タグ:ビンテージ・ジュエリー ( 130 ) タグの人気記事

クリア・ラインストーンのフィリグリーのブローチ

a0208783_795472.jpg
フリマで手に入れた、見事な透かし金具(フィリグリー)の古いブローチです。とても繊細な型抜き金具のフィリグリーで、まるで本物の銀線細工のように見えます。
a0208783_7103184.jpg
幅は7cm位あり、最初はバックルかと思う程の大きさでした。ラインストーンは、全て無色透明に統一してあります。またしても、アール・デコ時代のチェコスロヴァキア製だと思います。
a0208783_7105227.jpg
残念なのは、小さめのラインストーンの底が、カット仕様じゃなく平らな為、台座の経年に寄る濁りが透けて見え、輝きがイマイチでプラスティックのように安っぽく見える事。そのラインストーンが一つだけ欠けていますが、平面底のラインストーンの持ち合わせがなかったので、修理出来ずにいました。しかし、このブローチを姉用にと持って来てあるので、日本で補充を手に入れて修理したいと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-20 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

四角いルーサイトのインタリオのブローチ

a0208783_20111924.jpg
私が今回ブラックリーのアンティーク・モールで記念に買ったのは、この四角いルーサイトのインタリオのブローチです。一辺4cmで、値段は5ポンドでした。この仕様のモチーフとしては、良くあるマルチ・カラーの花の入ったバスケットで、現に非常に似たモチーフのを既に持っていますが、アンティーク・モールでルーサイトのインタリオが10ポンド以下なのは、お買い得だと思いました。特に、同じアンティーク・モールで、同じ形&サイズ、同じ位のコンディションのルーサイトのインタリオのブローチが、24ポンドで売られているのを見た直後だったものですから、買う決心が(…そんなに勇気の要る値段かw?)一気に高まりました。
a0208783_2012827.jpg
角は欠けているか磨り減って、表面には擦り傷もありますが(これは普通)、透明感のある愛らしさは十分だと思います。斜めカットの縁にモチーフが反射する様も、ルーサイトのインタリオの魅力を十分伝えます。
a0208783_20124722.jpg
インタリオのモチーフ自体には、今まで特に個性的な物には未だ出会ったことがありません。大抵花(花篭かバラ)で、時々「クリノリン」と呼ばれるヴィクトリア時代の女性の横向き全体像位。どちらかと言えば、はっきり違いが出るのは全体的な形のほうで、やはり花型やハート型だと一層可愛く見えます。ネットで調べると、金魚&水草や小鳥なんかのモチーフも存在するそうなので、いつか実物を目にしてみたいと思います。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-08 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

ブラックリーのアンティーク・モール 4 ファッション&小物編

a0208783_2235725.jpg
滅多に来れない場所のアンティーク・モールを訪れる場合、記念や思い出になるから、出来るだけ何か一つでも買って帰ろうと一応思っていますが、そんな時の筆頭候補アイテムが、場所も取らずに幾つ持っていても構わないアクセサリーです。なので、イギリス中部一大きいと言われるブラックリーのアンティーク・モールでも、アクセサリー類は欠かさず注目しました。
a0208783_2245217.jpg
レジの正面あたりに、ビンテージ・ジュエリーのディスプレイ・ケースが集中しているのですが、ここが一番混んでいたように思います。
a0208783_2253043.jpg
左端の二つは、1940~50年代に流行したルーサイトのインタリオのブローチ。その隣二つは、デコ時代のフィリグリーのブローチ。どちらも好みです。
a0208783_2293553.jpg
しかし、やはりガラス・ケースに入って直に触れられず、特に値札が見えない場合だと、購買意欲が数段落ちると思います。
a0208783_2302624.jpg
小さい商品なので、万引きを防ぐ為に、鍵付きのケースに入れて置くのは仕方ないんでしょうけど、余程気に入った商品じゃない限り、わざわざレジへ行って鍵を開けて見せて下さいと頼む気にはならず、ついで位に買っておこうと言うような気持ちは起きないからです。
a0208783_2311412.jpg
手前中央の、青いラインストーンが嵌め込まれた、フィリグリーのブローチが、繊細で中々の美しさです。
a0208783_231545.jpg
在りそうでない、紫色のスミレの花びらにアメシストを使用したブローチ。元々スミレは好きな花だし、アメシストも好きな石なので、結構惹かれました。
a0208783_232295.jpg
シンプルだけど、大きめのラインストーンの美しさが目を引くネックレス。やはりオープン・バックって美しい。
a0208783_23396.jpg
こちらもオープン・バックのラインストーンの、中々ゴージャスなネックレス。
a0208783_23410100.jpg
こちらは、ミッド・センチュリーのキッチュなプラスティック製のアクセサリー中心のブース。
a0208783_23595.jpg
リア・ステインも混じっているのかな? 右下の、首がぷらぷらするブローチが面白そう。
a0208783_2355459.jpg
一方こちらは、ビンテージ・ファブリックを利用してリメイクした衣料やバッグを売るストール。
a0208783_2361870.jpg
アイディア自体は悪くないのですが、造りが大味過ぎて、個性だけで実用には余り向かなさそう…。イギリスのハンドメイドって、どうもこの手の、使い手の使い勝手を考えない、作者が「これはアートだから!」って一方的に主張し、単に自己表現したいままに作りました~ってのが多いと思います。
a0208783_2371732.jpg
姉の好みに結構合いそうな、ビンテージのビーズのフリンジ付きバッグ。
a0208783_2381538.jpg
スーパーと共有の駐車場が余り広くなく、しかも最長滞在が2時間半までなので、時間内に周り切れるだろうかと気を揉む程の広いアンティーク・モールでした。実際には十分間に合いましたが(注:気になる場合、駐車場外側の道路に駐車すれば時間制限はありません)、全部回り終わった後はかなりの疲労感。しかし、新品ばかりを売るストールも結構目立ち、楽しめることは楽しめるけど、大きさの割には充実感は、古物好きにとって今一つだったかも。高速道路M40号線からのアクセスは良く、途中道順を示すサインも沢山出ているので、側を通る際、時間があったら立ち寄るのには、特に天気の悪い日の娯楽には最適です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-06 15:21 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

チューリップ型ムーングロウのブローチ

a0208783_6122367.jpg
随分前に買った、チューリップ型のルーサイト樹脂パーツが付いた古いブローチです。ルーサイトの中でも、「ムーングロウ」と呼ばれるM.O.P.のような光沢を持つタイプです。その他にも、無色透明のラインストーンが散っています。一つだけラインストーンが外れていたのを、最近やっと補充しました。
a0208783_613623.jpg
一枚だけの葉は、透かし細工風。チューリップの花束をイメージしたデザインで、中々凝った構図です。
a0208783_6133873.jpg
地金が金色で、他は無色に抑えていることもあり、普段は可愛く子供っぽいイメージのチューリップも、このブローチでは少し大人っぽく見えます。縦5cm位で、ブローチとしては特に大きくもありませんが、ボリュームがあり充実して見えます。




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-30 15:28 | アクセサリー | Comments(0)

黄緑系ラインストーンのブローチ

a0208783_1817028.jpg
毎週月曜日にコヴェント・ガーデンで開催されるアンティーク・マーケットに、二週続けて行った際、一週目にアクセサリー専門のストールの「どれでも一個5ポンド」の箱の中で出会い、その後やはり未だ気になっていたので、二週目にとうとう買いました。正直言って、凄く珍しいデザインのブローチではないし、フリーマーケットでも出会いそうで、これで5ポンドは、私にとってはそんなにお買い得だった訳ではありません。それでも忘れられずに買ったのは、爽やかな黄緑系でまとめたラインストーンの輝きが中々美しく、尚且つ大き目のラインストーンがウラン・ガラスだったからです。
a0208783_87917.jpg
P太に見せたら、きっと喜ぶであろうと思ったのもあります(勿論使用するのは私ですが)。値段を告げたら、「5ポンド? 安いじゃん」ですって。P太を一緒に連れて行って、買わせるべきだなあ(笑)。
a0208783_18172713.jpg
こんなか細い流線状のワイヤーに、円型のラインストーンが散っているような可憐なデザインは、1940~50年代のブローチに割と良く見られるタイプです。その中でもこのブローチは、サイズも小ぶりであっさりとしていて、いかにも「着飾ってまっせ~」と言った気張りがなく、さりげなく使い易そう。黄緑色は、生命の力や若々しさを連想させます。ピンクや黄色い服なんかに合わせたら、きっと春にぴったりです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-27 15:37 | アクセサリー | Comments(0)

コヴェント・ガーデンのアンティーク・マーケット

a0208783_2020021.jpg
パスポートを更新しなければならなくて、久々~にロンドンへ行きました。うちから電車でのアクセス自体は、田無~新宿間並みに簡単なんですけど、運賃がまるで違う! 時間帯を選ばない一日使用出来る切符だと、新幹線で東京から実家に帰れるのに近い値段。おまけに、ロンドンの大気汚染が本当にひどくて(長年東京に住んでいた私にとっても)、行く度にマジで病気になるので、正直言ってイヤイヤ行きました。切符は、一番安い「スーパー・オフピーク」と言うのを選びました。これは、大体10時から4時までの空いている時間帯だけ(※時間は地域に寄る)使用できる切符で、それでも往復+ロンドン周遊券込みで2000円以上します。6時間しか滞在出来ない訳ですが、日本大使館の旅券課でそう待たされることはないし、好きでロンドンに行く訳じゃないから十分です。それでも高い交通費で行ったついでなので、大使館で申請した後、コヴェント・ガーデンで毎週月曜日に開催されるアンティーク・マーケットに立ち寄ってみました。
a0208783_20211871.jpg
ロンドンの中でも、特に観光客率の高い場所で、いつも大道芸人&その観客でいっぱい。
a0208783_20215170.jpg
この吹き抜けの地下では、いつ来ても室内楽(室内じゃないけど)の生演奏が行われています。曲目は、何十年経っても「主よ、人の望みの喜びよ」「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、ヴィヴァルディの「四季」、パッヘルベルの「カノン」ばかり…。
a0208783_20222595.jpg
この辺の飲食店は特に割高なので、貧乏な学生旅行者達は、テイクアウトでベンチに座って食事を済ませます。更に貧乏な私は、家から持って来た菓子パンを齧りました(笑)。
a0208783_202255100.jpg
昔からここにある、老舗玩具店「Benjamin Pollock ベンジャミン・ポロック」。目玉商品は、この店オリジナルの紙製組み立て式劇場モデル。
a0208783_20232643.jpg
知育玩具中心ですが、どちらかと言えば、子供よりも大人に嬉しいお洒落な玩具店です。
a0208783_20235119.jpg
しかし、どんどん売り場が小さくなって来ていてショック。
a0208783_2024942.jpg
今の売り場はほんの少ししかなく、ほとんどオリジナルの紙製品と、ドーヴァー社の本位しか売られていません。それでも、なくならずにずっと続けて欲しいと思います。
a0208783_20205991.jpg
コヴェント・ガーデン自体はロンドン観光の人気スポットなのに、ここのアンティーク・マーケットは、ポートベロー程は混んでおらず、結構穴場です。それでも客の半分位は、海外からの観光客ですが。
a0208783_20252486.jpg
屋内の小規模なマーケットなので、家具等の大きな品はほとんどなく、女性的な雑貨小物中心。特にアクセサリー類は品揃え豊富で集中していて、ビンテージ・ジュエリーを探すには便利な場所かも知れません。
a0208783_20254613.jpg
まずこちらの部分は、「Apple Market アップル・マーケット」。
a0208783_2026849.jpg
アンティークとは関係ない、単なる新品のお土産品だけど、それぞれの猫の毛色別に寄る性格の特色が書かれた、結構猫好きには嬉しいブリキの看板。でも「三毛猫=外出好き」とか説明してあり、内容の信憑性は余りないなあ。「赤トラ=腹芸好き」だけは合っていましたが。
a0208783_20271339.jpg
奥の「Jubilee Market ジュビリー・マーケット」は、もっとゴチャゴチャしていて、骨董市らしく見えます。
a0208783_20275071.jpg
今回、ここのアンティーク・マーケットで気付いたことは、アール・デコ時代のフィリグリーのビンテージ・ジュエリーが、かなり豊富に揃っていると言う事です。自分が一層注目するようになったせいもあるのでしょうが、逆に、ここで以前多く見掛けた、60年代ののエナメル花ブローチや、50年代のルーサイトのインタリオは、少なくなったような気がします。そして、ベイクライトのビンテージ・ジュエリーは、概ね大変高価だと言う事。
a0208783_20325394.jpg
写真撮影を禁止しているストールは多く、多分接写したり、商品を手に取ってスナップ撮影したりする観光客が多い為と思われます。かなり遠巻きに、他の客の邪魔にならない程度で撮影しています。
a0208783_20315274.jpg
ビンテージ布専門店。イギリスの古い布製品は、全体的に白い物が多いと思います。
a0208783_20311169.jpg
ウラン・ガラスもちらほら有り。
a0208783_20283588.jpg
このジュエリー専門のストールには、「一つどれでも5ポンド」や、「一つどれでも1ポンド」のジュエリーを販売するコーナーがあります。「一つ1ポンド」では、現代の物も壊れたアクセサリーも玉石混合。ネックレスが相当ぐちゃぐちゃにこんがらがったままなので、どのお客もしつこく粘って発掘する為、中々入り込む隙がありません。頑張って、中々良さな物を見付け出す日本人観光客の親子も見掛けました。
a0208783_20291350.jpg
他にも、ビンテージ・ジュエリーどれでも一つ5ポンド均一のストール、一つどれでも10ポンドのストールなんかがあります。根気良く探せば、結構お買い得な品も見付けられます。
a0208783_20302630.jpg
パスポートは、まず申請して、一週間後に受け取りに来なくてはならないので(イギリスの郵送なんて信用出来なくて紛失が怖い)、再び月曜日にロンドンにやって来ました。で、再びコヴェント・ガーデンに行きました。日本大使館の最寄地下鉄駅から、ピカデリー線で一本なのです。
a0208783_20294671.jpg
この日の朝は相当冷え込んだせいか、前回より出店が少なめでした。
a0208783_20432179.jpg
何だかんだ言っても、今でも結構楽しめるアンティーク・マーケットでした。全部回るのにも、1、2時間あれば十分。スーパー・オフ・ピーク・チケットは、4時15分まで使用可能ですが、鉄道会社「サザンレイル」の運行が今だ不安定で、直前の列車が予定通り発車されるとは限らない為、かなり早めにロンドンを去ることにしました。案の定、その日も数本の列車が突如キャンセルされていたので、正しい判断でした。嗚呼、本当にロンドンは(って言うかイギリスそのものが)、色々面倒臭い場所だ…。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-23 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

オープン・バックのピンクのラインストーンのブローチ

a0208783_5263688.jpg
フリマでプロの骨董商から買った、多分アール・デコ時代のブローチです。もしかしたらそれより少し古い、エドワーディアン~1910年代の物かも知れません。外側に楕円形に並んだ大き目のピンクのラインストーンは、裏ホイル無しで、台座も底が開いている状態で、つまりオープン・バックと呼ばれるタイプです。中央には直径5mm程のマルチ・カラーの花が並び、この中心にも大変小さなラインストーンが鏤められています。全体的に、少女か若い女性が使うのに相応しい雰囲気です。
a0208783_52748.jpg
楕円下方の中央のラインストーンが、色もカットも明らかに別な物に挿げ替えられているのが分かります。とは言え、大きさだけは丁度ピッタリ同じラインストーンが、良く見付けられたものだと感心します。また、右端の花モチーフも無くなり、代わりに粘土か何かをテキトウに詰め込んで、何となく花のように形成し、中央を金で彩色してあります。遠目には使用に差し支えない程度には一応見える、苦肉の策です。しかし、それだけ元持ち主から、気に入られて使い続けられた証拠です。もし売る為に補修するとしたら、もっとマシに修理するだろうし、そもそも貴金属でもない中古アクセサリーを、わざわざ修理する売り手はフリマには居ません。
a0208783_5273290.jpg
オープン・バックって、やはりガラスの透明感がしみじみ美しいと思います。補修されたラインストーンに比べ、他のピンクのラインストーンは、現在は余り見られない繊細な色合いなのが、返って対比で分かります。稚拙な修理さえ、大事された痕跡として愛おしく見えます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-16 15:21 | アクセサリー | Comments(0)

ボーンの手彫りのバラのブローチ

a0208783_7502238.jpg
イギリスの国花、また昔からジュエリーのモチーフとしても御馴染みの、バラを模っているはず…なのですが、枝ぶりや葉の形から、どちらかと言うと白い牡丹に見えなくもないブローチです。ネットで検索したら、非常に似た物にヒットして、それにはヴィクトリア時代の物だと説明してありました。本当にそれ程古いか?と疑っていますが、例えもっと新しいとしても、20世紀前半以前の製品で、手彫り手彩色なのは確かです。一見セルロイドのようですが、手に取るとずっしり重く、ボーン製なのが分かります。ボーンとは呼ばれるものの、本当は鹿の角とかなんじゃないかと思っていましたが、実際に牛の骨なんだそうです。セルロイドより硬い分、彫るのは大変な訳ですが、結構細かく深く彫られています。素材のせいで、バラが優しい乳白色に見え、更にまろやかで独特な艶が加わっているのが魅力です。
a0208783_751790.jpg
出会ったのは、地元の普通の大手チェーンのチャリティショップ。チャリティ屋で売っている中古アクセサリーと言うと、今時の廉価品が圧倒的に多いのですが、時々こんな味のあるビンテージやアンティークも混じっているので、やはり諦めずにマメにチェックするのに越した事はありません。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-08 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

ルイスのアンティーク・モール巡り ファッション編

a0208783_2023542.jpg
昨年末に訪れたLewes ルイスのアンティーク・モールで見掛けた、好みのビンテージ物の内、今回は服やアクセサリー、バッグ等のファッション雑貨を御報告します。
a0208783_20263741.jpg
これは、古いベルトのバックルばかりを集めたコーナー。主に20世紀初頭の物で、この頃のバックルは装飾性が高く、ジュエリーと呼んで良い程です。普段この町へは、姉へのプレゼントのビンテージ・ジュエリーを探しに行くので、アクセサリーを一番熱心にチェックしますが、今回はその目的がなかった為(既にプレゼントは買っていた)、それ程アクセサリーは観察しませんでした。
a0208783_20271180.jpg
自分用には幾つでも持っていたい、1960年代のポップなエナメル花ブローチ。
a0208783_20252390.jpg
ビンテージ・バッグも、姉が欲しがるので、アンティーク・モールではチェックが欠かせないアイテム。ビーズびっしり&ずっしりのバッグは、昔のパーティー・バッグの定番です。
a0208783_20275672.jpg
現在残っている、特に1950年代以前のビンテージ・バッグには、フォーマル使いのバッグが多いらしく、白か黒ベースに同色、または金や銀色の装飾を沢山見掛けます。がま口タイプが多く、凝った細工の口金も目を引きます。透かし金具の口金には、古い時代の優雅さが感じられます。
a0208783_20283390.jpg
こんなゴブランのビンテージ・バッグも、割と良く見掛けるタイプです。留め具が何気に素敵。
a0208783_20292094.jpg
着物の帯のような金糸入り織り地のバッグ。やはり留め具が、透かし金具で凝っています。
a0208783_2030625.jpg
これはビンテージではなさそうですが、渋いストライプの布地、華やかな赤いコサージュ、木製のハンドルの組み合わせが、かなり絶妙でお洒落。
a0208783_20304883.jpg
70年代辺りの素直に可愛い、チェックのカントリー風の子供服。
a0208783_20315042.jpg
この古着専門のストールは、モッズ時代のロンドン・ファッションらしさ溢れるビンテージ・ドレスが多く、心躍りました。一々引っ張り出して撮影(笑)。お客さんが多く混んでいる時は、勿論しませんよ。
a0208783_20323611.jpg
柄は派手だけど、フォルムがシンプルなこの時代の服には、心引かれる物が多くあります。この少女らしいハイウェストのワンピースは、眩しい程白い襟とカフスが決め手。
a0208783_20333435.jpg
実際着るかどうかは別として、こんなポップで子供っぽい花柄が、この時代で一番好きかも知れません。
a0208783_20341168.jpg
オレンジや黄色は、この時代の象徴。こちらも白い大き目の襟が、全体をピシッと引き締めています。
a0208783_20344939.jpg
こんなワンピは、今でも街で着ているおばーさんを時折見掛けます。ちょっと赤い花が、ラフレシアみたいですね…。どのワンピも、P太からは目がチカチカするから着ないで欲しいと釘を刺されました(爆)。
a0208783_20353553.jpg
形自体は結構コンサバ。共布のトーク帽と、白い手袋が似合いそうな雰囲気です。
a0208783_2036838.jpg
柄は大胆ですが、色味は渋くて落ち着いています。左のポケットがアクセント。
a0208783_20364997.jpg
これは、現代でも着られそう。って言うか、余りビンテージらしくなく、もしかしたらそう古くない製品かも。セラドン・グリーンの葉と黄色の花の組み合わせが、爽やかで上品です。
a0208783_203728100.jpg
昔の白いコットンのナイティは、日本でもお洒落に着こなしている人をちらほら見掛けるアイテム。結構厚手なので、外着としても(日本なら)組み合わせ次第で大丈夫です。
a0208783_2038822.jpg
これはビンテージではありませんが、「seasalt」と言うコーンウォール発のファッション・ブランド。ホリデイ&リゾートがコンセプトらしく、ラクチンなフォルムに着心地良い素材の、お洒落で目を引くプリントのデザインが多く、イギリスには珍しく、中々私好みの服がいっぱいです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-04 15:32 | 旅行・お散歩 | Comments(2)

ミニチュア傘とバッグのブローチ

黄色いエナメル花ブローチと同じ、フリーマーケットの今年の初日に買ったものです。この寒い季節のフリマは、不用品を売る一般人よりもプロの骨董商の出店者が多く、通年開かれている駅前駐車場のフリマも、どちらかと言えば最早アンティーク・マーケットのような見た目です。このブローチが売られていたのも、プロらしきストールでしたが、これは「一つ何でも50ペンス」の箱に放り込まれていました。
a0208783_7124829.jpg
傘とバッグを表したミニチュアのブローチで、もし子供だったら、絶対お人形遊びに使っちゃうだろうな~と思える愛らしさです。素材は多分ボーン+ブラスの金具で、総手作業で製造され、それぞれ手彫りでフォークロアっぽい花柄が施されています。地色が茶色な為、傘は不二家のパラソル・チョコを思い出させます。
a0208783_7132282.jpg
恐らく1930~50年代のお土産品で、傘にはオーストリアの州名の一つ「Körnten ケルンテン」と書かれています。バッグの裏側には、ケルンテンの山並みらしき風景まで描かれた凝りようです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-21 15:30 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(130)
(105)
(104)
(97)
(88)
(84)
(76)
(68)
(64)
(54)
(54)
(52)
(52)
(51)
(48)
(47)
(45)
(42)
(38)
(37)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びプルボローのアンティーク..
at 2017-04-27 15:33
ジョストボ塗りのペンダント
at 2017-04-26 15:32
壁画教会のお祈りクッション
at 2017-04-25 15:32
もう一つの中世の壁画教会
at 2017-04-24 15:30
ウラン・ガラスのリーフ型ディ..
at 2017-04-23 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05
加代子さん、こんばんは!..
by piyoyonyon at 22:20
ライの町は 数年前、高校..
by 加代子 at 02:28
真木さん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 05:36
ぴよよんさん、こんにちは..
by 真木 at 09:58
真木さん、確かにこの春の..
by piyoyonyon at 05:23
は、早いっ!!(@@; ..
by 真木 at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。