タグ:陶器 ( 11 ) タグの人気記事

ヒヨコ型ソルト・シェイカー

a0208783_23105492.jpg
随分昔、姉がパリのお土産として買って来てくれた物です。陶器製の卵の殻の中にヒヨコが入っていまして、ヒヨコの頭には幾つかの小さな穴、ヒヨコの底にはプラスティックの栓があり、卓上塩入れになっています。
a0208783_23112219.jpg
殻のほうは、対になる胡椒入れになっているのかと思いきや、…単なるスタンドなのです。
a0208783_23115573.jpg
スタンドにセットすると、普通はヒヨコの顔はすっぽり隠れ、卵にしか見えません。
a0208783_23122883.jpg
殻の裏面にはエッフェル等が描かれ、更に「J'AIME PARIS パリが好き」なんて書いてあり、バリバリのスーベニール。しかし、藍一色の絵付けとカントリーな花柄が、お土産らしい俗っぽさを緩和しています。
  




[PR]
by piyoyonyon | 2017-04-15 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ポーリッシュ・ポッタリーのマグ

地元の猫チャリティ屋で買いました。日本ではバッタもんが出る程人気のポーランドの西部ボレスワヴィエツ産の陶器ですが、イギリスで時々中古品を見掛け、しかもどう考えても、それらが使い倒されたとは全く見えない新しい状態な事を考えると、もしかしたら余りイギリス人の好みに合わないのかも知れません。少なくとも、一般的に売られているイギリスの食器とは、現行品にしても、アンティークやビンテージにしても、まるでテイストが違います。ギフトとして貰ったものの、好みに合わずに、フリマやチャリティショップ直行…みたいなところかも。だとしたら、返って私には有難いんですけど。
a0208783_6361331.jpg
ポーランド陶器のマグ・カップと言うと、このぽってり丸くて口が窄まったタイプが一番お馴染みです。この形は、飲み物が冷めにくい利点がある一方、ちょっと洗い辛い難点があります。そもそも、P太、及び多くのイギリス人のような猫舌には、飲み物が中々冷めないのは、全く余計なお世話と言ったところです(笑)。
a0208783_6364062.jpg
パターンは、最も基本的な、言わばポーランド陶器のアイコン的な柄。和食器と同じく、同型の異なるパターンを混ぜて使うと、一層魅力が増すポーランド陶器なので、このマグを見ていると、確かに他のパターンのマグも揃えたくなります。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2017-02-10 15:34 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ポーリッシュ・ポッタリーの植木鉢

a0208783_4323322.jpg
久々に、フリマで中古のポーランド陶器に出会いました。今回は植木鉢です。デザインは、ポーランド陶器の定番&アイコン的な柄。口径11cm位で、室内で使うのに調度良さげなサイズです。元は、揃いの柄の受け皿が付属していたかも知れません。縁に少しヒビがありますが、植木鉢なので問題なさそうです。
a0208783_2043881.jpg
義母から貰った、ちょっと変わった花のペラルゴニウムを植えてみました。この手のボレスワヴィレツのポーランド陶器は、元々イギリスでも決してそう手頃な値段ではありませんが、EUを離脱して今後は益々高くなりそう…。これからも、フリマで出会う度に買うべし!と心に誓いました(笑)。
 




[PR]
by piyoyonyon | 2016-08-30 15:31 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

スター・ウォーズの豆皿 kawaii

a0208783_232140.jpg
キチ吉ちゃんからのクリスマス・プレゼントに混じっていた、スター・ウォーズ柄の豆皿二種です。今年のクリスマスは、私達夫婦も、かなりスター・ウォーズ・グッズを贈ったり貰ったりしました。言わば「スター・ウォーズ祭り」状態でしたが、その中でもこれは相当自慢出来ます。何せ、絶対日本にしか在り得ないデザイン&アイテム。ハリウッド映画で、しかもSFなのに、見事に藍染めの和風に表現しています。製造も日本。一緒に写っているR2D2のフィギュアも、以前キチ吉ちゃんから貰ったもので、実は醤油差しです!
a0208783_234734.jpg
これで寿司なんか食べたら、かなりオツじゃないっスか。使うのが楽しみです♪
  
[PR]
by piyoyonyon | 2016-03-10 15:35 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ガラスの中の小さなおうち

a0208783_4535152.jpg
お友達のMちゃんが、クリスマス・プレゼントとして送ってくれました。直径5cm位のガラスの球体(底は安定の為にカットしてある)で、中に家型の陶器の小さなパーツが閉じ込められています。良くぞ、こんな素敵なものを選んでくれたと思いました。スノー・グローブとか、昔からこう言う「透明もの」は大好きなんです。レジン人気で、今や透明ものは沢山出回っていますが、これは中の陶パーツまで御手製ってところがスゴイ。尚且つ気泡がいっぱいなのも、手作りガラスの魅力が凝縮されています。陶器とガラスと言う素材自体は、どちらも硬質ながら、この作品は不思議と温かみのある素朴な優しさに溢れています。
a0208783_4542399.jpg
制作されたのは、高城加世子さんとおっしゃるアーティスト。銅や陶で作ったパーツを、ガラスの中に閉じ込めた作品で活躍なさっているそうです。同封されていた作者紹介の栞には、「見てくださる方の思いが重なって、物語が紡ぎだされるといいなと思って製作しています」とありますが、幾ら眺めても飽きない、まるで手のひらに乗る宇宙のようで、本当に今にも物語が生まれて来そうです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2016-02-10 15:33 | インテリア・デコレーション | Comments(0)

中原淳一イラストの小皿

a0208783_5503659.jpg
昭和の日本のイラストレーターでありデザイナー、編集者、人形作家でもあった中原淳一の描く女性像がプリントされた、一辺10cm位の小皿です。でも、ビンテージとかの古いものではありません。バックプリントはありませんが、どう見ても彼の死後に製造された、展覧会等の販売グッズだったように見えます。しかしそれが何故か、イギリスの地元のチャリティショップで売られていました。しかも同柄がもう一枚、柄違いの同じ仕様の皿が一枚一緒に売られていました。中古品と言うよりは、工場アウトレットのように思えます。
a0208783_5505965.jpg
主線が少し盛り上がったように印刷された、中々精度の良いプリントです。細かい髪の毛の描線も、鮮明に表現されています。厚みは5mm以上ある、ずっしり重い陶器です。して用途は? やたら安定性がばっちりなので、灰皿のようにも思えますが、日本の乙女の文化の発展に尽くした中原淳一先生のイラストに、灰皿は似合わないアイテムだなあ。勿論私は、ピントレイとして使うつもりです。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2016-01-07 15:39 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

懐かしの急須と湯のみ茶碗

a0208783_117895.jpg
松本の「ミナ」のある通りを歩いていると、凄~く心引かれる懐かしの瀬戸物屋さんが目に入りました。
a0208783_1174218.jpg
絶対昭和の時代から、そのまま売り続けているであろうレトロな食器がギッシリ山積みで、三人とも心踊って大興奮。和食器中心ですが、洋食器もあります。
a0208783_1182152.jpg
東京でも20年位前までは、こんな陶器屋さんをちらほら見掛けたのですが、さすがにもう無いと思います。
a0208783_119730.jpg
ついでに言うと、福島県の私の田舎にすら既に在りません。
a0208783_120228.jpg
この、天井から所狭しと大きな土瓶を吊り下げたスタイルも素敵。
a0208783_1203791.jpg
80年代らしい、子供用のキャラクター・プリント付き御飯茶碗。こういうアイテムにも、熱心なコレクターが居るらしく、確かに集めてみると面白そうです。
a0208783_1225842.jpg
この、手作り感に溢れる看板にも惹かれます。合板を刳り貫いてあるのかな?
a0208783_121878.jpg
姉はこのお店で、かなり大きな急須と、揃いの柄の湯飲み茶碗4客を買いました。今までの急須では、ホーム・パーティ等を開く際には小さ過ぎるからです。吹き付けのような柄が味わい深く、まるで田舎のお寺の法事なんかで登場するような、懐かしさに溢れる緑茶セットです。
a0208783_2221988.jpg
色々お話した女将さんは、帰り際に、レトロな小さなミルク・ピッチャーを、三人分プレゼントして下さいました。しかし、このお店も中部地震で大分傷んだ為、もうすぐ引っ越すとのことでした。このスタイルで出会うことは、もう二度とないのかと思うと非常に残念です。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-06-27 15:28 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

ムーミンの陶製のキャニスター

日本に帰って、ムーミン・グッズが顕著に増えていることに、ちょっと驚きました。昨年の作者トーヴェ・ヤンソンの生誕100周年に伴って、増えたのだと思いますが、それにしても、本国フィンランドに迫る人気ぶりなのでは?と感じました。そして概ね、余りいじらずファンシーっぽくない、原作の持ち味を生かしたデザインが増え、これまたフィンランド製と区別が付かないお洒落な物も多いと思いました。
a0208783_640462.jpg
この陶器製のキャニスターは、実家の台所でゴソゴソやっていたら(モノがちょっちゅう行方不明になる家なので…)、食器棚の奥で見付けたもの。一度も使っていないらしく、母が「欲しかったら持って行っていいわよ~」と言うので、遠慮なく貰って来ました。新し目な上未使用なのに、何故か既に薄汚れているところが、いかにも我が実家らしいと思いましたが…(笑)。
a0208783_6411512.jpg
母が景品か何かで貰ったのかと思っていましたが、後から日本で普通に売られている製品だと知りました。「YAMAKA 山加」と言う日本のメーカーのものです。このキャニスターには、他にもサイズや柄の種類が沢山あるようです。これにしても、フィンランド・アラビア製の(高い)ムーミン・シリーズに、何ら劣らない程魅力的。それもそのはずで、このメーカーのムーミンのテーブルウェアは、2013年の「ジャパン・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞したそうです。機能も優秀で、ポリ製の蓋の摘みに寄って、きっちり密閉出来る仕組みになっています。勿論レンジ対応化。全くの円柱ではなく、微妙に裾すぼまりになった形も気に入っています。
a0208783_6414194.jpg
小さいほうの柄は、ミィが何やらニョロニョロに水を掛けている様子。端にはスナフキンが。大きいほうには、ムーミンとスノーク家のお嬢さんが描かれています。
ただし、かなり嵩張り重いから、イギリスに持って帰るのは、諦めなくてはならないかもと思っていました。その時は姉の家に残して行くつもりでしたが、姉もムーミンが好きなので、喜んで「置いて行け」と言っていました。しかし、まんまとP太のトランクに忍び込ませて、出国成功(笑)。
 
[PR]
by piyoyonyon | 2015-06-09 15:39 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)

これぞ奈良のお土産屋さん

唐招提寺の門前に、見逃せない土産物がありました。
a0208783_2481471.jpg
だって埴輪だらけ! モチロン(笑)本当に発掘して来たものではなく、復元物です。
a0208783_2483433.jpg
古墳の多い大和地方だから、埴輪が売られているのは分かるけど、多分「考古学的素焼き仲間」と言うことで、便乗して土偶も売られています。ついでに、素焼きですらない銅鐸も。
a0208783_2485272.jpg
埴輪は元々お墓の副葬品。死者に纏わるアイテムな訳で、室内に飾るのも庭に飾るのも変だし、一体どういう人が、どういう目的で買うのかな。私の友達には、埴輪コレクターが居ますが(爆)。しかし私が死んだら、「はに丸」と「ひんべえ」を一緒に埋めて貰えたら、きっと嬉しいかも(あの世で)知れません(笑)。
a0208783_2491111.jpg
凄ーくレトロな人形も売られていました。もしかしたら、服と帽子は手編み?
a0208783_2493171.jpg
そして更に注目なのが、仏像コレクションのガチャガチャ。地域限定とか書いてありますよ…。戦国武将の家紋根付のガチャもあり、多分歴史好きにとっては、結構知られた堪らないスポットなのではと思います。でもこういうのって、中毒性が強くて、一度始めちゃうと止まらなくなりそうで怖い(笑)。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-04-22 15:29 | 旅行・お散歩 | Comments(0)

小法師の小皿

a0208783_5344695.jpg
会津で出会った、小法師を模った本郷焼きの小皿です。数多く売られていた小法師グッズの中で、私が一目惚れしたのはコレでした。縦は13cm位。分厚くずっしりと重い、土のぬくもりが感じられる素朴な陶器です。ころんとした形や、お顔が本当に福々しく、眺めていると幸せな気分になります。頬がぽっと赤い分、元の小法師人形より表情豊かです。勿論、一番顔の気に入ったものを、じっくり選びました。
a0208783_535699.jpg
後から、ペアで買っておけば良かった~、P太と二人で和菓子を食べる時にピッタリなのに、と思いましたが、更に良く考えると、和菓子なんて、このイギリスでどうやって手に入れると言うんでしょうか(笑)。とりあえず、取り皿や醤油皿として活躍してくれそうです。
  
[PR]
by piyoyonyon | 2015-03-04 15:32 | テーブル&キッチンウェア | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2017
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(130)
(105)
(104)
(97)
(88)
(84)
(76)
(68)
(64)
(54)
(54)
(52)
(52)
(51)
(48)
(47)
(45)
(42)
(38)
(37)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

再びプルボローのアンティーク..
at 2017-04-27 15:33
ジョストボ塗りのペンダント
at 2017-04-26 15:32
壁画教会のお祈りクッション
at 2017-04-25 15:32
もう一つの中世の壁画教会
at 2017-04-24 15:30
ウラン・ガラスのリーフ型ディ..
at 2017-04-23 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

猫の額さん、こんにちは。..
by piyoyonyon at 23:33
kagichoさん、こん..
by piyoyonyon at 23:30
ぴよよんさんこんにちは。..
by 猫の額 at 14:13
ぴよよんさん、こんにちは..
by kagicho at 13:05
加代子さん、こんばんは!..
by piyoyonyon at 22:20
ライの町は 数年前、高校..
by 加代子 at 02:28
真木さん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 05:36
ぴよよんさん、こんにちは..
by 真木 at 09:58
真木さん、確かにこの春の..
by piyoyonyon at 05:23
は、早いっ!!(@@; ..
by 真木 at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。