タグ:ハンドメイド ( 100 ) タグの人気記事

リカちゃんのピンクのツーピース

a0208783_1934626.jpg
日本ヴォーグ社の「リカちゃん2」に掲載されていた、ピンクハウス風ツーピースとして紹介されていた型紙で作りました。一体今まで日本の何人の人が、それを見て作ったであろうと思われる人気の作品です。昔からリカちゃんやジェニー人形のファンには、何故かピンクハウス系のファッション好きな人が多かったのですが、私はあの装飾過剰&重量感有り過ぎのスタイルが、文字通り近寄り難くて好きではありませんでした。ところがこのツーピースは、「リカちゃんは小さいので、人間の服装をそのまま小さくしても同じようには行かず、普通の木綿はリカちゃんにとってはかなり厚く、細かい装飾をするのにはボリュームが出過ぎてしまう」とのことで、「なんちゃって重ね着」にして装飾も極力減らし、すっきり単純なパターンで、あくまで簡潔にPH(ピンクハウス)風に工夫されているところが気に入りました。しかし私の場合、布地もレースも別にPHらしくする必要は全くないので、手元にある材料で間に合わせて作った為、単なるフリフリな少女服となりました。
a0208783_19353245.jpg
これでもPH風としては破格な装飾の少なさですが、私としては装飾てんこ盛りで苦労しました(笑)。タックに使用したレースに張りが有り過ぎて、スカートが変にモッサリ膨らんでドレープが上手く出なかったり、裾のレースの幅が広くて丈が過ぎたりで、やはり本と同じように可愛くは全然行きませんでした。
a0208783_19345071.jpg
使用したピンクの小花柄の布は、以前イギリスで買った物です。こちらで販売されている布としては最安値クラスの布で、現行品なのに時々こんなレトロな雰囲気の布が混じっています。イギリスで安い、ドールの服作りに向く薄手の細かい柄のプリント布と言うと、綿65%+ポリエステル35%位の「ポリコットン」と言う布地が多いようです。返って綿100%の薄手プリント生地は、余り一般的でなくアメリカや日本からの輸入品中心なのか、メーター12ポンド(約1700円)からとか凄く高価です。しかも、1mからしか売ってくれません。
a0208783_1936391.jpg
先出の白いツーピースとお互い上下を交換して着てみると、こんな感じになります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-02 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ジェニー人形のコロッボックル風の衣装

a0208783_7284763.jpg
この服は、もうビンテージと呼べる程、随分昔に作りました。今は廃刊されたジェニー人形の専門雑誌の、誌上ファッション・コンテスト「カジュアル部門」で、何と第二位の優秀賞を頂いた物です。賞を受けるなんて高校生以来だったので、そりゃ勿論飛び上がる程の嬉しさでした。それどころか、ドールの服作りの超ビギナーだったから、予選を通っただけでも凄いと思ってたので、当然受賞なんて思いも寄らず非常に驚きました。
a0208783_7293518.jpg
周りの受賞者の方々の作品は、皆大変高レベルで個性や工夫が溢れていたのに対し、これは、今見ても地味な上、何一つ技術的に優れたところはありません。何故受賞したのか、本当に自分でも不思議です。生地なんて、学校教材(小学校の家庭科)の残りを利用しただけのような(笑)。
a0208783_7301219.jpg
因みに賞品は、当時発売中のジェニー人形五体がダンボール箱に詰まってやって来ました。今回のモデルは、「ヒロミチ・ナカノ」ジェニー。受賞時は、ジェニーの友達の「リエ」と言う人形に着せていました。
a0208783_730595.jpg
作品説明の際、一応コロボックル風と名付けてみましたが、ピクシー風とでも、妖精、小人風とか何とでも言えます。まあ、こんな風に人形が草花に紛れた風景を、思い描いて作ったのかも知れません。
a0208783_7313490.jpg
でも、人形の屋外撮影はドキドキ物です。何と言っても、長時間陽に当てると、ボディのビニールが変色してしまうので、すばやく済ませなければなりません。人形も人間も、紫外線は大敵なのです。
a0208783_7321426.jpg
ううっ、ケモノ接近! とらじが居なくても、結局撮影は邪魔されるんだ…と分かりました。
a0208783_7324973.jpg
しかし今のカメラだと、強い日差しの下では、返ってコントラストが強過ぎるので、曇天の日で十分かな。
a0208783_733255.jpg
唯一、靴だけは気に入っています。スエードを縫い、ベルトの端を切った厚めの合皮を靴底に貼っています。
a0208783_7334895.jpg
今見てもしみじみ思う、またつくづく呆れるのは、当時から好みが全く変わっていないこと、そして技術も全く進歩していないことです! ただし、その頃は一応ミシンを使っていたので、手縫いオンリーの今は、進化どころか返って退化したかも(笑)。ともあれ、コンテストに参加出来たのは、今でも大変良い思い出です。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-26 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのピンクのパーカー

a0208783_472890.jpg
今回日本の姪に上げたリカちゃん人形用のカジュアル・ワードローブの中で、私的に最も力作なのは(自分で言うな。笑)、実はこのパーカーかも知れません。グラフィック社のDolly*Dolly 別冊「かんたんドール・コーディネイト・レシピ」の型紙で作りました。初めてこの本を姉から貰った時、どれ一つ私にとっては簡単じゃねーよ…と悲しくなりましたが、実際パーカーを作ってみて、作り方が写真付きで丁寧に説明されている為、思ったよりはラクに仕上がりました。
a0208783_481331.jpg
袖や裾のリブを省いたり、ポケットを省略すれば、多分もっと手軽に作れると思います。
a0208783_529136.jpg
ただし、本来ミシンのステッチを利かせるところを、相変わらず全部手縫いでやっています! つまりステッチが表に出る箇所は、本返し縫いで縫っている訳ですが、ニット地の場合、意外と気にならないように思います。ニット地でも、アイロン掛けをマメにきちっと行うのが肝心だと、改めて実感しました。
a0208783_49187.jpg
「パーカーは着回しの利くアイテム」と、本の中でも紹介されてますが、確かに自分で着てもその通りだし、人形でもそうだと思います。一つでもあると、色々組み合わせが楽しい、何かと重宝するアイテムです。しかしフード付きのパーカーは、イギリスでは典型的な不良&犯罪者の服装です。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-19 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの白いツーピース

a0208783_8204532.jpg
今回日本の姪に上げるリカちゃん人形の服は、組み合わせて遊べることがテーマの一つなので、いつもならこれもワンピースにするところを、あえてツーピースに仕立てました。
a0208783_5572082.jpg
生地は、以前リカちゃん用に作った白いドレスと同じ、ビンテージ・ベビー服の残りを使っています。ベビー服に付いていた可愛いスカラップの縁は、前回全て使い切ってしまいましたが、白地に艶糸の白の水玉の生地だけでも、単なる白無地よりは可愛いと思います。
a0208783_5564769.jpg
そして、基本的には白だから、色々着回しに便利なのは、人間も着せ替え人形の場合も同じ。こんな白いギャザー・スカートなら、ペチコートとしても活用出来ます。ところで、ピュアニーモ・ボディの手パーツが、今の所これしか手元にないもんで、この「パーデンネン(若い人は知らないであろう)ポーズ」ばっか…。
a0208783_8222326.jpg
自分としては、フェミニンなアイテムを、あえてボーイッシュな格好に合わせて、甘さを抑えるのが好きです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-12 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの茶色いチュニック・ワンピース

a0208783_3584060.jpg
自分の普段の服装が、ワンピース、またはチュニックに、パンツかレギンスかカラー・タイツを合わせると言うのが圧倒的に多い為、姪に上げたリカちゃん人形のワードローブにも、自然とそう言う物が多くなってしまいました。このシンプルな茶色いチュニック、またはワンピースも、そんな重ね着用に作りました。が、重ね着する人形の服って、かなり大きめに作らないと駄目だと改めて痛感しました。
a0208783_3592485.jpg
最初に作ったのは、ワンピとしてだけ直接着るのなら丁度良いサイズだけど、シャツ等の上から着せることはキツ過ぎて出来ず、急遽作り直しました。最初は丈も、パンツと合わせるのには長過ぎました。人形の服は、生地の厚さや素材に寄ってもパターンが変わって来るし、1~2mmの誤差も結構大きく影響します。
a0208783_3595477.jpg
どちらにせよ、袖付けも襟ぐりの見返しすら不要な超簡単な服なので、作り直すのは苦じゃありませんでした。そんな手抜き服でも、一重に友達が送ってくれたクローバー&テントウムシのチロリアン・テープの可愛さの威力で、随分マシに見えると信じています。…あー本当に自分でも、こんな格好が好きだなあ(ボソッ)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-05 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃん人形のカジュアル・ワードローブ

今まで作って来たリカちゃんの服の多くは、今回帰国するにあたって、実は日本の姪っ子にお土産として持って行く為に、せっせと作り貯めていた物です。これまでも姪には、人形の服としては、着脱し易い上下一体型のドレスやワンピースは上げて来ましたが、女の子が年長になって来ると、着せ替えにも大分慣れて、上下別々に着せることが出来るようになります。また、お姫様ドレスより、現実的な服が好きになるらしいので、そういうことを踏まえて、今回は組み合わせを色々楽しめる、カジュアルなラインアップにしました。
a0208783_7513668.jpg
イギリスで売られている10歳以上の女児服を眺めると、もっと背伸びしたハードなテイストの(言ってしまえばハスッパな)デザインが多く、買い与えたくなるような商品は中々ありません。日本の同年代の女の子にも、本当はそう言うデザインのほうが人気なのかも知れません。しかし、どうも私の古臭い固定観念で、「子供には子供時代にこそ楽しめるような子供らしい素直に愛らしいデザインで」と言う傾向になってしまいます。特にリカちゃん人形は、そういう服装をしていたほうが可愛く見えると信じています。
a0208783_7521710.jpg
とは言え、自分自身のワードローブもそうなのですが、柄物が多過ぎて、これじゃ組み合わせにくいだろと反省。特に最初は、可愛いだろうからと言うだけで作っていたのを、後からコーディネイトも考慮して作るように心掛けました。やっぱりスタンダードなアイテムこそ、人形であっても着回しし易いと思います。イギリスの姪に上げた物と、ほぼ同じデザインも加えました。
a0208783_752443.jpg
日本の姪は、物心付いた時から、お洒落心が半端じゃないらしいので、このワードローブで着せ替えを楽しんで、ファッション・センスを益々磨いて欲しいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-28 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの赤いサーキュラー・スカート

a0208783_894718.jpg
たっぷり広がる、平面にするとほとんど円形のサーキュラー・スカートは、1950年代の代表的なファッション・アイテムです。特に赤地のスカートとなれば、定番はリード付きプードルのアップリケ(髪型はポニーテイルで決まり)ですが、私は少し中原淳一風に黒猫&丸い花模様にして、昭和レトロをイメージしてみました。
a0208783_8102630.jpg
この時代って、ポインテッド・トウのパンプスに、短いソックスを合わせていたようなイメージがあります。
a0208783_8111224.jpg
中原淳一提案の手芸に良く登場する、丸い花のアップリケが大好きです。どんな色で表現されているのだろうと思い、調べてみましたが、結局突き止められませんでした。
a0208783_8115717.jpg
「中原淳一リカちゃん」にも、似たような格好の赤いスカートの人形があります。彼のスタイル画をイメージすると、リカちゃんよりジェニー(orジェニー・フレンズ)の体型のほうが、立体化し易いように思いますが、もう数年ジェニーは、タイアップで話題になることもなく、新商品すらほとんど販売されておらず、風前の灯ですね(汗汗)。一度なんて、本当に生産中止された(2008年頃)そうだし。今後どうなっちゃうんだ、ジェニー…。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-21 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの牧場のジャンパー・スカート

a0208783_629565.jpg
以前友達が、自らデザインした可愛い羊のふわふわシールを、結構沢山送ってくれました。元々は未年の年賀状用に企画販売されたものでしたが、私にとってはイースター・カード作りに大いに役立ちました。それでも未だ手元に残っていたので、今度はリカちゃん用の服に使ってみようと思いました。布っぽい素材のシールは、今までも度々リカちゃん服のアップリケとして利用して来ています。この羊シールなら、緑色の地に貼って、牧場の羊っぽいイメージにしようと思い浮かびました。
a0208783_6285799.jpg
で、作ったのがこのジャンパー・スカートなのですが…、微妙に今まで在りそうでない服になりました(笑)。ある意味個性的で良いかなあと、自分では勝手に思っています。自然の中を駆け回る、子供の元気なイメージは、伝わって来るんじゃないかと信じています(笑)。
a0208783_8184951.jpg
シールは結構しっかりくっ付きますが、子供が遊ぶ場合、数箇所だけでも縫い付けたほうが尚良しです。

  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-14 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ジョリーナちゃんの春の青いワンピース

a0208783_65659100.jpg
オビツ・ボディやピュアニーモ並みに可動式のバレリーナ人形ジョリーナちゃんに、少しドレッシーな春らしい服を縫ってみました。キチ吉ちゃんから本当は着物用に貰った、青い細かい花柄生地に、赤いレースやリックラック・テープを合わせて、私の大好きな組み合わせです。
a0208783_6573260.jpg
前回のボーダー・シャツは袖が長過ぎたので、今回は少し短く…と配慮したら、今度は短過ぎて七部袖になってしまいました(汗)。
a0208783_65807.jpg
服に合わせて、三つ折ソックスと赤い靴も縫いましたが、靴下を履くことを想定して靴を大きめに作ったら、今度は大き過ぎてしまいました~(汗汗)。
a0208783_18222039.jpg
後から気付いたことですが、このジョリーナちゃんの髪は、元々センター・パートだったようです。道理で真ん中で分けようとすると、植毛がヘンだと思ったよ…。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-07 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのセラドン・グリーンのコート

a0208783_719019.jpg
このコートとベレー帽に使っている、セラドン・グリーンに小花柄の極細畝のコーデュロイの布地は、実はかつて私のシャツ・ワンピースでした。イギリスで売られている服としては珍しく、結構自分の好みに合い、おまけにセールで凄く安かったので喜んで買いました。…が、実際着てみると(一応試着はしてから買ったけど)、どうにもこうにも地味!でした。ボタンを赤に付け換えたり、コーディネイトで色々工夫してみましたが、地味さはどうしても回避出来なかった…。それで、結構すぐに飽きてしまいました。今思うに、東洋人にとっては、顔移りが悪い難しい色だったのではと思います。
a0208783_7194026.jpg
となれば、フリマで売るか、チャリティショップに寄付して処分するしかないのですが、かなり細かい花柄&畝なので、それよりは、いっちょ人形の服でも作ってみたろと思い立ちました。
a0208783_721972.jpg
起毛の暖かいイメージの生地なので、まずはオーバー・コートを作ることにしました。このパターンは、日本ヴォーグ社の「リカちゃん6」に掲載されたものを元にしており、このダーク・グレイ地に白いレース付きのコートと同じ形ですが、少しだけカジュアルな雰囲気にしたかったので、丈を2cm程短くしました。
a0208783_7201078.jpg
このシリーズの本に掲載してあるリカちゃんの服は、基本的に子供が遊ぶ為の物のようで、つまり実際に服の上に着せるコートだから、かなり大き目のパターンになっています。それにしても大き過ぎて見えたので、背中にギャザーを寄せ、共布のリボンを付けることで解決。少し腰部分がぽっこり膨らんで、一層少女らしいい雰囲気になりました。ウェストにもレースを付けて、切り替え風に。
a0208783_7231736.jpg
最初はリカちゃんにとっては、生地がかなり厚めなんじゃないかと危惧していましたが、実際作って着せてみると、特に厚過ぎるようには見えず、とても縫い易く、人形用には意外と役に立つ生地でした。はっきり言って寝惚けた地色に、アクセントとして紺色のケミカル・レースを合わせて、思いの他可愛く仕上がったと結構自己満足しています。少なくとも、私のシャツ・ワンピだった時よりは、ずっと可愛く見えます(笑)。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-24 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(153)
(136)
(118)
(113)
(109)
(100)
(89)
(74)
(71)
(70)
(66)
(59)
(57)
(56)
(56)
(56)
(51)
(48)
(43)
(41)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ビンテージの長いレース襟
at 2017-10-24 15:32
田無「けんぞう」で大満足ディナー
at 2017-10-23 15:35
グリーン系三連ネックレス
at 2017-10-22 15:33
国立の「甘味ゆい」の職人技カキ氷
at 2017-10-21 17:26
ノスタルジック・ブルー・デイジー
at 2017-10-20 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。