タグ:ハンドメイド ( 96 ) タグの人気記事

リカちゃんの茶色いチュニック・ワンピース

a0208783_3584060.jpg
自分の普段の服装が、ワンピース、またはチュニックに、パンツかレギンスかカラー・タイツを合わせると言うのが圧倒的に多い為、姪に上げたリカちゃん人形のワードローブにも、自然とそう言う物が多くなってしまいました。このシンプルな茶色いチュニック、またはワンピースも、そんな重ね着用に作りました。が、重ね着する人形の服って、かなり大きめに作らないと駄目だと改めて痛感しました。
a0208783_3592485.jpg
最初に作ったのは、ワンピとしてだけ直接着るのなら丁度良いサイズだけど、シャツ等の上から着せることはキツ過ぎて出来ず、急遽作り直しました。最初は丈も、パンツと合わせるのには長過ぎました。人形の服は、生地の厚さや素材に寄ってもパターンが変わって来るし、1~2mmの誤差も結構大きく影響します。
a0208783_3595477.jpg
どちらにせよ、袖付けも襟ぐりの見返しすら不要な超簡単な服なので、作り直すのは苦じゃありませんでした。そんな手抜き服でも、一重に友達が送ってくれたクローバー&テントウムシのチロリアン・テープの可愛さの威力で、随分マシに見えると信じています。…あー本当に自分でも、こんな格好が好きだなあ(ボソッ)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-05 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃん人形のカジュアル・ワードローブ

今まで作って来たリカちゃんの服の多くは、今回帰国するにあたって、実は日本の姪っ子にお土産として持って行く為に、せっせと作り貯めていた物です。これまでも姪には、人形の服としては、着脱し易い上下一体型のドレスやワンピースは上げて来ましたが、女の子が年長になって来ると、着せ替えにも大分慣れて、上下別々に着せることが出来るようになります。また、お姫様ドレスより、現実的な服が好きになるらしいので、そういうことを踏まえて、今回は組み合わせを色々楽しめる、カジュアルなラインアップにしました。
a0208783_7513668.jpg
イギリスで売られている10歳以上の女児服を眺めると、もっと背伸びしたハードなテイストの(言ってしまえばハスッパな)デザインが多く、買い与えたくなるような商品は中々ありません。日本の同年代の女の子にも、本当はそう言うデザインのほうが人気なのかも知れません。しかし、どうも私の古臭い固定観念で、「子供には子供時代にこそ楽しめるような子供らしい素直に愛らしいデザインで」と言う傾向になってしまいます。特にリカちゃん人形は、そういう服装をしていたほうが可愛く見えると信じています。
a0208783_7521710.jpg
とは言え、自分自身のワードローブもそうなのですが、柄物が多過ぎて、これじゃ組み合わせにくいだろと反省。特に最初は、可愛いだろうからと言うだけで作っていたのを、後からコーディネイトも考慮して作るように心掛けました。やっぱりスタンダードなアイテムこそ、人形であっても着回しし易いと思います。イギリスの姪に上げた物と、ほぼ同じデザインも加えました。
a0208783_752443.jpg
日本の姪は、物心付いた時から、お洒落心が半端じゃないらしいので、このワードローブで着せ替えを楽しんで、ファッション・センスを益々磨いて欲しいと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-28 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの赤いサーキュラー・スカート

a0208783_894718.jpg
たっぷり広がる、平面にするとほとんど円形のサーキュラー・スカートは、1950年代の代表的なファッション・アイテムです。特に赤地のスカートとなれば、定番はリード付きプードルのアップリケ(髪型はポニーテイルで決まり)ですが、私は少し中原淳一風に黒猫&丸い花模様にして、昭和レトロをイメージしてみました。
a0208783_8102630.jpg
この時代って、ポインテッド・トウのパンプスに、短いソックスを合わせていたようなイメージがあります。
a0208783_8111224.jpg
中原淳一提案の手芸に良く登場する、丸い花のアップリケが大好きです。どんな色で表現されているのだろうと思い、調べてみましたが、結局突き止められませんでした。
a0208783_8115717.jpg
「中原淳一リカちゃん」にも、似たような格好の赤いスカートの人形があります。彼のスタイル画をイメージすると、リカちゃんよりジェニー(orジェニー・フレンズ)の体型のほうが、立体化し易いように思いますが、もう数年ジェニーは、タイアップで話題になることもなく、新商品すらほとんど販売されておらず、風前の灯ですね(汗汗)。一度なんて、本当に生産中止された(2008年頃)そうだし。今後どうなっちゃうんだ、ジェニー…。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-21 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの牧場のジャンパー・スカート

a0208783_629565.jpg
以前友達が、自らデザインした可愛い羊のふわふわシールを、結構沢山送ってくれました。元々は未年の年賀状用に企画販売されたものでしたが、私にとってはイースター・カード作りに大いに役立ちました。それでも未だ手元に残っていたので、今度はリカちゃん用の服に使ってみようと思いました。布っぽい素材のシールは、今までも度々リカちゃん服のアップリケとして利用して来ています。この羊シールなら、緑色の地に貼って、牧場の羊っぽいイメージにしようと思い浮かびました。
a0208783_6285799.jpg
で、作ったのがこのジャンパー・スカートなのですが…、微妙に今まで在りそうでない服になりました(笑)。ある意味個性的で良いかなあと、自分では勝手に思っています。自然の中を駆け回る、子供の元気なイメージは、伝わって来るんじゃないかと信じています(笑)。
a0208783_8184951.jpg
シールは結構しっかりくっ付きますが、子供が遊ぶ場合、数箇所だけでも縫い付けたほうが尚良しです。

  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-14 15:32 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ジョリーナちゃんの春の青いワンピース

a0208783_65659100.jpg
オビツ・ボディやピュアニーモ並みに可動式のバレリーナ人形ジョリーナちゃんに、少しドレッシーな春らしい服を縫ってみました。キチ吉ちゃんから本当は着物用に貰った、青い細かい花柄生地に、赤いレースやリックラック・テープを合わせて、私の大好きな組み合わせです。
a0208783_6573260.jpg
前回のボーダー・シャツは袖が長過ぎたので、今回は少し短く…と配慮したら、今度は短過ぎて七部袖になってしまいました(汗)。
a0208783_65807.jpg
服に合わせて、三つ折ソックスと赤い靴も縫いましたが、靴下を履くことを想定して靴を大きめに作ったら、今度は大き過ぎてしまいました~(汗汗)。
a0208783_18222039.jpg
後から気付いたことですが、このジョリーナちゃんの髪は、元々センター・パートだったようです。道理で真ん中で分けようとすると、植毛がヘンだと思ったよ…。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-07 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのセラドン・グリーンのコート

a0208783_719019.jpg
このコートとベレー帽に使っている、セラドン・グリーンに小花柄の極細畝のコーデュロイの布地は、実はかつて私のシャツ・ワンピースでした。イギリスで売られている服としては珍しく、結構自分の好みに合い、おまけにセールで凄く安かったので喜んで買いました。…が、実際着てみると(一応試着はしてから買ったけど)、どうにもこうにも地味!でした。ボタンを赤に付け換えたり、コーディネイトで色々工夫してみましたが、地味さはどうしても回避出来なかった…。それで、結構すぐに飽きてしまいました。今思うに、東洋人にとっては、顔移りが悪い難しい色だったのではと思います。
a0208783_7194026.jpg
となれば、フリマで売るか、チャリティショップに寄付して処分するしかないのですが、かなり細かい花柄&畝なので、それよりは、いっちょ人形の服でも作ってみたろと思い立ちました。
a0208783_721972.jpg
起毛の暖かいイメージの生地なので、まずはオーバー・コートを作ることにしました。このパターンは、日本ヴォーグ社の「リカちゃん6」に掲載されたものを元にしており、このダーク・グレイ地に白いレース付きのコートと同じ形ですが、少しだけカジュアルな雰囲気にしたかったので、丈を2cm程短くしました。
a0208783_7201078.jpg
このシリーズの本に掲載してあるリカちゃんの服は、基本的に子供が遊ぶ為の物のようで、つまり実際に服の上に着せるコートだから、かなり大き目のパターンになっています。それにしても大き過ぎて見えたので、背中にギャザーを寄せ、共布のリボンを付けることで解決。少し腰部分がぽっこり膨らんで、一層少女らしいい雰囲気になりました。ウェストにもレースを付けて、切り替え風に。
a0208783_7231736.jpg
最初はリカちゃんにとっては、生地がかなり厚めなんじゃないかと危惧していましたが、実際作って着せてみると、特に厚過ぎるようには見えず、とても縫い易く、人形用には意外と役に立つ生地でした。はっきり言って寝惚けた地色に、アクセントとして紺色のケミカル・レースを合わせて、思いの他可愛く仕上がったと結構自己満足しています。少なくとも、私のシャツ・ワンピだった時よりは、ずっと可愛く見えます(笑)。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-24 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

着物で花見

a0208783_21424813.jpg
ディズニーの白雪姫人形に着物を縫った時、最初にジェニー人形の型紙で縫ってしまい、バービーやディズニー・プリンセス人形が、ジェニーよりも2cm背が高いことをすっかり忘れていました。当然、白雪姫に着せて見ると、おはしょりが作れない短さ。急遽作り直しました。それで、間違ってジェニー・サイズで作った着物を、今ジェニーに着せています。帯は、単にリカちゃんの使い回しです(ちょっとジェニーにはキツイ)。着物の地は菊柄ですが、桜の季節に合わせて設定してみました。
a0208783_2144289.jpg
モデルは、今は亡き「原宿ジェニー・ショップ」の限定オリジナル着物黒髪ジェニー。日本を代表するファッション・ドールなのに、それまで何故か真っ黒い髪の人形がほとんど存在しなかったので、当時この漆黒の髪は画期的でした。ぱっつん直毛で、唇はキリリと赤く、さすがに着物がばっちり似合います。
a0208783_21435280.jpg
しかし撮影するのには、やはり前髪が長過ぎて、目の辺りに影が出来てしまうのが難点です。もうちょっとだけでも短いと、ずっと顔写りが良くなるのになー。
a0208783_2145449.jpg
この白い小ぶりの花弁の桜は、近所の遊歩道からくすねて来た物(笑)。2月末位で、既に満開だった種類です。撮影する鼻から散って行きましたが、散るのも桜の風情ってことで、散った花びらごと撮影しました。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-17 15:37 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃん人形サイズのジャッキー・スタイルのスーツ

a0208783_6123864.jpg
クリスマスの着物を作ったのと同じ布地で、リカちゃん人形サイズの1960年代風のスーツを作りました。元々このレトロなプリント生地でイメージしていたのは、こんな服だったのです。
a0208783_675380.jpg
御揃いの台形ケリー型(一応…)バッグと、トーク帽も合わせました。これに白い手袋をしていたら、尚雰囲気だったかも。
a0208783_645193.jpg
やっと紺色のギャバジンが手に入った為、この服を作ろうと思い立ったのですが、このギャバジンが人形用には分厚過ぎて、一度作って失敗し、再度パターンを起こして作り直しました。袖口がきつ過ぎて、中々ひっくり返らない上に、人形の手が致命的に通らなくなってしまったのです。特にカフスを付けたから、尚更袖口が分厚く狭くなってしまったようです。
a0208783_638562.jpg
でもまあ、こんな風に無地の布地と合わせると、プリントの魅力が一層引き立つように思います。尚且つ、もしお気に入りのプリント生地が、少ししか手元にない場合にも、こんなデザインなら使えそうです。
a0208783_60157.jpg
60年代前半のハイソ系綺麗目スタイルと聞いて思い出すのは、「サンダーバード」のレディ・ペネロープのファッションか、J.F.ケネディ大統領の妻ジャクリーンがファッション・アイコンの「ジャッキー・スタイル」。丁度もうすぐ、ナタリー・ポートマン主演で、そのジャクリーンを主役にした映画が日本でも公開されます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-10 15:52 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

人形用パンジャービー・ドレス

a0208783_5151355.jpg
インドの女性の民族衣装と聞くと、サリーを真っ先に思い浮かべる人が多いと思いますが、イギリス在住のインド人女性は、大抵パンジャービー・ドレス(またはスーツ)を着ています。多分サリーは、イギリスの気候には寒過ぎるからではないかと思っています。パンジャービーは、元々はインド北西部のパンジャブ地方の民族衣装でしたが、今はインド本国全土で、若い女性を中心に一般的になって来ているそうです。サリーより着付けが簡単なのと、動き易く活動的なのが多分決め手。
a0208783_19134158.jpg
パンジャービーは、英語の「パジャマ」の語源になったとも言われています。基本的に、「カミーズ」と呼ばれる上衣(シャツ、またはドレス)、パンツ、「ドゥバッター」と言うストールの三点セットの組み合わせです。上衣は、体の線を出さないゆったり目で、脇にスリットが入っています。パンツは、北では「サルワール」と呼ばれる幅広いもの、南では「チュリダー」と呼ばれるタイトなもの(足首でくしゅくしゅと弛ませる)が主流だそうです。三点共布で揃える場合もあれば、見事に全てバラバラに、自由に組み合わせているスタイルも見掛けます。また、素材には、インドらしい更紗、金糸や刺繍やミラー・ワークがふんだんに施されたサテンやオーガンジーもあれば、西洋的な普通の小花柄コットンなんかを使用していることもあります。ドレスが普通の綿生地でチュニックぽく、パンツがタイトなレギンスっぽい場合は、露出少な目の一般の西洋人の服装と、ほとんど変わりなく見えます。中には、ジーンズを合わせる人も。一方で、正装のパンジャービーをまとった妙齢のインド人女性は、まるで花が咲いたような、ハッとする程の美しさ。やっぱり民族衣装って、その国の人を一番魅力的に見せるのだと納得します。
a0208783_1995420.jpg
…なんてことをイメージしながら、この人形用のパンジャービーを縫いました。しかし、肝心の詳しい事はちゃんと調べず、作ってみてから、トップスの丈は本当はもう少し長いなあとか、裾はフレア目にしたけど、ストレートなラインが本式じゃないか、などと気付きました。一応脇には、スリットを入れています。
a0208783_5164054.jpg
ストールの巻き方も、見よう見真似で、実際には何か決まりがあるのか等、詳しいことは分かっていません。ドレスと同じ生地では、人形用には厚過ぎるので、ストールのみオーガンジーに換えて、端に揃いの刺繍テープとビーズを縫い付けて重さを出し、少しでも自然に巻いている風に見えるよう工夫しました。
a0208783_517381.jpg
ストールをとると、こんな感じ。随分前に買っていた、金色とピンクと紫の刺繍テープの装飾が、インドっぽさを高めるのには一役買っているような気はします。襟元には、ビーズを縫い付けています。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-24 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのバレンタイン・デイのドレス

a0208783_7223195.jpg
毎年リカちゃんキャッスルの通販で販売されるバレンタイン・ドレス・セットは、この手の甘いテイストが多いようなので、うちのリカちゃんにも今年は真似してみました。
a0208783_723311.jpg
ウェストからふんわり広がったスカートかワンピースに、中はフリルがいっぱいの白いブラウス、頭には大きなリボンのロリータ・ファッション、と言うのが定番みたいです。ただし私のは、中は少しだけ甘さ抑え目にして、普通の長袖Tシャツにしました。レースの襟は付け襟です。チョコレートをイメージして、色はセピアを選びました。バッグは、バレンタインには定番のハート型(イビツだが)。
a0208783_7234291.jpg
リカちゃんには、こんな思い切り女の子らしい服装が、やはりバッチリ似合うと思います。とは言え、この手の格好が、実際男受けするかは謎です。服は男の為に着るんじゃあない!と言われそうですが(笑)、何せバレンタインなので、一応デートの相手か意中の相手の好みに合わせるのが、一番効果的かとは思います。
a0208783_724087.jpg
元々バレンタイン・デイは、女性から男性に告白する日でも、チョコをプレゼントする日でもなく、愛の誓いの日。配偶者や恋人だけじゃなく、家族やお友達でも良いと思います。とにかく今日は、愛する相手の居る幸せに感謝して、大切な誰かと楽しく、心豊かに過ごせますように。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-14 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(125)
(115)
(107)
(104)
(96)
(85)
(73)
(68)
(60)
(60)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(50)
(46)
(41)
(41)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

キルターの憧れの店「カントリ..
at 2017-08-22 15:37
懐かしの西荻窪
at 2017-08-21 15:21
ウラン・ガラスの羽根柄フルー..
at 2017-08-20 15:31
今日は女子会
at 2017-08-19 15:27
蝉時雨
at 2017-08-18 15:28

記事ランキング

検索

最新のコメント

> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 04:56
ぴよよんさん こんにちは..
by jin-chan at 16:19
>加代子さん、欧米人の美..
by piyoyonyon at 17:34
本当に素敵なバレッタです..
by 加代子 at 19:47
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。