タグ:ドイツ ( 22 ) タグの人気記事

小鳥のガラスのトリンケット・ボックス

P太は、ノーリッジで買ったウラン・ガラスのトリンケット・ボックスが、美しいので相当気に入ったらしく、義母への誕生日プレゼントにプラスしてはどうかと言い出しました。しかし義母は、どう見てもウラン・ガラスを気味悪がっているので、それは止めとけと言いました。どんなに賢い人でも、またどんなにウラン・ガラスの放射能は人体に無害なレベルだと説明しても、世の中には、ウランと聞いただけで拒否反応を示す人のほうが、まだまだ多いのです。そこで、地元の中心地へ出たついでに、他の普通のガラス製の(つまりウラン・ガラスではない)トリンケット・ボックスを、プレゼント用に探そうと提案しました。
a0208783_550375.jpg
町のチャリティショップを一通り回ると、幾つかのガラス製のトリンケット・ボックスを見掛けました。これは、その中で一番魅力的だと思い選んだ物。ビンテージと呼ぶ程古い物ではないかも知れませんが、私が持っているガラス製の呼び鈴と、天辺の鳥モチーフがほぼ同じで、20~30年以上昔のドイツ製だと思います。
a0208783_5511027.jpg
全体的にカット・ガラス風の型抜き装飾が細かくキラキラ美しく、大変愛らしい小ぶりのトリンケット・ボックスなのには違いありません。呼び鈴同様、クリスタル・ガラスだとは思います。
a0208783_5521419.jpg
何と言っても可愛さの決め手は、蓋に止まっている丸めの小鳥。この造形が、やっぱり優秀です。
a0208783_5524727.jpg
鳥モチーフは、実はそれ以外に本体の側面にも、レリーフ状に三つ入っています。
a0208783_5514672.jpg
売られていた時は、カット模様の溝の合間に埃が入り込んでくすんでいましたが、家で古歯ブラシで磨いたら、見違える程輝きが増し美しくなりました。義母も喜んでくれたようです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-17 15:28 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)

バレリーナのジョリーナちゃん人形

a0208783_827263.jpg
以前玩具店で見掛けて、現代の西洋の幼女人形としては、かなり可愛いなあと思っていたお人形です。フリマで中古品で見付けたので、試しに買ってみました。その時は裸んぼうでしたが、子供の古玩具としては、状態は割と綺麗でした。少し調べたところ、製造は中国ですが、メーカーはドイツだと分かりました。名前を「Jolina ジョリーナ」と言い、元は薄いピンク色のカシュクールとチュールのチュチュを着用し、ゆったり目のレギンス、バレエ・シューズを履いて販売され、バレエの練習に励む少女の設定と言った様子でした。
a0208783_8281431.jpg
背の高さは約35cm。バービーやシンディ、リカちゃん等の1/6サイズ人形よりは、ずっと大きな比率です。この服装ではお披露目出来なくて残念ですが、バレエ少女人形だけあって、ギミックが中々凄いんです。つまり、普通のソフト・ビニールの人形とは異なり、間接のそれぞれが曲がる、バレエの基本的なポーズは大体とれる素体を持っています。180度開脚も何のその。見た目は、どちらかと言うと日本のオビツ・ボディに似ています。ピンクのぱんつが、ボディに直接ペイントされています。
a0208783_8284919.jpg
更に、足の甲が少し大きめで、バランスに寄っては自力で立つところが益々凄いっ。
a0208783_8291791.jpg
そして、この手のシンプルな顔立ちの幼女人形は、結構西洋には多いものの、程良くリアルで適度にアニメっぽく、彩色も自然な、中々絶妙に愛らしい顔をしています。こんなオシャマな女の子、実際白人に居そう。幼児と呼ぶには少し大きくて、6、7、8歳ってところかな。
a0208783_830680.jpg
特殊なサイズの人形の服を作る場合、自分で採寸して型紙を起こさなくてはなりません。まず試しに最初に作るのが、こんなジャンパー・スカートにもなる、袖無しのウェスト切り替えのないワンピースから始めます。リネンに刺繍して、素朴でナチュラルな雰囲気を目指しました。ハイソックスとお揃いのボーダー・シャツは、袖が長過ぎましたね…。逆にフェルトで作った靴は、ちょいと小さい過ぎました(苦笑)。
a0208783_8293880.jpg
市販されていたジョリーナちゃん用の着替えは、バレエの舞台衣装やトレーニング・ウェア中心でした。また、フル・ポーザブルのボディを生かして、フィギュア・スケーター・バージョンも存在したようです。ついでに、同じメーカーから、同じ顔、同じ素体で、服と髪型&色のみ換えた、ディズニーのプリンセス人形も発売されていました。この顔立ちとボディがかなり気に入っているので、今後も中古で見付けたら買いたいと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-06 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ローゼンタールの楕円の大皿

その日のフリマは、天気がイマイチで出店数も少なかった上、P太が連絡用のトランシーバーを忘れたので、珍しく二人一緒に見て回ることにしました。お互い、「あんな大きな物は、場所を取るから買うな」「それは必要ない」とか言い合い、ウザイことこの上なし。…やはりバラバラに見て回ったほうが良いようです(笑)。そんな中、P太の目を盗むようにして買ったのが、この大きな皿です。
a0208783_1775256.jpg
幅35cm位もあり、大皿料理にぴったり~と思いました。一見北欧ビンテージ陶器かと思いましたが、ドイツの「Rosenthal ローゼンタール」製です。
a0208783_1791597.jpg
Made in「West Germany」ではなく、単に「Germany」と記してあるので、そんなに古くは無さそうです。とにかく、ドイツらしく堅牢! その分、重さも半端ありません。フリマで運ぶ時、入れていた頑丈なトート・バッグの持ち手が、ずっしり肩に食い込みました(笑)。
a0208783_1794981.jpg
シンプルなようで、良く見ると細かいエンボス模様が入っていて、中々繊細な雰囲気です。そして、二色使いのオプティカル模様が、何気にとても洗練されているように思えて好きです。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-29 15:31 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ビンテージの針セット・カード

a0208783_17505485.jpg
フリマのプロらしきディーラーの、古い裁縫道具が詰まったダンボール箱で見付けました。イラストは、明らかに1950年代~60年代前半。最初は古いグリーティング・カードが紛れ込んでいるのかな?と思いましたが、表紙には「NEEDLE CARD」と書いてあり、中面には針が数本入っていました。つまり、このチェコの針カードと同種の製品です。日本でも、昔の針セットのパッケージには、味わい深い物が多かったようです。
a0208783_17545760.jpg
表紙のイラストは、広げると、こんな風に裏表紙に繋がっています。ブリジット・バルドーのようなグラマラスな御姐さんが、裁断をしているところ。この時代らしい、中々素敵なイラストです。西ドイツ製。
a0208783_17553454.jpg
中面はこんな感じ。左には普通の縫い針、右には、今は一本しか残っていませんが、刺繍針がセットされていたようです。大きく弓なりに沿った針は、初めて実物を見ました。「円形マットレス針」と言い、マットレスの他にも、分厚くて普通の針では貫通しないような家具の修復に使用されるようです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-02 15:30 | 手芸用品 | Comments(0)

市場の場面の錫細工飾り

a0208783_2322936.jpg
フリマで何回か出店しているストールで、何度か見掛けたドイツの錫細工オーナメントです。何度も見掛けているのに、買わずに見送っていた理由は、値段が4ポンドもしたからです。元値がかなり高価であることは知っていますが、イギリスのフリマの中古品としては、相当強気な値段で、それで今まで誰も買わなかったのだと思います。でも、図案は文句なしに魅力的だし、もうちょっと安くなるなら買ってもいいやと思い、値段交渉してみることにしました。
a0208783_23232681.jpg
店のおじさんは、裏面に貼ってあるままのオリジナルの値札に「12 02 049」と印字されているから、1949年製造の、昔の手工芸品で価値のあるものだから、値段は下げられないと主張していました。しかしその値札自体が、どう見てもそれ程古いものではないし、そもそも「049」が1949年を意味する確証がありません。それでも、最終的には3ポンドには負けてくれました。元の値札には、値段は「59.80(多分ドイツマルク)」とあり、実際いつの時代の製造か分からないので、レートも検討付きませんが、今でもこの大きさ(チェーン除く高さ約17cm)の錫細工なら、恐らく日本円で5000円以上はすると思います。
a0208783_23244747.jpg
青物市場を表していて、野菜や花、卵、鶏とヒヨコなど、商品が沢山並んでいる、充実した楽しい図案です。パラソルの下には、商品を包む為の紙袋の束もぶら下がって表現されています。店主は、ディアンドルに水玉バブシュカの格好が可愛い、豊頬のおばちゃん。
a0208783_23254281.jpg
一番下には、「Viktualienmarkt」と書いてあり、ミュンヘンの実在の食品市場のことだそうです。つまりこれは、ミュンヘン土産です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-07-28 15:25 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ガラスの花篭モチーフのインタリオのペンダント・トップ

a0208783_6591083.jpg
フリーマーケットで、ガラクタに混じって昔のガラスのパーツが売られていて、古い物ならではの品の良さで輝いて見えました。手彫りしたのではなく、型抜きの模様だと思いますが、とても繊細でウットリ綺麗です。花がいっぱい詰まった籠と言うモチーフは、永遠に人気のようで、古いアクセサリーでは定番です。
a0208783_6595848.jpg
縦は5cm位で、結構大きなペンダント・トップです。最初はシャンデリアのパーツかもと思いましたが、天井に吊るして遠目にしか見えないシャンデリアに、わざわざこんな細かい彫刻をするとは思えないので、やはり元はペンダントだと思います。彩色はないので、濃い色の服の上でレースのように映えそうです。
a0208783_70508.jpg
こういうガラスのインタリオは、ドイツに結構多いようですが、同じものがネットでヒットして、確かにこれもドイツ製のクリスタル・ガラスのようです。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2016-07-12 15:38 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスのミニ・プレート

a0208783_6382410.jpg
地元のチャリティショップで出会った、ウラン・ガラスの小皿です。実はこれを買った時、ブラック・ライトを持ち忘れて、ウラン・ガラスかどうか確認出来なかったのですが、猫チャリティ屋だったので、例え外れても、にゃんこ達のご飯の足しになるからオッケー♪と思って買いました。一応お皿を売り場のテーブルの下の暗がりに入れて見ると、紫外線の強い季節だからか、少し発光して見えました。
a0208783_639942.jpg
薄~く着色されていますが、かなり明るく発光します。色的には、背の高いキャンドル・スタンドに良く似ています。思った通り、アール・デコのウラン・ガラスとしては、放射線量はやや高め。
a0208783_6401362.jpg
ヒビ欠けはありませんが、元々縁が不均一に尖っており、かなり初期の型抜きガラスのようです。長く濡らして使われていたようで、イギリスの水道水に多く含まれる、石灰質らしきものが付着しています。
a0208783_6404759.jpg
直径は15cm位で、コスメ・セットに付属するピン・トレイにしては大き過ぎるし、デザート・ボウルとしては浅過ぎます。して言えば、デザート「プレート」…とかなんでしょうか?? とにかく、場所は大して取らなくて、色んな物を入れて置けるので、持っていて損はないアイテムだと思いました。
a0208783_641297.jpg
縁は花びらのようにスカラップ型で、中央にも花のような模様があり、シンプルながら中々可愛いお皿です。透明感や輝きも綺麗。ちょっと調べたところ、「Walther & Sohne」と言うドイツのメーカーの1933年の製品で、デザイン名を「Basel」と言うそうです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-07-05 15:36 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

七宝のビンテージ・バックル

a0208783_18241341.jpg
金色の花のブローチと一緒に、小雨の日のフリマで買ったのはこれです。多分服のウェストを絞る為の、細いベルト用の対になったバックルです。
a0208783_18244873.jpg
七宝焼きの中でも、これは「クロワゾネ(有線七宝)」ではなく、「象嵌七宝」と言う技法のようです。彩色前に、柄の主線となる金属線を植線するのではなく、型抜き鋳造や彫刻、打ち出しで凹ませた部分に、釉薬で彩色する技法です。
a0208783_18252266.jpg
裏面に「Germany」の刻印があり、どう見ても東西ドイツ統一後ではなく、東西分裂前、つまり第二次世界大戦前(or中)の製品だと思います。元々はどんな服装に合わせたのか、想像するとワクワクしますが、チョーカーに加工しても良いかもと思い購入しました。同じストールで、この他いかにもアール・デコらしい、中々魅力的な七宝のバックルも売られていましたが、そちらは釉薬が大きく剥がれて、残念ながら状態が良くありませんでした。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-20 15:27 | 手芸用品 | Comments(0)

ドイツの「さすらい人」の錫細工飾り

a0208783_1251966.jpg
快晴の日の地元郊外の大型フリマの二回目では、スウェーデンの木製天使人形を買った直後に、このドイツの錫細工に出会いました。フリマで初っ端から目欲しい物に出会える日は、全体的に嬉しい収穫が多いと言うジンクスが私にはあるのですが、その日は正にそうでした。このドイツ土産の代表的な錫細工飾りは、この大きさなら本国で買うと相当高いし、イギリスのフリマではそう出会えるアイテムではありません。
a0208783_126167.jpg
チェーンを除いて、縦約12cm×横約8cm。モチーフは、民族衣装を着た旅の途中らしい若者が、木陰で物思いに休んでいると言った様子です。一応ドイツ語圏の文学や音楽に度々登場する、「Wanderer さすらい人」と言うことにしておきます。彩色はあっさり目ですが、囲み罫の装飾が民族色が濃くて素敵です。良く見ると、若者の顔がへんちくりんなんですけど、少なくとも歯医者よりは、ドイツ土産としてはスタンダードな選択だと思います(笑)。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-05-31 15:21 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

ビョルン・ヴィンブラッドの絵皿

a0208783_20585790.jpg
北欧陶器っぽいなと思い、手に取りバックスタンプを確認したら、ドイツの老舗陶器メーカー「Rosenthal ローゼンタール」の製品でした。でも北欧っぽいのは道理で、デザイナーが、デンマークのBjorn Winnblad ビョルン・ヴィンブラッド(1918~2006年)だからです。デンマークの国民的なアーティストで、陶器だけでなく、ポスターやステーショナリー、舞台衣装を手掛ける等、多岐に渡って活躍し、彼の作品は今でも非常に人気があります。しかし、今まで見たことのあるデンマークのNymolle社の彼の陶器は、単色の線画だったので、こんなカラフルな作品も、ローゼンタールから出していたとは知りませんでした。
a0208783_20593618.jpg
食器ではなく、元々裏面に引っ掛ける為の金具が付いている飾り皿です。タイトルを「Olientalische Nachtmusik オリエンタル・ナイト・ミュージック」と言いまして、アラビアン・ナイトをイメージしているそうです。製造年代は1970年後半から80年前半位。全部で3種類あり、このマンドリンを演奏している柄の他に、横笛を演奏しているもの等が存在したようです。
a0208783_20595630.jpg
中近東の装飾らしい濃いコバルト・ブルーの背景に、平面構成的な鮮やかな彩色、その上に金のプリントの乗っているのが、アクセントとして利いています。東洋風と言うことで、日本画の影響を受けた(らしい)グスタフ・クリムトっぽくもあり、人物が丸顔だからか、何だか棟方志功の仏画みたいだなとも思いました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-06 15:38 | インテリア・デコレーション | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(141)
(115)
(110)
(105)
(97)
(91)
(81)
(72)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(44)
(40)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

オーラ・カイリーの洋ナシ柄と..
at 2017-06-27 15:23
ポーランド陶器のリンゴ型クッ..
at 2017-06-26 15:30
青と紫の小ぶりのエナメル花ブ..
at 2017-06-25 15:31
ジブリ弁当箱
at 2017-06-24 15:36
誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。