タグ:アンティーク・モール ( 112 ) タグの人気記事

ウランのジェリー?

a0208783_274482.jpg
こんな風に皿に盛ると、まるでライム・ジェリー(しかも安っちい合成着色料入り)のように見えるかも知れませんが、実はこの透明な黄色い物体はガラスで出来ています。その上、120年以上昔に製造されたガラスで、更にウランが含まれ、紫外線を当てると発光するウラン・ガラスです。
a0208783_295460.jpg
厚さは5cm以上あり、しかもヴィクトリア時代のウラン・ガラスなので、放射線量もアール・デコ時代の製品よりずっと高めです。多分極めて初期の型抜きガラスだったらしく、形成がいびつでエッジがボコボコしています。当時ウランは、単なるガラスの着色の目的で使用されていた為、発光の効果を狙った訳ではなさそうです。して、一体何の目的でこれが製造されたかと言いますと、実は「piano rest」と呼ばれる、楽器のピアノの足を乗せる為の台なんです。昔はピアノの足のキャスターにストッパーが無かったようで、このガラスの台に乗せて固定していたようです。だから元々は、3~4個で1セットになっていたはずです。ピアノは相当な重量ですから、このガラスの中央の窪みにも、結構激しい摩擦の跡が残っています。
a0208783_23183251.jpg
コスメ・セットと同じ日に、ルイスの別なアンティーク・モールで買いました(P太が)。値段は4.5ポンドだったかな。不思議なアイテムが、昔は世の中に存在していたことを知り、二人揃って感心しました。勿論今なら、ペーパー・ウェイトとして使用出来ます。ずっしり重いので、役目はばっちり果たすはずです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-14 15:25 | その他 | Comments(0)

ルイスのアンティーク・モール巡り ビンテージ缶編

a0208783_002189.jpg
古い缶は人気の高いコレクタブルズなので、イギリス中何処のアンティーク・モールでも、結構頻繁に見掛けるアイテムです。
a0208783_23551664.jpg
昔からイギリスでは、お菓子の詰まった可愛いデザインの缶が、プレゼントとして定番だったようです(…中のお菓子は不味かったのに違いありませんが!)。
a0208783_235869.jpg
今でも工夫を凝らした菓子入りのギフト缶が、クリスマス、バレンタイン、イースター等イベント毎に色々発売されます。缶のデザインは様々なものの、お菓子の内容のほうは、チョコレート、ファッジ、クッキー(ショートブレッド含む)程度しかなく、今も昔も非常にバラエティに乏しいはず。
a0208783_23583269.jpg
ハンドルが付いた、クロスステッチっぽい柄の缶。
a0208783_23592453.jpg
60~70年代らしい、メリーゴーラウンドみたいな柄のビスケット・ティン(クッキー保存用の缶)。
a0208783_20405152.jpg
ジャコビアン調の刺繍柄。「ジャコビアン」とは、ジェームス一世時代(17世紀初頭)に流行した様式です。
a0208783_235954100.jpg
こちらも刺繍っぽい、ただしクロスステッチやニードルワーク風です。刺繍みたいな柄の缶には、大抵惹かれてしまいます。蓋にはコインが入る切り込みがあり、用途は貯金箱のようです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-13 15:33 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

ルイスのアンティーク・モール巡り 陶器編

a0208783_2337263.jpg
もう食器類は十分持っているし、食器棚は満杯なので、滅多なことではテーブルウェアは増やせませんが、本当は見れば欲しくなる食器がまだまだあります(笑)。
a0208783_23381977.jpg
1950年代のミッドウィンター社の、人気のドット柄のシリーズ。ここまで揃ったセットは、今では中々見掛けることはないかも知れません。
a0208783_2339044.jpg
日本で大人気のスージー・クーパーは、アール・デコ時代の手描きのものなら、イギリスでも高値で取り引きされますが、それ以上に珍重されて高価なのが、同じくアール・デコ期のClarice Cliff クラリス・クリフの陶器。オレンジ色をメインとした、ドドンとダイナミックな(はっきり言って大味な)手描き彩色が特徴です。
a0208783_23392787.jpg
こちらもイギリスのアンティークとして絶大的な人気の、William Moorcroft ウィリアム・ムーアクロフトの陶器。アーツ&クラフツらしいデザインで、「パイプライン」と呼ばれる盛り上がったアウトラインが特徴です。
a0208783_23395125.jpg
でも私としては、こんなスウィンギングらしいデザインのほうが、やっぱ好みだなー。
a0208783_23401070.jpg
こちらは気取りがない素朴な花柄で、一層普段使いし易そうです。
a0208783_23403526.jpg
むっ、好みのイラストと思ったら、スウェーデンのグスタフ・ベリの皿でした。
a0208783_2341916.jpg
20世紀初頭のものっぽい、陶器のティー・カディ。全般的にイギリスでは、こんな写実的な柄の付いた、エレガント系の古物のほうが、断然人気なようです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-12 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ウラン・ガラスのコスメ・セット

ルイスのアンティーク・モールを一通り見渡して、最終的に今回P太が一番気に入って購入したのは、このウラン・ガラスでした。実際見たり写真を撮るだけで十分楽しめるのだから、別に毎回買う必要はないと思うのですが(そもそも場所とるし!)、ウラン・ガラス熱が高過ぎて、買わずには居られないようです。
a0208783_1531985.jpg
ボトルが二つ、パウダー・ジャー(白粉入れ)一つ、ピントレイ一つの4点セットです。元は、全てを乗せる為のトレイも付属していたものと思われます。こう言う化粧用のガラス器セットは、「ドレッシング・セット」や「トイレット・セット」、「パウダールーム・セット」などと呼ばれ、イギリスの古物としてはかなり頻繁に見掛けるものです。セットの内容は、ボトルは無しでパウダー・ジャーが二個の場合があったり、指輪スタンドやキャンドル・スタンドが付いていたりと様々です。典型的なアール・デコ期のデプレッション・ガラスのアイテムで、大抵透明に着色され模様が型押しされたプレス・ガラスですが、その中でウラン・ガラスは初めて見ました。
a0208783_1534366.jpg
ボトルは微妙に高さが異なり、元は多分化粧水や乳液を入れて使用したと思われます。
a0208783_154368.jpg
模様が全面びっしりで、ブラック・ライトを当てると一番美しいパウダー・ジャー。
a0208783_1542351.jpg
精度の良くない型抜きガラスの為、ピントレイの端はかなりギザギザしています。こんな深めの細長い形は、ピントレイとしては割と珍しいかも。
a0208783_18551355.jpg
自然光では非常に淡く色付けされているように見えますが、ブラック・ライトを当てると相当光ります。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-08 15:32 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

ルイスのアンティーク・モール巡り ビンテージ・バッグ編

a0208783_231712.jpg
今回ウラン・ガラスを見るのが最大の目的でやって来たルイスでしたが、その合間、一応姉へのクリスマス・プレゼント用のビンテージ・バッグのチェックも怠りませんでした。
a0208783_2317333.jpg
口金に翡翠等の宝石が鏤められたバッグ。プチポワンのような細かい刺繍が大変美しいのですが、値段は200ポンド近くもします…。
a0208783_23181185.jpg
これは、今回一番姉のスタイルに合いそうと思った、アール・デコ調のバッグ。色合いも刺繍も、ビーズのフリンジも、ベークライトっぽい口金も素敵。でも、価格が遥かに予算オーバーでした。
a0208783_23184714.jpg
一方お手頃価格だったけど、姉の好みじゃないなーと思ったゴブランのバッグ。留め具に、着色されたらしい不思議な天然石が付いています。
a0208783_2319694.jpg
容量たっぷりで、今時の服装にも問題なく馴染みそうな、ウールのウェールズ織りのバッグ。
a0208783_23194146.jpg
こちらは、パーティ&お出掛け用ではなく、編み物道具を入れる為のニッティング・バッグ。持ち手が木製で、紫色の地に花模様の刺繍がびっしりで、素朴な魅力がいっぱい。
a0208783_232013100.jpg
結局今回は、ここでは納得の行く物が見付けられませんでした。好みや価格が合うかどうかの問題だけでなく、余りにでかくて重いと、航空便の郵送料が馬鹿にならないので、ビンテージ・バッグ選びは、ビンテージ・ジュエリーよりも、難易度が高いとつくづく思います。   
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-06 15:31 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

ルイスでアンティーク・モール巡り ガラス器編

a0208783_22171471.jpg
本当に、夫婦で毎週末のようにアンティーク・モール巡りをしています。元々古物は大好きだし、イギリスには至る所にアンティーク・モールがあるし、嬉しい限りなのですが、ちょっと奇妙な骨董趣味に、夫婦揃って我ながら呆れています。今回は、古物番組にも度々登場する御馴染みの町Lewes ルイスにやって来ました。我々の一番のお目当ては、勿論ウラン・ガラス。元々ウラン・ガラスに目覚めたのが、このルイスの町でしたから。複数のアンティーク・モールをごちゃ混ぜで、今回はガラス製品の写真だけを御紹介します。
a0208783_22185847.jpg
一番上のボウルはウラン無し、その下はウラン有り、奥のセットもウラン含む。やはり今でも、肉眼だけで判断するのは難しいですね。勿論ウラン・ガラスかどうか確認する為、小さなブラック・ライト持参。これが、始終一緒に行動しているのにも関わらず、すぐ取り合いになってしまうので(子供と同程度夫婦)、一人一個ずつ持ち歩かないと駄目~と言う事が身に染みて分かりました。
a0208783_22203628.jpg
シンプルなワイン・グラス。こう言った今でも製造していそうなデザインだと、肉眼でウラン・ガラスと見極めるのが余計難しいようです。ただし、ここは紫外線が強い蛍光灯の下だったので、ブラック・ライト無しでも結構発光して見えました。
a0208783_2221762.jpg
現代の物にしか見えなかった、このクラック加工のワイン・グラスも、実はウラン・ガラスで少しびっくり。
a0208783_22215020.jpg
以前購入したBarkleyの「Carnival」は、セットが揃うとこんな感じ。
a0208783_22221612.jpg
一方、一目でヴィクトリア時代のウラン・ガラスだと分かった、非常に美しいボート型の器。ペアではなく、一つで40ポンドします。
a0208783_22224164.jpg
これはエレガント・ガラスとも呼べる程、繊細な模様が美しい、ウラン・ガラスのティーセット。
a0208783_2223113.jpg
拡大するとこうです。大きなセットですが、もしバラだったら買ったかも知れません。
a0208783_22235672.jpg
…もしかして、同型の色違い?? 因みに、これがデプレッション・ガラスに良くあるピンク色。
a0208783_2224207.jpg
同じく、ピンクのデプレッション・ガラス。思わず苺パフェなんかが食べたくなる、サンデー・グラスです。
a0208783_2227388.jpg
一応これも、ガラス製品と言うことで。日本の桜祭りの提灯のような、クリスマスのボーブル(ツリー・オーナメント)に見えますが、実は提灯型電球です。
a0208783_22245033.jpg
これは、ヴィクトリア時代のパラフィンオイル・ランプでして、点灯燃焼部分にトリウムが含まれていると知り、P太は嬉々として放射線量を測定していました(怪し過ぎる客)。結果、同時代のウラン・ガラスよりも、遥かに高い量が測定されました。しかもこの部分は燃えて灰になるので、使用するとマジで健康を害する恐れがあります。しかし、余り忙しくない時間なら、大抵の店は頼めば放射線測定に応じてくれるようで、P太はこの他にも第二次世界大戦中の戦闘機の部品を測定させて貰っていました。店のおじちゃん達も興味津々で、「それは放射線物質を出していなければOKなの? それとも出していたほうが良いの?」と質問していましたが、答えはP太的には後者のほうで、放射線量が高い程嬉しいなんて、頭可笑しいですよね…。
a0208783_22263161.jpg
ピンボケ失礼。アイリス・ガラスの亜種のようです。
a0208783_22273499.jpg
最後に、レリーフの猫がカナンみたいで思わず胸がきゅんとなる、素敵なガラス製の置物。
a0208783_2228930.jpg
今回アンティーク・モール巡りをして、改めて分かったことは、ウラン・ガラスがメインのアクセサリーは、元々余り存在しないのか、探すのが難しいということ。また、分厚い吹きガラスのウラン・ガラスは、ブラック・ライトを当てると、単なるウランの塊か溶岩のように見えて(笑)全然美しくないと言うことでした。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-12-03 15:30 | 旅行・お散歩 | Comments(2)

ウラン・ガラスのバスケット型ボンボン・ディッシュ

a0208783_1453265.jpg
ウラン・ガラスを見学に行ったドーキングのアンティーク・モール巡りで、P太が二軒目で買ったガラス器です。今まで私達が手に入れたウラン・ガラスは、皆黄緑色でしたが、実はそれはウランに鉄分を加えて着色しており、本来のウランの色はこんな酸っぱそうな黄色で、それが「ワセリン・ガラス」とも呼ばれる由来だそうです。傍目からは気付きませんが、実は端が結構欠けている為、値段はチャリティショップ並みでした。
a0208783_118717.jpg
こういう形態を、「オープン・バスケット型」と呼ぶそうです。元々の用途は、お菓子を入れる為のボンボン・ディッシュだと思います。結構捻りの入った複雑なフォルムなので、一瞬どうやって型抜きで形成したのか考えてしまいましたが、良く見るとハンドルの縦の中央に繋ぎ目があります。
a0208783_1183153.jpg
中々繊細な模様が付いていますが、安っちい蛍光色の為、そんなに古いものには全く見えないどころか、まるでプラスティックのようにも見えます。
a0208783_246688.jpg
ところが、紫外線光を当てると、こんな形や装飾の凝ったガラス器のほうが、撮影して面白く、断然映えることが分かりました。購入する際にP太は、「この原子力食器を買います」と言って、周囲にウケていました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-11-24 15:22 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ドーキングでアンティーク・モール巡り 2

a0208783_4572969.jpg
現在夫婦揃って興味のあるウラン・ガラスを見学する為、サリー丘陵地帯に囲まれた古いマーケット・タウン、Dorking ドーキングでアンティーク屋巡りをしています。
a0208783_445316.jpg
3軒目のアンティーク・モール。数軒分の民家を繋げて店舗に改造してある為か、実は外から見るよりも店内はずっと広く奥深く、かなり複雑な構造になっています。
a0208783_4452882.jpg
やはりここにも、人気のラリック・ガラスのコーナーが。
a0208783_4455316.jpg
このマッチ箱より小さい銀のケース達は、「vinaigrette」と呼ばれる、ヴィクトリア時代ならではのアイテムです。昔は各家庭にトイレがなく、おまるで用を足し、中身は公道に捨てていた為、街には酷い悪臭が漂っていました。そこで、この銀器に香料を詰めて携帯し、嗅ぎながら歩いた訳です。効き目があったのかどうか疑問ですが、純銀製で装飾の凝ったものが多いせいか、概ね値段も大変高くなっています。
a0208783_4464242.jpg
とてもお洒落な、モダニズム(1950年代)のコーヒー・セット。カップのハンドルが出っ張っていない、コンパクトで機能的なデザインです。ラタンのテーブル・セットは日本製。
a0208783_447540.jpg
一階の最奥は陳列棚に囲まれたカフェになっていて、更に奥に素敵な中庭があります(ガラス越しに撮影)。
a0208783_4473351.jpg
二階へ続く急な階段の途中には、こんなステンド・グラスが嵌め込まれていました。
a0208783_4475434.jpg
一階はやや高級め。二階のほうがビンテージ率が高く、言わばカジュアルで私の好み。
a0208783_4482346.jpg
左は「アラビア」、右は「ロイヤル・コペンハーゲン」の絵皿。
a0208783_4485075.jpg
デプレッション・ガラスのコーナー。左下は、ウラン・ガラスのケーキ・プレートです。
a0208783_4491266.jpg
かなり発光は薄いけれど、これもウラン・ガラスです。スタンド部分の子供レリーフがちょっちキモイと、夫婦で意見が一致しました(笑)。
a0208783_4493210.jpg
こちらは、ムラノ(ベネツィアン)・ガラスと思しき、吹きガラスのコーナー。中下段右の赤紫っぽいガラスは、「クランベリー・ガラス」と呼ばれ、ガラス・ファンには特に人気のある色です。
a0208783_4495252.jpg
可愛い柄の「Chance チャンス」のハンカチ型花器と、ゴーリーのマグ。
a0208783_4501540.jpg
この1950年代に流行した「Pelham」の操り人形は、フリマやチャリティショップでも時々高値で売られていますが、大人気のコレクタブルズです。
a0208783_4511482.jpg
このアンティーク・モールの2階の最奥は、ファッション小物や手芸用品を中心に売る、大変好みの売り場になっていました。
a0208783_4521696.jpg
機会はないけれど、こんな帽子を被ってみたい(笑)。総ビーズのバッグも素敵。
a0208783_4524967.jpg
ビンテージ・ジュエリーは勿論、コンパクト・ミラー等の昔のコスメ用品も、コレクターの多いアイテムです。
a0208783_4532097.jpg
フェルトのアップリケを閉じ込めた、多分ルーサイトの手鏡。オランダのお土産とかかな?
a0208783_454330.jpg
まるで、昔の洋品店をそのまま再現したようなコーナー。
a0208783_4543096.jpg
カウンター式のガラス・ケースの中には、古いボタンやバックルがいっぱい。
a0208783_4544841.jpg
布巾のような綿生地の、素朴な刺繍のエプロン。
a0208783_4595760.jpg
古着も色々。じっくりは見ていないけれど、モッズ時代のものが多そうです。
a0208783_4553152.jpg
最後の一軒は、ガラス製品は少なかったものの、昔の発電機や電機メーター、望遠鏡や顕微鏡等、科学ゴコロをくすぐる商品を集めた一室があり、P太にとっては堪らないお店だそうです。
a0208783_4561055.jpg
アーツ&クラフトの木彫テーブル。脚部分も凝っていて素敵なデザインですが、テーブルとしてはデコボコで役に立たなさそう。上に、分厚いガラス製の天板でも置いたのでしょうか?
a0208783_457477.jpg
新しい店が増えたり、かなり店並みが前回と変わって、生憎一番目当てのガラス専門のアンティーク屋はなくなってしまったようですが、ウラン・ガラス自体は沢山目にすることが出来ました。敷居が高そうと勝手に思っていたドーキングのアンティーク屋ですが、実はブースや棚を個々に貸し出している、イギリスではお馴染みの形式で、値段はルイスやブライトンのアンティーク・モールと大差ありませんでした。また、間口が小さめで小規模に見えても、一般の古い民家を改装して繋げている建物が多い為、実は驚くほど奥が深いのです。でも急な狭い階段等も多く、アンティーク屋巡りを楽しむのも、また足腰の丈夫なうちだけだなあと痛感しました。何より、今までアンティーク・モール巡りには、仕方なく私に付き合うだけだったP太が、ウラン・ガラスと言う共通の趣味を通して、一緒に楽しめるようになったことが一番嬉しいと思いました(…しめしめ。笑)。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-11-22 15:28 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ドーキングでアンティーク・モール巡り 1

結構な運動量だった郊外の大型フリマも今年は終了してしまったので、日頃の運動不足を少しでも解消する為、せめて週末はたっぷり歩きたいと思っている私達夫婦。しかし、生憎その週末の天気は曇天でした。庭園や自然を回るのには、天気が良くないとつまらないし…。どうしたものかと考えて、うちからそう遠くないアンティークの町Dorking ドーキングに、ウラン・ガラスを見にに行こう!と提案すると、P太、気前良くオッケーしました。現在夫婦揃って興味を持ち始めたウラン・ガラスを勉強するには、まず実物を見るのが一番で、ドーキングには確かガラス器専門のアンティーク屋があったと記憶していたからです。
a0208783_3132611.jpg
古いマーケット・タウンであるサリー州のドーキングは、ルイス同様に古物番組に度々登場する、アンティーク屋の多い町です。でも概ね広々として女性的な小物アイテムの多いルイスのアンティーク・モールと違って、どの店も小規模で高級そうに見え、今まで実際入ったことのある店は余りありませんでした。
a0208783_3134890.jpg
一軒目のアンティーク・ショップ。通りに面したディスプレイには、いかにも高そうな商品が並び、まず入り口を潜ると、まるでホテルの受け付けのような御大層なカウンター・テーブルがあります。
a0208783_3141284.jpg
でも店内の奥へ進むと、それぞれ契約者を持つ沢山のブースに分かれた、普通のアンティーク・モールと変わりないことが分かりました。小型のブラック・ライトを携帯して来たので、アール・デコ以前で黄緑や黄色のそれらしいガラス器には、紫外線光を当てて、ウラン・ガラスかどうか確認して行きます。さもないと、そうは記されていない商品が多いのです。アンティーク・モールの店内は、大抵薄暗いので、小型のブラック・ライトでもはっきりと反応します。これは、1930年代のフロスト加工のウラン・ガラスの、葉っぱ型デザート・ボウル・セット。全部で17ポンドでした。ただし小皿の何枚かには、大きなヒビが。
a0208783_3152928.jpg
こちらのウラン・ガラスのゴブレットは、ペアで14ポンド。全体的に結構良心的な値段です。こうやってブラック・ライトを当てていたら(そりゃ怪しい行動だよね!)、アンティーク・ファンらしい夫婦の客が、興味深く何をしているのか尋ねて来ました。P太が得意がってウラン・ガラスについてベラベラ説明すると、夫婦はすっかり感心したようで、面白い知識を教えてくれて有難うと何度もお礼を言いました。
a0208783_3155350.jpg
このミルキー・グリーンのウラン・ガラス器は、ヴィクトリア時代のもの。「mantle lustre」と呼ばれ、元々はペアで、暖炉の上に置いたキャンドル・スタンドだと思います。コレクター・アイテムなのか、ヴィクトリア時代のガラス器自体が珍しいからか、値段は88ポンドもします。でもこれは単体だし、塗装は剥げてシャンデリア・パーツも無くなって状態は良くないので、これでも安いほうのようです。
a0208783_742413.jpg
ヴィクトリア時代のウラン・ガラスは、アール・デコ時代の製品より、ウランを3~10倍含んでいると言われており、紫外線を当てると確かに一際眩しく光ります。余りの発光の強さに、P太は本気で惹かれたそうですが、放射能の強い、こんなデカイ安定の悪いものを家に持ち込まれては堪らんので(しかもうちのインテリアに全く合わない)、今後小さいヴィクトリア時代のウラン・ガラス器を探そうと、説得して諦めさせました。
a0208783_3162018.jpg
ウラン・ガラスではありませんが(一部はそうかも)、ガラス・ファンからは絶大的な人気の高い、フランスのルネ・ラリック(社)のガラス製品。アール・ヌーヴォーらしいデザインと、独特な乳白の色合いや質感が、大変優雅で美しいと思います。型生産ではない初期のものは、値段もとても高いようです。
a0208783_3163946.jpg
これもウラン・ガラスではありませんが、白粉を入れて使ったパウダー・ジャーと言う、古式ゆかしいアイテム。恐らくアール・デコ時代のものと思われます。
a0208783_317058.jpg
同じくウラン・ガラスではない、多分ヴィクトリア時代の、金盛り彩色したような(銀ですけど)グラス。ちょっとデコラティブ過ぎる感はありますが、ガラスにエナメルで繊細に絵付けしたものは基本的に好きです。
a0208783_3173539.jpg
ヴィクトリア時代の吹きガラスで、値札には「ワセリン・ガラス」と書いてあります。しかしブラック・ライトを当てると、単なるワセリン色(レモン・イエロー)で、ウラン・ガラスではありませんでした。やっぱりウラン・ガラス探しには、アンティーク屋と言えどブラック・ライトは必須のようです。
a0208783_3171769.jpg
刺繍の「サンプラー」も、コレクターの多い人気アイテム。これは相当古いもののよう。
a0208783_318080.jpg
「tea caddy ティー・カディ」と呼ばれる、イギリス版茶箱。現在のティー・カディと呼ばれるものはほとんど缶ですが、昔は大抵木箱でした。古物オークション番組に良く登場する、イギリスでは人気のコレクタブルズ。
a0208783_3183138.jpg
その昔、紅茶葉が非常に高価だった為、こんな木箱のティー・カディは特権階級のみが持つアイテムだったので、贅沢な仕様のものが多いようです。更に、使用人に中身を盗まれないように、必ず鍵を掛けていました。箱ごと持ち去られたらお仕舞いだと、いっつも思うのですが(笑)。
a0208783_3195159.jpg
この一軒目のアンティーク屋は、思いの外奥が深くて、屋根裏部屋まで売り場になっていました。
a0208783_320199.jpg
2軒目。店舗は余り大きくないけど、入り口からもガラス製品が結構数多く見えました。御老人達(オーナー&常連客?)がお喋りに興じ、和やかな雰囲気。
a0208783_743511.jpg
実際この店では、結構ウラン・ガラスを見掛けました。(…指写っちゃった)
a0208783_7442091.jpg
この黄色と乳白色のガラスは、ヴィクトリア時代のもの。写真は撮っていませんが、いかにもアール・デコなデザインのウラン・ガラスのネックレスも、この店で見ることが出来てラッキーでした。
a0208783_3204185.jpg
続いて、3軒目と4軒目のアンティーク・モールを訪れます。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-11-21 15:36 | 旅行・お散歩 | Comments(4)

紺地に花柄のフォークロアなスカート

a0208783_581651.jpg
ルイスのアンティーク・モール巡りで、姉への誕生日プレゼントを探している際、目に入った相当好みのビンテージのスカート。とても似合うからって、P太が突然買ってくれました。
a0208783_55830.jpg
紺地にボーダー状に繋げた花柄が基本で、マーガレットのような白と赤の花の大小、更に細かい水玉が散っています。大好きなトリコロールの組み合わせ。更にこの白が、全くの純白ではなく、本当はベージュに近い濃い生成りなのも気に入っています。
a0208783_554692.jpg
何処かの誰かのハンドメイドらしくて、ちょっと不思議な造りです。複雑に接ぎ繋げてあり、多分前ジッパーで、そのすぐ両脇の妙な位置にポケットがあります。ポケットを使用しなければ、背面ジッパーのほうが落ち着くような気もするのですが…。長さは、私にとっては足首だけが出るロング丈で、本当にフォーク・ダンスでも踊るの?と思っちゃうような長さです。さてさて、どんな風に組み合わせて着ようかな。自分的には赤いトップが一押しなのですが、くれぐれもコスプレにはならないように気を付けたいと思います(笑)。 
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-13 15:36 | ファッション・コスメ | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(164)
(143)
(121)
(121)
(112)
(105)
(93)
(77)
(74)
(71)
(68)
(60)
(60)
(59)
(59)
(59)
(52)
(50)
(46)
(43)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ソンプティング教会のお祈りク..
at 2017-12-13 15:35
ルーサイトの青い花のインタリ..
at 2017-12-12 15:28
赤いチロリアン・テーブル・クロス
at 2017-12-11 15:26
小さな木製トントゥ人形
at 2017-12-10 15:24
村のクリスマスの風景のFDC
at 2017-12-09 15:23

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、めちゃ三毛..
by piyoyonyon at 19:15
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 19:07
Tallulahさん、お..
by piyoyonyon at 18:58
とうとうその日が来てしま..
by にいく at 22:28
ポコちゃん、頑張りました..
by 真木 at 10:51
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 02:35
真木さん、前回は確かここ..
by piyoyonyon at 08:26
真木さん、わざわざ御返答..
by piyoyonyon at 08:19
David Austin..
by 真木 at 10:23
うんうん、ポコちゃんはぴ..
by 真木 at 10:14

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。