タグ:リサイクル・ショップ ( 2 ) タグの人気記事

フィッギオの「ロッテ」の大皿

今回の一時帰国は、P太をイギリスに残したままの単独だったので、あちこちに旅行せず、割と近場だけで、まるで日本に住んでいた時のように過ごしました。P太とはほぼ毎日ビデオ・チャットで話していましたが、改めて痛感したのは、それ以外の時は英語を喋らなくて済むのが、何てラクチンなんだ~と言う事です(笑)。で、東京滞在中にまずしたいと思っていたのが、リサイクル・ショップ巡り。義兄にお願いすると、自分の得意分野なこともあり(義兄はリサイクル屋でお宝を見付けるのが得意!)、快く車で連れて行ってくれました。
a0208783_646821.jpg
その中の一店で出会ったのが、このノルウェーのフィッギオ・フリントの「Lotte ロッテ」の大皿です。思わず、ひゃっほー♪と思いましたよ(笑)。これ、人気のトゥーリ・デザインの上、相当でかくて重量も半端なく、郵送料が嵩むこともあり、日本の北欧ビンテージ屋なんかではかなり高い値段で売られているんですが、そのリサイクル屋では普通の大皿の値段で売られていました。メジャー・チェーン店のリサイクル屋だから、当然細かいマニュアルに則って、慎重に買い取り&価格設定するはずなのですが、未だ時々こんな掘り出し物があるのです。イギリスのアンティーク・モールと比べても、ずっと安価でした。
a0208783_6464970.jpg
デザインは、フィッギオでも特に人気の高い、トゥーリ・グラムスタッド・オリヴァーに寄るもの。ちょっとクセのある独特な人物画を、レトロな花模様と渋めの青系で、すっきり巧みにまとめてある魅力的な意匠です。「ロッテ」のシリーズは、同じく人物の描かれた「マーケット」や「サーガ」と並んで中々貴重なようですが、こんな大きなサイズの皿自体が、日本に入って来ることの珍しいアイテムのようです。
a0208783_6471034.jpg
縁の文様も、何気にお洒落。
a0208783_647398.jpg
もしイギリスで出会っていたとしたら、当然自分の物にしているところですが、思いがけず日本で出会った為、余りに重くて持って帰れそうもありませんでした。丁度友達への誕生日プレゼントを探していたこともあり、絶対好みに合いそうで、ホーム・パーティーの多い友達の役に立ちそうだと思い、プレゼントに加えることにしました。使ってくれると嬉しいなあ。
a0208783_648391.jpg
…なんて思って姉の家で撮影していたら、ケモノが。
a0208783_64928.jpg
ハイちゃんこと、ロシアン・ブルーの灰斗くん2歳です。いつもしっかりカメラ目線(笑)。
a0208783_6492843.jpg
何度叱っても、テーブルの上に乗ることを躊躇しません!(涙)。 念の為、有り余る好奇心から皿の匂いを嗅いでいるだけで、決して皿を舐めたりはしていない模様。
   



[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-14 15:30 | テーブル&キッチンウェア | Comments(2)

日本で出会ったルーサイトのインタリオのブローチ

イギリスであれば、大抵の街にチャリティショップがあり、何処を訪れても覗いて見ますが、日本ではそういう店が一般的ではありません。しかし日本にも、リサイクル・ショップやセカンドハンド・ショップならあります。東京の姉の家から駅へ行く途中にも何軒かあり、滞在中は度々覗いていました。一重にリサイクル屋と言っても、普通の中古屋、ほとんどお洒落なビンテージ屋、ブランド中心、エコ目的の店等があります。共通して言えることは、やはり古物との出会いは一期一会なので、こういう店でお宝を獲得するのには、出来るだけしょっちゅうチェックするのに越したことはないと言う事です。
a0208783_16581189.jpg
これは、そんな姉の家の近所のリサイクル・ショップで、一個300円位で売られていた中古アクセサリーが詰まった箱の中から見付けたもの。他に売られていたのは、ほとんど中途半端に古いアクセサリーでしたが、その中でこれのみは目に留まりました。ルーサイトらしき透明な厚めの樹脂の、裏から手彫りした後彩色して、立体的な花のモチーフを閉じ込めたように表現している、つまりインタリオの技術なんです。こんなブローチが、日本にも存在したとは。ただし実際には、アメリカとかからの輸入品かも知れません。
a0208783_16583611.jpg
裏を見ると、ピンの形態から、結構年代物であることが分かります。裏が白い樹脂で塞がっているので確認出来ませんが、多分裏彫り彩色だと思います。
a0208783_1659148.jpg
しかし、イギリスで見掛けるルーサイトのインタリオに比べると、明らかに彫り方が無骨で大味です。何の花か分からないモチーフも、何だか地味。とろんとした楕円のカボション自体は、優しい雰囲気で好きです。形的にもデザイン的にも、ブローチより帯留めのほうが似合うかも知れません。

 
.
[PR]
by piyoyonyon | 2017-06-13 15:37 | アクセサリー | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(144)
(125)
(115)
(107)
(104)
(96)
(85)
(73)
(68)
(60)
(60)
(58)
(56)
(56)
(54)
(53)
(50)
(46)
(41)
(41)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

キルターの憧れの店「カントリ..
at 2017-08-22 15:37
懐かしの西荻窪
at 2017-08-21 15:21
ウラン・ガラスの羽根柄フルー..
at 2017-08-20 15:31
今日は女子会
at 2017-08-19 15:27
蝉時雨
at 2017-08-18 15:28

記事ランキング

検索

最新のコメント

> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 04:56
ぴよよんさん こんにちは..
by jin-chan at 16:19
>加代子さん、欧米人の美..
by piyoyonyon at 17:34
本当に素敵なバレッタです..
by 加代子 at 19:47
真木さん、ありがとうござ..
by piyoyonyon at 18:30
ぴよよんさん ブロ..
by 真木 at 10:04
>千鳥さん、はじめまし..
by piyoyonyon at 01:21
> jin-chanさん..
by piyoyonyon at 01:13
>はっちさん、こちこそあ..
by piyoyonyon at 00:58
>tanihiro4hさ..
by piyoyonyon at 00:45

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。