タグ:トールペイント ( 6 ) タグの人気記事

ホフロマ塗りのジャム・ポット

a0208783_19203944.jpg
フリーマーケットで買った、ロシアを代表する民芸品、ホフロマ塗りの蓋付きの器です。ホフロマ塗りの中古品は、フリマで割としょっちゅう見掛けますが、こんなベリー柄が一番魅力的に見えます。黒地に朱赤と金が特徴のトールペイントが、東西文化の交流地点であるロシアらしさを良く表していると思います。
a0208783_19214869.jpg
ホフロマ塗りは、木製品と言えど強固に塗装・コーティングしてある為に耐水性で、実用の食器として使用が可能と言われているので、これもジャム入れではないかと思っています。確かにベリー柄のこの器に、ベリー・ジャムを入れたら美味しそう。
a0208783_19224750.jpg
ただし問題がありまして、蓋のサイズが合わない、または座りが悪いどころか、全く器の上に納まりません。ちょっと動かしただけで、するっと外れて落ちてしまう安定の悪さ。造り自体が、蓋を乗せる構造になっていないようです。実際ジャムを入れるのは、無理っぽそうです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-29 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ジョストボ塗りのペンダント

a0208783_5584860.jpg
山小屋風チャリティショップで買った、中古のロシアのお土産品です。直径3.5cm程の木製メダルにトールペイントが施されたペンダントで、「ジョストボ塗り」と呼ばれるそうです。今まで何度かイギリスのフリマ等で、ジョストボ塗り(またはパレフ塗り)のアクセサリーを見掛けた覚えがありますが、買わなかったところを見ると、ピンと来る事がなかったようです。思うに、お洒落に使いこなすアイディアが浮かばなかったせいかも。それは多分、今まで見掛けたのがブローチばかりだったからで、ペンダントは今回初めて目にしました。
a0208783_5591974.jpg
元は黒い革紐が付いていて、自分で首の後ろで自分で結ぶタイプでしたが、ビーズのほうが合わせ易いかもと思い、手元にあった黒いビーズのネックレスに繋げました。描かれた花の色味は落ち着いていて、ほんのちょっぴり大人なフォークロア感を、これなら普段のファッションにさり気なく取り入れられそうです。
a0208783_5594967.jpg
ジョストボ塗りは、モスクワ郊外のジョストボ村で生産される民芸品で、皿やトレイ等の大きな作品には、通常鉄板の土台が使われるそうです。濃い色の地に、花や木の実、果物等を、大胆なストロークを生かして描き、大抵縁を金の細かい文様で装飾するのが特徴のようです。同じロシアの民芸品でも、いかにもロシアらしさが満載の「ホフロマ塗り」や「ゴロジェツ塗り」「メゼーニ塗り」に比べると、色使いが豊富で華やかで、西欧の一般的なトールペイントに共通する親しみ易さが感じられます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-26 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

入れ子式木製卵

a0208783_2353530.jpg
夏頃にフリマで10~20ペンス位で買った、卵型マトリョーシカ…ではなく、マトリョーシカと同じ仕様の木製卵です。多分同じく白樺製で、文様風の柄がトールペイントされた上に、ニスで分厚く塗装されています。入れ子式になっており、中にどんどん小さくなるサイズの卵が二つ入っています。
a0208783_2362994.jpg
多分、マトリョーシカ同様にロシア製。こう言ったイースターの装飾用の卵は、中欧や東欧が本場で特に盛んらしく、木製も多く見掛けますが、入れ子式は初めて目にしました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-16 15:31 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ロシアの丸い木箱

a0208783_5435520.jpg
フリマで手に入れた、直径7cm位の木箱です。トールペイントとしてはかなり細かい独特なタッチで、底にキリル文字が記してあることからも、ロシアのものであることは思い当りました。でも、黒地に金や赤の彩色がメインで重厚な、有名なホフロマ塗りとはかなり雰囲気が違います。こちらは木地のお陰で、素朴な親しみ易さがあります。はっきりとは言えませんが、ゴロジェツ塗りと言うのに近いのかも知れません。(以前フリマで入手した板絵は、ほぼ確実にゴロジェツ塗りのようです)勿論、絵付けはハンドペイントです。
a0208783_5442498.jpg
底には1997年とあるので、ビンテージと呼ぶほど古いものではありません。ホフロマ塗りなら、中も彩色&厚手のニスで、木製品ながら耐水性がありますが、これは元々単なる小物入れらしく、中は無垢のままです。ロシアには、この他にもメゼーニ塗り、ジョストボ塗り、パレフ塗り等の、それぞれ特色あるトールペイントが各地にあるそうです。長い冬を室内で有効利用する為、こうした伝統工芸が発達したようです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-13 15:28 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

ハンガリーの木製人形型小物入れ

a0208783_516362.jpg
これは、ハンガリーでは良く見掛けるお土産で、特に珍しいものではありません。古い物でもなさそうです。恐らく、今でも日本のお土産宅配サービスのカタログに掲載されるような、典型的なハンガリー土産です。しかし、ありふれたお土産…と言えど、一点一点手描きのハンドメイド品なのは確かです。
a0208783_5163984.jpg
木製のトールペイントで、スカートの下がパカッと開き、小物入れになっています。更にこれは、腰の背面にハンガリー色の紐が結び付けられた、ちょっと凝ったバージョン。
a0208783_516578.jpg
フォークロア感満点の現地では、刺繍や他のトールペイントに引き付けられて、わざわざこれを買おうと思ったことはありませんでした。ところが、フォークロアの極めて薄~いイギリスで突然見掛けると、明らかに魅力が引き立って見えます。以前、フリマでも似たものを見掛けたことがありましたが、結構高く、絶対値段を下げてくれませんでした。案の定そのストールでは、何週間もその人形が売れずに残っていました(強気の値段に良くあること)。今回地元の猫チャリティショップで、返ってフリマよりも安く売られていたので買いました。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-08-11 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ペルーのトールペイントの木製フォト・フレーム

a0208783_2151712.jpg
フリマで度々出店している同じストールで何回か見掛けて、前から可愛いなと思って気になっていたものです。ヨーロッパ調の古風な花柄ですが、実は南米のペルー産。「Cajamarquino style」と呼ばれる、Cajamarca カハマルカ地方で生まれた、主に鏡の枠を装飾する為に生まれた技法で描かれているそうです。「Cajamarquino」は、元々はガラスの裏側から絵柄を描く、独特なトールペイント。このフレームは、下地を塗った木に絵付けしてあり、ぽってりと厚めの彩色ながら、繊細で優しい花模様に仕上がっています。
a0208783_2153487.jpg
「アンティーキング」とでも言うのか、古臭さを上手く出していますが、実際にはアンティークやビンテージと呼べる程古くはないようです。フォークロアとシャビーシックの加減が丁度良く、余り主張の激しくないところが、我が家の居間のインテリアにもすんなり馴染みそうだし、写真立てとして使い易いと思います。(中に入れているのは、昔のラベルを再現したアメリカ製のシール)
a0208783_2155350.jpg
中南米の雑貨も結構好きで、東京に住んでいた頃は、「チチカカ」にも良く行きました。アンデスの民族音楽(フォルクローレ)も好きだし、ペルーの民族衣装は可愛いと思います。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-03-05 15:35 | インテリア・デコレーション | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(164)
(143)
(121)
(121)
(112)
(105)
(93)
(77)
(74)
(71)
(68)
(60)
(60)
(59)
(59)
(59)
(52)
(50)
(46)
(43)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ソンプティング教会のお祈りク..
at 2017-12-13 15:35
ルーサイトの青い花のインタリ..
at 2017-12-12 15:28
赤いチロリアン・テーブル・クロス
at 2017-12-11 15:26
小さな木製トントゥ人形
at 2017-12-10 15:24
村のクリスマスの風景のFDC
at 2017-12-09 15:23

記事ランキング

検索

最新のコメント

にいくさん、めちゃ三毛..
by piyoyonyon at 19:15
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 19:07
Tallulahさん、お..
by piyoyonyon at 18:58
とうとうその日が来てしま..
by にいく at 22:28
ポコちゃん、頑張りました..
by 真木 at 10:51
ぴよよんさん、ご無沙汰し..
by Tallulah at 02:35
真木さん、前回は確かここ..
by piyoyonyon at 08:26
真木さん、わざわざ御返答..
by piyoyonyon at 08:19
David Austin..
by 真木 at 10:23
うんうん、ポコちゃんはぴ..
by 真木 at 10:14

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。