タグ:カーブーツセール ( 48 ) タグの人気記事

茶系の毛糸巻き花のコサージュ

a0208783_6132822.jpg
ブローチ・ピンが付いていないので、「コサージュ」とは呼べないのですが、ちょっと変わった仕様の造花です。フリーマーケットで売られていた、古い裁縫箱の中から見付けたので、昔の誰かの手作りだと思います。今まで見たことのない手法で作られ、ベルベットのような光沢のあります。
a0208783_614213.jpg
良く観察すると、細い銅線を直径2mm程度のコイル状に巻き、これを主線になる枠として花びらや葉として形作り、毛糸をコイルに引っ掛けて巻き付けて枠の中を埋めています。この毛糸に絹のようなツヤがあり、その上少し起毛しているので、全体にベルベットのような光沢が生まれる訳です。でも、経年でコイルや枠が曲がったりで、葉っぱ部分の糸が緩んでしまい、一度全部ほどいて再び巻き付けるのには結構苦労しました。花びらのように枠の幅の狭いものなら、緩みの心配が少ないようです。
a0208783_6142431.jpg
買ったのは夏ですが、ツイードとかに合わせるのが似合いそうで、秋冬に活躍しそうです。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-02 15:23 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスのブドウ柄バスケット型ボンボン・ディッシュ

a0208783_354319.jpg
ハンガーフォードのチャリティショップで、P太がエレガント・ウラン・ガラスのカップ&ソーサーを手に入れた翌日、これを地元のフリマで手に入れました。
a0208783_314023.jpg
オープン・バスケット型のウラン・ガラスを買うのは、これで二個目ですが、こちらは前回の物より、柄が繊細で一層魅力的です。ウラン・ガラスの場合、やはり複雑なデザインのほうが、発光させて綺麗なのです。
a0208783_362772.jpg
用途はボンボン・ディッシュ、すなわちお菓子を盛る為の皿のようです。其処は、ハウス・クリアランス(故人等の家財品処分)の古いガラクタが雑多に詰まったダンボールが並んだストールで、他にももう一つバスケット型の黄色いウラン・ガラスがありましたが、カケ&ヒビだらけの酷い状態でした。
a0208783_37512.jpg
型抜きガラスとしては、相当緻密で繊細な模様です。柄のメインとなるのはブドウの蔦。中央の不思議な幾何学模様も素敵です。
a0208783_373062.jpg
こう言ったバスケット型のガラス器は、ヴィクトリア時代に流行したアイテムだそうです。これも、ヴィクトリア時代のウラン・ガラスらしく黄色で、また黄色のウラン・ガラスらしく発光も強め、放射線量も高めでした。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-13 15:31 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ウラン・ガラスの金彩入りワイン・グラス

日本からイギリスに戻って以来、勿論欠かさず毎週末にフリーマーケットを訪れていますが、久しくウラン・ガラスを手に入れることが出来ず、夫婦揃って多少がっかりしていました。出店数の多いこの季節、昨年の今頃なら、何かしら毎週のようにフリマでウラン・ガラスを見掛けることが出来たのです。しかしその週末は、来客の都合で、いつもの地元の大型フリマではなく、隣町の小規模なフリマにしか行けませんでした。が、イッパツでウラン・ガラスのこのワイン・グラスを見付けることが出来ました。やはりフリマの収穫率って、ストールの数に比例する訳じゃあないんですよね。そこは、古い家の処分品(恐らく家主か持ち主が死去したとかで)丸ごとを、ダンボールに詰めてそのまま売っているストールでした。このグラスも、他の薄い緑色の多分同時代のワイン・グラスと雑多に、全く梱包もされずに詰め込まれていたのですが、これのみがウラン・ガラスでした。今まで良く、割れもせずカケもなく居られたもんです。
a0208783_6164738.jpg
全く蛍光っぽい緑色ではなく、しかもオリーブ・グリーンに近い深い緑色なので、もしブラック・ライトを当てなかったら、絶対にウラン・ガラスとは分からず、疑いすらしなかったはずです。
a0208783_6172487.jpg
細かい金彩の模様が入っている点も、ウラン・ガラスとしては珍しいと思いました。これは、エッチング(薬品による腐食)の技法で作られているようです。特にアール・ヌーヴォー時代に流行した手法なので、もしかしたらこれもその時代の製品かも知れません。
a0208783_17361180.jpg
そういう全くウラン・ガラスらしからぬ色の割には、意外と濃く発光します。
a0208783_6175115.jpg
ウラン・ガラスなのは上部の杯だけで、見ての通りステムやスタンドは透明ガラスです。それぞれ吹きガラスで形成されたものを、後から溶接で繋げたようにも見えます。杯の部分が微妙に平面カットされたようなフォルムで、単なるワイン・グラスと見ても中々素敵なデザインなので、もし透明な部分が上下逆、つまり杯が透明でステムがウラン・ガラスだったら、実用出来たのに…などと考えてしまいました。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-23 15:21 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

八角形のクロスステッチ柄の缶

a0208783_06151.jpg
クロスステッチ柄…と言うか、クロスステッチの図案柄、または単なるマス目画柄の缶です。サビサビの古い缶の割には、1ポンドと、フリマとしては高かった。値切ろうとしても駄目で、プロらしき店主のおっさんは「だってコレほら、『トンブリッジ・ウェア』加工してあるだろ? だから安く出来ないんだよ」。…私、無言。おっさん「言ってる意味、分かる?」。分かりますが、思わず「そりゃ絶対違うだろっ」と反論してしまいそうで答えませんでした。「Tumbrigde ware トンブリッジ・ウェア」と言うのは、イギリスの寄木細工のことで、アンティークとしても価値の高い物ですが、それとはこの缶は全く関係なさそうです。でもまあ、缶コレクターは結構多いし、古い缶こそコレクターには有難いかも知れないので、おっさんは強気なのかも。
a0208783_064653.jpg
八角形を横長にしたような形で、平べったくて、収納には役に立ちそうなので、結局買いました。それに、刺繍風の愛らしい花柄の缶は、やはり見逃せません。中にも多少サビがあるので、食品とかは入れられませんが、アクセサリー・パーツ等なら収納出来ます。
a0208783_071040.jpg
トンブリッジ・ウェアでは全くないけれど、蓋にも側面にも溝のエンボスがあって、結構凝ったデザインです。特に蓋のエンボスは、縦横に組み合わせて、エンボスだけで模様のように加工されています。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-10 15:33 | 箱・缶・入れ物 | Comments(2)

ポーランド陶器のリンゴ型クッキー・ジャー

a0208783_18153222.jpg
イギリスに戻って来ると、既にフリーマーケット・シーズンが真っ盛りでもありました。これは、郊外の大型フリマで今年初めて買った物です。大好きなポーリッシュ・ポッタリーの、リンゴ型の蓋付きの入れ物です。お店の人は、多分用途はクッキー・ジャーだろうと言っていました。
a0208783_18161121.jpg
欧米では、昔から手作りのクッキーを、こんな陶器や缶の入れ物に常備しておく習慣があるそうです。これは密閉性はないので、湿度の低いヨーロッパならではの用途です(…でもイギリスは意外と湿度高い)。クッキーを保存しておく器だけあって、大きさはそれなりにあります。その割に、と言うかその為に絵付けも大振りで、言ってしまえば結構大味なデザインです。
a0208783_1816386.jpg
リンゴの葉っぱには、何故か不思議な穴が開いています。この部分は、ちょっと洗いにくそう。実際買った時には、影に埃が溜まっていました。
a0208783_18165759.jpg
器だけなら、シリアル・ボウルやカフェオレ・ボウルとしても、丁度使えそうな大きさですが、蓋と接する部分が釉薬無しの素焼き状態になっている為、液体は染み易いかも知れません。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-26 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(8)

アンティークのハートの刺繍の絵葉書

a0208783_6123451.jpg
うちからはちょっと遠い、ほとんどアンティーク・マーケットのようなフリマの、今年最後に訪れた日に買いました。「今年最後」と言うのは、今年はその日で開催終了と言う訳ではなく、次の週から近くの別なフリマが始まるので、わざわざ遠い其処へはもう行く必要がないからです。しかし、そのフリマで買わないと、アンティーク・マーケットやモールの絵葉書専門ストールでもない限り、中々出会えないアイテムなのです。ほぼ百年前の第一次世界大戦中の兵士用に制作された、大好きな刺繍のアンティーク絵葉書です。ラッキーなことに、久々に気に入った絵柄に出会えたので、友達用に購入しました。
a0208783_6131232.jpg
これらの第一次世界大戦時の刺繍葉書は、極薄の絹地に刺繍してある為、コレクターの間では「シルク・ポスト・カード」と呼ばれています。台紙にはシミが目立ち、刺繍地は多少破けていて、コンディションは余り良くありませんが、ちょっと目を引く蛍光っぽいパステル・カラーの刺繍糸の、愛らしいハート・モチーフなのが気に入りました。
a0208783_613428.jpg
売り手の話だと、こんな風に台紙の額縁にエンボス模様の入っていたほうが、シルク・ポスト・カードとしては価値が高いそうです。
a0208783_614375.jpg
通信面からは、多分兵士である父親が、息子の15歳の誕生日に、戦場から送った葉書であることが分かります。この父親が、その後無事に家族の元へ帰ることが出来たことを祈るばかりです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-12 15:34 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

青いクロシェ・パッチワークのブランケット

a0208783_746738.jpg
昨年末、フリーマーケットで出会った、かぎ針(クロシェ)のモチーフ編みを繋いだ、大きなグラニー・ブランケットです。一目見て、大好きなクロシェ・パッチワークの中でも、特に好みにどんぴしゃだと惹かれました。価格は2ポンドと言われ、1ポンドに値切ろうとした(…最早クセ?)けど断られ、結局言い値で買いました。しかし本当は、2ポンドでも十分安い、魅力的で状態も造りも良いブランケットなのは、重々承知しています。もしアンティーク・モールで買ったら、30~50ポンドはしそうです。
a0208783_7483894.jpg
沢山の色を使用した、レトロ・キッチュな雰囲気満点のモチーフ編みを、青い毛糸で繋げて統一してあります。全体的な大きさは100×150cm位で、子供用のベッドなら、ベッド・スプレッド(カバー)としても使えそうです。一つのモチーフは5cm角位と小さめで、しかも割と細い毛糸で緻密に編んであり、それをこんなに大量に繋げてブランケット・サイズに仕上げてあるのだから、相当な労力を要した力作であることが分かります。
a0208783_7465722.jpg
こういうのを広げて撮影していると、シマシマのあの子が必ず嗅ぎ付けてやって来て、撮影の邪魔をしたなあと思い出し、涙が込み上げて来ます。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-28 15:26 | ファブリック | Comments(0)

黄色い花のエナメル・ブローチ

a0208783_745995.jpg
フリーマーケットでの、私にとって今年最初の戦利品です。P太がウラン・ガラスのボンボン・ボウルを買ったのと、同じストールで買いました。フリマで出会う機会は中々ない、大好きな1960年代のフラワー・パワー感が溢れるエナメル・ブローチの上、目立った剥げもなく、コンディションは中々の良さ。おまけに、10ペンス(約14円)の安さでした。花びらは、この手の花の基本のような優しい柔らかい黄色。更に中央の「マルカワ・フーセンガム」みたいな元気なオレンジ色が、この時代らしいポップさを表しています。
a0208783_754227.jpg
極めてシンプルな分、使い勝手は良さそうです。ただし、花びらの付け根がかなり細く、金属製とは言え、乱暴に扱うと千切れてしまう恐れがあります。実際買った時点では、かなりひん曲がっていたので、注意深く形を整えました。丁度フリマ到着時に本格的に雨が降り出し、多くのストールが店仕舞いを始めていたのに、この寒い季節のフリマの初日としては、まあまあ収穫に恵まれました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-15 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスのボンボン・ボウル

a0208783_20143390.jpg
我が家の、今年初のウラン・ガラスの収穫です。うちからは少し遠い、通年開催されるフリーマーケットで買いました。寒い季節の上に、その日は生憎の曇天で、おまけに霧雨が降り出していたので、出店数は期待出来ませんでした。P太は、出掛ける事に「ガソリン代ばかりが掛かる」と文句ぶーぶー。しかし、フリマ会場で早速このガラス器に出会い、50ペンスで手に入れることが出来た途端、文句はピタッと止みました(笑)。
a0208783_20152313.jpg
アール・デコ時代の型抜きガラスで、用途はボンボン(キャンディ)・ボウル、、またはデザート・ボウル、または鏡台の小物入れだと思います。
a0208783_20161990.jpg
縁がスカラップ状にカットされ、結構凝ったデザインで、中々の美しさ。底に付いた古風な三本の足が、時代の古さを物語っています。
a0208783_185196.jpg
肉眼では薄く着色されて見えますが、その割にブラック・ライトでは濃く発光します。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-13 15:33 | テーブル&キッチンウェア | Comments(2)

ピンク系ラインストーンのブローチ

a0208783_732790.jpg
昨年のフリーマーケットでの、最後の戦利品です。かなり大きなブローチで、縦7cm以上あります。その上ラインストーンびっしりで、ずっしり重みもあります。特徴的なのは、薄~い藤色掛かったピンク色と無色AB加工のラインストーンで構成されており、輝きは派手なれど、色合いがかなり繊細なこと。
a0208783_7322767.jpg
一番上のラインストーンに欠けがある以外(不思議な箇所が壊れたものだ)、状態は良好です。大振りなので、またしても姉に上げようと思っています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-31 15:28 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(152)
(135)
(118)
(113)
(109)
(99)
(88)
(74)
(70)
(69)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(55)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ウィズリー庭園の植物フェア 1
at 2017-10-18 15:27
ラインストーン付きエナメル花..
at 2017-10-17 15:35
田無の隠れ家的ダイニング・バ..
at 2017-10-16 15:28
オレンジと黄緑のフラワー・パ..
at 2017-10-15 15:33
やっぱり美味しい「グラスハー..
at 2017-10-14 15:39

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。