タグ:アジア ( 8 ) タグの人気記事

バーミンガムのマーケット

a0208783_2484047.jpg
私にとって退屈だった街バーミンガムで、唯一楽しめたのが、このBull Ring ブルリング地区の巨大なショッピング・モールの裏側にある、12世紀に起源を持つと言われる一般市場です。何故なら、屋外市場(と言っても屋根付きですが)の半分は、ほとんど布や手芸用品を売るストールだったからです。
a0208783_2511879.jpg
それらの店を切り盛りするのは、インドや中近東の人達。商品も、そう言ったエキゾティックな物が中心です。
a0208783_249756.jpg
客もやはりムスリムやインド人女性が多く、まるでアラブのバザールのような雰囲気。もしかしたら彼女達にとっては、服は自分で作るのが当たり前なのかも知れません。でも中には、リバティのタナローン風コットンがメートル8ポンドで安いと、喜んで買って行く白人女性客も見掛けました。
a0208783_2495283.jpg
いかにもインドっぽい、キラキラ華やかなブレードやレース・テープ達。工夫をすれば、普通のファッションや手芸にも活用出来そうです。
a0208783_2502899.jpg
美しい刺繍やミラーワークのテープもあります。
a0208783_2514719.jpg
イギリスの布地は、一般の店舗だと、最低でもメートル4ポンドはするのですが、この市場では、裏地みたいな無地のサテン布なら50ペンスからと、破格の安さでした。
a0208783_2521872.jpg
このコーナーは、全てメートル1ポンドだそうです。中には悪くないプリントもありましたが、皆ペラペラの化繊生地で、ドールの服作りには使い辛そうでした。
a0208783_2531495.jpg
ポリコットンでも、ここでは大抵1m2ポンドです。探せば、普通に使えそうなプリントも沢山あります。
a0208783_2541494.jpg
日本からわざわざ買いに来る価値はないだろうけど、イギリスに住んでいる身としては、もしこの市場が近くにあったら、創作活動に非常に役立つと思います。
a0208783_2564053.jpg
これは、アフリカの生地のようです。既に襟のような物がプリントされてあり、もしかしてここを繰り抜いて端を始末すれば、すぐに貫頭衣みたいな民族衣装になるのかも。
a0208783_2571143.jpg
屋外市場の残り半分は食品で、ここもインド・中東系なのかと思いきや、チーズ専門店もあり、普通にイギリスの食材中心でした。
a0208783_2574430.jpg
でもフランスの食品市場と違い、マーケットとは言っても、特別に新鮮でも、安くて美味しそうでも、珍しい食材が多い訳でもなさそうで…。やはり伝統的な食に対する意識、熱意、食文化自体の差だと思います。
a0208783_2581677.jpg
屋外市場の隣に、屋内市場の建物が立っています。
a0208783_2584687.jpg
中に入ると…、うーむ巨大!
a0208783_2591522.jpg
かなり高い場所まで、商品がびっしりです。
a0208783_2595099.jpg
この店には、まるで夜店で売っているような、新品なのに何処か懐かしい感じの玩具が揃っていました。
a0208783_315227.jpg
やはり屋内市場でも、インド・中近東系のストール、特に布地屋が沢山入っていました。他には、ヘヴィメタ系の安物Tシャツ、おばーちゃん用の寝巻きやでっかい下着なんかも、多く見掛けました。
a0208783_301565.jpg
これでもか!と、ギラギラなラインストーンのブローチがびっしり。
a0208783_31014.jpg
どれ一つ日本人には向かない、半端無くでかいネックレスを売る店。
a0208783_312734.jpg
優雅なムスリム女性の衣装専門店。実はイスラム教徒の女性も、自宅ではかなり派手な格好をしていると聞きます。公共の場であっても、西洋人女性と比べて肌の露出が少ないだけで、パッション・ピンクに金色とか、非常に華やかなムスリム女性を見掛ける機会もあります。
a0208783_343421.jpg
ヘッド・スカーフも販売されていました。マネキンの顔が、レトロで結構可愛い。
a0208783_322393.jpg
圧倒される程金ピカなレース等の装飾品が、ぞろりと揃っているストール。お店の人が、皆パキスタン製だと言っていました。自爆テロとか物騒なニュースばかりが耳に入って来るパキスタンですが、こんな美しい製品を作り続けているとは。
a0208783_33165.jpg
この屋外市場を出ると、なんとその隣にももう一つ屋外市場が。こちらは食品市場なのかな?と思いましたが、半分はカード等の日用品も売っていました。飲食店も入り、白人板前の握る寿司バーも在りました。
a0208783_34151.jpg
ここの魚屋はアラも売っていて本格的!と思いきや…、両脇の肉屋では、豚や羊の首(しかも皮を剥いだ後)を並べていて、怖くてすぐにこの場を逃げるように立ち去りました。
a0208783_35768.jpg
結局この市場で、ドールの服制作用に、布を何種類か買いました。最早イギリスらしい雰囲気はなく、お洒落な場所でもないけれど、活気は有り生き生きとしていて、決して危険な感じはしません。これも人種の坩堝イギリスの現実の一つだと割り切れる人には、かなり楽しめる場所だと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-18 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

人形用パンジャービー・ドレス

a0208783_5151355.jpg
インドの女性の民族衣装と聞くと、サリーを真っ先に思い浮かべる人が多いと思いますが、イギリス在住のインド人女性は、大抵パンジャービー・ドレス(またはスーツ)を着ています。多分サリーは、イギリスの気候には寒過ぎるからではないかと思っています。パンジャービーは、元々はインド北西部のパンジャブ地方の民族衣装でしたが、今はインド本国全土で、若い女性を中心に一般的になって来ているそうです。サリーより着付けが簡単なのと、動き易く活動的なのが多分決め手。
a0208783_19134158.jpg
パンジャービーは、英語の「パジャマ」の語源になったとも言われています。基本的に、「カミーズ」と呼ばれる上衣(シャツ、またはドレス)、パンツ、「ドゥバッター」と言うストールの三点セットの組み合わせです。上衣は、体の線を出さないゆったり目で、脇にスリットが入っています。パンツは、北では「サルワール」と呼ばれる幅広いもの、南では「チュリダー」と呼ばれるタイトなもの(足首でくしゅくしゅと弛ませる)が主流だそうです。三点共布で揃える場合もあれば、見事に全てバラバラに、自由に組み合わせているスタイルも見掛けます。また、素材には、インドらしい更紗、金糸や刺繍やミラー・ワークがふんだんに施されたサテンやオーガンジーもあれば、西洋的な普通の小花柄コットンなんかを使用していることもあります。ドレスが普通の綿生地でチュニックぽく、パンツがタイトなレギンスっぽい場合は、露出少な目の一般の西洋人の服装と、ほとんど変わりなく見えます。中には、ジーンズを合わせる人も。一方で、正装のパンジャービーをまとった妙齢のインド人女性は、まるで花が咲いたような、ハッとする程の美しさ。やっぱり民族衣装って、その国の人を一番魅力的に見せるのだと納得します。
a0208783_1995420.jpg
…なんてことをイメージしながら、この人形用のパンジャービーを縫いました。しかし、肝心の詳しい事はちゃんと調べず、作ってみてから、トップスの丈は本当はもう少し長いなあとか、裾はフレア目にしたけど、ストレートなラインが本式じゃないか、などと気付きました。一応脇には、スリットを入れています。
a0208783_5164054.jpg
ストールの巻き方も、見よう見真似で、実際には何か決まりがあるのか等、詳しいことは分かっていません。ドレスと同じ生地では、人形用には厚過ぎるので、ストールのみオーガンジーに換えて、端に揃いの刺繍テープとビーズを縫い付けて重さを出し、少しでも自然に巻いている風に見えるよう工夫しました。
a0208783_517381.jpg
ストールをとると、こんな感じ。随分前に買っていた、金色とピンクと紫の刺繍テープの装飾が、インドっぽさを高めるのには一役買っているような気はします。襟元には、ビーズを縫い付けています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-24 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

雲南省の少数民族の刺繍

a0208783_1574029.jpg
フリーマーケットで、一つどれでも20ペンスのストールで買いました。古い物ではないにせよ、手の込んだ美しい手工芸品には違いなく、また珍しさに惹かれたからです。裏面に、中国雲南省の伝統工芸を守るプロジェクトとして制作された、との説明書きが貼ってあります。工房はTian Xin地区にあり、そこには約60数の家族が住んでいて、リス族、ミャオ族、イ族、ダイ族、漢民族が混在しているそうです。その中でもこれは、中国少数民族の中で最も美しい民族衣装を持つと言われる、ミャオ(モン)族の刺繍、またはそれを元にしているのではないかと思っています。この地域の女性は、ほとんどが学校に行ったことがない為、この刺繍の売上金の一部は、彼女達の就学促進支援に寄付されると書いてあります。
a0208783_1571362.jpg
厚みを付けた生成りの綿生地のハート型に、東欧や中南米とも一味違う、鮮やかな刺繍が施されています。刺繍糸自体も、毛糸か何かの独特の物のようです。そこに、手馴れたカリグラフィーで、文字が上手く組み込まれ(手書きのようです)、西洋と東洋が違和感なく調和しているように見えます。
a0208783_243370.jpg
ハートの幅は14cm程度ですが、A3サイズ位の大きな台紙にマウント加工されています。しかも二重にマウントされ、赤いラインに囲まれて見える仕組みで、結構贅沢な仕様です。実際に買ったら、かなり高そう。普通のインテリアにも自然に馴染み、額装してもそのままでも、中々映えることと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-27 15:36 | ファブリック | Comments(0)

バインセオの夕食

a0208783_862815.jpg
写真の、このオムレツにしか見えない物体は、…実はオムレツではありません。ベトナム南部版お好み焼きで、「バインセオ」と言います。昨年放送されたグルメ学園バトル・アニメ「食戟のソーマ」には、試してみたくなる美味しそうな料理が沢山登場しましたが、その中でも一番のヒットだったのが、この「バインセオ」と鶏の唐揚げの組み合わせでした。アニメの物語では、下校途中のハラペコ学生が食べ歩きする為のファースト・フードとして作られたから、バインセオで唐揚げと野菜もソースも一緒に包むオール・イン・ワン仕様でしたが、我が家では夕食なので別々に盛りました。ハンガリーの友達にもこのレシピを教えたら、珍しい料理と米粉とココナッツ・ミルクが大好きなので、「自分達にぴったり」と感激していました。
a0208783_8787.jpg
バインセオは、米粉にココナッツ・ミルク、ターメリック(黄色いのはそのせい)を混ぜて焼いたものです。中に、肉や魚介と一緒に炒めた野菜を挟み、更にたっぷりの葉野菜&ハーブを添える為、大量の野菜をサラダより無理なく摂取することが出来ます。本来のバインセオは、多めの油で外側はパリパリ、中はもっちりに焼き上げるそうですが、今回は油少なめにしたので、ふんわりモチモチ。今までにない食感で、これはこれで美味です。主人公の創真君は、確かにソースにスウィート・チリを使っていましたが、生地自体にココナッツ・ミルクのせいで甘みがある為、スウィート・チリでは甘過ぎると感じました。従来通り伝統のタレ「ヌクチャム」で頂くほうが、油っ気もさっぱりして美味しいと思います。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2016-03-06 15:31 | 飲み物・食べ物 | Comments(0)

銀線細工の蝶のブローチ kawaii

a0208783_0552761.jpg
中古ですが、これぞ銀線細工!と思えるブローチに出会いました。モチーフも、最も定番の一つの蝶です。同じ銀線細工でも、エドワーディアンのバー・ブローチと比べると、物凄く繊細で緻密です。金属なのに、今にもふわりと飛び立ちそうな軽やかさ。古いものでは全くなさそうで、その分白銀の美しさが目を引きます。ピンの部分に「シルバー925」との刻印があり、銀の純度92.5%を意味します。銀だけだと柔らか過ぎる為、普通アクセサリー等に加工する場合、大抵銅等の他の金属との合金にしますが、シルバー925はスターリング(=本物の)・シルバーとも呼ばれ、イギリスでは純銀扱いされているそうです。
a0208783_0554720.jpg
銀線細工は、日本では初めてオランダから長崎県の平戸へ伝わった為、「平戸細工」とも呼ばれるそうです。今は、秋田県の伝統工芸となっています。平戸藩と秋田藩の江戸屋敷が、隣同士だった為との説があります。また、かつての秋田県は銀山に恵まれていたので、藩主に寄ってこの技術が奨励されました。現在銀線細工の産地として、世界的に有名なのがインドネシアです。ここへも、オランダから伝わったと言われています。この蝶のブローチも、多分インドネシア産だと思います。銀線細工は、元々イスラム文化圏で発展したと言われ、それがヨーロッパに伝わり、かつてはオランダを始め、ヨーロッパ各地で盛んに作られていました。しかし今は、スペインとポルトガルの僅かを残し、ヨーロッパではほとんど廃れたようです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-11-19 15:34 | アクセサリー | Comments(0)

イーネオヤのイヤリング 3種 kawaii

フリーマーケットで、細い糸で細かく編まれたイヤリング(ピアス)を、幾つか売るストールに出会いました。これって、トルコの伝統手芸「iğne oyaイーネオヤ」と言うものだよね…。目先が変わっていて、実際身に着けたら可愛いと思い、三つ買い求めました。閉店間際だったので、安く売ってくれました。
a0208783_236191.jpg
イーネオヤは、縫い糸を縫い針で編んだクロシェの一種、だと言う事だけは、話には聞いていました。「イーネ」は針で、「オヤ」は縁かがり。トルコの主要宗教はイスラム教なので、基本的に女性は頭部を隠すスカーフを被る為、元々はその縁を装飾する技術として発達したそうです。アクセサリーとしてのイーネオヤは、比較的新しい発想なのかも知れませんね。しかし、この小さなイヤリングを編むにしても、気の遠くなるような根気の要る、緻密な作業だと思います。
a0208783_2365452.jpg
オヤには、伝統的に立体的な花モチーフが多いらしく、眺めていて心躍る可愛さです。一番最初に選んだのは、この花びらがツートーンになったもので、夏のマリン・テイストに合いそうだと思いました。
a0208783_237235.jpg
ピンクのは、全体的な形を維持する為、テグスのようなハリのある樹脂製の糸が、フレームとして編み込まれる工夫がされています。何だか桃を連想させます。
a0208783_2375323.jpg
実際に一番何にでも合わせ易いのは、これかな。ピアス金具が大き過ぎて好きじゃないので、好みのものに付け替えるつもり。モチーフ自体は非常に軽いから、イヤリングとして使い易くて活躍しそうです。
イギリスに住んでいると、手芸に関する情報や流行は、日本よりもかなり鈍くて遅れていると感じます。けれど、一般的な海外観光旅行の歴史は、日本よりもずっと古い分、また色んな国の人が多く集まって住んでいる為、こうして世界中の手工芸品を中古で手に入れる機会はあります。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-07-21 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

タイ・シルクのコサージュ

a0208783_23503961.jpg
数年前、義母にクリスマス・プレゼントとして、市販のフェルトのベレーに刺繍&アップリケしたものを贈りました。気に入って度々使っていてくれたのですが、昨年展示会で、ちょっと脇に置いたていた隙に、盗まれてしまったそうです。それで、昨年のクリスマス、新たにベレー帽を贈ることにしました。フェルトではなくニット帽なので(こちらのほうが被り易いんですよね)、刺繍で装飾するのではなく、コサージュを付けることに。
a0208783_23501470.jpg
どちらも、メインに紫色のタイ・シルクを使用しています。最初に左側を作ったのですが、子供っぽくなり過ぎたので、後から右側を作りました。うん、こっちのほうが、義母の好みに合いそう。ブローチ式にしてあるので、取り外しできます。更に付属の革紐を付けて、ペンダントとしても使用出来るようにしました。タイ製ですけど、どうも和風のイメージがあって、中心には縮緬を使いました。裁縫は相変わらず超下手ですが、程良いツヤと張りと高級感のあるタイ・シルクのお陰で、大分マシに見えると信じています。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-01-05 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

インドで買ったボタン類 kawaii

10年以上前、南インドのタミール・ナドゥを旅行した際、ショッピングを楽しむ機会なんて、観光地ママラプラムのパシュミナ&骨董品屋、そしてチェンナイ(マドラス)のショッピング・モール位しかありませんでした。それでもこの二つに行けただけで、結構嬉しいものが手に入れられたのだから、旅の印象がかなり違ったと思っています(…もう二度とインドに行くこともないが)。チェンナイのショッピング・モールは、日本やイギリスで言うと既に古臭い垢抜けない雰囲気でしたが、ここへ来て生き返った心地がしました。冷房が効いていただけでなく、普通の清潔感が保たれていたからです! 宿泊した有名なホテルの隣にあり、つまり外国人観光客や、インド人でも比較的裕福な層だけが楽しむような場所で、普段のインドの姿とはかけ離れた、多分価格も全てインドの一般的な物価に比べるとずっと高かったのだと思います。このショッピング・モールで、インド・オリジナルのバービー人形二体の他に、手芸品店でボタンを幾つか買いました。それがこれ↓。
f0141785_0521693.jpg
涙型(本当は葉っぱを模ってある)のはM.O.P.、長方形はボーン、トッグルは水牛の角か何かで出来ているようです。天然素材の質感が、中々効果的に生かされたデザインです。本当は、全て5つずつあります。元々は、インドらしい手漉きの台紙に括り付けて販売されていました。服に並べて縫い付けると言うよりは、バッグ等に一つだけ使用すると、気の利いたアクセントになると思います。どんな場所でも(笑)、可愛いもの、素敵な雑貨を探す努力を怠ってはいけない。このボタンは、見る度に私にそう思わせてくれます。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2014-08-24 15:28 | 手芸用品 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。