タグ:ガラス製品 ( 105 ) タグの人気記事

再びプルボローのアンティーク・モールへ

a0208783_23182788.jpg
ウェスト・チルティントン村の壁画教会へ行った帰り、ここまで来たら近いからと、またもやPulborough プルボローのアンティーク・モール「The Corn Store」へ立ち寄ることにしました。もしかしたら店名の由来は、昔の穀物取引所の建物だからかもしれません。
a0208783_23185999.jpg
我々の一番のお目当ては、やはりウラン・ガラス。
a0208783_23192835.jpg
裸の女のフィギュアが付いた、アール・デコの典型的な大きな花器が、まずウラン・ガラスでした。
a0208783_23195410.jpg
前回P太が、プリムローズ色のウラン・ガラスのクリーマー&ボウルを買ったストールで見掛けた、同じシリーズと思えるクリーマー。でもこの脚が、何だか殺せんせーの足(って言うか触手の先)みたいでヌルフフフ。
a0208783_23201558.jpg
ウランの含有量が比較的高い為、ブラック・ライトを当てると、日中でもばっちり光ります。
a0208783_23203752.jpg
ウラン・ガラスではありませんが、大人気のルネ・ラリックの大きな美しいボウル。上にたまたま乗っているブローチも、今気付いたけど中々素敵。
a0208783_23211273.jpg
色付きガラスのオープン・ソルトのコレクション。ウラン・ガラスは一つもありませんでしたが、もしあったとしても、形自体は平凡なのに、値段は9ポンドと高かった。もっとも売り主は、昔の卓上塩入れとは気付かず、キャンドル・ホルダーだと信じているようです。
a0208783_23215334.jpg
この一見地味~な婆臭いネックレスは…、
a0208783_23221437.jpg
実はウラン・ガラスです。アール・デコ期のネックレスのようです。
a0208783_23231777.jpg
ニードル・ポイントのシート張りの椅子。鮮やかなオペラ・ピンクが、ニードル・ポイントとしては中々個性的。
a0208783_232458.jpg
本体に付いた花模様が可愛い、古いシンガー社のミシン。
a0208783_23244222.jpg
続いて、二階へ向かいます。
a0208783_2325824.jpg
二階は、布物やアクセサリー雑貨等の、女性的な商品が一層多い品揃えとなっています。
a0208783_2326412.jpg
ビンテージ・ドレスのコーナー。
a0208783_23262961.jpg
魅力的なビンテージ布が揃っています。左のバスケットの中は、三点ともハーフ・タイプのエプロンです。
a0208783_23265842.jpg
ビンテージ・バッグも。
a0208783_23334490.jpg
こちらは、バッグと言うより、デコ期のビーズのパーティー・ポーチ。
a0208783_23273119.jpg
同じくデコ期のポーチ。ガラス製のコスメ(ドレッシング・テーブル)・セットは、本当にあちこちで見掛けます。
a0208783_23275923.jpg
持ち手が木製の中国人人形になっている、中国製の子供用の雨傘。
a0208783_2328242.jpg
開くと、こんな感じになります。
a0208783_23285067.jpg
イギリスの古クマとしては結構見掛けるタイプの、やたら黄色いテディベア。
a0208783_23292972.jpg
ここは、前回私がスウェーデン製のクリスマスの壁掛けを買ったストール。
a0208783_23295650.jpg
ビニール袋が光って分かりにくいと思いますが、昔のプラスティック製の人形用花屋さんごっこセットです。丁度リカちゃんサイズ位で、レトロで可愛い。
a0208783_3471419.jpg
ビンテージ・ジュエリーも、概ね悪くない品揃えでした。
a0208783_23305632.jpg
幹線道路沿いの便利な立地で、ティー・ルームも併設されているので、かなり人気の店のようです。我々が去る頃には、川向こうの予備の駐車場さえ満杯になっていました。それでも、通路を塞いでまで無理矢理強引に駐車する客(マナー悪いなあ)まで居ました。
a0208783_23311525.jpg
おまけ。川辺には、白鳥が数羽居ました。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-27 15:33 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ウラン・ガラスのリーフ型ディッシュ

a0208783_77577.jpg
今回のライでのアンティーク・ショップ巡りで、Wish Wardのアンティーク屋でP太が買ったウラン・ガラス器です。決め手は、アール・デコ期の型抜きガラスの割に紫外線光での発光が強いこと、今まで見た事のない、ガラス器そのものとして中々魅力的なデザインであること、余り場所を取らない大きさ・形であること、そして値段がチャリティショップ並みであること(笑)です。
a0208783_783313.jpg
フォルムは、縦20cm、横10cm位の長い葉っぱ型。今までもフロスト・ガラスの葉っぱ型のボウルなら持っていますが、これは深さ的にはお皿ともボウルとも言えます。そしてフロストではなく、全体的にシボが付いています。ちょっと調べたところ、ガラス製品にリーフと言うのは、結構この時代に多いモチーフだったようです。
a0208783_78578.jpg
青みの強い緑色なのですが、蛍光色っぽさは強く、自然光でもギラギラと輝き、売り場でも目立っていました。ただし、はっきり言ってしまえば、とても安っぽい色で、状態も良いだけに古い物には全く見えず、現在の100円ショップで売られている器と言っても、信じてしまうかも知れない見た目です。
a0208783_792162.jpg
P太の期待通り、放射線量は、アール・デコ期のウラン・ガラスとしては高めでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-23 15:25 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

小鳥のガラスのトリンケット・ボックス

P太は、ノーリッジで買ったウラン・ガラスのトリンケット・ボックスが、美しいので相当気に入ったらしく、義母への誕生日プレゼントにプラスしてはどうかと言い出しました。しかし義母は、どう見てもウラン・ガラスを気味悪がっているので、それは止めとけと言いました。どんなに賢い人でも、またどんなにウラン・ガラスの放射能は人体に無害なレベルだと説明しても、世の中には、ウランと聞いただけで拒否反応を示す人のほうが、まだまだ多いのです。そこで、地元の中心地へ出たついでに、他の普通のガラス製の(つまりウラン・ガラスではない)トリンケット・ボックスを、プレゼント用に探そうと提案しました。
a0208783_550375.jpg
町のチャリティショップを一通り回ると、幾つかのガラス製のトリンケット・ボックスを見掛けました。これは、その中で一番魅力的だと思い選んだ物。ビンテージと呼ぶ程古い物ではないかも知れませんが、私が持っているガラス製の呼び鈴と、天辺の鳥モチーフがほぼ同じで、20~30年以上昔のドイツ製だと思います。
a0208783_5511027.jpg
全体的にカット・ガラス風の型抜き装飾が細かくキラキラ美しく、大変愛らしい小ぶりのトリンケット・ボックスなのには違いありません。呼び鈴同様、クリスタル・ガラスだとは思います。
a0208783_5521419.jpg
何と言っても可愛さの決め手は、蓋に止まっている丸めの小鳥。この造形が、やっぱり優秀です。
a0208783_5524727.jpg
鳥モチーフは、実はそれ以外に本体の側面にも、レリーフ状に三つ入っています。
a0208783_5514672.jpg
売られていた時は、カット模様の溝の合間に埃が入り込んでくすんでいましたが、家で古歯ブラシで磨いたら、見違える程輝きが増し美しくなりました。義母も喜んでくれたようです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-17 15:28 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

ブラックリーのアンティーク・モール 3 ガラス器編

a0208783_143548.jpg
英国中部一大きいと言われるブラックリーのアンティーク・モールでも、ウラン・ガラスは相変わらず夫婦共通のお目当てなので、勿論熱心にチェックしました。まず最初に目に入って来たのが、このヴィクトリア時代の吹きガラス。ピンクとカスタード色だけど、ウラン・ガラスなのです。
a0208783_144321.jpg
特に左端のバスケット型は、紫外線で発光すると、繊細な木のシルエットが浮かび上がる、うっとりする美しさ。発光自体も強く、P太は非常に惹かれましたが、値段は78ポンド。例え60ポンド位に値切れたとしても、私達の道楽には未だ高過ぎます。もし30ポンド程度だったら、絶対買っていたであろうと言っていました。
a0208783_1461574.jpg
このストールには、本物のアンティークと呼べる商品が多く、他にも美しいガラス製品が沢山ありました。これは、エナメル彩色が美しい、19世紀のクランベリー・ガラスのジャグ(ピッチャー)。優雅な装飾が施された口金は、ピューター製です。
a0208783_1465381.jpg
ウラン・ガラスの豪華かつ繊細なエパーン。薄ーく着色してあり、余り発光しません。
a0208783_1471680.jpg
一方こちらは、シングル・タイプのエパーン。
a0208783_148518.jpg
1920年代の型抜きガラスの、背の高いキャンドル・スタンド。ここのストールの売り主は、ウラン・ガラスをウラン・ガラスと記して売っている、割と数少ない例です。
a0208783_1483993.jpg
小さなガラス製の花束を、同じくガラス製の植木鉢にあしらったもの。多分ムラーノ(ベネツィアン)・ガラス。

a0208783_261615.jpga0208783_264469.jpg
こちらは別なストールで、やはりヴィクトリア時代の吹きガラスの、ピンクとカスタード色のウラン・ガラス。濃いピンク色の部分まで、かなり強く発光します。最初に見たウラン・ガラスに比べれば、値段は安かったのですが、繊細さや魅力が比べ物にならず、特に花のレリーフ部分が大味に見えました。
a0208783_1505067.jpg
ウラン・ガラスではありませんが、水色が爽やかで絵付けが中々美しいガラス器達。

a0208783_1512925.jpga0208783_15218.jpg
これはペアの花瓶かな? 発光させると、上部の葉っぱのような部分が中々綺麗です。
a0208783_1524549.jpg
こちらのストールも、魅力的な古いガラス器が揃っていましたが、概ね手が出ないお値段でした。
a0208783_1532985.jpg
最後に、この中段の優雅な花模様の食器は…、
a0208783_154490.jpg
…実は、釉薬にウランが含まれたウラン陶器なのです。しかも、薄く覆っている釉薬のみにウランが含まれているはずなのに、凄く強く発光します! こんなウラン陶器、国内では未だ出会ったことがありませんでした。セットでも結構お手頃な価格でしたが、こんな実用出来ない物を大量に買っても、置き場所に困るだけ。もし実際に使用出来るようだったら、悪くないデザインの食器でしたが、買う訳には行きませんでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-05 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

野菜柄ミルク・ガラスの小さなボウル

a0208783_2114090.jpg
地元のチャリティショップで買った、パイレックスのイギリス版「JAJ」の、小さなサイズのボウルです。この柄の大きなキャセロール(またはボウル)なら、既に持っているし、他でも今まで何度か見掛けているのですが、こんな小さなサイズのボウルが存在するとは知りませんでした。
a0208783_212574.jpg
口径は11cm位で、もしかしたら元は透明ガラス製の蓋が付いた、ココット皿だったのかも知れません。
a0208783_2134113.jpg
とにかく、北欧ビンテージから影響を受けたのに違いない、1950年代らしい平面的に単純化された野菜のデザインが大好きです。
a0208783_212323.jpg
福耳のようなハンドルが、両脇にぴょこんと飛び出ています。
a0208783_2125230.jpg
結局大きなキャセロールのほうは、食器としては一度も使いこなせていません(キャセロールが多いもので…)。こっちの小さなボウルのほうが、丁度シリアル・ボウル程度の大きさで、色々役に立ちそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-29 15:35 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ジェードのウラン・ガラスの手描きの一輪挿し

a0208783_1503771.jpg
ノーリッジで最後に訪れた「セイント・グレゴリーズ・アンティークス&コレクタブルズ」で、最後の最後に見付けて、P太が気に入って買ったウラン・ガラスです。典型的なヴィクトリア時代のジェード(乳白緑)色のウラン・ガラスで、花模様がエナメルで少し盛り上がって手彩色されています。
a0208783_1523755.jpg
実を言うと、私は余り乗り気ではありませんでした。余程凝ったデザインじゃない限り、一個10ポンド以上のウラン・ガラスは一応買わない約束にしていたのに、これは15ポンドだったと言うのもあります。ヴィクトリア時代の吹きガラスとしては十分安い上、結局1割引きで13.5ポンドにして貰えたのですが。
a0208783_1515042.jpg
絵付けそのものも決して下手ではないし、輪状の出っ張りを超えても茎が真っ直ぐ伸びている構図など中々お洒落なのですが、多分「絵付けの色彩がジェード色に致命的に似合わない」と言うのが、気に入らなかった最大の原因かと思います。茶色に近い渋いオレンジ色の花で、何だか全体的に秋色ですよね…。
a0208783_5274271.jpg
うーむ。仏壇に置いても違和感なさそう。「場所を取らない」と言う、私達のもう一つのウラン・ガラス・コレクションの決まりはクリアしています。首が極端に細くなったタイプの花瓶で、日本で言うといわゆる一輪挿しです。英語では、「bud vase 蕾み差し」と言うそうです。一輪差しは、どんな花を少量だけ生けても大抵簡単に絵になるので、庭の花の未だ乏しいこの季節には特に重宝します。
a0208783_6482972.jpg
ただし、ヴィクトリア時代のジェード・カラーのウラン・ガラスとしては、放射線量がかなり少な目で、P太にとっては残念でした。
a0208783_1533066.jpg
ところで、この花瓶を買う際、モールのオーナーが、「これはウラン・ガラスではありません。何故ならウラン・ガラスが開発される以前の時代に製造されたからです」と断言していました。が、きっぱりウラン・ガラスです、これ。P太が反論して、その場で放射線量を測定して見せることも出来たのですが、何だかそのオーナーが宗教めいて頑なそうで…、喧嘩を売るだけになりそうなので、珍しくP太は黙っていました。それだけウラン入りを嫌がる客が多いから、店側としては何としてでもウラン含有を否定したいってことなんでしょうか??
 





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-22 15:27 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ウラン・ガラスのデコラティブなトリンケット・ボックス

a0208783_255232.jpg
ノーリッジでアンティーク・ショップ巡りをしている合間、当然普通のチャリティショップもチェックしていましたが、その中の一軒で、中々美しいトリンケット・ボックス、またはパウダー・ジャーに出会いました。毎度ながら、元はコスメ(ドレッシング・テーブル)・セットに付属していたものと思われます。
a0208783_261526.jpg
今まで私達が手に入れたウラン・ガラスのトリンケット・ボックスの中では、一番デコラティブで、エレガント・ガラスと呼んでも構わない程優雅な雰囲気です。実物は、もう少し緑色が濃い目です。
a0208783_26366.jpg
全体的に細かくカット・ガラス風の型抜き装飾が施され、蓋の取っ手の部分の透明感が特に綺麗。
a0208783_6254877.jpg
放射線量は、デコ期のウラン・ガラスとしては平均値ですが、カットが複雑な分、発光が美しく見えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-19 15:33 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

青いウラン・ガラスの果物柄ボンボン・ディッシュ

a0208783_1331649.jpg
ノーリッジで最初に訪れたアンティーク・モール「オール・セインツ・アンティーク・センター」では、何故か黄色や緑のウラン・ガラスは見当たらなかったものの、青や無色のウラン・ガラスは幾つか見掛けました。それらのウラン・ガラスは、大抵僅かにしか発光しませんが、その中でもこの青い高杯型のお皿だけは、元から緑色のウラン・ガラス並みに、異例に結構はっきりと発光しました。ヴィクトリア時代の型抜きガラスらしく、装飾的で凝ったデザインが個性的で面白いので、まずこれをお買い上げとしました。
a0208783_1334753.jpg
何より、果物をモチーフにしたウラン・ガラスなんて、今まで見たことがありませんでした。初期の精度の粗い型抜きガラスらしく、皿部分の表面には繋ぎ目、剥離跡?の線や大きな気泡が見えます。用途は、お菓子を盛る為のボンボン・ディッシュ、または苺やサクランボのような小さな果物なら盛れるかも知れません。
a0208783_1341545.jpg
モチーフに使用された果物は、まず葡萄。
a0208783_134359.jpg
まるで子供が描いたような、または70~80年代とかのファンシー雑貨っぽいリンゴ。
a0208783_135517.jpg
これははっきり分からないのですが、ラズベリーなのかな。葉の形が違うようにも思います。
a0208783_13521100.jpg
そして、ステムの部分が葡萄型で、これまたかなりデコラティブなのです。
a0208783_784252.jpg
家に帰ってから放射線量を測ってみると、ヴィクトリア時代のウラン・ガラスとしては大変低い、アール・デコ時代のウラン・ガラス並みでした。しかし、今までの青いウラン・ガラスが、自然値と大差ない放射線しか測量出来なかった事に比べれば、はっきりとウラン・ガラスだとは呼べます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-14 15:33 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

マスタード色のハンカチ型ガラス製花器

a0208783_8165133.jpg
地元のチャリティショップで、再びハンカチ型のガラス製の花器に出会いました。1960年代初頭にイギリスで生産されていた、「chance チャンス」と言うメーカーの製品です。どんな器とも重ね置き出来ないし、場所は取りますが、やっぱりこの、本当にハンカチをクシャッとさせた独特な魅力には、逆らえないと思いました。
a0208783_817201.jpg
今度のは、渋い芥子色のストライプです。透明なガラス板に、白地+芥子色の放射状パターンのプリントを乗せ、一つ一つ手作業で、ハンカチの端を摘むように形成しているそうです。なので、一つとして同じ形の物が存在しません。元々この技法は、ヴェネツィアのムラーノ・ガラス・メーカー「Venini ヴェニーニ」と、デザイナーの「Fulvio Bianconi」に寄って生み出されたといわれています。
a0208783_8174565.jpg
実際に花器としては、合わせる花を選ぶ、かつバランス良く花を生けるのが難しいと思いますが、植木鉢カバーとしてならイケます。単なるオブジェとしても、十分魅力が発揮されるデザイン性の高さです。
様々な色や柄があるこのシリーズ、私はこの大きさしか見たことがありませんが、本当は2、3種類あって、もっと大きいサイズも存在するそうです。出来れば今度は、オレンジや水色、黄色などの明るい色をゲットしたいと思っています。一番お目当てなのは、赤地に白抜き水玉柄です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-06 15:25 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ウラン・ガラスの女性の横顔のインタリオのミニ・トレイ

a0208783_3121343.jpg
ケント州の海辺と運河の町Hythe ハイスの、お洒落なアーティスト系雑貨&ビンテージ屋で買いました。ウラン・ガラス製の、用途は多分オープン・ソルトかピン・トレイだと思います。コースターにも見えなくもないけれど、それとしてはちょっと小さ過ぎるかな。
a0208783_313249.jpg
外径は7cm位で、外側は八角形、内側は円形に刳り貫いてあります。中央に女性の横顔のレリーフが、裏彫り(インタリオ)で施されています。この横顔が、モアイみたいにプレミティブな上、インタリオとしては大味で、私は余り好きではなかったのですが、P太が「今まで見たことのない珍しいアイテムだし、小さくて場所を取らない、おまけに値段も高くはないから」と気に入って買いました。
a0208783_31249100.jpg
まあ、アール・デコらしいスタイルの人物像と言えば、その通りかも知れません。裏彫り部分のみ摺りガラスになっていて、寄りインタリオがはっきりと浮かび上がる仕組みです。全体的な緑色は、割と濃い目。
a0208783_1815207.jpg
発光自体は結構強く、ブラック・ライトを当てると、返ってインタリオがはっきり見えなくなります。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-18 15:26 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(130)
(105)
(104)
(97)
(88)
(84)
(76)
(68)
(64)
(54)
(54)
(52)
(52)
(51)
(48)
(47)
(45)
(42)
(38)
(37)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びプルボローのアンティーク..
at 2017-04-27 15:33
ジョストボ塗りのペンダント
at 2017-04-26 15:32
壁画教会のお祈りクッション
at 2017-04-25 15:32
もう一つの中世の壁画教会
at 2017-04-24 15:30
ウラン・ガラスのリーフ型ディ..
at 2017-04-23 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05
加代子さん、こんばんは!..
by piyoyonyon at 22:20
ライの町は 数年前、高校..
by 加代子 at 02:28
真木さん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 05:36
ぴよよんさん、こんにちは..
by 真木 at 09:58
真木さん、確かにこの春の..
by piyoyonyon at 05:23
は、早いっ!!(@@; ..
by 真木 at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。