タグ:ネックレス ( 26 ) タグの人気記事

ジョストボ塗りのペンダント

a0208783_5584860.jpg
山小屋風チャリティショップで買った、中古のロシアのお土産品です。直径3.5cm程の木製メダルにトールペイントが施されたペンダントで、「ジョストボ塗り」と呼ばれるそうです。今まで何度かイギリスのフリマ等で、ジョストボ塗り(またはパレフ塗り)のアクセサリーを見掛けた覚えがありますが、買わなかったところを見ると、ピンと来る事がなかったようです。思うに、お洒落に使いこなすアイディアが浮かばなかったせいかも。それは多分、今まで見掛けたのがブローチばかりだったからで、ペンダントは今回初めて目にしました。
a0208783_5591974.jpg
元は黒い革紐が付いていて、自分で首の後ろで自分で結ぶタイプでしたが、ビーズのほうが合わせ易いかもと思い、手元にあった黒いビーズのネックレスに繋げました。描かれた花の色味は落ち着いていて、ほんのちょっぴり大人なフォークロア感を、これなら普段のファッションにさり気なく取り入れられそうです。
a0208783_5594967.jpg
ジョストボ塗りは、モスクワ郊外のジョストボ村で生産される民芸品で、皿やトレイ等の大きな作品には、通常鉄板の土台が使われるそうです。濃い色の地に、花や木の実、果物等を、大胆なストロークを生かして描き、大抵縁を金の細かい文様で装飾するのが特徴のようです。同じロシアの民芸品でも、いかにもロシアらしさが満載の「ホフロマ塗り」や「ゴロジェツ塗り」「メゼーニ塗り」に比べると、色使いが豊富で華やかで、西欧の一般的なトールペイントに共通する親しみ易さが感じられます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-26 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスのネックレス

a0208783_20293790.jpg
今まで幾つかウラン・ガラスのアクセサリーを手に入れましたが、それらは大体、ウラン・ガラスの製造がほぼ終了した1940年代以降のアクセサリーで、単に前時代から余っていたラインストーンを使用しただけ、と言った感じでした。そこで、実際ウラン・ガラスの製造が盛んだったアール・デコ時代以前の、しかも部分的にではなくウラン・ガラスがメインのアクセサリーを、今度は手に入れたいと思っていました(…あくまでフリマで安く)。そしてとうとう出会ったのが、このネックレスです。
a0208783_203039.jpg
大きさのグラデーションになった主要のガラス・ビーズが、ウラン・ガラス特有の黄色っぽい緑色ではなく、どちらかと言えば青みの強い、エメラルド・グリーンに近い緑色なのですが、間に繋げた無色透明のシード・ビーズを除いては、睨んだ通り全てウラン・ガラスでした。間には菊座も繋げてあり、間違いなくアール・デコ時代のデザインの、多分チェコ製のファイヤー・ポーリッシュ・ビーズだと思います。
a0208783_20303031.jpg
例えウラン・ガラスじゃなかったとしても、ビーズの色合いと透明感が美しい、中々素敵なネックレスです。良く見ると大きいビーズのあちこちにカケがありますが、遠目には気になりません。直に肌に触れない、衣類の上からとかなら、実際使用することも出来ます。
a0208783_6122597.jpg
アール・デコ時代のウラン・ガラスとしては放射線量は高めで、紫外線光でかなり濃く輝きます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-22 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

こけしのミニ革手帳のペンダント

a0208783_173343.jpg
こちらは、昨年お友達のキチ吉ちゃんから貰ったプレゼントです。多分作家さんもので、一辺3cm程度の小さな革製の手帳の表紙に、可愛いこけしのイラストが付いています。更に手帳には革紐が付いて、紐を伸ばすとペンダントになる仕様です。
a0208783_182450.jpg
小さなハトメまで打ってあって、非常に丁寧に手作りされている上、イラストもどう見ても手描き。手帳の中身は、勿論紙の頁が装丁してあり、ちゃんと文字等を書き込める仕組みです(勿体なくて使えませんけど)。
a0208783_192877.jpg
裏面、タグにまで、サクランボの手描きのイラストが入っています。留め具、帯等何処を見ても抜かりなく、可愛いだけでなく美しい手仕事だと思いました。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-04 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ガラスのキューブ・ビーズのネックレス

a0208783_20524544.jpg
山小屋風チャリティショップで見付けた、多分1920~30年代のチェコ製のネックレスです。マルチ・カラーの1cm角位のキューブ型の、ガラス製ビーズで出来ています。一見カラフルでポップですが、ビーズに微妙な中間色が混じっており、キューブ・ビーズの間に菊座と黒いシードビーズの繋げてあるところが、現在のデザインとは大分雰囲気が違います。
a0208783_20531218.jpg
とにかく色合いが魅力的。赤は甘めで青は渋く、半透明のピンクと水色、薄黄は、キャンディーのような美味しそうな色です。丁度、日本の「キュービィロップ」と言う飴に似ています(多分大きさも)。
a0208783_20533212.jpg
ネックレスとして使うと、やっぱりゴロッと大ぶりな印象です。二重にしてブレスレットとして使用するほうが、しっくり来るかも知れません。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-17 15:31 | アクセサリー | Comments(0)

アール・デコの三連フェイク・パール・ネックレス

a0208783_2462185.jpg
グラデーションになったフェイク・パールが、3重に連なった古いネックレスです。多少パール玉にキズと剥げはありますが、糸に緩みもなく、概ね状態は良好です。玉は最大で直径約7mm、多くは直径3mm位で、三連とは言え、そんなに仰々しいボリュームはなく、繊細さと優雅さが漂う使い易い大きさ。色がエクリュと言うのも、日本人には肌馴染みが良く嬉しいところです。パールの芯はガラスで、結構重みがあり、フェイクと言えど安っぽくはありません。
a0208783_248965.jpg
パールのネックレスは、アクセサリーの定番。本真珠はフォーマルな場で活躍しますし、汗をかき易い季節の普段使いには、フェイク・パールは有難いものです。また、パールの独特な存在感で、こんなシンプルなネックレスでも、ファッションの雰囲気をガラリと変える威力があります。
a0208783_249192.jpg
アール・デコ時代の製品だと分かるのは、クラスプが典型的なデコのデザインだから。良く見ると、ラインストーンが一つ欠けていますが、さすがにこの小ささの石は手持ちがなくて修理出来ませんでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-22 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

連爪の蝶型ラインストーンのネックレス

a0208783_203284.jpg
ラインストーンが専用チェーン金具に嵌め込まれて連なった「連爪」のネックレス、特に無色透明のラインストーン一色のものは、ビンテージとしては結構良く見掛けるアイテムです。しかし連爪だけで、この蝶型のように具象的な形に表現したタイプは、割と珍しいのではないかと思いました。
a0208783_20324640.jpg
蝶は「美」のシンボルとして、アクセサリーとしては人気のモチーフなので、昔から蝶のネックレスも沢山存在します。しかし、大抵はビーズそのものが蝶型だったり、蝶型の台座にラインストーンを嵌め込んでトップとして使用したものです。その点これは、連爪だけで蝶を形成している為、動く度にまるでヒラヒラ蝶が飛んでいるように揺れるのが(実物の飛ぶ蝶なんて真っ平だけど)面白いと思いました。
a0208783_20332789.jpg
クラスプも、昔らしいデザインで気に入っています。しかし、首の後ろで自力で留めるのは無理っぽい程、非常に着脱し辛いのです。とは言え、使い易い現代のクラスプに付け替えて、外してしまうのは勿体ないし…。そこで閃いたのが、このクラスプに現代のを付け足せば良いのかも。
a0208783_20341397.jpg
この手のネックレスがイギリスに多く残っているのは、ウェディング等のフォーマルな場に合わせる需要が高かったからのようです。しかしこの程度のボリュームなら、普段の格好にも大丈夫そう。普段使いする場合、キャミソールにジーンズとか出来るだけシンプルな服装でカジュアル・ダウンするか、カチッとしたスーツで甘さを抑えるのが決め手かも知れません。無色透明の石は、合わせる色を選ばず、使い勝手の良い利点があります。アール・デコらしいデザインですが、もしかしたら、デコ・スタイルがリバイバルした1950年代の製品かも知れません。ともあれ、ラインストーンの輝きも十分美しく、かなりグラマラスなネックレスです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-19 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

アクアのラインストーンの花のネックレスとブローチ

a0208783_23531732.jpg
こちらも、長年壊れたままだったのを、最近とうとう修理したビンテージのネックレスです。この時代(多分1950年代)のネックレスとしては、プラスティック製のビーズのゴロゴロと大きなキッチュなタイプが多く、どちらかと言えば、こんなラインストーンがキラキラのネックレスは少数派なので、例え修理が必要な状態でも、買っておくべきだと思いました。
a0208783_23535343.jpg
銀色の地金に、水色のラインストーンの丸っこい花が並んだ、若々しい爽やかなイメージです。花と葉部分が、結構上手く組み合わせてまとめてあります。
a0208783_23544075.jpg
そして、やはり長い間壊れたままだったこのビンテージ・ブローチに、偶然ペアのようにそっくりでした。製造年代は同じ頃だと思いますが、手に入れた時期も買った場所も別々です。ただし、ネックレスに合わせるのは大抵イヤリングで、ブローチを揃いで着ける機会は余りないと思います。
a0208783_23551573.jpg
ネックレス、ブローチ共に、ラインストーンの幾つかが紛失していました。補充した石の色が明らかに違いますが、デザイン的にちぐはぐ過ぎることはなく、これはこれで面白いかもと思い実行。それに、このままぴったりのラインストーンを探し待ち続けたら、また長年お蔵入りになってしまうだけです。
a0208783_23555014.jpg
誰がどう使ったのか知りようがない、中古品のアクセサリーなので、元々フリマ等で手に入れた当初から、これは絶対後から換えたんだろうな…と思える、色や質感の明らかに異なるラインストーンが混じっているのは、良くあることなのです。そんな色々なラインストーンが混じっている様子も、長年大切に使用され続けた証であり、古いアクセサリーの個々の歴史を垣間見れる、興味深いことだと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-08-17 15:21 | アクセサリー | Comments(0)

セルロイドの花のネックレスとブローチ

a0208783_0153794.jpg
一緒に手に入れた、恐らく同時代(1930~50年代)のセルロイド製のアクセサリーですが、決してペアと言う訳ではなく、たまたまフリマの同じストールで売られていただけだと思います。片方は、マーガレットのような花のブローチ。もう一方は、アルプスのお土産らしいエーデルワイスのネックレスです。この手のブローチなら、結構あちこちで見掛けますが、ネックレスのほうは、チェーン部分のビーズも留め具もカンも、全て乳白色のセルロイドで出来ていて、こんな仕様は初めて見ました。
a0208783_0165535.jpg
どちらも手彫りのようで、良く見るとかなり繊細な造りです。ネックレスのトップは、一部突起した花びら部分が欠けています。
a0208783_0175465.jpg
マーガレットのほうは、ブローチとしては小さめ(直径3cm弱)ですが、素直な愛らしさがあります。良く観察すると、花びらの重なり具合が角度とか全て異なり、リアルに追求されていて、最早芸術的ですらあります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-08-13 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

ベークライトのフラッパー・ネックレス

好みのビンテージ・ブローチを一度に幾つか手に入れたフリマのストールでは、古いネックレスも数種売っていました。その中でもこれは、ベークライトではないかと思って買ったネックレス。ベークライトのアクセサリーが盛んに製造されたアール・デコ時代に、当時流行したフラッパー・スタイルのドレスに合わせて付けたらしい、長~いタイプのネックレスです。
a0208783_17595942.jpg
家に帰ってから良く確かめたら、どうやらチューブ型のビーズは、ベークライトではなく竹製みたいです。小さい丸玉ビーズの中にも、木製っぽく見える物もあり、樹脂製に見える物もあり。少なくともメダル型のビーズのみは、ベークライトのようです。変色したのではなく、元から濃い茶色だったのだと思います。
a0208783_1804167.jpg
何だか昔日本の民家で良く使われていた木製の簾に見えなくもなく、現代の服装にお洒落に使いこなせるかは謎なネックレスですが、不思議な素材感や独特の色合いに、捨て難い味わいがあるのは確かです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-11 15:36 | アクセサリー | Comments(0)

ビンテージのフェイク・パールのネックレス

a0208783_5234074.jpg
1950年代から60年代前半に掛けて、模造品も含めて、パールのネックレスが大流行したそうです。それに伴い、この時代の服装も、大変女性的でエレガントでした。この時代のバービー人形のアウトフィットにも、必ずと言って良いほどパールのネックレスが付属しています。その当時のパールのネックレスが、現在ビンテージとして割と沢山残っているのを見掛ける機会がある訳ですが、今でも使用に耐えられる状態となると、模造品と言えど、元々それなりに質の良いものに限られるようです。
a0208783_5241752.jpg
この古い模造パールのネックレスは、そんな結構質高品質の物らしく、糸の緩みも今だ無く、芯はガラスでずっしり重みがあり、目立ったパール加工の剥げもありません。何より、光沢が本真珠にも負けない位、大変美しいままです。ベージュ掛かったエクル色なので、日本人の肌色に馴染み易いと思います。古風な留め具も素敵。ジュエリー風水では、パールは女性の運気にとても良いとされていますが、P太に言わせると、確かにパールのアクセサリーは、女性を上品に美しく見せる効果が(例えフェイクでも)あるそうです。日本は本真珠の世界有数の産地で、ヨーロッパよりも手頃に入手出来るようなので、もっと身近に愛用したいものです。




・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2016-04-24 15:20 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(135)
(110)
(108)
(100)
(94)
(88)
(78)
(70)
(66)
(54)
(54)
(53)
(52)
(51)
(51)
(50)
(45)
(42)
(39)
(38)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ウラン・ガラスの蝶のキャンド..
at 2017-05-24 15:27
春のリース・ヒル 2
at 2017-05-23 15:31
春のリース・ヒル 1
at 2017-05-22 15:38
鳥型のソーラー・ライト
at 2017-05-21 15:37
公衆電話ボックスの活用法 3
at 2017-05-20 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

> 真木さん、お友達のお..
by piyoyonyon at 17:41
ぴよよんさん、 わ..
by 真木 at 10:02
> 真木さん、イギリスを..
by piyoyonyon at 10:59
おお、ただいま日本におら..
by 真木 at 09:42
> 真木さん、こんにちは..
by piyoyonyon at 12:24
ぴよよんさん、 こ..
by 真木 at 09:25
> はっちさん、こんにち..
by piyoyonyon at 11:34
 ぴよよんさん こんにち..
by はっち at 20:43
猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。