タグ:フォークロア ( 54 ) タグの人気記事

入れ子式木製卵

a0208783_2353530.jpg
夏頃にフリマで10~20ペンス位で買った、卵型マトリョーシカ…ではなく、マトリョーシカと同じ仕様の木製卵です。多分同じく白樺製で、文様風の柄がトールペイントされた上に、ニスで分厚く塗装されています。入れ子式になっており、中にどんどん小さくなるサイズの卵が二つ入っています。
a0208783_2362994.jpg
多分、マトリョーシカ同様にロシア製。こう言ったイースターの装飾用の卵は、中欧や東欧が本場で特に盛んらしく、木製も多く見掛けますが、入れ子式は初めて目にしました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-16 15:31 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

マトリョーシカ型ティーコジー

a0208783_7554760.jpg
はたして本当にマトリョーシカを模っているかは謎ですが、ロシア製なのは間違いない、迫力の人形型ティーコジーです。そもそも、人型であるかどうかすら疑問。ロシアのティーコジーって、どうしてこうインパクトが強いんでしょうね。まずサイズ自体が大きいし、ビニールの人形を乗っけたりと、立体化&異素材合体が激しいと思います。同じお茶好きの国イギリスにも、様々なデザイン&モチーフの毛糸の手編みのティーコジーが存在しますが、ロシアのティーコジーに比べたら、全体的に随分大人しいと思います。
a0208783_7585018.jpg
顔の部分だけ木製で、メダルのような物が貼り付けてあります。瞳孔の塗料は、少し剥げ気味です。睫が長過ぎ、わざとらしい笑顔が最早腹黒い、今時のマトリョーシカにも中々ない程のケバい顔をしています。おまけに塗料が飛び散って、丁度鼻水垂らしちょるみたい…。顔の上は、リボンのつもり??
a0208783_756101.jpg
ボディ部分の布地の柄は、明らかにロシアを代表する工芸品、ホフロマ塗りをパターンにしたようです。
a0208783_7563369.jpg
サイドの袖?部分にも、柄あり。多分一枚のティータオルを切り刻んで、一応人形型に見立てたつもりで不思議な形に組み立てているようです。
a0208783_7565060.jpg
後ろ側は、こんな感じ。いよいよ人形どころか、最早ティーコジーとすら認識出来ないナゾの物体に見えます。多くの海外ネット民に言わせれば、ロシアは日本と並ぶ、独特の文化が際立つネタの宝庫だそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-02 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

チロリアンな靴下

a0208783_7243761.jpg
随分昔、旅行したオーストリアを去る際、余ったユーロを使い切ろうと(今思えば、とって置いても腐る物じゃなし、そんな必要全くなかった)、ウィーンの空港内の民族衣装のお店で買った物です。こんな靴下他で見ない~、かつオーストリアらしい~と思って買ったんですけど、実際には、毛糸素材がちくちくして肌触り悪いし、長さが中途半端だし、しかも既に三つ折り仕様で使い辛く、合いそうな服装もなく、結局未使用で長年仕舞ったままでした。その割に、何故か猫毛だらけになっていましたが…。
a0208783_7251110.jpg
金属のエーデルワイスのモチーフが付いているのが最大の特徴なのですが、これがピューター製らしく、はっきり言って重過ぎ&でっか過ぎ。このせいで、靴下がだらしなくだらーんと下がって来ます。そもそも素材は毛糸だから、寒い季節に履く靴下のはずなのに、このモチーフを見せる状態で冬に靴下を履くってことは(タイツの上に重ね履きでもしない限り)なさそう。多分このまま一生使用することはないだろうから、モチーフだけ切りとって、他の何かに再利用しようかと検討中です。
   




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-21 15:33 | バッグ・靴・帽子 | Comments(0)

ダーラナ・ホースのプレゼント・タグ

a0208783_20142851.jpg
フリーマーケットで、割とお洒落なラッピング・ペーパー等の、新品のギフト・パッケージ用品を中心に売るストールがありました(…流れ品?)。概ねフリマとしては安くない値段だけれど、一般の店舗と比べれば安く、クリスマス前だったこともあり、中々人気で結構人が集まっていました。その中で、スウェーデンの民芸品「ダーラナ木馬」を模ったギフト・タグが目を引きました。10枚で1セット。イギリスでは「北欧=クリスマスらしい」と言うイメージがあり人気なようで、お客さんの中には「これ、スカンディナヴィアの馬でしょ?」と気に入って、このタグばかり数セットを買って行く人もいました。
a0208783_2015780.jpg
デザインも印刷も悪くないし、紐を通す穴はハトメで強化してあるので、タグとしては結構贅沢な作りです。紐が紅白二色のコットン紐、裏面がクラフト紙(茶紙)仕様なのも、ナチュラルな感じで気に入っています。デザイン自体は、スウェーデンではなく、ロンドンの会社のようです。
a0208783_20154014.jpg
イギリス、と言うか多分欧米全域では、プレゼントを包んだ後、誰から誰宛かを明記したタグを付けねばならず、今だに面倒な習慣だと感じます。プレゼントは、直接渡すのではなく、当日までツリーの下にまとめて置き、後から家族で振り分ける為、宛名タグが必要な訳ですが、プレゼントを開けたらただちに出る大量のラッピングのゴミを目にすると、わざわざタグ等のラッピングにお金を掛けるのが、どうも毎回腑に落ちません。それにタグは外れ易いので、私は大抵宛名シール派です。もっとも私は、このタグは実際プレゼントには使用せず、好きそうな友達と分け合うつもり。その方が、ずっと有意義なように思います。
 



[PR]
by piyoyonyon | 2016-12-19 15:32 | ステーショナリー・グラフィック | Comments(0)

エストニアの古い民族衣装人形

a0208783_4463056.jpg
フリマで、ちょっと珍しいタイプの古い民族衣装人形に出会い惹かれました。仕様も衣装も、今まで見掛けたことのないタイプです。まず、何処の国の人形なのか、そしてこの人形本体の素材が何なのか、興味を引きました。セルロイドのように硬くて軽いんですけど、中は空洞ではなさそうだし、ちょっと違う。足先の塗装が少し剥げていて、どうやら木であることが分かりました。オガ屑でも固めて形成した上に、分厚く塗装しているような雰囲気。木の割に軽量なのは、顔と手足だけが木製で、体は綿入りの布製だからのようです。顔は勿論手彩色で、手馴れた感じの絵付けで、中々の品の良さが気に入りました。
a0208783_447038.jpg
そして服は、化繊か化繊混がメインで、文様部分は予めプリントしてあり、それなりに量産向けに作られたのが分かります。白いブラウスにペプラム付きの胴衣、スカートの上にはエプロン、下にはペチコート。着脱は出来ません。襟元には、黄色いビーズのネックレスを着けています。キャップと、そこに結ばれた長いリボンが印象的。髪は、非常に細い化繊の糸で、後ろで長い三つ編みにしています。一目でバルト三国か北欧の民族衣装に見えましたが、ちょっと調べたところ、どうやらエストニアのMuhu ムフ島の衣装のようです。この衣装からも想像出来る通り、鮮やかな刺繍等の伝統工芸の宝庫のような、魅力的な場所みたいです。
a0208783_4472377.jpg
買ったのは、ディーラーらしきストールで、値段を聞いたら、逆に「幾らなら良い?」と聞いて来ます。私が「1ポンド」と提案すると、「それで良しってことにしよう! この人形、君に似ているからね」と言われました。…また、豊頬の子供に似ているって言われちゃったよ…。家に帰ってP太にそのことをボヤいたら、「さすがにここまでは太ってないよ」と言ってくれましたけどね。良く出来た夫を持って幸せです(涙)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-03 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ロシアの木馬

a0208783_442199.jpg
一見スウェーデンのダーラナ馬かもと思ってしまいますが、ロシアの民芸品です。ダーラナとの一番の違いは、首が折れ曲がって項垂れていること。何処か仕草が幼い、仔馬のように見えます。朱色に近い赤地に、金彩等の花柄が大胆に描かれて、フォークロア感は満載です。古くてあちこちヒビが入っている、多分ソビエト時代のものです。
a0208783_4423423.jpg
ロシアの木馬と聞くと、小さい頃に読んだ「ワーシャとまほうのもくば」と言う物語を思い出します。ワーシャと言う非常に我儘で頑固な男の子が、ある朝起きたら、木馬(乗って遊ぶほう)が欲しくて欲しくて堪らなくなっていたところから話が始まるのですが、子供って突然そういう手の着けられない現象を起こすことがあるよなァと、子供心にも思ったものでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-25 15:31 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

「フェアリー・グレン」の人形用スペイン風ドレス

フリマで、古いファッション・ドールや人形用の家具を、三つのダンボールにどっさり入れて売っているストールがありました。人形自体は、状態が悪かったり可愛くなかったりで、生憎欲しいものはありませんでした。家具は、既に持っているものか、大きくて収納場所がなかったりで、こちらも心引かれるものはありません。しかし、服の中には気になるものが何枚かあり、5枚で1ポンドと言われたので、5枚選んで来ました。
a0208783_6221581.jpg
その中の一枚がコレ。赤と黒の舞踏用、またはパーティー衣装で、スペイン風と言うか、フラメンコ風、カルメン風、ジプシー風と言ったところです。「フェアリー・グレン」では、不特定の1/6サイズ人形用のアウトフィットとして、ひらひら偽お姫様ドレスの他に、こんな民族衣装調の服も結構出していたようです。
a0208783_622597.jpg
元は、肩紐無しのチューブ・トップだったのですが、これがどうも身頃が大き過ぎてズリ落ちてしまい、…要は胸が丸見えでした。それで、背面のスナップの位置を換えてみたものの、素材が滑り易くて、やはりずり落ちて来ます。やむを得ず、肩紐を縫い付けてやっと解決しましたが、ドレスの雰囲気は変わってしまいました。やはりチューブ・トップは、人間でも「事故」が多いんでしょうねえ(笑)。
a0208783_6235648.jpg
この衣装には、元々赤いショールが付属されて販売されていたようなので、90年代のジェニー人形の白いショールを合わせてみました。フリンジ付き同士だからか、相性は悪くないようです。
a0208783_6245438.jpg
童顔のシンディ人形に、こういう大人っぽいセクシー系(?)の衣装は、しっくり来ないんじゃないかと思っていましたが、キリッとした黒に近いブルネットのシンディちゃんなので、結構サマになっているように思います。赤と黒の衣装に映えて、シンディの青い瞳が一際目立ちます。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-30 15:28 | おもちゃ・人形 | Comments(8)

おしゃまなマトリョーシカ

a0208783_1753249.jpg
久々にフリマで買ったマトリョーシカです。見掛けること自体は結構あるものの、好みじゃない派手ケバ系が多かったり、値段を聞くとやはりフリマとしては軒並み高かったりで、中々手に入れる機会はありません。その点これは、子供のドール・ハウスの家具や人形が詰まったダンボールに一緒に入っていて、つまり子供の玩具として使われていたから、安く買うことが出来ました。
a0208783_17535225.jpg
赤いプラトークと黄色いサラファンと中央バラ柄で、一見極スタンダードなマトなんですが、顔を良く見ると、睫が長くて目がぱっちりで、言わば伝統系と派手系の中間のような顔をしています。伝統系にしても、ペレストロイカ前と後でははっきり違うそうですし、一つ一つ手描きなせいか、色んなタイプがあって面白いですね。かなり手馴れた描き手が、書道のようにササッ~と流れるように描いたようで、シンプルながら中々良い味が出ている絵付けです。
a0208783_1754236.jpg
身長10cm位と小ぶりながら、4個組で結構充実。しかし、一番外側は満面の笑みなのに、中の子達は揃って仏頂面で、最初に目に入る外側にだけ、商業効果を狙っているのが感じられます(笑)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-18 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

オーストリアのエナメル・ペンダント

a0208783_19284472.jpg
文句なしに可愛い、エナメル・プレートのペンダントに出会いました。バッグスタンプ等は一切見当たりませんが、多分ホーロー製品工業で定評のあるオーストリア製だと思います。
a0208783_19301564.jpg
縦4cm位。金と茶色のプリントで、ハートや植物等をあしらったフォークロアな飾り罫の中に、民族衣装を着た、目が点(文字通り)の女の子が居るイラストです。
a0208783_19292184.jpg
中古品として買いましたが、未使用のようです。茶色いベルベット調のリボンが付いており、首の後ろで結ぶタイプです。チョーカーのように短めに結んで、オーストリアの民族衣装ディアンドルに合わせたのかもと想像しています。しかし普段の格好にも、どんどん活用したいと思います。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-01 15:25 | アクセサリー | Comments(0)

シャレー型貯金箱

a0208783_2392267.jpg
山小屋風チャリティショップで出会った、アルプスの山小屋風のオルゴール…ではなく貯金箱です。屋根の頭頂部にコインを入れる為の切れ込みがあり、脇に取り出し口があります。その他は、屋根に本物の石が乗っていたりと、シャレー型オルゴールと大体同じ仕様。ただ、窓やハート、花などは手描きされていて、チロリアン・カントリーっぽさは一際発揮されていると思いました。
a0208783_23103013.jpg
サイドが、こんな風に開いて、お金を取り出せる仕組みです。普段は、底からヒートンで留められています。
a0208783_23113091.jpg
振ると中からカラカラと音がして、コインが残ったままなのかなと思って開けてみたら、こんな古風なちっちゃい鍵が出て来ました。この貯金箱用ではないのに、ほぼ同じものが三つあります。一昔前、日本で西洋のアンティーク(ビンテージ)の鍵をチャームにするのが結構流行ましたが、そんなアクセサリーに使用するのに最適な小さな鍵は、ドアや棚ではなく、元々ジュエリー・ボックス用とかだったようです。
a0208783_23122960.jpg
それと、元々この貯金箱に貼り付けられていらたしいラベルも中から出て来て、「Neumarkt STM」と書いてありました。オーストリアのシュタイヤーマルク州のノイマルクトのことのようです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-08-01 15:26 | 箱・缶・入れ物 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。