タグ:ネックレス ( 34 ) タグの人気記事

鮮やか緑系ビンテージ・ネックレス

a0208783_6533594.jpg
フリーマーケットでまとめてビンテージ・ジュエリーを四つ買ったストールの、隣のストールで買いました。この二人の売り主(どちらも初老の女性)は、お友達同士のようでした。売り主の話だと、元々彼女の義理のお母さんの持ち物で、1950年代のネックレスだそうです。
a0208783_6541923.jpg
蛍光黄緑のラウンドカット型プラスティック・ビーズ、マラカイト(孔雀石)のようなマーブル模様が付いたドロップ型の樹脂ビーズ、そして黒いシードビーズが繋げられ、目を引く緑色でまとめられ、二連のネックレスになっています。普通蛍光色のコスチューム・ジュエリーと言うと、安っぽく軽薄な物が圧倒的に多いのですが、これは大人の女性もお洒落に使いこなせるデザインだと思いました。着こなしの、中々気の利いたアクセントになってくれるはずです。特に、茶系や黄色系の服装に合いそう…と思っていました。しかし、姉へのクリスマス・プレゼントの一つとして上げたところ、クリスマス当日、真っ赤なセーターの上にこれを着けてクリスマスらしさを盛り上げ、周りに褒められたそうです。…その発想はなかった!
a0208783_653576.jpg
安っぽく見えない決め手は、黄緑ビーズのプラスティックながら中々精度が良い透明感と、組み合わせたマラカイト風ビーズの渋さだと思います。
a0208783_6544585.jpg
ビンテージ・ネックレスらしい、ワンタッチ式の留め具も素敵。唯一残念なのは、二連の両方とも長さが変わらなく、首に付けた時に綺麗に垂れ下がらない事です。もしかして逆手にとって、捻って着けたりすると効果的なのかしらん。

 




[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-18 15:30 | アクセサリー | Comments(0)

紫ラインストーンのフォーマル・ネックレス

a0208783_642637.jpg
紫色のラインストーンが連爪で連なった、フォーマル用のネックレスです。多分1940~50年代の物で、大きく襟ぐりの開いたイヴニング・ドレスに合わせて使用したのだと思います。
a0208783_6422820.jpg
紫&地金はゴールド色で、ちょっと年配向きっぽい色合いですが、状態は良く、ラインストーンも地金も綺麗に輝きます。とにかく美しい紫色です。中央の三つの大きめのラインストーンがポイント。連爪がスカラップ状に連なったデザインは、やはり優雅です。
a0208783_643084.jpg
この手の裏打ちされた細かいラインストーンのネックレスは、色や透明感や輝きを写真でお伝えするのが、つくづく難しいと感じます。元々イヴニング用だからか、自然光で撮影するよりは、蛍光灯等(これはLEDですが)人工の光で撮影したほうが映えるようには思います。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2018-01-14 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

アイリス・ガラスとシトリン色ビーズのロング・ネックレス

a0208783_23194921.jpg
フリマで、久々にアイリス・ガラスのビンテージ・ジュエリーに出会いました。ラウンド・カットのアイリス・ガラスと、同じくラウンド・カットのシトリン色+AB加工されたビーズを、グラデーション状に繋いであります。
a0208783_23221888.jpg
クラスプは一応付いていますが、そのままで頭からスッポリ被れる程長めのネックレスです。
a0208783_23205196.jpg
虹色の筋が霞むようにぼんやりしていて、アイリス・ガラスの中でも初期、すなわちアール・デコ期のネックレスだと思います。多分チェコ製。一番大きなビーズで直径2cm位になっており、こんな大きなアイリス・ガラスのラウンド・カット・ビーズは、私は初めて見ました。
a0208783_23212834.jpg
まるでシャボン玉か、お祭りの夜店の水ヨーヨーのような懐かしさ。とても綺麗で、最近手に入れたビンテージ・ジュエリーの中でも特に気に入っています。
a0208783_2323179.jpg
その日のフリマはビンテージ・ジュエリーの「当たり日」で、それぞれ別のストールで、一日でこれだけ手に入れることが出来ました。出会わない日は一つも見付からない物なんですけど、本当にこう言う連鎖は不思議です。しかも、この日は何故か色合いの渋めの物ばかり。他のについては、また後日御紹介します。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-07 15:22 | アクセサリー | Comments(0)

黒いガラス・ビーズの4連ネックレス

a0208783_18105254.jpg
フリマで購入した、一見地味なようで中々ゴージャスな、多分1950年代のネックレスです。
a0208783_18112890.jpg
使われているビーズは、多分今でも売られている、チェコのファイヤー・ポーリッシュのジェット(黒)のAB加工ビーズのみ。だから、割とどんな色の衣類にも合わせ易いと思います。
a0208783_1812217.jpg
しかし、3連どころか4連になっている為、ボリュームはたっぷり。存在感もばっちりです。一番大きなビーズで、直径1.5cm位。重量も相当あるので、肩が凝り易い人(私だ)は着用が大変かも。
a0208783_18123539.jpg
でも、もし単に黒いビーズが4連並んでいるだけだったら、やはりちょっと大味で退屈なデザインだったと思います。このフリンジが揺れるお陰で、かなり華やかさがプラスされています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-02 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

グリーン系三連ネックレス

a0208783_21142550.jpg
フリマで買った、恐らく1950年代の、ビーズがゴロッと大きくキッチュ&ポップなネックレスです。大き目のビーズが三連なので、着けるとかなり存在感はあるし、その中でも黒いビーズがピリッと利いています。
a0208783_21135738.jpg
ペパーミント・グリーンの繊維を束ねたようなビーズ(キャッツアイ・ガラスビーズの変形のようです)と、アンバー色のシード・ビーズのみガラス製で、後はプラスティック製。
a0208783_2184021.jpg
ドロップ型ビーズは、写真ではどうしてもピーコック・グリーンっぽく写ってしまいますが、本当はビリジアンとも言える真緑色です。もしこれが全部プラスティック製だったら、もっとキッチュに見えたことと思います。
a0208783_2115412.jpg
留め具にGermanyと刻印してあるので、ドイツ製のようです(留め具だけかも知れんが)。しかしアジャスターも無くなり留めにくいので、現代の留め具に交換することを検討中。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-22 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

オレンジ色スワロフスキーのネックレス

a0208783_17111570.jpg
シンプルながら、ガラス・ビーズの輝きの美しさや色が目を引いた古いネックレスです。このガラス・ビーズは、多分スワロフスキーだと思います。
a0208783_17115554.jpg
一番大きな中心の多面体カット・ビーズで、直径12mm位。後方は、直径約5mmのソロバン型と無色透明のシード・ビーズが、交互に連なっています。
a0208783_17122319.jpg
ビーズだけなら現代の製品と思っても可笑しくありませんが、クラスプの仕様が古さを物語っています。
a0208783_17125051.jpg
ほぼ淡色だし、あっさり目のデザインですが、ネックレスとしては結構個性的な色で、さり気なく着こなしのアクセントになってくれそうです。ビタミン・カラーとして、特に夏に活躍してくれそう。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-07-02 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

タンジェリン色のガラス・ビーズのロング・ネックレス

a0208783_6205030.jpg
日本に帰国する直前に行ったイギリスのフリマで出会い、おっ、これは姉へのお土産に良さそうと思って買った、古いネックレスです。
a0208783_6212746.jpg
単色の、しかも同じ形&大きさのガラス・ビーズを連ねているだけなのですが、このビーズの色が、ちょっと変わっていると思いました。いわゆる「タンジェリン」と呼ばれる、朱に近いオレンジ色です。
a0208783_6232274.jpg
一見シンプルなようでも、一つ一つのビーズに菊座が嵌めてあり、何気に重厚感があります。
a0208783_6215118.jpg
更に、実はとんでもなく長ーいネックレスでして、三重でも使用出来そうな位です。多分アール・デコ時代のチェコ製で、この時代に流行した典型的なフラッパー・スタイルのネックレスだと思います。デコ期には、こんなタンジェリン色も流行したそうです。
a0208783_6234068.jpg
・・・しかし、この色+丁度この粒の大きさが、私にはどうしてもイクラを連想させる!
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-11 15:18 | アクセサリー | Comments(0)

ラピスラズリ風ビーズのフィリグリーのネックレス

地元のとあるチャリティショップへ行ったら、古いターコイズ色とラピスラズリ色のネックレスが沢山売られていました。どれも20世紀前半らしき物で、その色のネックレスを好んで集めていた人(の多分遺族)が、まとめて寄付したようです。中には多分、本物のターコイズとラピスも混ざっていたんじゃないかと思いますが、シンプルな物には目もくれず(笑)、この一番意匠の凝ったネックレスを買って来ました。
a0208783_19382157.jpg
ラピス色ですが、これは天然石ではなく、ラピス風に作られたガラス・ビーズです。コバルト色と薄い青をマーブル状に混ぜ、更に金で着色していあります。以前も、模造ラピスとフィリグリーのネックレスを手に入れたから、もしかしたら、この時代には流行りだったのかも知れません。恐らく、アール・デコ時代のチェコ製。
a0208783_19391773.jpg
メインとなるビーズは、二つの球形のビーズを繋げて、模様の細かい透かし金具、すなわちフィリグリーを巻き付けてあります。更に、金具に極小のマルチ・カラーのラインストーンが埋め込まれた凝り様です。このラインストーンの幾つかが無くなっていたので、新たに補充にしました。生憎このサイズの古いラインストーンの手持ちがなく、全て新品の無色にしましたが、やはり古い物との差が歴然としてしまいました。多少時が経てば、新品のラインストーンもくすんで来て、余り目立たない位に馴染んでくれると良いのですが…。
a0208783_19395559.jpg
残りは、菊座の付いた球形のコバルト色のビーズや、透かし玉が繋げてあります。この時代のネックレスには、基本的にアジャスターが存在しなかったらしく(多分体格差が余り無かった)、その上長さ自体が相当短く、現代の西洋人女性の多くには着用不可能だと思います。
a0208783_19403191.jpg
こんなビーズ一つ一つにも、フィリグリーを組み合わせて、出来るだけ華やかに見せよう工夫としたデザインの面白さが感じられ、興味深いと思います。フィリグリーにも、こんな使い方があるんだと知りました。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-01 15:31 | アクセサリー | Comments(4)

ジョストボ塗りのペンダント

a0208783_5584860.jpg
山小屋風チャリティショップで買った、中古のロシアのお土産品です。直径3.5cm程の木製メダルにトールペイントが施されたペンダントで、「ジョストボ塗り」と呼ばれるそうです。今まで何度かイギリスのフリマ等で、ジョストボ塗り(またはパレフ塗り)のアクセサリーを見掛けた覚えがありますが、買わなかったところを見ると、ピンと来る事がなかったようです。思うに、お洒落に使いこなすアイディアが浮かばなかったせいかも。それは多分、今まで見掛けたのがブローチばかりだったからで、ペンダントは今回初めて目にしました。
a0208783_5591974.jpg
元は黒い革紐が付いていて、自分で首の後ろで自分で結ぶタイプでしたが、ビーズのほうが合わせ易いかもと思い、手元にあった黒いビーズのネックレスに繋げました。描かれた花の色味は落ち着いていて、ほんのちょっぴり大人なフォークロア感を、これなら普段のファッションにさり気なく取り入れられそうです。
a0208783_5594967.jpg
ジョストボ塗りは、モスクワ郊外のジョストボ村で生産される民芸品で、皿やトレイ等の大きな作品には、通常鉄板の土台が使われるそうです。濃い色の地に、花や木の実、果物等を、大胆なストロークを生かして描き、大抵縁を金の細かい文様で装飾するのが特徴のようです。同じロシアの民芸品でも、いかにもロシアらしさが満載の「ホフロマ塗り」や「ゴロジェツ塗り」「メゼーニ塗り」に比べると、色使いが豊富で華やかで、西欧の一般的なトールペイントに共通する親しみ易さが感じられます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-26 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

ウラン・ガラスのネックレス

a0208783_20293790.jpg
今まで幾つかウラン・ガラスのアクセサリーを手に入れましたが、それらは大体、ウラン・ガラスの製造がほぼ終了した1940年代以降のアクセサリーで、単に前時代から余っていたラインストーンを使用しただけ、と言った感じでした。そこで、実際ウラン・ガラスの製造が盛んだったアール・デコ時代以前の、しかも部分的にではなくウラン・ガラスがメインのアクセサリーを、今度は手に入れたいと思っていました(…あくまでフリマで安く)。そしてとうとう出会ったのが、このネックレスです。
a0208783_203039.jpg
大きさのグラデーションになった主要のガラス・ビーズが、ウラン・ガラス特有の黄色っぽい緑色ではなく、どちらかと言えば青みの強い、エメラルド・グリーンに近い緑色なのですが、間に繋げた無色透明のシード・ビーズを除いては、睨んだ通り全てウラン・ガラスでした。間には菊座も繋げてあり、間違いなくアール・デコ時代のデザインの、多分チェコ製のファイヤー・ポーリッシュ・ビーズだと思います。
a0208783_20303031.jpg
例えウラン・ガラスじゃなかったとしても、ビーズの色合いと透明感が美しい、中々素敵なネックレスです。良く見ると大きいビーズのあちこちにカケがありますが、遠目には気になりません。直に肌に触れない、衣類の上からとかなら、実際使用することも出来ます。
a0208783_6122597.jpg
アール・デコ時代のウラン・ガラスとしては放射線量は高めで、紫外線光でかなり濃く輝きます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-22 15:25 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(172)
(150)
(128)
(125)
(115)
(112)
(100)
(78)
(74)
(71)
(70)
(62)
(62)
(61)
(59)
(59)
(58)
(51)
(46)
(46)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

会話するメントス
at 2018-01-21 15:30
象嵌風帆船のブローチ
at 2018-01-20 15:32
ちょっとだけロリィタ風ファッ..
at 2018-01-19 15:28
鮮やか緑系ビンテージ・ネックレス
at 2018-01-18 15:30
花とペイズリー柄のビンテージ..
at 2018-01-17 15:22

記事ランキング

検索

最新のコメント

はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 17:14
 モモコドールは、そっけ..
by はっち at 16:24
Tallulahさん、あ..
by piyoyonyon at 19:31
実は次のにゃんこはいつか..
by Tallulah at 18:33
mintmint36さん..
by piyoyonyon at 06:27
ぴよよんさん、はじめまし..
by mintmint36 at 09:08
にいくさん、確かにケバい..
by piyoyonyon at 03:00
最初の写真を見て、思わず..
by にいく at 18:32
にいくさん、めちゃ三毛..
by piyoyonyon at 19:15
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 19:07

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。