ウラン・ガラスの蝶のキャンドル・スタンド

P太への誕生日のプレゼントを買いに街へ行ったついでに、チャリティショップを覗いたら、これが売られていました。2日前に訪れた時には確かになかったのに、新たに入荷したようです。例え駄目元でも、やはりチャリティショップのチェックは、出来るだけコマメにするのに越したことはないようです。
a0208783_4301926.jpg
以前シュルーズブリで買った蝶柄のボウルと、同じシリーズです。色味は大体同様に黄色味の強い緑色ですが、こちらはフロストではありません。因みに、同じシリーズの蝶柄の色違い(薄い水色)のトレイが、同じ頃に地元の他のチャリティショップで売られていました。このシリーズ、当時本当に人気があったようで、あちこちで多く見掛けます。色のバリエーションも、結構豊富に存在したようです。
a0208783_4304983.jpg
リアルな蝶のモチーフなんてイヤ、と思っていましたが、色がない分そんなにリアルには見えないし、ガラス製品としては精巧で大変美しいと思います。
a0208783_4311728.jpg
用途は、最初はボンボン・ボウルだろうかと思っていましたが、…実はまたしても天地が逆で、キャンドル・スタンドでした。お店でも、最初の写真の状態で陳列してあったので、こっちが上だと気付く人は少ないようです。そのチャリティ屋では、全く同じ物が二つ売られていましたが、販売はペアではなかった為、一つだけ買って来ました。またしても、コスメ・セットに付属していたのだと思います。
a0208783_43154100.jpg
ボウルだと思っていた台の部分には、花のレリーフが。水仙だろうかと思いましたが、花芯が違うようです。
a0208783_4321917.jpg
結局、P太へのプレゼントに混ぜ込みました。まあ楽しむのは二人一緒なんですけど、プレゼントを開けた時に入っていたほうが、嬉しいかなーと思って。
a0208783_7522960.jpg
美しいガラス器なのは確かで、自然光でも蛍光色に強く輝き、紫外線光でも濃く発光します。ただし放射線量は、何故かフロストのボウル同様に弱めでした。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-24 15:27 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

春のリース・ヒル 2

a0208783_731880.jpg
イギリス南東部の最高峰「Leith Hill リース・ヒル」の頂上、そして其処に立つ「Leith Hill Tower リース・ヒル・タワー」に登った後は、麓のお屋敷「Leith Hill Place リース・ヒル・プレイス」の駐車場に戻り、脇のピクニック・テーブルでお昼御飯のお弁当を食べます。
a0208783_73496.jpg
今日の弁当、またしても海苔弁(爆)。それに、残り物の高野豆腐と大根の煮物付き。このフィッシュフィンガーが気に入ったのと、おにぎりより用意するのが簡単なことに気付きました(笑)。
a0208783_7425344.jpg
そして、一応この日一番の目的である、ブルーベルの花見に出掛けます。途中、道路脇で土筆を発見。その周囲に生えているのは蕗? どちらも私の田舎では在り来たりの山菜ですが、イギリスじゃ余り見掛けたことがありません。
a0208783_741997.jpg
森の中へ続く遊歩道らしき物があり、奥にブルーベルの群生が見えたので、入って見る事に。
a0208783_772980.jpg
未だ咲き始めですが、場所に寄ってはかなり密集しています。
a0208783_734972.jpg
恐らく、次の週位が一番の見頃だったことと思います。
a0208783_7351440.jpg
本当に、森の奥の奥まで、果てしなくブルーベルがびっしり広がっています。満開時には、本当に青いカーペット状態になります。
a0208783_7364997.jpg
ブルーベルの合間に、黄緑色が眩しい羊歯が芽吹いていて、また美しい。
a0208783_7371416.jpg
そして、森そのものが美しいのです。
a0208783_7331923.jpg
最後に気付きましたが、良いブルーベル・スポットを探している内に、どうやら公共遊歩道ではなく、誰かの私有地に入っちゃったみたいです(汗)。実は、朽ち果てて蔦に埋もれたレンガの塀に囲まれていました。
a0208783_737463.jpg
再び駐車場に戻り、最後にお屋敷「リース・ヒル・プレイス」を目指します。「石楠花の森」を通り、こんな緩やかな斜面をしばし降りて行きます。
a0208783_7384550.jpg
お屋敷としては地味ですが、陶器メーカーのウェッジウッド家、生物学者チャールズ・ダーウィン、そして国民的作曲家レイフ・ヴォーン・ウィリアムスに縁の深い、興味深い館なのです。内部は前回見学したので、軽く流しました。余程予算が少ないのか、相変わらずインテリアは、簡素どころか貧乏臭い…。
a0208783_80533.jpg
しかし、前回訪れた、寒々しい季節の惨めったらしい天気の日とは、印象が全く違います。
a0208783_739108.jpg
お屋敷の南側は、本来は見晴らし抜群のテラスになっています。しかしこの日は、やはり一日中ひどく霞んでいました。
a0208783_7395299.jpg
実は、今回この屋敷に寄った理由は、ティールームのクリーム・ティが目当て。ボランティアの方々が切り盛りする、寄付金制のティールームなのです。食器も多分ボランティアが不用品を持ち寄った物だから、柄が皆バラバラ。でも何だか、こんな風景を眺めながら、こんな食器でクリーム・ティなんて、まるで多くの日本人が思い描くイギリスですね(笑)。クリームはクロテッドではなくホイップ・クリームでしたが問題なく、スコーンは外側がさっくり&中がふんわりで大変美味でした。
a0208783_7401883.jpg
一日中たっぷり歩いたけど、アイスクリームの上にクリーム・ティーまで食べて、消費したカロリーは帳消しになってしまいました(笑)。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-23 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(8)

春のリース・ヒル 1

a0208783_6542163.jpg
日本に一時帰国するので、今年のイギリスのブルーベルの季節は逃しちゃうな…と残念に思っていた所、日本に帰る直前、近所でブルーベルが咲き出しているのに気付きました。折りしもピーカンの週末があり、荷造りもそっちのけで、ブルーベルの名所の一つでイギリス南東部の最高峰(と言っても海抜300m程度)「Leith Hill リース・ヒル」に出掛けました。
a0208783_641918.jpg
向かう途中うっかり間違えて、いつも通るコースじゃない道路を通ってしまいましたが、今回ばかりはこの間違いが大正解。こんな素晴らしい菜の花畑の中を、走って行く道なのですから。
a0208783_6413272.jpg
丁度車を止められるスペースがあったので、しばし撮影しました。
a0208783_6415367.jpg
「月は東に日は西に」って程広くはないものの、菜の花畑の中にイギリスらしい農家がある、こんな風景、まるで絵本みたいでしょ?
a0208783_6532882.jpg
中央の木の陰に見えるのは、お屋敷のようです。イギリスの田舎のあちこちには、特に見晴らしの良い高台には、マナー・ハウスや城館等のお屋敷があります。
a0208783_6421620.jpg
丘の上のやや右寄りに見える建物が、我々が登る予定のリース・ヒルの頂上に立つ「Leith Hill Tower リース・ヒル・タワー」。
a0208783_6425578.jpg
ナショナルトラスト管理のお屋敷「Leith Hill Place リース・ヒル・プレイス」の駐車場に車を止め、頂上を目指します。お弁当は持参しましたが、未だ午前中なので、頂上から戻って来て食べる予定。このリース・ヒルは、ロンドンからも割と近い為、ピクニック、トレッキング、犬の散歩、サイクリング、バイクのツーリングに大人気。上り口周辺に設けられた幾つかの駐車場は、週末のお昼過ぎには大抵満杯になり、一度は断念したこともあります。この石垣のある登山道コースを登るのは初めて。こんな日本のような石垣は、イギリスでは結構珍しいかも知れません。この部分は結構急で、P太は息が切れていました。
a0208783_6442411.jpg
しかし急だったのはその最初だけで、この西側の登山道は、お年寄りやベビーカーでも歩行可能な程ゆるやかな坂道が続きます。
a0208783_6444678.jpg
途中、桜が美しく咲いていました。
a0208783_645185.jpg
これは、実は「bill berry」と言うブルーベリーの一種。フィンランドでは「mustikka」と呼ばれ、義母の好物です。このリース・ヒルの一帯に沢山自生していますが、生粋のイギリス人(いわゆるアングロ・サクソン人)は概ね野生の食物に興味がなく、この植物に食用の実がなることに気付いたのは、私達の前を歩いていたインド人の女性でした。しかし、この植物が大繁殖していると言うことは、ここの土壌が酸性なのを意味しています。
a0208783_6454019.jpg
頂上に到着。ここに登るのは、4、5年ぶりかも知れません。周囲の木が随分伐採されて、見晴らしが一層良くなったようです。
a0208783_646575.jpg
ただしこの日は、非常に霞んで視界が良くありませんでした。中央に見えるのが、リース・ヒル・プレイスのお屋敷。
a0208783_6462347.jpg
そしてこれが「リース・ヒル・タワー」。ラプンツェルの話で出て来そうな中世の塔に見えますが、実は意外と新しくて、18世紀の末に地元の貴族が酔狂で中世風に建てた物です。
a0208783_6464747.jpg
ここで、P太がまさかの燃料切れ!(…情けないなあ)。弁当は車の中に置いて来て、水しか持って来なかったので、塔の売店でアイスクリームを買いました。近くのLeighと言う村の農場製のアイスです。P太が蜂蜜生姜味、私はラズベリー味を選びました。甘さが極力控えめで、合成的な風味が皆無で、クリーミィなのにジェラートのようにあっさり軽く、抜群な美味しさでした。
a0208783_6471596.jpg
燃料補給した後は、塔を登ります。途中、螺旋階段が真っ暗でちょっとビビリました。
a0208783_648394.jpg
部屋の一部も展示室として公開されていますが、一階に付き面積が6畳程度なのです。本当に、塔の上から眺望を楽しむ為だけの建物。
a0208783_649038.jpg
こちらは北のロンドン方面。視界の良い日には、ロンドンの「小キュウリの漬物」や「チーズ下ろし」等の高層ビルまで見えるはずです。
a0208783_649292.jpg
東側には、先程通って来た菜の花畑は見下ろせます。南東方面には、本当は国立公園のサウス・ダウンズ丘陵地帯も見えるはずなのですが、こんなに晴れているのに、この日は本当に視界が悪くて残念でした。
a0208783_651352.jpg
とは言え、快晴の日のピクニックは、やはり気分が良いと上機嫌で丘を下りました。
  




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-22 15:38 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

鳥型のソーラー・ライト

a0208783_6584926.jpg
義両親の家で、義母が時折利用するオランダの植物通販のカタログを眺めていて、「これ結構可愛いね」とか言っていたら、義母が誕生日のプレゼントに買ってくれた物です。ステンド・グラス風の樹脂製の鳥ですが、台に小さな太陽光パネルが付いていて、日が暮れると明かりが付く仕組みになっています。
a0208783_6591977.jpg
我が夫P太は「太陽光パネルおたく」だけど、それとは余り関係無く、私は太陽光発電のガーデン・アクセサリーに目がありません。これも元々はガーデン・アクセサリーだから、屋外OKのはずですが、やはり庭で長い間雨風に晒されると、値段の高い・安いに関わらず、この手のアイテムですぐに壊れない物はないので、日当たり抜群の私の作業部屋の窓辺に置いています。
a0208783_71324.jpg
高さは台抜きでも20cm以上あり、ぶりっと大きめ。ぷっくり丸い鳥です。
a0208783_722734.jpg
鳥種は、多分イギリスで最も御馴染みの野鳥の一つ、シジュウガラ(great tit)の近種「blue tit ブルー・ティット」を表しているのだと思います。
a0208783_724631.jpg
庭用の太陽発電ライトとしては、青白く寂しい単色のLEDライト(何だかお弔いの明かりみたいなんですよね…)より、変光タイプが断然好きですが、これは単色なものの、ステンド・グラス風の樹脂の色が透けて見える為、寂しく見えずに気に入っています。
 




[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-21 15:37 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

公衆電話ボックスの活用法 3

携帯電話の普及に寄り、現在は公衆電話の需要がすっかり減っています。とは言え赤い電話ボックスは、お土産のモチーフになる程イギリスの象徴的なアイテム。不要になったとは言っても、撤去するのにしてにも、費用が馬鹿にならないはずなので、様々な方法で再利用されています。
a0208783_433288.jpg
バーミンガムの街角では、ATMに改造されている電話ボックスを見ました。P太に言ったら、今はロンドン等の都市部では当たり前になっている再利用法だそうです。田舎者で、今まで知りませんでした(笑)。
a0208783_4333236.jpg
一方こちらの電話ボックスには、ATMの他に、ちゃんと公衆電話としての機能も残ったままです。かつてのイギリスでは、どんな小さな村にも、最低一つは公衆電話を設置しなければならない義務でもあったようですが、返って現在は田舎の電話ボックスのほうが、埃を被って打ち捨てられているかも知れません。
 



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-20 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

リカちゃんのピンクのパーカー

a0208783_472890.jpg
今回日本の姪に上げたリカちゃん人形用のカジュアル・ワードローブの中で、私的に最も力作なのは(自分で言うな。笑)、実はこのパーカーかも知れません。グラフィック社のDolly*Dolly 別冊「かんたんドール・コーディネイト・レシピ」の型紙で作りました。初めてこの本を姉から貰った時、どれ一つ私にとっては簡単じゃねーよ…と悲しくなりましたが、実際パーカーを作ってみて、作り方が写真付きで丁寧に説明されている為、思ったよりはラクに仕上がりました。
a0208783_481331.jpg
袖や裾のリブを省いたり、ポケットを省略すれば、多分もっと手軽に作れると思います。
a0208783_529136.jpg
ただし、本来ミシンのステッチを利かせるところを、相変わらず全部手縫いでやっています! つまりステッチが表に出る箇所は、本返し縫いで縫っている訳ですが、ニット地の場合、意外と気にならないように思います。ニット地でも、アイロン掛けをマメにきちっと行うのが肝心だと、改めて実感しました。
a0208783_49187.jpg
「パーカーは着回しの利くアイテム」と、本の中でも紹介されてますが、確かに自分で着てもその通りだし、人形でもそうだと思います。一つでもあると、色々組み合わせが楽しい、何かと重宝するアイテムです。しかしフード付きのパーカーは、イギリスでは典型的な不良&犯罪者の服装です。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-19 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

バーミンガムのマーケット

a0208783_2484047.jpg
私にとって退屈だった街バーミンガムで、唯一楽しめたのが、このBull Ring ブルリング地区の巨大なショッピング・モールの裏側にある、12世紀に起源を持つと言われる一般市場です。何故なら、屋外市場(と言っても屋根付きですが)の半分は、ほとんど布や手芸用品を売るストールだったからです。
a0208783_2511879.jpg
それらの店を切り盛りするのは、インドや中近東の人達。商品も、そう言ったエキゾティックな物が中心です。
a0208783_249756.jpg
客もやはりムスリムやインド人女性が多く、まるでアラブのバザールのような雰囲気。もしかしたら彼女達にとっては、服は自分で作るのが当たり前なのかも知れません。でも中には、リバティのタナローン風コットンがメートル8ポンドで安いと、喜んで買って行く白人女性客も見掛けました。
a0208783_2495283.jpg
いかにもインドっぽい、キラキラ華やかなブレードやレース・テープ達。工夫をすれば、普通のファッションや手芸にも活用出来そうです。
a0208783_2502899.jpg
美しい刺繍やミラーワークのテープもあります。
a0208783_2514719.jpg
イギリスの布地は、一般の店舗だと、最低でもメートル4ポンドはするのですが、この市場では、裏地みたいな無地のサテン布なら50ペンスからと、破格の安さでした。
a0208783_2521872.jpg
このコーナーは、全てメートル1ポンドだそうです。中には悪くないプリントもありましたが、皆ペラペラの化繊生地で、ドールの服作りには使い辛そうでした。
a0208783_2531495.jpg
ポリコットンでも、ここでは大抵1m2ポンドです。探せば、普通に使えそうなプリントも沢山あります。
a0208783_2541494.jpg
日本からわざわざ買いに来る価値はないだろうけど、イギリスに住んでいる身としては、もしこの市場が近くにあったら、創作活動に非常に役立つと思います。
a0208783_2564053.jpg
これは、アフリカの生地のようです。既に襟のような物がプリントされてあり、もしかしてここを繰り抜いて端を始末すれば、すぐに貫頭衣みたいな民族衣装になるのかも。
a0208783_2571143.jpg
屋外市場の残り半分は食品で、ここもインド・中東系なのかと思いきや、チーズ専門店もあり、普通にイギリスの食材中心でした。
a0208783_2574430.jpg
でもフランスの食品市場と違い、マーケットとは言っても、特別に新鮮でも、安くて美味しそうでも、珍しい食材が多い訳でもなさそうで…。やはり伝統的な食に対する意識、熱意、食文化自体の差だと思います。
a0208783_2581677.jpg
屋外市場の隣に、屋内市場の建物が立っています。
a0208783_2584687.jpg
中に入ると…、うーむ巨大!
a0208783_2591522.jpg
かなり高い場所まで、商品がびっしりです。
a0208783_2595099.jpg
この店には、まるで夜店で売っているような、新品なのに何処か懐かしい感じの玩具が揃っていました。
a0208783_315227.jpg
やはり屋内市場でも、インド・中近東系のストール、特に布地屋が沢山入っていました。他には、ヘヴィメタ系の安物Tシャツ、おばーちゃん用の寝巻きやでっかい下着なんかも、多く見掛けました。
a0208783_301565.jpg
これでもか!と、ギラギラなラインストーンのブローチがびっしり。
a0208783_31014.jpg
どれ一つ日本人には向かない、半端無くでかいネックレスを売る店。
a0208783_312734.jpg
優雅なムスリム女性の衣装専門店。実はイスラム教徒の女性も、自宅ではかなり派手な格好をしていると聞きます。公共の場であっても、西洋人女性と比べて肌の露出が少ないだけで、パッション・ピンクに金色とか、非常に華やかなムスリム女性を見掛ける機会もあります。
a0208783_343421.jpg
ヘッド・スカーフも販売されていました。マネキンの顔が、レトロで結構可愛い。
a0208783_322393.jpg
圧倒される程金ピカなレース等の装飾品が、ぞろりと揃っているストール。お店の人が、皆パキスタン製だと言っていました。自爆テロとか物騒なニュースばかりが耳に入って来るパキスタンですが、こんな美しい製品を作り続けているとは。
a0208783_33165.jpg
この屋外市場を出ると、なんとその隣にももう一つ屋外市場が。こちらは食品市場なのかな?と思いましたが、半分はカード等の日用品も売っていました。飲食店も入り、白人板前の握る寿司バーも在りました。
a0208783_34151.jpg
ここの魚屋はアラも売っていて本格的!と思いきや…、両脇の肉屋では、豚や羊の首(しかも皮を剥いだ後)を並べていて、怖くてすぐにこの場を逃げるように立ち去りました。
a0208783_35768.jpg
結局この市場で、ドールの服制作用に、布を何種類か買いました。最早イギリスらしい雰囲気はなく、お洒落な場所でもないけれど、活気は有り生き生きとしていて、決して危険な感じはしません。これも人種の坩堝イギリスの現実の一つだと割り切れる人には、かなり楽しめる場所だと思います。





[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-18 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

工業と移民の都市バーミンガム

a0208783_0492262.jpg
平日にP太が仕事で日帰りバーミンガムへ行く用事があり、ミーティングが行われるのは街の中心部だと言うことで、一緒に連れて行って貰うことにしました。彼がミーティングに参加している間、街をうろつく計画です。バーミンガムは、言わずと知れた、ロンドンに続くイギリス第二の大都市。しかし、伝統的に工業都市の為、聞くからにつまらなさそー、おまけに治安もロンドン以上に悪そうで、多分一生訪れる事はないと思っていました。とは言え、週末にわざわざ行く価値は確かにないかも知れないけれど、平日に「ついで」に来て見ておく分には、悪くない機会かもと思った訳です。
a0208783_0312720.jpg
時間は午前10時から午後4時までとたっぷりあるので、まずは普通に観光してみることにしました。街のヘソとも言える、ヴィクトリア広場へ直行。
a0208783_0315494.jpg
ヴィクトリア女王の像があるので、ヴィクトリア広場と呼ばれているのではないかと思います。
a0208783_0323691.jpg
これが市庁舎。この後ろが、バーミンガム博物館&美術館になっているようです。
a0208783_0331822.jpg
こちらの大英博物館のような新ギリシャ様式の建物は、タウン・ホールだそうです。
a0208783_033504.jpg
この広場には、幾つかの彫像が並んでいます。これはモダンなスフィンクスかな。
a0208783_034226.jpg
ミイラ…? 「アイアン・マン(鉄人)」と言うそうです。
a0208783_0345325.jpg
しかし、こう言う現代アートが点在する、一生懸命「文化的なんですよ~」と主張する街って、何だか返って文化度が低くて安っぽい感じがするのは、私だけでしょうか。
a0208783_035142.jpg
この像なんて、正面から見ると相当ヘン。多分50~60年代に制作されたからなのか、何となく共産圏の香りがします。
a0208783_1144553.jpg
続いて、大聖堂に向かいます。イギリスの大聖堂には珍しく、バロック様式です。
a0208783_0362913.jpg
大聖堂と言っても、ノルマン、サクソンどころかローマ時代に起源を持つイギリスの多くの大聖堂とは違い、建てられたのは18世紀だし、司教座が置かれて教会から大聖堂に格上げされたのは20世紀に入ってからだし、そもそも大聖堂とは思えない非常に小さな規模です。
a0208783_037728.jpg
ともあれ、大聖堂の周囲は、居心地の良さげな公園になっています。ここで工事作業員のにーちゃん達が、墓石の上に座って弁当を食べていました。
a0208783_037291.jpg
しばらく入り口を眺めていても、誰一人入って行く様子がないので、大聖堂の内部は見ていません。
a0208783_037566.jpg
大都市の中心部だけに、さすがに大きな建物ばかりで、イギリスには珍しく非常にモダンなビルも犇めき合っていますが、その合間にこんな古めかしい建物もあります。
a0208783_0542474.jpg
イギリス第二の都市と言えど、第一のロンドンに比べると、ずっとこじんまりして見えます。それ程、ロンドンがズバ抜けて巨大と言うことです。
a0208783_0384514.jpg
この通りの間から覗く、アルミ箔を貼り付けたような斬新な建物は、バーミンガムの中央駅と言える「New Street Station ニュー・ストリート駅」。
a0208783_0391624.jpg
バーミンガムは、地下鉄の他に路面電車も走ります。
a0208783_195971.jpg
バーミンガムは移民の多い街としても有名で、その割合は、私が住んでいる英国南東部より高いんじゃないかと感じる程。特にインド・中近東系が多く、バーミンガムを去る時はモスクを幾つか見掛けました。アフリカ人や中国人も、沢山住んでいるようです。
a0208783_0402950.jpg
このブースは何かと言いますと、イスラム教の勧誘をしているのです。こんなの、初めて見ました。ブースの側面には、「テロに信仰はない」と大きく書かれています。一般のイスラム教徒とテロリストは全く違うと訴えたい訳ですが、テロリスト本人達は、それが信仰だと信じて疑わないのだから厄介です。丁度この時、メディアか何かのインタビューを受けていました。
a0208783_04196.jpg
ニュー・ストリート駅の東側は、「Bull Ring ブルリング」と呼ばれる街一番の商業地帯になっています。
a0208783_04132100.jpg
ここの真新しいショッピング・モールに入って、正直ホッとしました。街中がゴミだらけで汚く、ここのみが清潔に見えたからです。しかし、イギリスのショッピング・モールの常で、全国何処でも同じ顔ぶれのメジャーなチェーン店ばかりが入っており、見るべき物はほとんどないつまらない場所でした。
a0208783_04267.jpg
インド女性用のドレス専門の店は、バーミンガムらしいかも。パンジャービーやサリーの専門店なら、今やイギリス中にありますが、ショッピング・モールに入っているのを見るのは初めてでした。
a0208783_0422641.jpg
カード専門店にて。右上のカードには、「ドナルド・トランプは君が嫌いだってさ。きっと君が、何か正しいことをしているからだね」と書いてあります。ある意味、カードのモチーフとしては人気者のトランプ(笑)。この両脇には、ここでお見せ出来ない程、これ(トランプの顔)以上に下品なカードが並んでいました。
a0208783_0443771.jpg
ショッピング・モールの南側は急に低くなっており、中世から今でも続く市場が残ります。大都市の中心部に、これ程高低差があるとは意外でした。
a0208783_0431837.jpg
ショッピング・モールの外観。ブツブツ恐怖症には、大変不快な建物だ…。
a0208783_045172.jpg
その一段低くなった場所に立つ、赤い砂岩で出来た「St. Martin's Church セイント・マーティン(聖マルティヌス)教会」。はっきり言ってこの教会のほうが、大聖堂より古くて風格があります。
a0208783_046455.jpg
内部では、何故か信者のおばーさん達が、やたらうるさくお喋りしていました。
a0208783_046361.jpg
大きな市場地帯を抜けると、丁度ニュー・ストリート駅の南東に当たる場所に中華街があります。…んん?これがそう? 横浜や神戸、ロンドンに比べると大変ショボく見えるんですけど、これは単なる一部だと信じたい。念の為、飲食店の内部は、中国人客ばかりで大変賑わっていました。この中華街があるせいか、地元民ではない、中国人の観光客も、観光地じゃないのに多く見掛けました。
a0208783_047455.jpg
再び、ニュー・ストリート駅の北側に戻り、この赤いレンガの立派な建物は裁判所。
a0208783_0473538.jpg
その向かいにある、「Central Hall」と呼ばれる建物。歴史的建造物二級指定の由緒ある建物で、元はメソディスト教会の所有だったようですが、今は雑居ビルになっているようです。
a0208783_0481011.jpg
バーミンガムの中心部には、あちこちにアーケードがあります。
a0208783_0484144.jpg
ここは、その中でも一番美しく見えました。
a0208783_101011.jpg
おたくショップ。日本語が表示され、日本のアニメや漫画グッズを中心に売るけど、こういう店がイギリスで日本人経営の例がありません。そして、必ず堂々と海賊版を売っています。この店先にも、いきなり中国語の書かれた怪しいポケモン(バチモン!)・グッズが売られていました。
a0208783_0551668.jpg
結局大幅に時間を持て余してしまい、やはりバーミンガムは、期待しなかった通りに、観光には不向きな街だと実感しました。住んでいる人に対しては失礼ですが、立派な建物も多く、特に真新しいビルが多いのにも関わらず、街中がみすぼらしい不潔な印象で、浮浪者や物乞いも集中して多く見掛けました。P太曰く、「産業革命以来の労働者の街で、家も物価も安いから、多くの移民が住み着いたけれど、イギリスの産業自体が衰弱している現在、経済の悪化に比例して犯罪も多い」とのことです。ショッピングが致命的につまらなく、チャリティショップすら少ないのも、私にとっては退屈でした。しかし、もう二度とこの街を訪れることはないだろうと確信しただけでも、来た甲斐はあるかも知れません(笑)。



.
[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-17 15:29 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

フィリグリー風セルロイドとルーサイトのインタリオのブローチ

a0208783_2253824.jpg
ルイスのアンティーク・モールのとあるストールに、ビンテージ・ジュエリーを一つ5ポンド均一で売っているコーナーがありました。その中で、このブローチを見付けました。大好きなルーサイト樹脂のインタリオのブローチが、プロの店で10ポンド以下なのは、やはりお買い得で見逃せません。しかも、今まで見たこともなく、勿論持ってもいない、ちょっと変わった仕様です。
a0208783_22610100.jpg
ルーサイトのカボションの周りを、ブラス製の金具、更に中々繊細なフィリグリー風の樹脂が、額縁のように囲んでいます。樹脂はセルロイドのようです。こんなルーサイトのインタリオ、今まで見掛けたことがありません。更に、インタリオの背景が黒なのも、初めて目にしました。セルロイドとルーサイトの、二種類のオールド(アーリー)・プラスティックの組み合わせで、キッチュな50'sの雰囲気がいっぱいです。
a0208783_20435719.jpg
しかしこのセルロイド部分、正直言って相当ばっちく見えます(笑)。多分元は白かったのが、経年で茶色い汚れが付着したように見えるのですが、古歯ブラシで擦っても落ちませんでした。もしかしたら、単にアンティーキング(わざと古く見せる効果)っぽく着色しのかも知れないとも疑いました。カボションの側面は傷が多いし、黒い背景には、良く見ると埃が入り込んだのか、またはカビが生えたような物が見えます。ここには空気が入り込む隙さえあるとは思えないのですが、一体どうやってこんな汚れが発生したのでしょう?? ともあれ、これ程細かい造りのセルロイドが、今まで欠けずに残っていたのは、中々ないことだと思います。
  



[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-16 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ルイスでアンティーク・モール巡り アクセサリー編  

ルイスでのアンティーク・モール巡り、義妹への誕生日プレゼントは、ビンテージ・ジュエリーも候補に考えていたので、今回はアクセサリー類も割と隈なくチェックしました。
a0208783_695146.jpg
ボーン・チャイナの花のブローチは、イギリスならでは。生憎壊れ易く、状態が完璧な物は中々ありません。
a0208783_545393.jpg
アール・デコ時代の、チェコ製に違いないフィリグリーのブローチ。どちらも中央のラインストーンがオーブン・バックなので、透明感が綺麗。
a0208783_5473540.jpg
結構古い時代の製品らしい、現代物よりずっと凝った細工の、イタリアのマイクロ・モザイクのブローチ。
a0208783_5481484.jpg
ビンテージのバックルの中に、ルーサイトのインタリオも混じっています。
a0208783_67178.jpg
ルーサイトのインタリオのブローチばかりを集めたコーナー。これ全部欲しくなる~(笑)。一個12ポンドで、ロンドンのアンティーク・マーケットよりは安目かな。
a0208783_684732.jpg
ルーサイトのインタリオには、リングも存在します。左は、インタリオではなくドライフラワー入り。
a0208783_549174.jpg
ベークライトのバングルは、やはり軒並み高価。変色して、良い色に育っています。
a0208783_66327.jpg
これはネックレス? ベネツィアン・ガラスっぽい可愛い花です。
a0208783_610244.jpg
バッグの写真は、今回少なめ。中国製の刺繍らしきバッグも、多くイギリスで出回っていたようです。
a0208783_61222100.jpg
これはチャリティショップで見掛けましたが、私の持っているアール・デコ時代のフランス製のクラッチ・バッグ(ポーチ、パース)の色違い。やたら、マチいっぱいに膨らんでいますね…。

   


[PR]
# by piyoyonyon | 2017-05-15 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。