タグ:ビンテージ・ジュエリー ( 160 ) タグの人気記事

ペースト・ガラスのブーケ型ブローチ

a0208783_19104989.jpg
1930~40年代に流行ったらしいタイプのブローチで、今でも割と多く見掛け、ビンテージ・ジュエリーとしては全く珍しい物ではありません。ブーケ状に曲げたワイヤーの上に、大抵同色のラインストーンが留めてあります。
a0208783_19112563.jpg
大体この時代までは、ペースト・ガラスと言う、鉛分が多くて加工し易い為、宝石のように手作業でカットされたラインストーンが、ジュエリーに良く使用されました。元々は宝石の代用品として、主にヴィクトリア時代に発展しましたが、やはり輝きは宝石には遠く及びません。しかし今では、柔らかい独特な輝きを放ち、アンティーク&ビンテージのコスチューム・ジュエリー・ファンを魅了しています。
a0208783_19115763.jpg
この時代のブローチは、大きさ的には次の1950~60年代のブローチに比べると概ね小ぶりで、主張も控えめな優しいデザインが多く、返って一般の日本人にとっては使い易い物が多いと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-22 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

楕円のウラン・ガラスのラインストーンのブローチ

今回P太が、シュルーズブリのアンティーク・モールで買ったウラン・ガラスは、この楕円状にラインストーンが並んだ古いブローチでした。アクセサリーは、ウラン・ガラスのコレクションとしては、最も嵩張らない上に実用も出来るので(私が、だが)、一番有り難いアイテムかも知れません。
a0208783_2592914.jpg
横幅4cm程度の楕円のリング状に、薄緑色と無色透明のラインストーンが並んだ、あっさりシンプルなデザインです。ウラン・ガラスとして発光するのは、勿論薄緑色のラインストーンのみです。台座の裏面を見ると、何故か葉っぱのリースのように形成されているのが分かります。表側から見て、その意味が全然ないので、単に全く別物のデザインのブローチの台座の型を、使い回ししたようです。
a0208783_2595837.jpg
今まで我々が手に入れたウラン・ガラスのビンテージ・ジュエリーは、ウラン・ガラスの生産が盛んだったアール・デコ時代より後の、1940~50年代の物が中心でしたが、これは、もう少しだけ古いかも知れません。裏のピンの形態やデザイン的には、エドワーディアンっぽく見えます。ただし、台座の型抜きは粗いし、ラインストーンは爪留めではなく接着してあるだけなので、高級な造りでは全くないようです。けれど、柔和な雰囲気と控えめな主張が使い易く、悪くないデザインだと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-16 15:37 | アクセサリー | Comments(0)

金色と銀色の銀線細工のブローチ

a0208783_23345981.jpg
繊細なフィリグリー(透かし金具)のブローチには常に惹かれますが、大抵は銀、または燻し銀一色に統一されており、こんな金色と銀色の物は初めて目にしました。フィリグリーの中でも、型押し型抜き金具ではなく、実際に極細のワイヤーを複雑に曲げて形成した「銀線細工」です。葉も花部分も、非常に緻密、かつ巧みに立体的に作られていることが分かります。
a0208783_23353555.jpg
ネットで似た物がヒットして、それに寄ると、アール・デコ期のブローチで、スターリング・シルバーに部分的に金メッキしているそうです。
a0208783_2336783.jpg
これは同じ素材なのかはどうかは分かりませんが、そう言われれば確かに納得の、渋さと華やかさの同居具合です。どちらにせよ、かなり手の込んだ細工には変わりありません。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-14 15:31 | アクセサリー | Comments(0)

ルーサイトとフラワー・レリーフのブローチ

厚み5mm程度のルーサイトの無色透明のダイヤ型の土台に、花のモチーフが、中に掘り込まれているインタリオではなく、レリーフ状になって上に貼り付けてあるブローチです。こういう仕様のブローチは、今までアンティーク・モール等で見た覚えがありますが、手に入れるのは初めてです。
a0208783_2345694.jpg
このレリーフが、良く言えば手作り感溢れると言うか…、はっきり言って粗雑で稚拙で、型に粘土を詰めて形成した物をテキトウに着色し、ルーサイト台に貼り付けただけのように見えます。買った当初は結構埃が入り込んでいたので、掃除しようと古歯ブラシで擦ったら、案の定それ程力を入れた訳ではいないのに、レリーフの一部がモロッと捥げました! 慌てて破片を拾い集め、接着し直しましたが、やっぱり見た目通り、造りが結構ヤワなようです。しかし、ルーサイトの透明感の魅力は未だ健在です。
a0208783_23455111.jpg
横長の菱形なせいか、何となく和風に見え、着物の帯留めとして似合いそうだと思いました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-12 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

アイリス・ガラスとシトリン色ビーズのロング・ネックレス

a0208783_23194921.jpg
フリマで、久々にアイリス・ガラスのビンテージ・ジュエリーに出会いました。ラウンド・カットのアイリス・ガラスと、同じくラウンド・カットのシトリン色+AB加工されたビーズを、グラデーション状に繋いであります。
a0208783_23221888.jpg
クラスプは一応付いていますが、そのままで頭からスッポリ被れる程長めのネックレスです。
a0208783_23205196.jpg
虹色の筋が霞むようにぼんやりしていて、アイリス・ガラスの中でも初期、すなわちアール・デコ期のネックレスだと思います。多分チェコ製。一番大きなビーズで直径2cm位になっており、こんな大きなアイリス・ガラスのラウンド・カット・ビーズは、私は初めて見ました。
a0208783_23212834.jpg
まるでシャボン玉か、お祭りの夜店の水ヨーヨーのような懐かしさ。とても綺麗で、最近手に入れたビンテージ・ジュエリーの中でも特に気に入っています。
a0208783_2323179.jpg
その日のフリマはビンテージ・ジュエリーの「当たり日」で、それぞれ別のストールで、一日でこれだけ手に入れることが出来ました。出会わない日は一つも見付からない物なんですけど、本当にこう言う連鎖は不思議です。しかも、この日は何故か色合いの渋めの物ばかり。他のについては、また後日御紹介します。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-07 15:22 | アクセサリー | Comments(0)

セルロイドのアルペン・ブローチ

a0208783_19174881.jpg
フリーマーケットで、好物の昔のセルロイド製の、アルプスお土産ブローチに出会いました。
a0208783_191810100.jpg
メインのモチーフは、王道のアルプス三大名花、リンドウ&エーデルワイス&アルペン・ローゼ(ジャクナゲの一種)です。地名が書かれた帯状のタグの下に、金属製のカウベルがぶら下って鳴ります。タグの文字は相当剥げかかっていますが、スイスを代表するリゾート地「Interlaken インターラーケン」と書かれているのが、辛うじて読めます。
a0208783_19182955.jpg
このカウベルの、まるで無理矢理引き千切って形成したような、良く言えば手作り感あふれる素朴さが妙な魅力。子供の落書きのような花模様が描かれているところにも、ベルの中の振り子が何故か鮮やかなオレンジ色なのにも、ドイツ語圏とは思えないヤッツケ具合と愛嬌が感じられます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-05 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

黒いガラス・ビーズの4連ネックレス

a0208783_18105254.jpg
フリマで購入した、一見地味なようで中々ゴージャスな、多分1950年代のネックレスです。
a0208783_18112890.jpg
使われているビーズは、多分今でも売られている、チェコのファイヤー・ポーリッシュのジェット(黒)のAB加工ビーズのみ。だから、割とどんな色の衣類にも合わせ易いと思います。
a0208783_1812217.jpg
しかし、3連どころか4連になっている為、ボリュームはたっぷり。存在感もばっちりです。一番大きなビーズで、直径1.5cm位。重量も相当あるので、肩が凝り易い人(私だ)は着用が大変かも。
a0208783_18123539.jpg
でも、もし単に黒いビーズが4連並んでいるだけだったら、やはりちょっと大味で退屈なデザインだったと思います。このフリンジが揺れるお陰で、かなり華やかさがプラスされています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-11-02 15:27 | アクセサリー | Comments(0)

グリーン系三連ネックレス

a0208783_21142550.jpg
フリマで買った、恐らく1950年代の、ビーズがゴロッと大きくキッチュ&ポップなネックレスです。大き目のビーズが三連なので、着けるとかなり存在感はあるし、その中でも黒いビーズがピリッと利いています。
a0208783_21135738.jpg
ペパーミント・グリーンの繊維を束ねたようなビーズ(キャッツアイ・ガラスビーズの変形のようです)と、アンバー色のシード・ビーズのみガラス製で、後はプラスティック製。
a0208783_2184021.jpg
ドロップ型ビーズは、写真ではどうしてもピーコック・グリーンっぽく写ってしまいますが、本当はビリジアンとも言える真緑色です。もしこれが全部プラスティック製だったら、もっとキッチュに見えたことと思います。
a0208783_2115412.jpg
留め具にGermanyと刻印してあるので、ドイツ製のようです(留め具だけかも知れんが)。しかしアジャスターも無くなり留めにくいので、現代の留め具に交換することを検討中。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-22 15:33 | アクセサリー | Comments(0)

ラインストーン付きエナメル花ブローチ 2種

a0208783_23554631.jpg
フリマのとあるストールで、大好きなエナメル花ブローチを、二つ一辺に手に入れました。しかし、1960年代に流行したポップなエナメル花ブローチにしてはやや小さいことから、最初は単にその時代の物を模して作られた、現代の製品じゃないかと思っていました。そのストールでは、中古アクセサリーを多く販売していましたが、他にビンテージらしき古い物は何もなかったからです。でもレトロ感は十分だし、実際着用して役に立ちそうなので(おまけに一個50ペンス)、買うことにしました。
a0208783_23564434.jpg
家に帰ってじっくり見ると、エナメル塗装の微妙なムラ具合、金具の古そうなこと等から、やっぱりそれなりに古い物だと確信しました。
a0208783_23572327.jpg
キッチュな蛍光っぽいピンクのほうは、いかにもフラワーパワーらしい丸い花弁で、葉と茎が付いているところも、一層ビンテージらしく見えます。
a0208783_23574646.jpg
一方渋めの緑のほうは、花弁は細く尖り気味。葉と茎はありません。裏を確認すると、これは折れて無くなってしまったようです。共通しているのは、どちらも中央にラインストーンが嵌め込まれて、この仕様が全く同じだと言うことです。このラインストーンは、単に接着されている訳ではなく、爪留めでなので、それなりに手間の掛かった古い物であることが伺えます。
a0208783_034015.jpg
更に、緑のほうにブラック・ライトを当てると、ラインストーンがウラン・ガラスでした。
  





[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-17 15:35 | アクセサリー | Comments(0)

スペイン象嵌のバングル

a0208783_09763.jpg
フリーマーケットで、象嵌細工のバングルを手に入れました。この手の象嵌細工は、英語では「damascene ダマシン」と呼ばれ、その名の通りシリアのダマスカスが起源と言われています。
a0208783_095151.jpg
現在は、主にスペインのトレドと日本の京都で製造され、この二つの産地の象嵌は、イギリスでもビンテージとして度々見掛けます。両者の違いは一目瞭然。日本製が富士山や鳥居などベタな日本らしさをモチーフとしているのに対し(現在の京象嵌は、もっと繊細な和風柄やポップなデザインが多いようです)、スペイン製はイスラム支配下からの影響らしいアラベスク文様と、何故か鳥モチーフが主流だからです。
a0208783_010185.jpg
アクセサリーに使用されるのは、象嵌細工の中でも、マットな黒い鉄地に金銀のモチーフを嵌め込んだ、「布目象嵌」と呼ばれている種類だそうです。象嵌のブローチの場合、どうも使い辛そうな小さなサイズが多く、今まで買うのには至りませんでした。一つ一つが時間の掛かる手作業で、それなりに高価なのだから仕方ありませんが、その点ブレスレットやバングルは、程良くボリュームがあり、象嵌の魅力が寄り発揮されているように思います。
a0208783_0105162.jpg
更にこのバングルは、着脱がワンタッチで簡単で、機能的にも優秀。更に、不意に外れた時の保険として、チェーンまで付いている所に、ビンテージらしさが現れています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-10-04 15:28 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(160)
(140)
(120)
(118)
(112)
(103)
(91)
(76)
(74)
(71)
(67)
(59)
(58)
(57)
(56)
(56)
(52)
(48)
(44)
(41)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ペースト・ガラスのブーケ型ブ..
at 2017-11-22 15:25
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-21 15:23
再びデヴィッド・オースティン..
at 2017-11-20 15:30
十一月の猫便り
at 2017-11-19 15:27
ピンクとパッチワーク・プリン..
at 2017-11-18 15:35

記事ランキング

検索

最新のコメント

真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 02:00
ぴよよんさん、 ぽ..
by 真木 at 10:18
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 18:35
ぴよよんさん、こんにちは..
by はっち at 17:38
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 05:45
ポコちゃん・・・! ..
by 真木 at 10:53
にいくさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 06:23
そんなに悲しいことが起こ..
by にいく at 15:55
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 17:05
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 10:09

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。