タグ:ハンドメイド ( 97 ) タグの人気記事

リカちゃんのハロウィーンのドレス

a0208783_4195665.jpg
材料が手に入って揃ったので、今年はリカちゃんにハロウィーン用の衣装を作って上げました。ハロウィーンのテーマ・カラーは、昔から黒とオレンジですが、最近はそれに紫を加えることが多いようです。
a0208783_420283.jpg
頭には最初魔女帽を予定していましたが、前もやったので、今回は黒猫帽にしてみました。が、テキトウ過ぎてバットマンみたい(爆)。蝙蝠も黒猫もハロウィーンに付き物だから、OKってことにして下さい(笑)。
a0208783_42191.jpg
スカート部分に縫い付けたプリント・リボンは、日本に未だこんなにハロウィーンを楽しむ習慣が定着していなかった随分昔、ヘアーアクセサリー用に使っていたもの。ハロウィーンの御馴染みのモチーフをシルエットで簡潔に描いた、今見ても全く古臭くない、十分可愛いデザインです。当時でも、友達が住んでいた世田谷の高級住宅街近辺とかでは、外国人の子供に寄るトリック・オア・トリートが行われていたそうです。

2015年、happyハロウィン!私の楽しみ方
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-28 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのピンクのローウェストのドレス

人形の服作りに最適な、薄手の可愛いプリント生地なんて、中々思うように手に入らないイギリス(注:新品でも余り売っていない)。おまけに高い貴重な生地は、私の腕では使用する勇気もなく…。そこで、中古で大量に手に入れた、在り来たりなピンク地に小さな水玉+花柄の生地でも、形に寄っては底々お洒落に見えるのか、レースをいっぱい付ければ、それなりに愛らしく見えるのか、試してみることにしました。
a0208783_4104518.jpg
思い付いたデザインは、スタンドカラーのローウェストのドレス。どちらかと言うとロリ・ファッションに近いつもりでしたが、縦ロールのリカちゃんに着て貰い、クラシックな方向に落ち着きました。
a0208783_411450.jpg
…む~ん、もうちょっと安っぽくない、アゾンのとかのリアルなブーツが欲しくなっちゃうなあ。多くのファッション・ドールの足は(最近のアメリカのビッチ人形や「人外」人形等除く)、実際の人間よりも比率が小さ目なのですが、足は大きめに見えたほうが、全体のバランス良いような気がします。それと、無理に引っ張った訳でもないのに、いつの間にか右の縦ロールが伸びて来ました(汗)。こういう髪って、崩れて来るんですね…。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-21 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ビンテージ・ドイリーの人形用民族衣装風ドレス

a0208783_456343.jpg
この民族衣装風の服には、スカート部分にビンテージの刺繍のドイリーを使いました。イギリスでは、古い何処かの誰かの手作りの刺繍の布を、安く手に入れる機会はありますが、1/6のファッション・ドールの服作りに生かせるものとなると、柄の大きさや刺繍の配置場所から、意外と少ないのです。小ぶりの円型のをスカートに使うのが、一番の近道みたい。このドイリーは、赤メインと言う刺繍がイギリスでは結構珍しく、赤いスカラップの縁も可愛く、一目で民族衣装風に、とインスピレーションが沸きました。
a0208783_4554361.jpg
刺繍の柄を目立たせたかったので、結構無理矢理タック風にウェストのギャザーを寄せました。ドイリーはリネン製で結構厚みがありますが、ビンテージだから柔らかく縫い易くなっていました。
a0208783_456223.jpg
パフスリーブ部分には、ビンテージのプリントのテープを縫い付けました。アメリカ製の「エッジ・テープ」と言う、プリント・コットン地を糊でガッチリ固めたようなテープです。真新しいチロリアン・テープとかだと、やはり浮いてしまうので、色々合わせてみた結果、これが一番しっくり来ました。
a0208783_523773.jpg
頭は、民族衣装風と言うとバブシュカばかりだったので、すっぽり被れるキャップにしてみました。頭頂部が尖がって、何だか苺っぽいですね…(笑)。

  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-14 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんのアール・デコ風のドレス

昔「銀座リカちゃん」と言うのが限定販売されたことがあり、モガ・スタイル、つまりアール・デコ風の衣装を着ていて魅力的でした。頭は黒い断髪で、おお、このリカちゃん自体なら、うちの黒髪おかっぱちゃんに近いかもと思い、似たような格好をさせたくなりました。
a0208783_3475463.jpg
と言っても、袖付けもない、非常にプリミティブなパターンの服なんです。もし何とかそれらしく見えるとしたら、一重にスカート部分の幅広レースのお陰かも。これは本物のビンテージでして(いつもの単なる中古品とは違い)、実際とても繊細で美しいレースなんです。私みたいなぶきっちょ&粗忽者が使うとなっては、失敗しては一大事だと、カットする時は結構ドキドキしました。あと、クロッシェ・ハットは必須だと思いました。
a0208783_3545914.jpg
自分の胴に全く括れがないせいか、ジャスト・ウェストの服より、ハイウェストやローウェストの服が好きです。一方リカちゃん人形には、ちゃんと胴の括れがありますが(小学五年生のくせに。ちっ)、ハイウェストやローウェストのほうが、リカちゃんにとっても一層可愛く見えるように思います。ローウェストには、エドワーディアンやアール・デコなど、クラシックな少女服のイメージが強いからかな。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-10-05 15:27 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

リカちゃんの「リトル・ボー・ピープ」風の衣装

a0208783_201534.jpg
可愛いと言えば可愛いけれど、在り来たりで地味~な小花柄と、同じく何の変哲もないストライプのコットンの布。でもこの二つを合わせると、結構お洒落なんじゃないかと思いました。それにピンクとグリーンは、私にとっては昔から惹かれる組み合わせです。
a0208783_204632.jpg
そして、こんな人形の服になりました。リトル・ボー・ピープっぽいので、ボンネットも作ってみました。合わせた靴は、実はビンテージ・シンディ人形のバレエ・シューズでして、ちとリカちゃんには大き過ぎ。
a0208783_211081.jpg
「Little Bo-Peep リトル・ボー・ピープ」って、マザーグースの歌に登場する羊飼いの少女のことです。英語圏なら誰でも知っている存在らしく、イラスト等のモチーフとしてもお馴染みのようです。何故か大抵、羊の世話をするのには全く非実用的な、ふんわりヒラヒラしたロリィタ・ファッションのような衣装を着て描かれます。「トイ・ストーリー」のキャラクターとしても、その人形が登場しますし、実際リトル・ボー・ピープ仕様の、バービー人形やシンディ人形も販売されたことがある程です。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-25 15:38 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

スリープアイの金髪幼児人形

a0208783_427347.jpg
ダークブラウンの髪の幼児人形を手に入れて、つくづく可愛いな~と満足していたところ、数週間後にフリマで、全く同じ人形の金髪版に出会いました。多分ダークブラウンの人形を買ったのと、同じストールだと思います。ぱんつと靴下と「シンデレラ・シューズ」を、履いたままだったのも同じ。ただし今回の人形は、両腕が外れて無くなっている悲しい状態でした。その他は、前回同様、手垢汚れが一切無い良好なコンディションだったのに。でもきっと腕は、この人形が突っ込まれていたダンボール箱に、未だ残っているのに違いない!と勝手に信じ、底までゴソゴソ探して、とうとう二本の腕を見つけ出しました。
a0208783_4272663.jpg
腕の付け根(内側)にフックが付いており、そこに輪ゴムを引っ掛けて、ボディの中で繋げていた仕様だったのが、経年でゴムだけ劣化して切れてしまったようです。家に帰って、ヘアゴム(少しは耐久性がマシ?)を繋げて早速直しました。もし腕がないままだったら、当然誰にも買われず見向きもされず、果てはゴミ箱行きの運命であったであろう古人形は、たまたま私の目に留まって、新たにべべを着せて貰い、再び人形として永らえることになりました。
a0208783_427463.jpg
違うのは髪色のみで、髪型は同じ、ブルーグレイの目の色も同じ。ぱんつ、靴下、靴の素材・仕様も全く同じです。でも単に髪の色が異なるだけなのに、似合う服の色が結構違うもんだと思いながら、この服を作りました。…そうこうしているうちに、この子達にも、秋冬服を作ってやらねばならない季節になっちゃった。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-21 15:24 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

黒髪ロングヘアーのリカちゃん

a0208783_642169.jpg
今年の一月に訪れた「リカちゃんキャッスル」の、お人形教室で購入した三体のリカちゃん人形のうち、残る一体はコレです。これのみはスペシャルではなく通常版の、つまり2000円コースの人形でした。通常版のリカちゃんは、髪色や前髪の仕様が異なるものの、基本的に直毛ロングの人形しか用意されていません。でも、そんな髪形なら、スタンダードに黒髪が一番。元々和服が似合う人形が欲しかったので、国産の質の良い人形を2000円で購入出来てラッキーでした。リップも程良く赤く、とっても大和撫子なリカちゃんです。
a0208783_643944.jpg
そしてその後、リカ城のショップで着物を購入すれば完璧…と思っていたのですが、生憎その時は好みの振袖が売られていませんでした~。着物なんて作ったことないし、十分な大きさの和柄の生地の持ち合わせもないので、今のところこんな格好をさせています。写真では写らなかったけど、本当は結構鮮やかな紫色の布地です。メルヘン・リカちゃんとは逆に、この子には割とはっきりした色が似合うように思います。
a0208783_6434025.jpg
それで、こんな服も拵えてみました。赤と青系は元々好きな組み合わせなんですが、この赤いストライプの生地に紺色を合わせたら、凄くBorn in the U.S.A.な雰囲気になっちゃった(笑)。
a0208783_6435742.jpg
そして、一応こんな格好も似合います。目にする機会がないけれど、タータン・チェックは今、日本のアイドル服の定番なんでしょうか? 私は、幅広のリボンをスカート部分に使いました。端の始末をしなくて良いから便利、と思っていたのですが、端の処理がブ厚過ぎて、返って梃子摺りました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-15 15:37 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

スリッパからリカちゃんの服 kawaii

友達からプレゼントされたお気に入りのスリッパを、貰って数ヶ月で早速履き潰してしまいました~(涙)。ほとんど引き篭もりの専業主婦で、家でスリッパを履いている時間が長いから、室内履きの消耗は非常に早いようです。しかし、本当に好きなデザインだったので、このまま単に捨てるのは勿体ないと、傷んでいない部分を切り取って、人形の服に再利用することを思い付きました。
a0208783_19172810.jpg
これなら、ほんの少しの生地でも役に立ち、ずっと手元に残すことが出来ます。後ろ身頃は、別な生地を使用しています。こんなストンとしたシンプルなワンピースでも、着こなしてくれるのがリカちゃん人形の良いところ。合わせるのは、相変わらずバブーシュカと縞ソックスが好きです。
a0208783_19174567.jpg
限られた材料で、出来るだけ柄を生かして、尚且つ自分の僅かな技量と忍耐の範囲内で、作ることの出来る人形の服をデザインするのは、まるでパズルのような作業です。しかし、予めこのイメージをはっきりさせておかないと、作り始めてすぐに躓くことになります。イギリスでは、極普通の手芸材料でも、思うように手に入りにくく、例えば、薄手の無地の綿生地等が売られていなかったり、あったとしても異様に値段が高く、また20cm角があれば十分なのに、1m単位でしか売ってくれかなかったりと、非常に面倒です。この国では、作りたいものを先にイメージしてから材料を探すのではなく、手に入る(または手元にある)材料から、作れるものを考えなくてはなりません。その点、日本は本当に、ハンドメイドに関しては恵まれていると痛感します。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-09-04 15:26 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ビンテージ・ハンカチで人形の服

a0208783_15091.jpg
手に入れた古い花柄のハンカチで、作ってみたのがこんな人形の服です。柄のポイントが、大抵ハンカチの角に集中しているので、それを生かすとなると、服のデザインの幅はかなり限定されます。
a0208783_150427.jpg
黄色の服のほうのバブシュカは、ショールにも出来ます。
a0208783_151623.jpg
水色のほうは、ギンガム・チェックのワンピース+エプロン・ドレスの二枚仕立てにしました。エプロンの肩紐も、一応ハンカチの端から利用。本当は一枚のハンカチを、出来るだけ余す所なく使い切りたいのですが、柄部分が生きないと意味がないし、これもパズルみたいな作業で結構頭を使います。
a0208783_1512495.jpg
エプロンのみサンドレスとして着ると、ちと薄くてスケスケで下着っぽいですが、こんな感じ。分かったことは、ハンカチだけを使用するより、他の布地と組み合わせたほうが、プリントの魅力が生きるように感じました。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-08-27 15:33 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

昔誰かのお気に入りだったシンディ人形

a0208783_2543191.jpg
ひじょ~に久しぶりに、フリマでビンテージ・シンディに出会うことが出来ました。売り主が、実際子供の頃に大好きで良く遊んだ「pre-loved」シンディだそうです。「すっかり汚れているし、もう服もないんだけどね…」と残念そうに言う彼女に、「大丈夫ですよ。私が綺麗にして服を作って上げますから」と私が言うと、「まあ、良い人に買われて良かった~!」と彼女も嬉しそう。そして、シンディが手に入って私も嬉しいのでした。不用品が、持つべき人間のもとに渡る、…これがフリマの醍醐味ってやつでしょうか。自分がフリマで不用品を売る時だって、思い出深い品は、似合う人や大切にしてくれる人に、出来れば売りたいものです。
a0208783_2554596.jpg
しかし、彼女が残念がる必要はない位、子供が遊んだ割にはかなり状態の良いシンディでした。髪は、例の如く見事に跳ね上がり、弁髪状態に縛られていましたが、傷みも抜けもなく艶やかなままです。首の後ろに落ちない黒ずみがあるものの、髪で隠れるから問題なし。何より、血色の良いメイクで、鮮やかな青い目の印象的なのが気に入っています。多分、1970年代後半から80年代前半製造のシンディです。一枚目と二枚目の写真の服は、別な日に出会ったビンテージ・シンディのもの。
a0208783_2561649.jpg
この服は、元々はバービー用に作りましたが、何故か形が余り合いませんでした(とほほ)。ところが、シンディに着せてみると、結構しっくり来るではありませんか。そこで急遽、胴部分に茄子紺の大きなリボンを縫い付け、共布でトーク帽っぽいものを拵え、手袋やネックレスを用意しました。布は、義母から貰ったビンテージの化繊生地。1950年代っぽいエレガントなウォール・ストライプですが、皺になり易いのが難点です。
[PR]
by piyoyonyon | 2015-08-14 15:50 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(148)
(131)
(117)
(111)
(109)
(97)
(86)
(74)
(69)
(66)
(63)
(59)
(56)
(56)
(54)
(53)
(51)
(47)
(41)
(41)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハンガリーの「ジェルボー」の..
at 2017-09-23 00:56
イエロー系ラインストーンのブ..
at 2017-09-22 15:27
再びドーキングでアンティーク..
at 2017-09-21 15:35
ガーデニング日和
at 2017-09-20 15:26
ハンカチ・パッチワークのトー..
at 2017-09-19 15:31

記事ランキング

検索

最新のコメント

jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 20:09
はっちさん、そう言って頂..
by piyoyonyon at 20:03
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 16:15
 あー、この縦ロール水色..
by はっち at 21:31
jin-chanさん、..
by piyoyonyon at 16:33
ぴよよんさん、こんにちは..
by jin-chan at 10:29
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 04:56
ぴよよんさん こんにちは..
by jin-chan at 16:19
>加代子さん、欧米人の美..
by piyoyonyon at 17:34
本当に素敵なバレッタです..
by 加代子 at 19:47

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。