タグ:アメリカ ( 5 ) タグの人気記事

マダム・アレクサンダー人形「マイ・ファースト・コミュニオン」

小金井公園のフリマで、最初におおっと目を引いたのが、アメリカのマダム・アレクサンダー人形2体でした。箱入りで、しかもタグやリーフレットが残ったままです。非常に魅力的に写ったものの、今回の日本滞在も最終的に大荷物になるのは疑いようがなく、初っ端からこんな嵩張る物を買って大丈夫か?と戸惑いました。でも結局、2体とも買っちゃいました。どちらも2000年代の8インチ(約20cm)のスリープアイの「ウェンディ」タイプで、2体で1800円でした。同じストールで、他にもマダム・アレクサンダー社のもっと大きな「ケリー」と思われる人形も売られていましたが、さすがに半端なく大きいので見過ごすことに。
a0208783_546485.jpg
買った二体のうちの一つが、この「My First Communion」です。純白のドレスを着てベールを被っているので、最初はウェディング・ドレスかと思いましたが(こんな幼いのに)、「first communion」は「初聖体拝領(プロテスタントでは初正餐式)」を意味し、つまり宗教儀式の装束だそうです。
a0208783_5472585.jpg
樹脂製の箱が付属し、首に掛けているロザリオの他にも、箱の中からこんなロザリオが出て来ました。箱に描かれたブドウと麦は、キリストの血と肉を意味する、正餐式に使用される葡萄酒とパンを表しているようです。ロザリオはずっしり重く、小さいながら凝った装飾が施されています。
a0208783_548356.jpg
ヘッドドレスはこんな感じ。髪がちょっとボサボサ気味で、靴下に水シミがあるものの、子供に遊ばれた訳ではなく、単に飾られていたか箱のまま仕舞われていたようなので、状態は概ね良好です。
a0208783_5483334.jpg
2004年の発売で、金髪に眼はブルー。この人形には、ブルネットやラテン(ヒスパニック)系、アフリカン(黒人)バージョンもあるようです。この他にも、アメリカには結構多くのファースト・コミュニオン人形が存在し、どうやら女の子の初めての聖餐式の際に、本人に出来るだけ似た仕様の人形が選ばれて、プレゼントされるのが通例のようです。衣装は抜群に可愛いものの、題材そのものが日本人にとっては馴染みがないせいか、日本には余り入って来ない人形かも知れません。
a0208783_549611.jpg
滞在先に帰って、同じく人形好きの姉に見せたら、それまでマダム・アレクサンダー人形は知らなかったものの、「おやっ、何て品の良い可愛いお人形なんだ!」と、イッパツで魅力が分かるようでした。造りが丁寧で、プラスティック製なのにビスク・ドールのような質感と気品があります。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-16 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

1972年の複十字シール

a0208783_3431780.jpg
1970年版と一緒にキチ吉ちゃんから貰った、複十字(結核予防の為の募金活動)のクリスマス・シールです。やはりデンマークのお土産だと記憶していますが、これもアメリカ製です。発行は1972年。
a0208783_3433639.jpg
横長に柄が連なったデザインで、1970年の同様、やはり青がメイン・カラーです。
a0208783_3441047.jpg
それに、サブ・カラーとして赤が目立ち、クラシックなクリスマスの雰囲気が出ています。結構細かい柄ですが、レトロさが滲み出た、やはり可愛いデザインです。
a0208783_3442962.jpg
結核の他にも、肺気腫症等の呼吸器疾患、そして大気汚染と戦うことを謳っています。1970年代は、多分先進国で最も工業汚染が深刻だった時代のはずです。ところで、昔は不治の恐ろしい感染病で、私の祖父とP太の祖父も、新選組の沖田総司も「風立ちぬ」の菜穂子も命を落とした(肺)結核ですが、1970年代にも結核患者が居たのか?と言えば、伯母が長年結核用サナトリウムに看護師として勤めていたので、ずっとこの病気で苦しむ人々が存在し続けたようです。現在でも、世界で年間約150万人が死亡する、決して過去の病気ではないと言うことです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-20 15:35 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

1970年の複十字シール

a0208783_532876.jpg
切手のようで郵便切手ではない、結核予防の為の慈善募金活動用クリスマス・シールです。昔、キチ吉ちゃんから北欧(多分デンマーク)のお土産として貰いましたが、アメリカの1970年発行です。シールが全部で100枚も連なっている、とても大きなシートです。二枚ずつのもありますが、多くが一枚ずつしか無い柄で、大変凝ったデザイン。
a0208783_543448.jpg
全体的に見ると、町並みのように構成されているのが分かります。典型的なクリスマス・カラーの赤、緑、金ではなく、青がメイン・カラーなのが印象的。
a0208783_55035.jpg
一枚一枚のイラストも、この時代らしさが反映された、レトロでかなり可愛いデザインです。
a0208783_552348.jpg
一枚のシールの大きさは、日本の普通切手程度。
a0208783_56164.jpg
用途は、クリスマス・カードの装飾として、封筒に貼るのが一般的だったようです。日本と違って、今でもシールは子供の玩具でしかなく、ファンシー・シールがほとんど存在しない国は多いと思いますので。
a0208783_562435.jpg
デンマークは複十字シールの発祥の地であり、アメリカは最大の発行国。これらの国では、今でも特にコレクションが盛んなのかも知れません。一方日本やイギリスでも発行しているはずなのですが、とんと見掛けません。ネット・オークションでも、ほとんど取り引きされていないようです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-16 15:23 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

アメリカのブリキのレシピ・ボックス

a0208783_2184222.jpg
東京のアメリカ系のビンテージ屋へ行くと、レシピ・ボックスを時々見掛けることがありました。大抵いかにも1950年代らしい好みのイラストが付いていて、ブリキと言うノスタルジックな素材の魅力もあり、とても惹かれましたが、特に使う目的もなく、また不必要なものとしては決して安くはない為、今まで買ったことはありませんでした。イギリスにも輸入されていたらしく、アンティーク・モール等でもたま~に見掛けることはありますが、やはり安い買い物ではありません。
a0208783_21103859.jpg
それがこの度、フリマで50ペンスで手に入れることが出来ました。しかも、非常に好みのカントリー調のキッチン・アイテム柄! 普段アメリカ文化には興味のない私でも、アメリカの50’sのデザインは大好きです。「OHIO ART オハイオ・アート」と言う、ビンテージのブリキ製品では結構有名らしいメーカーのものです。今は玩具会社なのかな。半世紀以上たった今でも、中面は新品のようにピカピカです。ボックスの背面に穴が二つ開いており、元は壁に掛けられる仕組みだったのかも知れません。
a0208783_2191045.jpg
レシピ・カードって、主に女性雑誌の付録や食品メーカーのプロモーションとして発行されていたようで、当時どれも統一サイズだったらしく、レシピ・ボックスも大抵大きさが同じです。ビンテージのレシピ・ボックスには、ブリキ製の他に、木製やプラスティック製が存在するようです。別にレシピ入れとして使用しなくとも、シンプルな四角い缶なので、使い道は色々ありそうです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-14 15:36 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

エイヴォンのコーヒーポット型香水瓶

a0208783_1854106.jpg
エイヴォンの香水ボトルは、世界中にコレクターが多く、イギリスのチャリティショップやフリマでも、高めで売られていることが多い程ですが、本当に中々予想し難い色んなデザインがあるんですねー。これは、ガラス製のコーヒーポット型ボトルです。フォークロアな花模様が描かれ、ベンシルヴァニア・ダッチ・スタイルとでも言うのかな。ぽってりした野暮ったいフォルムと、鮮やかな黄色の地色が、いかにも当時(多分1970年代)らしいデザインだと思います。正式名称は、「KOFFEE KLATCH」と言うそうです。
a0208783_18543359.jpg
金属の蓋を外すと、中身も未だフルで残っていまして、正確には香水ではなくバス・オイルです。使う気はないのですが、念の為コーヒーの香りではなく、一応今でも清楚なスズランの香りがします。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2014-09-24 15:34 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(153)
(136)
(118)
(113)
(109)
(100)
(88)
(74)
(71)
(70)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(56)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

田無「けんぞう」で大満足ディナー
at 2017-10-23 15:35
グリーン系三連ネックレス
at 2017-10-22 15:33
国立の「甘味ゆい」の職人技カキ氷
at 2017-10-21 17:26
ノスタルジック・ブルー・デイジー
at 2017-10-20 15:35
ウィズリー庭園の植物フェア 2
at 2017-10-19 15:30

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。