タグ:アップリケ ( 4 ) タグの人気記事

リカちゃんの赤いサーキュラー・スカート

a0208783_894718.jpg
たっぷり広がる、平面にするとほとんど円形のサーキュラー・スカートは、1950年代の代表的なファッション・アイテムです。特に赤地のスカートとなれば、定番はリード付きプードルのアップリケ(髪型はポニーテイルで決まり)ですが、私は少し中原淳一風に黒猫&丸い花模様にして、昭和レトロをイメージしてみました。
a0208783_8102630.jpg
この時代って、ポインテッド・トウのパンプスに、短いソックスを合わせていたようなイメージがあります。
a0208783_8111224.jpg
中原淳一提案の手芸に良く登場する、丸い花のアップリケが大好きです。どんな色で表現されているのだろうと思い、調べてみましたが、結局突き止められませんでした。
a0208783_8115717.jpg
「中原淳一リカちゃん」にも、似たような格好の赤いスカートの人形があります。彼のスタイル画をイメージすると、リカちゃんよりジェニー(orジェニー・フレンズ)の体型のほうが、立体化し易いように思いますが、もう数年ジェニーは、タイアップで話題になることもなく、新商品すらほとんど販売されておらず、風前の灯ですね(汗汗)。一度なんて、本当に生産中止された(2008年頃)そうだし。今後どうなっちゃうんだ、ジェニー…。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-21 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

花のアップリケの子供用ポシェット

姪っ子の誕生日プレゼントに、最近ピンクだけじゃなくオレンジと青も好きだと言うので、オレンジ色の花柄のサマードレスを選びました。それに合うようにと、オレンジ色の花のアップリケの、クロス・ボディ・バッグと言うかポシェットも作りました。いつもながら、贈る2、3日前に、突然思い立って作り始めました。
a0208783_4411582.jpg
布は、生成りの麻混のキャンバス地。フェルトのアップリケや刺繍、レース・モチーフ、ビーズ、ラインストーン、蜂型のボタン等で装飾してあります。ポップなオレンジ系の花なんで、どうやっても70年代調だなーと思いました。肩紐は、当初オレンジ色の幅広グログラン・リボンを予定していましたが、いざ街に買いに行くと、そんな極普通のアイテムでも売っていないのがイギリス(…私が甘かった)。結局、黄色の平紐になりましたけど、まあ肌触りや使い心地は、返ってこちらのほうが良いかも。
a0208783_4415495.jpg
中面は、こんなプリント・コットンにしています。そのままだと入れ口がだらーんと開くので、後からベロクロ・テープを縫い付けました。裏面には、実は姪の名前の刺繍入り。
a0208783_4422082.jpg
ドレスに合わせると、こんな感じになります。一応、どちらも喜んでくれたようです。姪は9歳になりましたが、プラダのバッグを要求する9歳児じゃなくてヨカッタです(笑)。
a0208783_4425265.jpg
ところで、プレゼントに添えたバースデイ・カードは、今年はいんちきディズニー・プリンセス風にしました。
a0208783_443201.jpg
金色のレース・ペーパーやラインストーン、スパンコール付きブレードで、これでもかっと飾り付けてあります。光り物が好きなので、「プリンセス・マグパイ(カササギ姫)」と名付けました。いつもイギリスの家族からは、手が込んで心が篭っていると褒められますが、単に既製品にお金を掛けたくないだけなんです…。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-14 15:39 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

黒猫アップリケ付きの赤いジャンパースカート

…と言っても、お人形用です。ブライス人形はプチブライス以外は持っていないけど、ファッション・ドールのアウトフィットとしては、ブライスのが一番好みに合うと思っています。一つ一つの服のデザインに込められた、物語性も好きです。それで、リカちゃん人形の服を作る時、ブライスの服を良く参考にします。リカちゃんとブライスはボディのサイズが大体同じなので、アウトフィットを交換して着せているドール・ファンも多いようです。
a0208783_6373222.jpg
これは、ネオブライスの「ミスサリーライス」と言うアウトフィットを真似ました。いえ、真似たつもりだったのですが、実物は一度も目にしたことがない上に、当然同じ材料は持っていないし、ちゃんとネット上で確認しながら作った訳でもなく、単に自分のイメージのままに作業を進めた為、仕上がった時には「なんとなくミスサリーっぽいもの」になってしまいました(苦笑)。あくまでパクリではなく、オマージュと思って下さい(汗)。
a0208783_638381.jpg
そもそも、ブラウスのカフスまでは青くなかったし。アップリケは、忠実に再現する根気は微塵もなく、勿論テキトウに端折りました。青い靴下は、キャッスルのレトロ柄ワンピに付属したもの。リカちゃん人形には、変に背伸びしないで、こんな昔ながらの子供らしい服装が本当は一番だと私は思っています。
a0208783_6382534.jpg
元々のミスサリーは、水色ぱっつん前髪+ロング・ヘアのブライス人形が着ていました。本物はこんな全くの女児服ではなく、ジャンスカはもっとタイトで、靴は厚底+ヒール高めのストラップ靴で、ちょっぴり大人の着こなしでした。この他、人形型のネックレス、白いレースの付け襟、白いハイソックス、茶色の花付きヘアバンド、ベージュの花付きバッグが付属していたようです。ブラウスをとって、ジャンスカだけに白い付け襟、ハイソックスを加えると、結構雰囲気が変わります。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2016-02-19 15:34 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

クリスマスのエコ・ラッピング

フリーマーケットで安い古布に大量に出会う場合、大抵そういうストールでは、てっとり早く不要品を処分したいので、「まとめて持って行ってくれるなら売る」と言われることがあります。その結果、全く好みでない、どうにも役に立たない布地をも、一緒に手に入れてしまうことになります。人形の服を作るのにも柄が大き過ぎるし、地も厚過ぎるし、そもそも柄自体が魅力的じゃないから、撮影の背景にもなりゃしない。しかも地が厚いと、単なる布とは言え、かなり収納場所を取るので、もう本当に捨てるしかないなーと思っていました。一方、クリスマス・プレゼントのラッピングに、技術がない&ロクなラッピング用品が手に入らない、で毎年イライラしながら梃子摺り、しかも毎年、家族でプレゼント交換をした後、開けて破り捨てたラッピング・ペーパーの、山のような紙ゴミが出るのに心底ウンザリしていました。そこで、どうせ捨てるつもりの布なら、失敗しても惜しくないと思い、世界で一番簡単かつモノグサな手芸で、使い廻しの出来るラッピング・バッグ(日本なら既に売っていそうなものですが)を作ってみることにしました。
a0208783_11146.jpg
作る際、アイロン掛けもしなければ、寸法も計りません(笑)。ほとんど、手にいれた布地のサイズそのままを利用して縫っています。元はカーテンや布張り椅子等のインテリア用の生地だったようで、しっかりはしています。特にベルベット調の生地は、フォーマルな雰囲気で、それなりに見栄えはするようです。
a0208783_2357684.jpg
一番便利な形態だと分かったのは、只の袋状に縫って、ボニーのようなオーナメント付きのヘアゴムで口を縛ること。ゴムをある程度長くしておけば、かなり多くの形態のプレゼントに対応出来るようです。日本なら、ボニーだけ用意して、市販の紙のラッピング・バッグにも使用できます。わざわざ巾着型にすると、生地が厚過ぎて、口が上手く絞れなくて失敗でした(苦笑)。
a0208783_23573761.jpg
こちらは更に全くクリスマスらしくない生地だから、せめてアップリケを…と思ったのですが、ボニーだけで何とか誤魔化せるし、返ってないほうが使い勝手も良いみたい。しかも、アップリケの位置が上過ぎ(汗)。
a0208783_23575810.jpg
欧米ではプレゼントは、クリスマスに開けるまで、まとめてツリーの下に並べて置きます。なので、「誰から誰へ」なのか明記したタグやシールを、プレゼントの外側に付けるのは必須。このラッピング・バッグには、裏側に名刺サイズのタグを入れる窓開きポケットが付いています。
a0208783_23584169.jpg
ボニーの素材には、大き目のボタン、100円ショップの造花、壊れたアクセサリー、余ったクリスマス・ツリーのオーナメント、ダブったガチャや食玩のおもちゃ等、アクセントになるものは何でも使えます。送る相手の好みに合わせたら、一層楽しいと思います。受け取った人は、再びラッピングに使用するのは勿論、ツリーに飾っても良し、頭に結わえても良しで、好きなように使えるはずです。
a0208783_23563444.jpg
とにかく「捨てるよりはマシ」がテーマなので、お金と手間を掛けないことには徹底しました(しつこいようだが)。その割に、P太からは、単なるラッピングとして渡しちゃうのは勿体ないと見えたようです。でも、何度も使い廻して貰うつもりだから、返って無駄にならないと説明しました。すると、「そうか、プレゼントを渡した後、袋を回収するんだね!」だって。…さすがに、そこまでセコクはないわい(とほほ)。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2014-12-11 15:28 | ファブリック | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(141)
(115)
(110)
(105)
(97)
(91)
(81)
(72)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(44)
(40)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

オーラ・カイリーの洋ナシ柄と..
at 2017-06-27 15:23
ポーランド陶器のリンゴ型クッ..
at 2017-06-26 15:30
青と紫の小ぶりのエナメル花ブ..
at 2017-06-25 15:31
ジブリ弁当箱
at 2017-06-24 15:36
誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。