タグ:ロシア ( 23 ) タグの人気記事

ジョストボ塗りのペンダント

a0208783_5584860.jpg
山小屋風チャリティショップで買った、中古のロシアのお土産品です。直径3.5cm程の木製メダルにトールペイントが施されたペンダントで、「ジョストボ塗り」と呼ばれるそうです。今まで何度かイギリスのフリマ等で、ジョストボ塗り(またはパレフ塗り)のアクセサリーを見掛けた覚えがありますが、買わなかったところを見ると、ピンと来る事がなかったようです。思うに、お洒落に使いこなすアイディアが浮かばなかったせいかも。それは多分、今まで見掛けたのがブローチばかりだったからで、ペンダントは今回初めて目にしました。
a0208783_5591974.jpg
元は黒い革紐が付いていて、自分で首の後ろで自分で結ぶタイプでしたが、ビーズのほうが合わせ易いかもと思い、手元にあった黒いビーズのネックレスに繋げました。描かれた花の色味は落ち着いていて、ほんのちょっぴり大人なフォークロア感を、これなら普段のファッションにさり気なく取り入れられそうです。
a0208783_5594967.jpg
ジョストボ塗りは、モスクワ郊外のジョストボ村で生産される民芸品で、皿やトレイ等の大きな作品には、通常鉄板の土台が使われるそうです。濃い色の地に、花や木の実、果物等を、大胆なストロークを生かして描き、大抵縁を金の細かい文様で装飾するのが特徴のようです。同じロシアの民芸品でも、いかにもロシアらしさが満載の「ホフロマ塗り」や「ゴロジェツ塗り」「メゼーニ塗り」に比べると、色使いが豊富で華やかで、西欧の一般的なトールペイントに共通する親しみ易さが感じられます。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-26 15:32 | アクセサリー | Comments(0)

入れ子式木製卵

a0208783_2353530.jpg
夏頃にフリマで10~20ペンス位で買った、卵型マトリョーシカ…ではなく、マトリョーシカと同じ仕様の木製卵です。多分同じく白樺製で、文様風の柄がトールペイントされた上に、ニスで分厚く塗装されています。入れ子式になっており、中にどんどん小さくなるサイズの卵が二つ入っています。
a0208783_2362994.jpg
多分、マトリョーシカ同様にロシア製。こう言ったイースターの装飾用の卵は、中欧や東欧が本場で特に盛んらしく、木製も多く見掛けますが、入れ子式は初めて目にしました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-16 15:31 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

マトリョーシカ型ティーコジー

a0208783_7554760.jpg
はたして本当にマトリョーシカを模っているかは謎ですが、ロシア製なのは間違いない、迫力の人形型ティーコジーです。そもそも、人型であるかどうかすら疑問。ロシアのティーコジーって、どうしてこうインパクトが強いんでしょうね。まずサイズ自体が大きいし、ビニールの人形を乗っけたりと、立体化&異素材合体が激しいと思います。同じお茶好きの国イギリスにも、様々なデザイン&モチーフの毛糸の手編みのティーコジーが存在しますが、ロシアのティーコジーに比べたら、全体的に随分大人しいと思います。
a0208783_7585018.jpg
顔の部分だけ木製で、メダルのような物が貼り付けてあります。瞳孔の塗料は、少し剥げ気味です。睫が長過ぎ、わざとらしい笑顔が最早腹黒い、今時のマトリョーシカにも中々ない程のケバい顔をしています。おまけに塗料が飛び散って、丁度鼻水垂らしちょるみたい…。顔の上は、リボンのつもり??
a0208783_756101.jpg
ボディ部分の布地の柄は、明らかにロシアを代表する工芸品、ホフロマ塗りをパターンにしたようです。
a0208783_7563369.jpg
サイドの袖?部分にも、柄あり。多分一枚のティータオルを切り刻んで、一応人形型に見立てたつもりで不思議な形に組み立てているようです。
a0208783_7565060.jpg
後ろ側は、こんな感じ。いよいよ人形どころか、最早ティーコジーとすら認識出来ないナゾの物体に見えます。多くの海外ネット民に言わせれば、ロシアは日本と並ぶ、独特の文化が際立つネタの宝庫だそうです。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-02 15:36 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

朱色と緑のミニ・マトリョーシカのキルト・ピン

a0208783_4264731.jpg
友達に毛糸のショールをプレゼントする際、ショールには前を留めるキルト・ピンが必要だろうと、フリマで買った身長4cm足らずの小さなマトリョーシカで手作りし、同封しました。と言っても、手作りと呼ぶのは全く御子がましい、ハートの木製モチーフと、花型のレース・モチーフを繋げただけなんですけど(笑)。
a0208783_4271317.jpg
このマトリョーシカは、入れ子式の中の小さな人形ではなく、元々キーホルダーか何かだったようで、初めから頭にヒートンが打ってあります。顔はケバ系で余り好みではありませんが(笑)、テラコッタに近い朱色と抹茶緑、そしてサックスブルーの渋い色合いが、マトリョーシカとしては結構珍しく、またフォークロアらしくて気に入りました。中央の花柄も可愛いく、朱色地は水玉模様付きです。
a0208783_427335.jpg
材料さえ揃えば、作るのは凄く簡単…だったはずなのですが、その肝心のキルト・ピンが、イギリスでは中々手に入らず苦労しました。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-11 15:24 | アクセサリー | Comments(0)

小熊のミーシャのバッジ

a0208783_5103275.jpg
隣町のフリマで、今回も収穫は何もないな…と思ったものの、念の為もう一度見渡したら、既に覗いたはずのプロらしきストールの、壊れたアクセサリー等のガラクタが詰まった箱の中で、このバッジに気付きました。やはり、出来るだけ何度も念入りにチェックするのに、越したことはありませんね。日本人にとっては幻のオリンピック「モスクワ五輪」のマスコット・キャラクター、小熊のミーシャを模っています。値段は50ペンス。この手のアイテムは、旧共産圏で買うと、返って高いと思います。
a0208783_5105682.jpg
縦3cm程度の小さい、軽量金属の安っちい子供騙しなバッジだと思いましたが、家に帰って良く見ると、毛並み等が異様に細かく表現され、更に保護の為に表面がコーティングで覆われているようです。ベルトには、五輪模様(って言うか単なる丸五つ)まで型押しされています。腕がうにょんと変な方向を向いて、にやりと人を小馬鹿にしたように笑っているのは、相変わらずのミーシャです。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-01-25 15:31 | アクセサリー | Comments(0)

クリスマス・ツリーのマトリョーシカ

a0208783_2235398.jpg
今年の夏頃、フリマでこのマトリョーシカと一緒に購入した、クリスマス・ツリー型のマトリョーシカ、…と言うか、入れ子式の玩具です。写真では葉が黒に近く見えますが、実物はもっと緑色です。しかし、木地が全く見えないほど厚めに彩色され、金彩もピカピカごっちゃり盛り上がっている為、最初に手に取った時は木製とは思えず(金属製か何かに見えた)、従って入れ子式だとも気付きませんでした。
a0208783_2242936.jpg
売り手の人に「それ、開けると中に人形が入っているよ」と言われ、初めてマトリョーシカと同じ仕様だと言う事に気付きました。蓋の切れ目が丁度枝の段の部分にあるし、結構キツ目で外れにくいので、分かり辛かったようです。ツリーのオーナメントは、ギフト・ボックスやエルフを表しているようです。
a0208783_226719.jpg
中には、サンタと雪だるまの人形が入っていました。
a0208783_2251034.jpg
古い物では全くなさそうだし、中の人形は二つだけですが、こんなマトリョーシカのバリエーションは、初めて見たので嬉しくなりました。クリスマスらしさが盛り上がる、中々楽しいアイテムだと思います。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-12-07 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ソ連の女児制服

a0208783_51287.jpg
昔のソビエト連邦の女の子の学校制服を写真で見ると、共産主義と言うストイックな暗いイメージとはかなり違っていて驚きます。濃い色の丈の短いワンピースに、ひらっひらの白いエプロン、頭にはでっかいリボンで、まるでメイド(カフェ)服。もしかして、共産党の幹部にはロリコンが多かったのか?と疑う程です。そんな忘れ難いソ連の女児制服を、リカちゃん用で再現してみました。
a0208783_52077.jpg
実際このデザインは、ロシア革命前の女児服やメイド服が元になっているそうです。帝政を散々嫌って否定したソ連のはずなのに、何故そんな古風なデザインを採用したのでしょうか。普段の授業中は黒いエプロンでしたが、白いのは式典等の余所行き用。頭のリボンは、レース製のボンボンの場合もあるそうです。
a0208783_523372.jpg
リカちゃんの元の背丈より少し高くなる、手足のムッチリした、「ピュアニーモS」と言う可動式素体を使っているので、余計えっち臭く見えます(汗)。思わず、もしかして自分は、いかがわしい撮影をしているんじゃないかと錯覚して来る程…。まあ日本のJKの制服の幾つかも、破廉恥っぽいと言えばそうかも知れませんが。
a0208783_53968.jpg
この女児制服に対し、男児の学校制服は、襟無しのスーツにタイ無しの白シャツと言う地味~な出で立ちで、いかにも共産主義国の勤労青少年っぽいものでした。…やはり、ロリコン疑惑は拭えません…!
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-18 15:35 | おもちゃ・人形 | Comments(4)

麦藁細工のマトリョーシカ

不用品を処分する為、今年もフリーマーケットに売り手として参加しました。ただし、いつもは8月のフリマ最盛期に参加しますが、今回は諸事情で遅れて、今年の終了間際の時期(10月)です。天気には恵まれ、夏同様に賑わってはいましたが、売り上げは今までで一番奮いませんでした。思うに、太陽光パネルのような、客引きパンダを出さなかったせいかも知れません。それと不思議なことに、今まで何度もそのフリマには、売り手としても買い手としても参加しているのに、何故か今回初めて、お洒落な客を沢山見掛けました。
a0208783_7105059.jpg
いつもなら、最初の一時間は休みなく忙しいのに、結局今回はうちのストールは始終そう忙しくなく、毎度の如くP太を店番に残し、私はしばし他のストールの物色に出掛けました。やっぱり私は、フリマは買い手としてのほうが好きです。その時出会ったのが、このマトリョーシカ。麦藁細工のマトリョーシカが存在するとは聞いたことがありましたが、実物を見るのは初めてでした。しかも、中々好みの素朴系&フォークロア感&ビンテージ具合。プロのストールだったので、値段は私としては少々お高めだったけど(1ポンドだけ負けてくれた)、これは買わねばと思いました。明らかにペレストロイカ以前の製品で、一番外側のマトでも、商業的な微笑みが全くありません。可愛くなくはないのですが、寂しげと言うか、不安げな顔付きをしています。
a0208783_7111424.jpg
染料系のインクであっさり目に彩色した後、小さくカットした麦藁を文様風に貼り付け、保護用に厚めにニス掛けしてあります。それでも麦藁のピースの幾つかは剥がれ落ちていますが、全体的に良い飴色に仕上がっています。テカテカのニスの中でも、麦藁の独特な光沢は十分目立ち、やっぱり素敵だと思いました。
a0208783_7114336.jpg
一番大きなマトが身長11cm位で、全部で5個セット。一番小さなマトでさえ、麦藁ピースが貼り付けてありますが、はっきり言って絵付け自体は、余り達者とは言えないようです。2番目のマトのほうが、お目々ぱっちり。4個目からは、いきなり文字通り目が点になります。
a0208783_712851.jpg
結局不用品を減らしにフリマに行ったはずなのに、またモノが増えちゃいましたが、お気に入りなら全く邪魔ではないのだから困ったもんです(笑)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-11-07 15:25 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

ロシアの木馬

a0208783_442199.jpg
一見スウェーデンのダーラナ馬かもと思ってしまいますが、ロシアの民芸品です。ダーラナとの一番の違いは、首が折れ曲がって項垂れていること。何処か仕草が幼い、仔馬のように見えます。朱色に近い赤地に、金彩等の花柄が大胆に描かれて、フォークロア感は満載です。古くてあちこちヒビが入っている、多分ソビエト時代のものです。
a0208783_4423423.jpg
ロシアの木馬と聞くと、小さい頃に読んだ「ワーシャとまほうのもくば」と言う物語を思い出します。ワーシャと言う非常に我儘で頑固な男の子が、ある朝起きたら、木馬(乗って遊ぶほう)が欲しくて欲しくて堪らなくなっていたところから話が始まるのですが、子供って突然そういう手の着けられない現象を起こすことがあるよなァと、子供心にも思ったものでした。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-10-25 15:31 | おもちゃ・人形 | Comments(0)

おしゃまなマトリョーシカ

a0208783_1753249.jpg
久々にフリマで買ったマトリョーシカです。見掛けること自体は結構あるものの、好みじゃない派手ケバ系が多かったり、値段を聞くとやはりフリマとしては軒並み高かったりで、中々手に入れる機会はありません。その点これは、子供のドール・ハウスの家具や人形が詰まったダンボールに一緒に入っていて、つまり子供の玩具として使われていたから、安く買うことが出来ました。
a0208783_17535225.jpg
赤いプラトークと黄色いサラファンと中央バラ柄で、一見極スタンダードなマトなんですが、顔を良く見ると、睫が長くて目がぱっちりで、言わば伝統系と派手系の中間のような顔をしています。伝統系にしても、ペレストロイカ前と後でははっきり違うそうですし、一つ一つ手描きなせいか、色んなタイプがあって面白いですね。かなり手馴れた描き手が、書道のようにササッ~と流れるように描いたようで、シンプルながら中々良い味が出ている絵付けです。
a0208783_1754236.jpg
身長10cm位と小ぶりながら、4個組で結構充実。しかし、一番外側は満面の笑みなのに、中の子達は揃って仏頂面で、最初に目に入る外側にだけ、商業効果を狙っているのが感じられます(笑)。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2016-09-18 15:30 | おもちゃ・人形 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(130)
(105)
(104)
(97)
(88)
(84)
(76)
(68)
(64)
(54)
(54)
(52)
(52)
(51)
(48)
(47)
(45)
(42)
(38)
(37)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びプルボローのアンティーク..
at 2017-04-27 15:33
ジョストボ塗りのペンダント
at 2017-04-26 15:32
壁画教会のお祈りクッション
at 2017-04-25 15:32
もう一つの中世の壁画教会
at 2017-04-24 15:30
ウラン・ガラスのリーフ型ディ..
at 2017-04-23 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05
加代子さん、こんばんは!..
by piyoyonyon at 22:20
ライの町は 数年前、高校..
by 加代子 at 02:28
真木さん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 05:36
ぴよよんさん、こんにちは..
by 真木 at 09:58
真木さん、確かにこの春の..
by piyoyonyon at 05:23
は、早いっ!!(@@; ..
by 真木 at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。