色合いで編まれたドイリー。
a0208783_6502655.jpg
モチーフは、二色使いの花になっています。
a0208783_651108.jpg
最後の大き目のドイリーは、一瞬白一色のスタンダードなデザインに見えますが…、
a0208783_6514132.jpg
…実は良く見ると、端が白鳥モチーフになっています。赤い嘴は、リボンか何かの布を縫い付けてるようです。これだけで、ちゃんと白鳥に見えるところが結構凄い。こんなドイリー、初めて見ました。白鳥の首がかなり出っ張っているので、敷物として本当に役に立つのかどうかは謎ですけど(笑)。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-06 15:32 | ファブリック | Comments(0)

紫系エナメルのブローチ

a0208783_7224613.jpg
フリマで手に入れた、多分オーストリア製のエナメル(ホーロー)のブローチです。直径は約4cm。そんなに古い物ではないかも知れませんが、その分状態は良好の美品です。
a0208783_7231185.jpg
王冠らしき図案と、フォークロアっぽい花模様が描かれています。この手のデザインのオーストリアのホーロー製品は、子供っぽい可愛い物が多いのですが、これは色合いを渋めの紫色系で統一してある為、少しだけ大人っぽく落ち着いて見えます。ホーローならではのレトロで優しい質感も加わり、気取り無く利用頻度が高そうなブローチです。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-05 15:21 | アクセサリー | Comments(0)

スウェーデンの国際切手展のFDC

a0208783_4131017.jpg
ブラックリーのアンティーク・モールで、FDC(初日カバー)を一枚50ペンスで売るストールがありました。ここで気に入った柄のが見付かれば、安いし記念になると思いましたが、生憎イギリスの物がメインで、しかも良いと思ったFDCは、既に全て持っていました。他の国のも若干混じっていましたが、英国連邦中心で、ここにも目ぼしい物はナシ。やはり昔の東欧のFDCなんかだと、魅力的な物がずっと多いと思います。そんな中、今まで見たこともなくて、切手が割と綺麗だったので、スウェーデンのFDCを買いました。切手は全て同じ柄の色違いだし、カシェはないし、FDCとしては非常に地味なんですけど、これが一番マシだったのです。
a0208783_413514.jpg
1974年の、ストックホルムで開催された国際切手展に因んで発行された切手のようです。切手は、額面と色だけ違って4種。モチーフは、ストックホルムの街並みを表しているようです。1924の数字の意味は不明。渋く細かいエッチングのような凹版印刷は、スウェーデンの切手の十八番です。また切手は全て切手帳に収まって販売されるらしく、ミシン目が四方にないのも、スウェーデンの切手の特徴です。
a0208783_4143161.jpg
一応消印は柄入りで、馬に乗ってホルンを持った人物(昔の郵便配達人?)が描かれています。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-06-04 15:31 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。