タグ:チャリティショップ ( 34 ) タグの人気記事

オレンジと黄緑のフラワー・パワーなスカーフ

a0208783_013385.jpg
地元の猫チャリティ屋に、1960年~70年代頃の古いスカーフが、10枚位売られていました。どれもバンダナ・サイズ位で、スカーフとしては小ぶりでした。その中から、一番気に入った柄のを選んで買いました。
a0208783_02650.jpg
オレンジに黄緑色で、マリー・クワントようなシンプルな花柄(もしかしたら四葉のクローバーかも知れないが)で、これぞ正にスウィンギン時代のデザイン!と言ったプリントですよね。その上未使用らしく状態はとても綺麗なので、レトロっぽく作られた現行品なのでは?と疑う程です。でも、古い化粧品のような典型的な「おばーちゃんの箪笥臭」がしたので、一応洗濯はしました。
a0208783_023849.jpg
素材は、一瞬綿ローンのように見えますが、極薄のビスコース(レーヨン)70%+ナイロン30%の化繊オンリーです。これと同じ素材、大きさ、柄違いのスカーフが、他に4種ほど売られており、どれも日本製でした。その中に、実はもう一つ気に入った柄がありましたが、部分的にぼろぼろ破けているので諦めました。
a0208783_031158.jpg
以前聞いた話に寄ると、シルクのような薄いテロテロした生地のスカーフにプリントするのには、かなり高度な技術が必要で、その最高の技術を持っているのは、日本の横浜とイタリア北部とフランスなのだそうです。このスカーフは全く高級ではないけれど、昔こういう物をせっせと生産して輸出していたスキルの積み重ねが、現在の日本の高級スカーフ生産の元を担ったのかも知れません。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-15 15:33 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

エレガント・ウラン・ガラスのカップ&ソーサー

a0208783_2505573.jpg
ハンガーフォードのアンティーク・モールでの、P太の一番のお目当ては、やっぱりウラン・ガラスでした。そして全部一通り見渡して、今回最終的に選んだのは、このC&S(カップ&ソーサー)です。でも、買ったのはアンティーク・モールじゃないんです。町に到着して最初に入った、チャリティショップで見付けた物。その後全部アンティーク・モールをチェックして、結局これが値段的にも大きさ的にも一番理想的だったのです。因みに、同じチャリティショップで、大きなウラン・ガラスのパンチ・ボウルも売られていましたが、そちらは帰りには売れてなくなっていたので、本命のこっちは残っていてラッキーでした。
a0208783_2512639.jpg
今までも魅力的なウラン・ガラスのC&Sは、何度か見掛けたことがあり、非常に惹かれましたが、全て大きなセットだったので買えずにいました。家族の人数が多かった昔は、6客で1セットが普通だったようです。今回初めて1客だけの物に出会い、これはチャンス!と思った訳です。後で少し調べたところ、アメリカの「Hazel Atlas」社の、「Royal Lace ロイヤル・レース」と言うシリーズ名だと突き止めました。確かに、柄がレースのように繊細です。型抜きガラスに、後からエッチングで細かい模様を付けたようです。
a0208783_2515398.jpg
アール・デコ期の大恐慌時代に流行したデプレッション・ガラスの中でも、最早エレガント・ガラスと呼べる程緻密で優雅なデザインです。実際のエレガント・ガラスは、普通のデプレッション・ガラスより、ガラスの質自体も高級なのだそうですが。
a0208783_2522336.jpg
特に蛍光色っぽくもない、薄い緑色のガラスですが、発光はそれなりに綺麗に輝きます。ただし放射線量は、思った通り低めです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-09-06 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ラピスラズリ風ビーズのフィリグリーのネックレス

地元のとあるチャリティショップへ行ったら、古いターコイズ色とラピスラズリ色のネックレスが沢山売られていました。どれも20世紀前半らしき物で、その色のネックレスを好んで集めていた人(の多分遺族)が、まとめて寄付したようです。中には多分、本物のターコイズとラピスも混ざっていたんじゃないかと思いますが、シンプルな物には目もくれず(笑)、この一番意匠の凝ったネックレスを買って来ました。
a0208783_19382157.jpg
ラピス色ですが、これは天然石ではなく、ラピス風に作られたガラス・ビーズです。コバルト色と薄い青をマーブル状に混ぜ、更に金で着色していあります。以前も、模造ラピスとフィリグリーのネックレスを手に入れたから、もしかしたら、この時代には流行りだったのかも知れません。恐らく、アール・デコ時代のチェコ製。
a0208783_19391773.jpg
メインとなるビーズは、二つの球形のビーズを繋げて、模様の細かい透かし金具、すなわちフィリグリーを巻き付けてあります。更に、金具に極小のマルチ・カラーのラインストーンが埋め込まれた凝り様です。このラインストーンの幾つかが無くなっていたので、新たに補充にしました。生憎このサイズの古いラインストーンの手持ちがなく、全て新品の無色にしましたが、やはり古い物との差が歴然としてしまいました。多少時が経てば、新品のラインストーンもくすんで来て、余り目立たない位に馴染んでくれると良いのですが…。
a0208783_19395559.jpg
残りは、菊座の付いた球形のコバルト色のビーズや、透かし玉が繋げてあります。この時代のネックレスには、基本的にアジャスターが存在しなかったらしく(多分体格差が余り無かった)、その上長さ自体が相当短く、現代の西洋人女性の多くには着用不可能だと思います。
a0208783_19403191.jpg
こんなビーズ一つ一つにも、フィリグリーを組み合わせて、出来るだけ華やかに見せよう工夫としたデザインの面白さが感じられ、興味深いと思います。フィリグリーにも、こんな使い方があるんだと知りました。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-01 15:31 | アクセサリー | Comments(4)

ウラン・ガラスの蝶のキャンドル・スタンド

P太への誕生日のプレゼントを買いに街へ行ったついでに、チャリティショップを覗いたら、これが売られていました。2日前に訪れた時には確かになかったのに、新たに入荷したようです。例え駄目元でも、やはりチャリティショップのチェックは、出来るだけコマメにするのに越したことはないようです。
a0208783_4301926.jpg
以前シュルーズブリで買った蝶柄のボウルと、同じシリーズです。色味は大体同様に黄色味の強い緑色ですが、こちらはフロストではありません。因みに、同じシリーズの蝶柄の色違い(薄い水色)のトレイが、同じ頃に地元の他のチャリティショップで売られていました。このシリーズ、当時本当に人気があったようで、あちこちで多く見掛けます。色のバリエーションも、結構豊富に存在したようです。
a0208783_4304983.jpg
リアルな蝶のモチーフなんてイヤ、と思っていましたが、色がない分そんなにリアルには見えないし、ガラス製品としては精巧で大変美しいと思います。
a0208783_4311728.jpg
用途は、最初はボンボン・ボウルだろうかと思っていましたが、…実はまたしても天地が逆で、キャンドル・スタンドでした。お店でも、最初の写真の状態で陳列してあったので、こっちが上だと気付く人は少ないようです。そのチャリティ屋では、全く同じ物が二つ売られていましたが、販売はペアではなかった為、一つだけ買って来ました。またしても、コスメ・セットに付属していたのだと思います。
a0208783_43154100.jpg
ボウルだと思っていた台の部分には、花のレリーフが。水仙だろうかと思いましたが、花芯が違うようです。
a0208783_4321917.jpg
結局、P太へのプレゼントに混ぜ込みました。まあ楽しむのは二人一緒なんですけど、プレゼントを開けた時に入っていたほうが、嬉しいかなーと思って。
a0208783_7522960.jpg
美しいガラス器なのは確かで、自然光でも蛍光色に強く輝き、紫外線光でも濃く発光します。ただし放射線量は、何故かフロストのボウル同様に弱めでした。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-24 15:27 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ウラン・ガラスの花柄トレイ

P太と一緒に地元の中心地へ行った時、チャリティショップで見付けて買いました。実は私だけは、二日前にも同じ店を訪れていたのですが、その時は確かに其処にはありませんでした。毎日結構、品物が入れ替わっているみたいです。勿論大抵の中古品は一点物なので、売れてしまえばそれでお仕舞いですし。
a0208783_549296.jpg
どう見ても、アール・デコ時代の、元はコスメ・セットに付属していたトレイです。形が面白く、特に中央の花模様が可愛いく、更に黄色味の強い緑色で、ウラン・ガラスとしての発光が強そうなので買いました。同じく薄緑色の同時代らしいウラン・ガラス製のトレイが一緒に売られていていましたが、そちらはデザイン的につまらなく、しかも発光が非常に弱かったので見送りました。
a0208783_5515659.jpg
そんなに大きくはないけれど、非常に分厚いガラスで、驚く程重さがあります。その日に限ってお買い物バッグを持ち忘れ、お店で紙にだけ包んで貰い(今英国ではビニール袋は有料)、荷物を持つのが嫌いなP太が、ずっと脇に抱えて帰りました。そしたら、腕が痺れちゃったとか文句を言っていました(…弱っちい)。
a0208783_5524140.jpg
この丸っこい花模様が、シンプルでポップで、まるで60年代のマリー・クワントみたいなデザイン。やはりアール・デコ期にも、こんな子供っぽい花柄が存在したのですね。
a0208783_553541.jpg
更に、実は縁が全てギザギザに加工されていて(ちょっとアロエの葉みたい)、光の反射が美しく、ガラス器に繊細さを与えています。
a0208783_5533082.jpg
ブラック・ライトの光源の範囲が狭く、全体に光が当たり切っていませんが、やはり思った通り強く輝きます。

  


[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-03 15:28 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

フィリグリーのマイクロ・モザイクのブローチ

a0208783_6585739.jpg
地元のチャリティショップで買った、イタリアのマイクロ・モザイクのブローチです。会計場所のガラス・ケースの中に入っているのを見付けましたが、一度は見送りました。しかし、ノーリッジのアンティーク・モールのマイクロ・モザイクを見た時に、改めて魅力的なアイテムだと思った事もあり、やはり気になって、次の週に再び訪れて買いました。もう売れちゃったかもと心配しましたが、ちゃんと残っていました。
a0208783_6592977.jpg
ところが、売れ残っていたのも道理で、実際手にとって確認して見ると、表面に埃がべったり張り付いて固まっている、柄が良く分からない程くすんだ惨めな状態でした。それで、買ってから古歯ブラシでゴシゴシ擦り、更に爪楊枝や針でピースの合間にこびり付いた細かい汚れを取り除き、ここまで綺麗にしました。かなり年代物の強烈な埃だったらしく、しばらく手から、何度石鹸で洗っても、埃臭さが取れませんでした…。この只ならぬ埃は、白粉か何かの化粧品が、長年こびり付いたまま劣化したのではないかと想像しています。値段は、チャリティショップの中古アクセサリーとしては、然程安くもなかったし(3ポンド)、チャリティ屋も、寄り利益を上げたいのであれば、もう少し手入れしてから売れば良いのに…と、最近つくづく思います。
a0208783_73546.jpg
とは言え、マイクロ・モザイクの接着技術は特別らしく、かなり強く歯ブラシでゴシゴシやっても、ピースがビクともしない点は、改めて凄いと思います。他に売られている相当古いマイクロ・モザイクでも、ピースが欠けている物をほとんど見掛けたことがありません。
a0208783_701212.jpg
「ビンテージ」と呼べる程古いブローチなのは確かなものの、ノーリッジで見掛けた「アンティーク」に比べたら細かくはないし、正直言ってマイクロ・モザイクとしては、それ程価値は高くありません。やはり古ければ古い程、ピースが細かく細工が凝っていて美しいようです。しかし、ブローチ台の透かし金具(=フィリグリー)の枠が中々美しく、キリリとしたロイヤル・ブルーの地色にカラフルな花模様が映えて、ブローチとしては十分魅力的です。少なくとも綺麗に手入れすれば、3ポンド以上の価値は遥かに出たと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-02 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

オレンジの花柄のスカーフ

a0208783_4423158.jpg
ノーリッジのビンテージ・ドレス屋風チャリティショップ、と言うかチャリティショップのビンテージ・ドレス屋版で買った、多分1960~70年代の小ぶりのスカーフです。元値は3ポンドだったのが、1ポンドに値下がっていました。かつてはタグが付いていたものの、今は千切れて無くなっており、原産国等は不明です。
a0208783_443055.jpg
スウィンギングの時代らしいオレンジと黄色を中心に、花柄がびっしりプリントされています。布地に関する知識が乏しいので良く分かりませんが、シフォン・ジョーゼットとでも言うのか、かなり透ける化繊生地が使用されています。そのせいで、どちらが裏で表か分からない程、プリントが両面同じ濃さに見えます。
a0208783_4451145.jpg
60年代の花柄と言うと、フラワー・パワーの大胆で大振りな花柄が主流でしたが、これはかなり細かい花柄です。しかし、イラストのスタイルには、この時代らしさが表れています。
a0208783_4453828.jpg
ちょっとごちゃ付いた花柄を、黄色の単色の帯が引き締めています。P太からは、「マトリョーシカ・ファッションにぴったりだね!」と言われました。…レトロでおばーちゃんっぽいってことか? どちらにせよ、皺にもなりにくく、結構使い勝手は良さそうです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-20 15:22 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

ウラン・ガラスのデコラティブなトリンケット・ボックス

a0208783_255232.jpg
ノーリッジでアンティーク・ショップ巡りをしている合間、当然普通のチャリティショップもチェックしていましたが、その中の一軒で、中々美しいトリンケット・ボックス、またはパウダー・ジャーに出会いました。毎度ながら、元はコスメ(ドレッシング・テーブル)・セットに付属していたものと思われます。
a0208783_261526.jpg
今まで私達が手に入れたウラン・ガラスのトリンケット・ボックスの中では、一番デコラティブで、エレガント・ガラスと呼んでも構わない程優雅な雰囲気です。実物は、もう少し緑色が濃い目です。
a0208783_26366.jpg
全体的に細かくカット・ガラス風の型抜き装飾が施され、蓋の取っ手の部分の透明感が特に綺麗。
a0208783_6254877.jpg
放射線量は、デコ期のウラン・ガラスとしては平均値ですが、カットが複雑な分、発光が美しく見えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-19 15:33 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

ノーリッジでアンティーク・ショップ巡り

a0208783_6434430.jpg
バレンタイン・デイのお出掛けにNorwich ノーリッジを選んだのは、街の雰囲気が魅力的だからだけでなく、アンティーク・モールがあるのを憶えていたからです。何せ、ウラン・ガラスに興味を持つようになって以来、何処かに出掛ける度に、「其処ってアンティーク・モールある?」と聞いてくるP太です(…以前の彼からは想像出来ん)。午後1時近くにノーリッジに到着し、唯一空きのあったデパート「ジョン・ルイス」付属の公営駐車場に車を止めましたが、偶然デパートの正面に、アンティーク・モールがあるのをいきなり発見。
a0208783_6441430.jpg
このモール、「All Saints Antique Centre & Tea Room オール・セインツ・アンティーク・センター&ティー・ルーム」と言い、見た目通り元教会の建物です。入り口の周囲には、墓地が残ったまま。最早お参りする家族の居ない、古い無縁仏(仏とは絶対呼ばないなあ)とかなんでしょうか??
a0208783_6443747.jpg
内部は、こんな感じになっています。左側は人気のティー・ルームになっていて、丁度お昼時だったので、サンドウィッチ等をテイクアウトするサラリーマン達も見掛けました。
a0208783_6453062.jpg
古着専門のストール。メンズも割と多数。
a0208783_646314.jpg
ビンテージ・バッグや靴もあります。
a0208783_6462389.jpg
ここがかつての祭壇部分。何だか、実際人が住んでいそうですね。
a0208783_647038.jpg
ティー・ルームが多くの面積を占めるせいか、建物の大きさの割に、品物は少な目に感じました。
a0208783_6474339.jpg
自然光では無色透明のグラスなのですが、ブラック・ライトを当てると、幾つかは緑色に発光します。
a0208783_648933.jpg
中々可愛い顔の、ロシアの民族衣装のソフビ人形。多分、ティーコジーになっています。
a0208783_649918.jpg
またノーリッジには、ビンテージ屋にしか見えないチャリティショップが幾つかありました。このチャリティ屋は、地下がビンテージ専門に。
a0208783_6495014.jpg
でも家具中心で、しかもビンテージっつうか…、右奥のスーパーマンのぱんつを履いた足型のライト・スタンド、飾るヤツの顔が見たい(笑)。「Mr.レディMr.マダム(原題:La Cage aux Folles)」の映画に登場する、尻型の花瓶を思い出しました(笑)。
a0208783_6503148.jpg
このお洒落なビンテージ・ドレス屋も、全体的にお値段安めと思ったら、実はチャリティショップでした。中には、一着2ポンドのコーナーも。
a0208783_651790.jpg
雑貨も多少売られていて、古着に合わせて50~70年代のレトロ物ばかり。
a0208783_6514670.jpg
大聖堂正面の、幽霊が出ると言われる迫力の傾いた建物のアンティーク・モールは、残念ながらなくなっていて、今はファンクション・ルームか何かに替わっていました。
a0208783_6531295.jpg
中に入っていないけど、とあるアンティーク・ショップのショーウィンドウ。自分の持っている物が幾つか見えます。左のチェコの針セットなんて、12ポンドもします。
a0208783_6533946.jpg
こちらも同じお店。奥に、ウラン・ガラスらしきものが、チラッと見えました。
a0208783_6545125.jpg
最後に、「オール・セインツ・アンティーク・センター」で紹介されていた、姉妹店「St. Gregory’s Antiques & Collectables セイント・グレゴリーズ・アンティークス&コレクタブルズ」を訪れました。こちらも、御覧の通り元教会の建物です。
a0208783_655334.jpg
ノーリッジには、本当に教会がいっぱい。4、5件毎にあるんじゃないかと思える程です。しかし現在、毎週日曜日に教会へは通う信者は、イギリスのキリスト教徒の1割のみ。当然多くの教会が余剰・閉鎖となり、ノーリッジの教会の幾つかも、カフェやギャラリー、博物館など別な施設として再利用されています。
a0208783_6562365.jpg
エントランス・ホールからして、結構規模の大きな教会のようです。
a0208783_6564756.jpg
今までも何度か、元教会のアンティーク・モールは見て来ましたが、これ程教会らしさが残っている建物は初めてで圧倒されました。特に、高い木製の天井が迫力。
a0208783_6574079.jpg
「オール・セインツ」は、内部の1/4位がティー・ルームで、商品もやや疎らに見えたのに対し、こちらは品揃えが充実しています。
a0208783_658430.jpg
中々魅力的なビンテージ・ジュエリーが揃ったストール。特に、中央の青いフリンジ式のアール・ヌーヴォーのネックレスが素敵。
a0208783_6582895.jpg
中央のエジプシャンなネックレスは、典型的なアール・デコ時代の流行のデザイン。
a0208783_6593672.jpg
手前のマイクロ・モザイクのブローチは、かなり古くて繊細で価値が高そう。32ポンドかあ…。
a0208783_702020.jpg
中央やや右のフリンジ付きの大き目のブローチ、姉に上げたのと同じだ! …よ、45ポンド?
a0208783_71651.jpg
クヌギのエナメルのブローチは、結構私好みです。チロリアン・ジャケットなんかに似合いそう。
a0208783_713514.jpg
白いパール加工の樹脂製の花のブローチが可憐。ビンテージ・ジュエリーって、こうやってクッションにまとめて留めると素敵ですよね。
a0208783_715936.jpg
時代を感じさせるマキシ丈の、とても長~いスカートでした。柄だけ撮影。
a0208783_725271.jpg
ちょっと東洋っぽい刺繍の、口金が中々魅力的なビンテージ・バッグ。
a0208783_741012.jpg
一方こちらは、西洋人が考えたエセ・オリエンタルらしい図案のポーチ。でもビーズ刺繍自体は、眩暈がする程の細かさです。
a0208783_744314.jpg
主祭壇部分のステンドグラスは、相当見応えあります。ステンドグラスは比較的新しい19世紀頃の物だと思いますが、教会自体は、元々14世紀に建てられた、今でも歴史的建造物一級指定の由緒ある建物です。
a0208783_754975.jpg
その脇のパイプオルガンにも、美しい装飾が施されています。
a0208783_761898.jpg
その横には、大理石の墓碑(記念碑)が。キリスト教においては、屋外の墓石もそうですが、伝統的にドクロのモチーフが良く使われます。多分「memento mori=死を思え(どんな人間も必ず死ぬことを忘れるな)」って宗教的な意味があるんでしょうが、見て余り嬉しいもんじゃあないですね。
a0208783_765526.jpg
祭壇の横に、「crypt クリプト、行ってみな~い?」とのサインが。入り口はまるでバーみたいなんですけど、クリプト、すなわち教会や大聖堂の地下室です。礼拝堂や遺体安置所、納骨堂、墓所として使用されます。
a0208783_772268.jpg
クリプト内部は、まず一段だけ低くなって、こんな風になっていました。
a0208783_774899.jpg
ここにも、小ぶりですが美しいステンドグラスが。
a0208783_782584.jpg
更に奥の祭壇の真下部分に、一段深くなった小部屋があります。…ひえ~、ここ、かつては骨でいっぱいだったとかじゃないんですか?? 配置的にも、ハイスの骸骨教会のクリプトにそっくりなんですけど。
a0208783_784736.jpg
もしかして、写ってはならぬモノが写っているんじゃないかと、結構ドキドキしながらシャッターを切りました。
a0208783_792910.jpg
しかし、安っちいセクシ~・サンタの衣装が、そんな不安をぶっ飛ばしてくれます(笑)。
a0208783_710146.jpg
もう一方の主祭壇脇には、礼拝堂が。ここのステンドグラスも素敵です。手前のコスメ・セットの一部のウラン・ガラスのキャンドル・スタンドは、私達が持っているものと同じ。
a0208783_7102411.jpg
中央奥の箱入り民族衣装の人形、「ダンス人形」ってのが気になります。一体どんな風に踊るのか?
a0208783_7111524.jpg
会計カウンターの脇にも、見事な壁画が。結構古そう。教会名が「St.Gregory’s」なだけに、モチーフはイングランドの守護聖人、聖グレゴリウスでしょうか。
a0208783_7114666.jpg
床は、今はほとんどの部分が板敷きに改装されていますが、その床板の下には、多分こんな墓碑が沢山嵌め込まれたままだと思います…。
a0208783_712104.jpg
何故か「進撃の巨人」のコミックス(英語版)も売られていて、ここのモールは色んな意味で楽しめました。例えアンティークに興味がなくとも、教会建築として一見の価値があります。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-09 18:21 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

マスタード色のハンカチ型ガラス製花器

a0208783_8165133.jpg
地元のチャリティショップで、再びハンカチ型のガラス製の花器に出会いました。1960年代初頭にイギリスで生産されていた、「chance チャンス」と言うメーカーの製品です。どんな器とも重ね置き出来ないし、場所は取りますが、やっぱりこの、本当にハンカチをクシャッとさせた独特な魅力には、逆らえないと思いました。
a0208783_817201.jpg
今度のは、渋い芥子色のストライプです。透明なガラス板に、白地+芥子色の放射状パターンのプリントを乗せ、一つ一つ手作業で、ハンカチの端を摘むように形成しているそうです。なので、一つとして同じ形の物が存在しません。元々この技法は、ヴェネツィアのムラーノ・ガラス・メーカー「Venini ヴェニーニ」と、デザイナーの「Fulvio Bianconi」に寄って生み出されたといわれています。
a0208783_8174565.jpg
実際に花器としては、合わせる花を選ぶ、かつバランス良く花を生けるのが難しいと思いますが、植木鉢カバーとしてならイケます。単なるオブジェとしても、十分魅力が発揮されるデザイン性の高さです。
様々な色や柄があるこのシリーズ、私はこの大きさしか見たことがありませんが、本当は2、3種類あって、もっと大きいサイズも存在するそうです。出来れば今度は、オレンジや水色、黄色などの明るい色をゲットしたいと思っています。一番お目当てなのは、赤地に白抜き水玉柄です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-06 15:25 | インテリア・デコレーション | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(159)
(140)
(120)
(117)
(112)
(103)
(91)
(75)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35
キノコの季節
at 2017-11-17 15:25
楕円のウラン・ガラスのライン..
at 2017-11-16 15:37
再びシュルーズブリのアンティ..
at 2017-11-15 15:27

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。