タグ:市場 ( 5 ) タグの人気記事

バーミンガムのマーケット

a0208783_2484047.jpg
私にとって退屈だった街バーミンガムで、唯一楽しめたのが、このBull Ring ブルリング地区の巨大なショッピング・モールの裏側にある、12世紀に起源を持つと言われる一般市場です。何故なら、屋外市場(と言っても屋根付きですが)の半分は、ほとんど布や手芸用品を売るストールだったからです。
a0208783_2511879.jpg
それらの店を切り盛りするのは、インドや中近東の人達。商品も、そう言ったエキゾティックな物が中心です。
a0208783_249756.jpg
客もやはりムスリムやインド人女性が多く、まるでアラブのバザールのような雰囲気。もしかしたら彼女達にとっては、服は自分で作るのが当たり前なのかも知れません。でも中には、リバティのタナローン風コットンがメートル8ポンドで安いと、喜んで買って行く白人女性客も見掛けました。
a0208783_2495283.jpg
いかにもインドっぽい、キラキラ華やかなブレードやレース・テープ達。工夫をすれば、普通のファッションや手芸にも活用出来そうです。
a0208783_2502899.jpg
美しい刺繍やミラーワークのテープもあります。
a0208783_2514719.jpg
イギリスの布地は、一般の店舗だと、最低でもメートル4ポンドはするのですが、この市場では、裏地みたいな無地のサテン布なら50ペンスからと、破格の安さでした。
a0208783_2521872.jpg
このコーナーは、全てメートル1ポンドだそうです。中には悪くないプリントもありましたが、皆ペラペラの化繊生地で、ドールの服作りには使い辛そうでした。
a0208783_2531495.jpg
ポリコットンでも、ここでは大抵1m2ポンドです。探せば、普通に使えそうなプリントも沢山あります。
a0208783_2541494.jpg
日本からわざわざ買いに来る価値はないだろうけど、イギリスに住んでいる身としては、もしこの市場が近くにあったら、創作活動に非常に役立つと思います。
a0208783_2564053.jpg
これは、アフリカの生地のようです。既に襟のような物がプリントされてあり、もしかしてここを繰り抜いて端を始末すれば、すぐに貫頭衣みたいな民族衣装になるのかも。
a0208783_2571143.jpg
屋外市場の残り半分は食品で、ここもインド・中東系なのかと思いきや、チーズ専門店もあり、普通にイギリスの食材中心でした。
a0208783_2574430.jpg
でもフランスの食品市場と違い、マーケットとは言っても、特別に新鮮でも、安くて美味しそうでも、珍しい食材が多い訳でもなさそうで…。やはり伝統的な食に対する意識、熱意、食文化自体の差だと思います。
a0208783_2581677.jpg
屋外市場の隣に、屋内市場の建物が立っています。
a0208783_2584687.jpg
中に入ると…、うーむ巨大!
a0208783_2591522.jpg
かなり高い場所まで、商品がびっしりです。
a0208783_2595099.jpg
この店には、まるで夜店で売っているような、新品なのに何処か懐かしい感じの玩具が揃っていました。
a0208783_315227.jpg
やはり屋内市場でも、インド・中近東系のストール、特に布地屋が沢山入っていました。他には、ヘヴィメタ系の安物Tシャツ、おばーちゃん用の寝巻きやでっかい下着なんかも、多く見掛けました。
a0208783_301565.jpg
これでもか!と、ギラギラなラインストーンのブローチがびっしり。
a0208783_31014.jpg
どれ一つ日本人には向かない、半端無くでかいネックレスを売る店。
a0208783_312734.jpg
優雅なムスリム女性の衣装専門店。実はイスラム教徒の女性も、自宅ではかなり派手な格好をしていると聞きます。公共の場であっても、西洋人女性と比べて肌の露出が少ないだけで、パッション・ピンクに金色とか、非常に華やかなムスリム女性を見掛ける機会もあります。
a0208783_343421.jpg
ヘッド・スカーフも販売されていました。マネキンの顔が、レトロで結構可愛い。
a0208783_322393.jpg
圧倒される程金ピカなレース等の装飾品が、ぞろりと揃っているストール。お店の人が、皆パキスタン製だと言っていました。自爆テロとか物騒なニュースばかりが耳に入って来るパキスタンですが、こんな美しい製品を作り続けているとは。
a0208783_33165.jpg
この屋外市場を出ると、なんとその隣にももう一つ屋外市場が。こちらは食品市場なのかな?と思いましたが、半分はカード等の日用品も売っていました。飲食店も入り、白人板前の握る寿司バーも在りました。
a0208783_34151.jpg
ここの魚屋はアラも売っていて本格的!と思いきや…、両脇の肉屋では、豚や羊の首(しかも皮を剥いだ後)を並べていて、怖くてすぐにこの場を逃げるように立ち去りました。
a0208783_35768.jpg
結局この市場で、ドールの服制作用に、布を何種類か買いました。最早イギリスらしい雰囲気はなく、お洒落な場所でもないけれど、活気は有り生き生きとしていて、決して危険な感じはしません。これも人種の坩堝イギリスの現実の一つだと割り切れる人には、かなり楽しめる場所だと思います。





[PR]
by piyoyonyon | 2017-05-18 15:27 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

ノーリッジでバレンタイン・デート

2月の初旬、天気が悪くて、フリマにすら出掛けられない週末が続きました。フラストレーションの溜まったP太が、もしバレンタイン・デイに天気が良かったら、有給を取って一日出掛けようと言い出しました。その日の予報を調べると、ここ南東部の天気は余り良くないものの、イースト・アングリア地方なら良好とのこと。そこで、ノーフォークの州都Norwich ノーリッジ(ノリッチ、ノリッジとも)を久々に訪れることにしました。
a0208783_514557.jpg
イースト・アングリアは地理的に孤立していて、全体的に交通の便が余り良くない上に、我が家からノーリッジは「東京~実家」以上の距離があります。9時に出発して、途中で昼食休憩し、結局到着したのは1時近く。それでもノーリッジに行きたいと思ったのは(勿論天気の都合もありますが)、以前訪れた際、大聖堂都市で城下町でもあるこの街が、とても気に入ったからです。…期待した通り、お天気は抜群の良さでした。
a0208783_521443.jpg
前回訪れたのは、もう7、8年前。やはり、街のあちこちが変わっていました。小さな広場に、いきなり巨大脳ミソが。…う~ん、何処から突っ込んで良いのか分かりません。
a0208783_523656.jpg
古風な教会と、非常にモダンな建物のコントラストが凄まじい。
a0208783_525515.jpg
この建物は、近年建てられたショッピング・モールのようです。中には入っていませんが、まるで宇宙船のようで、ノーリッジで特に異質に見えました。
a0208783_53309.jpg
市役所広場。市役所自体はそう古くない建物のようですが、役所前がこんなに気持ち良く広々としているのは、イギリスでは結構珍しいかも知れません。何処でも役所周辺は街のヘソであるはずなのに、見苦しい駐車場になっている場合がイギリスでは多いので。
a0208783_54243.jpg
その脇に立つ、非常に貴重な六角柱の郵便ポスト。「RV」のイニシャルが読みにくいのですが、19世紀のヴィクトリア女王治世時の物で、英国最古のタイプだそうです。
a0208783_543887.jpg
広場の一段低い場所は、市場になっていて、カラフルな屋根の小屋(もしかして本当に元は浜辺小屋用の建物かも)が並びます。
a0208783_553739.jpg
この市場で売られている品物は、古本や古着も若干あるけど、アジアの食品系が一番多いかな。まあ全体的に、結構胡散臭い雰囲気ではあります(笑)。
a0208783_561747.jpg
同じく市役所広場に並ぶ、こちらはギルド・ホール。市松模様のような外壁が印象的です。
a0208783_564985.jpg
恐らくノーリッジの自慢の一つでもあろう、アール・ヌーヴォー時代の美しいアーケード。マスタードで御馴染みの、コールマン社の直営店が入っています。
a0208783_573043.jpg
旧市街地では、イギリスでは少なくなって来ている石畳の、こんな雰囲気の良い小路が入り組んでいます。
a0208783_58143.jpg
イースト・アングリア地方は、イギリスでも特に海抜が低く、この周辺も真っ平らな土地が続きますが、ノーリッジの街自体は結構丘勝ちで標高差があり、坂道が多いのです。
a0208783_583429.jpg
こんなオレンジ色の壁は、お隣のサフォーク州の特色だとか。柱の木彫にも注目。
a0208783_59011.jpg
このエルム地区周辺の雰囲気は、特に好きです。中央の茅葺屋根の建物はレストラン、右の元教会の建物は確かステンドグラス博物館です。ノーリッジは、英国一教会密度の高い都市としても知られています。
a0208783_592722.jpg
ノーリッジ観光の目玉、大聖堂の入り口の門に到着。
a0208783_510174.jpg
良く見ると、門には細かい彫刻が施されています。
a0208783_5102515.jpg
一方ノーリッジ大聖堂のファサードは、大聖堂としては拍子抜けする程シンプル。
a0208783_5105134.jpg
少し横から眺めたほうが、この大聖堂は絵になるかな。右の遺跡の組み込まれた新しい建物は、7年前に建てられた施設。展示場や聖歌隊の練習場があり、現在はここが大聖堂の入り口になっています。入場寄付金の目安一人5ポンドだったので、大聖堂の内部は見送りました。前回見学したし、時間もたっぷりある訳ではなかったから、結局正しい選択でした。
a0208783_5111875.jpg
中央尖塔は、イギリス第二位の高さを誇るそうです。外壁の装飾文様が、ちょっと独特です。
a0208783_5121664.jpg
その大聖堂の敷地内に立つ、ノーフォーク州出身のイギリスの英雄ネルソン提督の像。
a0208783_5125134.jpg
ノーリッジには美大や美術学校があるらしく、画材屋を結構多く見掛けました。これはその一つで売られていた、作業制作用のスモック。同じに見えますが、襟開きや折り返しの袖から覗く裏地のプリント生地が異なっていて、欲しくなる程可愛いのです。右ポケットに縫い付けられている織りタグに、わざわざ「SMOCK スモック」と書いてあるのが、ちょっと御愛嬌ですけど。
a0208783_513319.jpg
古さと新しさが良い具合に混じりあい、活気があって、やっぱりノーリッジは楽しい町(実際には市)だと感じました。アンティーク屋巡りも存分に楽しみ、益々ノーリッジが好きになった私達夫婦です。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-03-07 15:35 | 旅行・お散歩 | Comments(2)

ウィッツタブルの魚市場

a0208783_22312513.jpg
Whitstable ウィッツタブルとHerne Bay ハーン・ベイの中間の浜辺でお弁当を食べた後、やっとやって来ました、ウィッツタブルの港。実は今回この方面に出掛けようと思い立ったのは、久々にウィッツタブルの観光用魚市場でシーフードを食べよう!と言うのが、元々のきっかけだったのです。その日は午前中は薄曇りで、車で移動途中には雨が激しく降ったりもしましたが、午後には予報通り快晴になり、気温も随分上昇しました。ここからは、ウィッツタブル城が見えます。
a0208783_22315941.jpg
ウィッツタブルの魚市場の入り口には、返って食欲が失せるような、気持ち悪い立体看板が幾つか掲げられていますが、このアイスクリーム屋のは立体看板の牛は、それを上回る目を疑うセンスの悪さ。思わず夫婦揃って、写真を撮らずには居られませんでした(笑)。
a0208783_22324278.jpg
ビーチ・ハット(海辺小屋)の建物を並べた、こんなお土産屋街が、新しく出来ていました。お目当てのシーフードのファーストフードは、ここでも売られていました。
a0208783_22331444.jpg
けれど私達は、やはり魚市場の店内で座って落ち着いて食べることに。これは「ホワイト・ベイト」と言う小魚に、パン粉を付けて丸ごと揚げたもので、味はワカサギのフライそっくりです。お昼御飯を食べたばかりで、未だお腹いっぱいだよ~とか思いつつ、結局二人でペロリと平らげちゃいましたね(しかもチップス付き)。
a0208783_22334548.jpg
漁港の町ウィッツタブルは、オイスターの町としても知られ、オイスター祭りも行われるそうです。この魚市場でも、生牡蠣一個1ポンドから販売しています。しかし、私は昔牡蠣を食べ過ぎて、酷いアレルギーを起こし、最早二度と食べることが出来ません! ついでにこの日は、この魚市場で、イギリスでは珍しい殻付きのアサリを買うつもりで、クーラーバッグまで持参で来たのですが、余りに高くて諦めました。アサリなんて、日本じゃ庶民のシーフード代表なのに、ここではムール貝の二倍の値段でしたよ…。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-08 15:22 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

中世のマーケット・タウン、フェイヴァーシャム

a0208783_1945148.jpg
ケント州の古いマーケット・タウンFaversham フェイヴァーシャムの、船着場の昔の倉庫街「Standard Quay スタンダード・キイ」を訪れた後は、Abbey Street アビー通りを南西に進んで、町の中心に向かいます。スタンダード・キイは町外れに在ると言っても、小さな町なので十分徒歩で中心へ行けます。
a0208783_1941219.jpg
アビー通りの名の通り、この一帯は、スティーヴン王とその妻マティルダ王妃に寄って12世紀に建立された、Abbey(大修道院)の敷地でした。左側の石造りの建物は、その時の外壁の門の名残り。
a0208783_19414514.jpg
アビー通り沿いには、1950年代の取り壊しを免れた木組みの家も、沢山残っています。サクソン時代には、フェイヴァーシャムはケント王の夏の首都だったそうです。
a0208783_19422239.jpg
港町でマーケット・タウンであるフェイヴァーシャムは、ビールの町としても知られています。以前通り掛った時、丁度ホップ祭の最中だったので、モーリス・ダンスに誘われて(爆)偶然立ち寄ったものの、歩くのもままならない程混雑していました。それで、もう一度普通の日に訪れたいと思っていました。しかし、今でも毎週土曜日に市場が開かれていて、この日もかなり混んでいました。
a0208783_19434754.jpg
この爽やかな水色の、時計台を持つ立派な建物は、昔のギルド・ホール。
a0208783_19442229.jpg
ギルド・ホールの裏側です。こんな地階がギリシャ風の柱だけのピロティ形式の建物は、イギリスでは典型的な昔の市場会場ですが、今でも現役で使用され、しかも木製の柱なのは珍しいんじゃないかな。
a0208783_19444122.jpg
ギルド・ホールの脇に立つ、ヴィクトリア時代の消化栓。
a0208783_195382.jpg
石畳や古い家も沢山残り、歴史的な町の雰囲気ばっちりです。この建物は、今は不動産屋と言うのが、ちとガッカリですけど(笑)。
a0208783_19453762.jpg
イギリスに古いマーケット・タウンは多く存在し、大抵人気の観光地になっていますが、こんなに昔ながらの面影をそのまま残す町は、少なくとも南東部では結構珍しいかも知れません。雰囲気の良さの決め手は、町の中心に車が入り込めないこと。イギリスって、例え歴史的な町(特に中小規模)でも、中心を幹線道路が通過して交通量が非常に多かったり、町のヘソの広場が全て駐車場になっていたりで、景観を大きく損ねていることが多いのです。ハンガリー人の友達に指摘されて、「確かに」と思いました。
a0208783_19465626.jpg
これは布地屋さん(の裏側)。イギリスとしては安めの薄手のプリント生地が沢山揃っていたので、じっくり見て選びたかったなあ。
a0208783_19471997.jpg
この毎週土曜日の市は、基本的に何でも売っていて、一部はアンティーク・マーケットになっていました。因みに、毎月第一日曜日には、アンティーク&ビンテージだけのマーケットも開かれるそうです。
a0208783_19474150.jpg
この古物を売るストールは、船乗りの為のチャリティ・ショップ。そんなチャリティが存在するとは、さすがは港町です。しかしこんな場所にも、EU離脱派のキャンペーンが。
a0208783_1948780.jpg
カラフルなフルーツ柄のグラス・セットも、オレンジ色のホーローのケトルも素敵。左の可愛いイラストの箱は、交通ルールを学ぶ為のドミノ・ゲームだそうです。
a0208783_19484512.jpg
箱入りデッドストックのシンディ人形の実物を、初めて見ました。この状態で25ポンドは、割とお買い得かも知れません。
a0208783_19493641.jpg
アンティーク・マーケットの裏には、アンティーク・ショップが。
a0208783_1950246.jpg
店内は、イギリスの典型的な骨董商の品揃えと言う雰囲気。
a0208783_19503964.jpg
右の50年代の食器棚と、左の白いわんこが可愛い(笑)。
a0208783_19511782.jpg
本当は、訪れる予定だったアンティーク・ショップがもっとあったのですが、駐車場の時間切れで、後ろ髪を引かれながらフェイヴァーシャムを去りました。人気の観光地なので、町内の道路は、許可証を持った住民以外は駐車厳禁になっています。町の駐車場でも4時間が最長みたいですが、4時間あってもじっくり見て回れるか疑問な程、雰囲気ばっちりで魅力的なフェイヴァーシャムです。
  



[PR]
by piyoyonyon | 2016-06-03 15:26 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

グリニッジのマーケット

大型帆船カティサーク号での姪の誕生パーティがお開きとなった後は、P太と義両親と一緒に、近くの博物館に行く予定でした。しかし、空腹で一歩も進めないので(特に私が)、その前に急遽腹ごしらえです(笑)。日本の皆様なら、何故パーティ直後なのに空腹?と不思議に思われるかも知れませんが、義妹は食料は子供達の分しか用意して来なかったし、例えあったとしても、イギリスのパーティ(特に子供の)の食べ物は、概ね粗末で不味く、お腹を満たす気には到底なれないからです。カティサーク内にはカフェもありましたが、観光地価格で高く、おまけにイギリスの典型的なカフェ・メニューばかりで、食べたいものもありませんでした。
a0208783_4231138.jpg
そこで私達が目を付けたのは、グリニッジのマーケット。非常に混んでいましたが、ありとあらゆる国の屋台が並び、早く安く、ちょっと変わった美味しいものを食べるのには、持って来いだと思いました。
a0208783_423446.jpg
一応一通り見渡して一番惹かれたのは、イタリア屋台のライス・コロッケでした。フィリングを詰めた硬めのリゾットを球状にし、細かいパン粉を付けて揚げてあります。フィリングは、「ボロネーズ・ソース(ミート・ソース)」、「トマトとホウレン草」「チーズとベーコン」など10種類位の中から選べます。こんなの、イギリスの他のイタリアン・レストランでも、今まで見掛けたことがありません。
a0208783_4241376.jpg
私は「ナスとモッツァレラ」、P太と義両親は「チキンのワイン・クリーム・ソース」を選びました。コロッケは温めてあり、無料でサラダを付けてくれます。余り油っこくはなく、でも一個でお腹いっぱいになり、正に私達が望んだ通りの昼食でした。しかし厳密に言うと、またもや選択を誤り、チキンのほうが美味でした。
a0208783_4243760.jpg
この屋根付きマーケット(注:「屋内」とも違う)は、現在半分位が工事中でして、営業している半分は食べ物屋台、その半分がクラフト系の雑貨を売るストールが占めています。
a0208783_4245928.jpg
この黒いウール地に鮮やかなアップリケのスカートには、ちょっと惹かれました。
a0208783_4252016.jpg
Tシャツのプリントはお洒落なんですが、フレンチ・スリーブってのがどうもね…。
a0208783_4261393.jpg
非常に久々にグリニッジを訪れましたが、人気の観光地なだけに、アーティスト雑貨屋やビンテージ屋等の個性的な店が集まっており、じっくり歩くのはやはり面白そうだと思いました。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-07-31 15:20 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(140)
(115)
(110)
(104)
(97)
(91)
(81)
(71)
(68)
(57)
(56)
(54)
(53)
(51)
(51)
(50)
(46)
(43)
(39)
(39)

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

誕生50周年記念リカちゃん展..
at 2017-06-23 15:30
誕生50周年記念リカちゃん展
at 2017-06-22 15:22
1950年代の女性雑誌
at 2017-06-21 15:36
ブルーベルの季節のエメッツ庭園
at 2017-06-20 15:27
マダム・アレクサンダー人形「..
at 2017-06-19 15:26

記事ランキング

検索

最新のコメント

>weierud2さん、..
by piyoyonyon at 17:27
50年代のファッションは..
by weierud2 at 20:19
>加代子さん、おっしゃる..
by piyoyonyon at 23:11
こちらのフリーマーケット..
by 加代子 at 17:27
>JUNさん、ルイスを気..
by piyoyonyon at 16:48
piyoyonyonさん..
by JUN at 13:29
> 真木さん、内容の前後..
by piyoyonyon at 16:30
あれれれ? panas..
by 真木 at 18:47
> JUNさん、はじめま..
by piyoyonyon at 00:43
はじめまして。イギリスの..
by JUN at 21:19

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。