人気ブログランキング |

ブログ移転のお知らせ

a0208783_7581597.jpg
元旦にもちょこっと御報告しましたが、このブログの画像容量がもうじき満杯になってしまう為、やむを得ず明日3月1日から下記のブログへ引っ越します。未だ少し容量は残っていますが、キリの良い月初め&終わりで切り替えようと思いました。引っ越すと言っても、今まで通りこのブログの内容はそのままこのHPに残し、単に今後の記事のみ別HPでアップする事になります。
a0208783_7595736.jpg
この2冊目ブログは、2014年8月から使用して来た訳で、5年間(弱)なんてあっと言う間だったような気がします。まあ毎日、特に旅行記事なんてあんなに大量に写真をアップしていれば、容量もすぐに満杯になりますよね(苦笑)。特に、昨年の春に、非常にバカな理由でデジカメを破壊してしまい、画素数の高いカメラに買い替えたのが、容量を喰ってしまう原因として大きくなりました。スマホの普及で、コンパクト・デジカメの需要はめっきり減り、販売されている種類もすっかり少なくなって(特にイギリスでは)、それしか選択がなかったのです。ブログの写真なんて、本当にスマホのカメラで十分なのですが、撮影する数だけは大量なので、それでは絶対すぐに電池切れしてしまい、相変わらずコンパクト・カメラを愛用しています。
a0208783_1758966.jpg
何はともあれ、2019年3月1日からは、新しいブログでの更新となります。

新ブログ:Der Liebling~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

結局、またエキサイト・ブログです。エキブロもどんどんサービスが悪くなり、つまらなくなった上に不要なウザい機能ばかり付いて、おまけに新管理画面が非常に使い辛いのですが、他の無料のブログで気に入ったデザイン&機能もなく、気乗りせずコレとなりました。
a0208783_7593882.jpg
淡々と我が道を行く、細々とした地味なブログですが、最早自分のライフワークとして出来る限り続けて行きたいと思いますので、今後もどうぞお付き合い宜しくお願い致します!


ぴよよん拝




# by piyoyonyon | 2019-02-28 15:33 | ごあいさつ&お知らせ

サーモン・オレンジのエナメル花ブローチ

a0208783_22574777.jpg
このブローチも、リングフィールド競馬場のアンティーク・フェアで買いました。大好きな1960年代のレトロ・ポップなエナメル花ブローチなのですが…、エナメルが剥げ気味で状態は結構ボロボロ。値段は1ポンドだったので、まあ良いかと思いました。
a0208783_225864.jpg
花部分の直径は6cm位で、サーモン・オレンジ色に彩色してあります。ペップも付いている所が、エナメル・ブローチとしては初めて見る仕様だと思いました。このペップも、金属+エナメル彩色で出来ています。葉っぱ部分は特にハゲハゲで、ここのみ地金に何故かシボの付いているのが分かります。もしエナメル塗装が完璧な状態だったら、このシボはまるで意味がありません。
a0208783_22582163.jpg
モチーフ的には、もしかしたらクリスマスの定番、ポインセチアかなあ?(あれは花じゃないけど)。代表的な真っ赤じゃない為、幸か不幸か、言われなければクリスマスっぽくは見えません。肝心の花部分のエナメルは結構残っているので、未だ着用に耐えられそうです。
  




# by piyoyonyon | 2019-02-27 15:28 | アクセサリー

五角形のイエロー系ラインストーンのブローチ

a0208783_2248268.jpg
リングフィールド競馬場のアンティーク・フェアで、一つどれでも1ポンドの袋の中から見付け出して買いました。直径5cm強の、黄色と無色透明のラインストーンのブローチです。
a0208783_22482743.jpg
ピンの方向からは、これが天地上下になります。花型に並んだラインストーンは、言わばビンテージ・ジュエリーの定番の構図ですが、これは全体的に見ると五角形に近い配列なのが、結構変わっていて面白いと思いました。ボリュームも十分あり、見た目が華やかです。
a0208783_22484773.jpg
汚れたコスチューム・ジュエリーを手に入れた場合、乾いた柔らか目の古歯ブラシで表面を擦ります。そうすると、ラインストーンのくすみや地金の隙間に入り込んだ埃が取れて、見た目の蘇る事があります。効果がない時は、ほんの少しだけ歯ブラシを湿らせてから擦ります。このブローチも、そうして根気良く磨きました。ついでに、裏面のピンの不具合もペンチで修正しました。結果、ラインストーンの輝きが段違いになり、着用する時に不意に落下する心配もなくなり、何だか10ポンド以上で売られていそうなブローチには見えるようになりました。
  




# by piyoyonyon | 2019-02-26 15:30 | アクセサリー

競馬場でアンティーク・フェア

a0208783_1173397.jpg
スーパー等で無料で手に入る地域の情報誌(広告ばかりで情報はほとんどないのだが)で、我が家からそう遠からぬLingfield リングフィールドと言う村の競馬場で、一月末の日曜日にアンティーク・フェアが行われると知りました。屋内開催だと聞き、折しもその日は天気が悪く、フリマに行けそうもなかったので、このフェアに出掛けてみる事にしました。競馬場と聞くと、日本では耳に鉛筆挟んだオッサンの行く埃っぽい場所と言うイメージですが、イギリスでは全く違って裕福な男女の社交場です。つまり、意外にも英国では競馬場は、ポッシュでエレガントな場所なのです。
a0208783_117599.jpg
初めて行くアンティーク・フェアとなると、初めて行くアンティーク・モール以上にドキドキします。何せ入場料を払うのですから、ガッカリはしたくない訳です。こんなお出掛けに不向きな季節だし、もし入場料を払う価値のないスカスカな状態だったらどうしようとか、ペットワース・ハウスのアンティーク・フェアのように超高級な骨董美術品ばかりだったら、または(やはり)ビンテージ風の新品ばかりだったらヤだなとか、色々不安はあります。
a0208783_193156.jpg
正式名称を、「Lingfield Antiques, Collectables & Vintage Fair」と言います。競馬の場合はここが正面玄関だけど、フェアは左手の建物内で行われます。入場料は一人3.5ポンド。開催時間は10:30から15:30と遅めです。これより早い9:30から入場出来る「early bird 早起き鳥」料金だと、一人5ポンドになります。予めネットでチケットを予約すれば、50ペンスだけ安くなります。
a0208783_195222.jpg
受け付け料金所は、感じ良く友好的な雰囲気。お金を払うと、例え一度この場を離れても再度入場出来るよう、手の甲にスタンプを押されます。会場に入ると、かなり混み合っていて結構な熱気。出店数も満杯なら、客の多さも歩き進むのがままならない程です。限られたスペースだからと言う事もありますが、これ程人気とは思っていなかったので少々驚きました。
a0208783_1101740.jpg
売られているのは、他の一般的なモールやフェアと同様で、本格的な骨董品もあれば、手の届くビンテージ、単なるジャンクも混じっていると言った具合で、ちょっと安心しました。
a0208783_1181093.jpg
確かに、中には主に新品を売るストールもあります。コレクタブルズと言う括りにすれば、何でも有りですからねえ。
a0208783_1105465.jpg
客層は、これも他のアンティーク・モールと同じで、中高年のカップルか友達同士が一番多いかな。貧乏そうな柄の悪い人は皆無だけど、さりとて金持ち臭プンプンでもないと言った所です。
a0208783_1113432.jpg
以前も思いましたが、ビンテージ・ジュエリーを買うのなら、アンティーク・モールよりフェアかマーケットの方が探し易いと実感しました。
a0208783_1294184.jpg
何故なら、すぐに手に取って状態と値段を確認出来、例えガラス・ケースに入っていても、頼めばただちに開けて見せて貰えるからです。
a0208783_1115434.jpg
このストールでは、インタリオの置物が幾つか揃っていました。私が持っているのと同じ物もあります。ビンテージ・ジュエリーと共に、一つどれでも5ポンドだそうです。
a0208783_1121324.jpg
このフェアで、姉用のビンテージ・バッグが見付かれば…と期待していましたが、これと言った個性の光る物には出会えませんでした。
a0208783_1122663.jpg
やっぱり圧倒的に多いのは、モノトーンのビーズ刺繍のビンテージ・バッグ。
a0208783_1141083.jpg
このアート・ガラス専門のストールには、うっとり目福なガラス器がいっぱい。
a0208783_114267.jpg
珍しいタイプの美しいウラン・ガラスも多く、売り主はブラック・ライトさえ持参していました。しかし、値段を聞くまでもなく、絶対我々の手が届きそうな価格には見えません。
a0208783_1145968.jpg
バー・カウンターでは、飲み物の他に軽食も買えるようです。左には、この日の為の一日貸し切りジャズ・シンガーが居て、結婚披露宴のように歌い続けています。
a0208783_1151818.jpg
ストールは、別棟の建物内でも出店しています。予報通り、外では雨が降って来ました。
a0208783_11536100.jpg
それは競馬コースの観客席の一階部分で、ブラッセリ―と書いてあるので、普段はフランス風ビア・ホールのようです。
a0208783_1201720.jpg
右のストールのテーブル中央には、ベイクライトの電気メーター、ハンドル、ドア・ノブとかが沢山。ベイクライトのドア・ノブなら、義母の家で現役で働いていますよん。
a0208783_119579.jpg
右上の木製の箱は、「tunbridge ware タンブリッジ・ウェア」と呼ばれるイギリスの寄木細工。コレクターが多く、更に今は作り手が絶えて生産されない工芸品の為、概ね結構高価です。
a0208783_1155553.jpg
この日は閉まっているけど、あちこちに飲食コーナーが設置されています。イギリスの競馬場って、純粋に競馬を楽しむと言うより、本当に酒を飲んでお喋りを楽しむ為の場所のようです。
a0208783_1184780.jpg
私にしては写真が意外と少ないのは、余りに混んでいて撮影出来なかったからです。それと、バックパックで行くのは、がんがん人がぶつかって来るので失敗でした。
a0208783_1161670.jpg
今回ここで出会ったウラン・ガラスは、サイズが大きくて高級で手が出ないか、手頃な値段だと既に持っているようなアイテムばかりでした。終盤にP太の元気がなくなり、買いたいウラン・ガラスが一つも見付らないから、つまらないのだろうか?と心配していたら、単にお腹が減ったのでパワー切れだと。…言ってよ!(怒) メントス一粒恵んで上げるからさ。
a0208783_1255765.jpg
ストールが集中していて、熱心なお客さんが多い分、このフェアで「掘り出し物」を見付けるのは難しいかも知れません。ただし、私が求めている物は、イギリスの一般的なアンティーク&ビンテージ・ファンの好みとはまた違うはずなので、やはり時の運次第だと思います。
a0208783_1163746.jpg
結局私がここで買ったのは、1ポンドのブローチ二つのみで、入場料の元値さえ取れませんでしたが、美しいアンティークやビンテージは、例え手は届かなくとも、沢山見て楽しむ事が出来たから、入場料を払う価値は十分あったと満足しています。2、3ヵ月置きに開催されるので、機会があったらまた行きたいと思います。ここで開催されない月は、同じイベント会社に寄る同様のフェアが、ブライトンの競馬場で開かれるようです。何より、アーディングリーのアンティーク・フェアと違い、天気に左右されない屋内で週末に開催される点は手軽です。例えフリマ最盛期の夏でも、雨天でフリマに行けない日には、有効な娯楽になると思いました。
 




# by piyoyonyon | 2019-02-25 15:22 | 旅行・お散歩

ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し

a0208783_4223229.jpg
今回ハンガーフォード・アーケードで、P太が買ったもう一つのウラン・ガラスです。毎回のように買いたい物に出会える、ガラス専門のストールで見付けました。値段は10ポンド。限りなく白いに近い淡いクリーム色で、紫外線光を当てるまでウラン・ガラスだとは気付きませんでした。
a0208783_4224911.jpg
吹きガラスで、花柄が手彩色されています。この花は、P太は矢車菊じゃないかと言っていましたが、私には撫子に見えました。しかし、改めて観察すると、撫子に青系の花はないし、葉っぱからしても矢車菊の方が近いように見えます。もっとも、もしかしたら絵付け師は空想の花を描いただけで、モチーフに付いて議論するのは余り意味がないかも知れません。
a0208783_424258.jpg
ガラスは分厚く、全体的にずっしりと重みがあります。一輪挿しなので、この方が安定があり、倒れる心配も少なくて安心だと思います。
a0208783_423992.jpg
底には、絵付け師のサインと、オリジナルのラベルも残ったままです。このラベルからでも分かる通り、「Fenton フェントン」と言うアメリカのガラス・メーカーの製品です。値札には、1930~40年代の製品と書いてありましたが、どうもラベルはもっと新しく見えます。試しにネットで検索してみると、1970年代にも、同社で非常に良く似た製品が制作されていたようです。でも、70年代にウラン・ガラスとは?? 第二次世界大戦に向けて、ウランの核兵器への利用が活発化した為、ガラスをウランで着色する事は、1940年代でほぼ終了したはずです。
a0208783_4234171.jpg
実はフェントンは、現在でもウラン・ガラスを製造している、世界でも数少ないメーカーの一つだそうです。なのでこの一輪挿しも、実は結構新しいんじゃないかと思っています。しかし、手の込んだアート・ガラスなのには違いないし、それはそれでウラン・ガラスとして興味深い製品だと思いました。ハンガーフォード・アーケードでは、この他にも買う候補に挙がるウラン・ガラスが幾つかあったので、P太は超御機嫌でした。例え欲しい物が全てが手に入る訳ではなくとも、買いたい物に沢山出会えると言うのは、特にイギリスでは幸せだとつくづく思います。
  




# by piyoyonyon | 2019-02-24 15:20 | インテリア・デコレーション

ハンガーフォードでお宝探し エンポリウム編

a0208783_6275559.jpg
今回のハンガーフォードでのお宝探しレポートで、今までの記事の内容は、実は全てアンティーク・モールの「ハンガーフォード・アーケード」の一軒分のみです。アーケードの向かい側には、「The Emporium エンポリウム」と言うもう一軒の中々充実したアンティーク・モールが在り、時間も残り少なくなって来たので、急ぎ足で見て回ります。
a0208783_6281581.jpg
こちらのモールは、少しだけ品揃えが高級。特に入り口のレジ周辺には、銀器等の芸術品のような美しいアンティークが揃っています。このピューター付きウラン・ガラスの水差しは、いかにもアール・ヌーヴォーらしいデザイン。
a0208783_6283331.jpg
コバルト・ガラスが美しいマントル・ラスターは、本来はペアのはずです。
a0208783_6285110.jpg
奥に在る、可愛いビンテージが集まって魅力的だったストールは、すっかりビンテージ風の新品雑貨が増え、残念ながらつまらなくなって来ました。
a0208783_6301772.jpg
毎回結構楽しませてくれたのに…。でも、結局新品のほうが売れるんだろうな。
a0208783_6303885.jpg
ビンテージ・ジュエリーは、結構良さ目なのが揃っていました。
a0208783_6305513.jpg
ヴィクトリア時代のマントル・ラスターのはずなんですけど、ファンシー新品雑貨に囲まれて、凄く安っぽく見えます(笑)。
a0208783_631626.jpg
古い物ではなさそうですが、キッチン・ツールのミニチュアが可愛く見えました。
a0208783_6312496.jpg
その一方で、この新しく出来たらしいガラス専門のストール(と言うかキャビネットだけ)は、中々素晴らしい品揃え。ヴィクトリア時代の物から、コンテンポラリーまで揃っています。
a0208783_6314627.jpg
二階へ行きます。一部屋丸ごとが、あたかも実際に女性が住んでいるようにまとめられたストールもあります。
a0208783_6423943.jpg
住むにしては、まるで私の作業部屋のように物が多過ぎか(笑)。ここは、古着や布類等の女性的アイテムが結構充実しています。
a0208783_6322116.jpg
アンティークの絵葉書を繋げて、額装した物のようです。
a0208783_6325953.jpg
こちらは、ビンテージのカードやゲーム板を額装したのかも。昔の印刷物は、意外な物でも額装すると絵になります。
a0208783_6331698.jpg
ケイト・グリーナーウェイの挿絵に登場するような、ハイウェストの昔の少女服。
a0208783_6333490.jpg
クロシェ編みのパッチワークと、ヘキサゴン・パッチワーク(これはオクタゴンですが)。イギリス人の好きな二つのパッチワークが合体。
a0208783_6335029.jpg
手描きの花模様と摺りガラスの組み合わせが愛らしいコップは、アルプスのお土産のようです。
a0208783_63476.jpg
こちらは、おままごとのラスター加工のティー・セット。
a0208783_6343830.jpg
ビンテージのディズニー・グッズでも、「わんわん物語」柄は特に貴重かも。
a0208783_6345895.jpg
この子供用食器は、上部の髭のおやじフィギュア部分が栓になっており、ここから熱湯を注ぎ入れて、皿の上に乗せた食べ物を長く保温出来る仕組みです。
a0208783_6351682.jpg
このアンティーク・モール、地下室もあります。このストールは、「アーケード」のジャンク・ショップ並みにジャンクが集まり、価格もチャリティショップ並み。
a0208783_635393.jpg
アンティーク・モールで見掛けるアンティーク&ビンテージ陶器と言うと、この手のテイストが圧倒的に多いのです。揃った全体を眺めるのは、確かに絵になっていて爽快なんだけど…。
a0208783_6355693.jpg
生憎今回は、このエンポリウムでは、P太も私も買いたい物に出会えませんでした。でもこう言う古物との出会いは、本当に一期一会で時の運だと思います。
a0208783_6361797.jpg
実はもう一軒寄りたいアンティーク・モールがあったのですが、閉店時間20分前に到着したのにも関わらず、何故か既に閉店していてガッカリ。もしかして、平日で客入りが少なかったから?? しかし総合的には、とても充実した一日を過ごしました。
  




# by piyoyonyon | 2019-02-23 15:24 | 旅行・お散歩

御立ち台猫、再び

a0208783_714717.jpg
今日は猫の日。愛猫タラちゃんの基本的なお返事は「ぷりゅっ」で、「にゃあ」とは滅多に啼かない猫でした。今までは。ところが最近は、結構頻繁にみゃーんと啼くようになりました。一言みゃーんとさえ啼けば、マミーがすぐに「どうちたの~、よちよち」と心配して、すっ飛んで来て構ってくれる事を学んだからです。この所庭で遊べない為にエネルギーが有り余っているからか、屋内では益々テンションの高い時間が長く、「構って遊んで」攻撃が更に激しくなりました。
a0208783_7201289.jpg
御立ち台に登るのも、すぐにマミーの視界に入り、かつ構ってくれるので、益々お手の物です。
a0208783_7204098.jpg
この高さは、撫でて貰うだけでなく、頬擦りして貰うのにも都合が良いんです(タラちゃんにとっては)。タラちゃんは、顔と顔をしゅりしゅり擦り付けるのが大好き。
a0208783_7211046.jpg
撫でて貰うのを、未だか未だかと期待満々で待っている表情。しかし私にとっては、この場所は写真を撮るのに都合が良く、即座にカメラを持って来ると…、
a0208783_7213535.jpg
タラちゃんにカメラを向けた途端、「にゃーんだ。撫でてくれにゃい」とばかりに、ツレなくすぐに御立ち台から降りてしまいます。なのでこれらの写真は、今や結構貴重なショットです。




# by piyoyonyon | 2019-02-22 15:26 | 動物

冬咲きのバラ

a0208783_347289.jpg
新しいバービーの体型用に、ドレスを試し縫いしてみました。バービー人形のプロポーションと言えば、ボン・キュッ・ボンのスーパー・ナイスバディが当たり前で、特に胸と言うか胸囲の巨大さは、一昔前の日本人にとっては、最早異様(爆)に見える程でした。ところが今の廉価版のバービーは、実はそんなにボン・キュッ・ボンではないのです。身幅は結構あるものの、体厚自体は薄っぺらく、胸のカップはmomoko DOLLより小さい程だし、そもそも乳房が下目に付いています。実際の人間の比率にしてみたら、勿論今でも非常にスレンダーですが、ウェストは以前程殺人的には細くありません。それで、体にぴったりフィットする服だと、今までのバービー用の型紙では使えないので、またボディーにキッチン・ペーパーを当てて、新たに型紙を起こしてみました。
a0208783_3472058.jpg
この「ベラ」バービーは、90年代のボディーの型を使い回しをしていて、ウェストは現代の廉価版より細いものの、胸囲はやはり昔のバービーより薄目です。二回程作り替えましたが、胸板にボリュームがないと、どうも身頃にダーツが二箇所(×線対称)必要になってしまうようです。
a0208783_356477.jpg
手っ取り早く、近くにあった花柄の木綿の端布(一応ビンテージ)で、ノースリーブのドレスを作りましたが、この季節には寒々しいので、せめてもと後から共布の七分袖ボレロも拵えました。
a0208783_6135555.jpg
ドレスとボレロ、またはケープやコート(特にエリザベス女王がお召しになっているようなノーカラー)を共布でお揃いにするのは、昔から西洋のフォーマル・ウェアでは御馴染みのようです。


  

# by piyoyonyon | 2019-02-21 15:28 | おもちゃ・人形

ハンガーフォードでお宝探し 玩具&その他編

今回のハンガーフォード・アーケードでは、ビンテージ・ジュエリーの品揃えも少なくなったかもと感じましたが、ビンテージ玩具も以前より少なくなったように感じました。玩具専門のストールが撤退したからのようで、まあ残っていたとしても、私が買えるアイテムはほとんど無かった訳ですが…。かと言って、ストールに空きが目立つようになって来た訳ではなく、ちゃんと代わりのストールで埋まり、ガラス製品は返って益々豊富になったかも知れません。
a0208783_514484.jpg
専門のストールは減ったけど、あちこちのストールの合間にならビンテージ玩具を見る事が出来ます。こちらは高級ガラス器中心のストールなのですが、実は下方に、こんな気の抜けるような物が置かれていました。物凄く大股開きのテディベアが、否応なしに気になります(笑)。
a0208783_5162987.jpg
この人形の衣装違いには、ウィッカムの「チェサピーク・ミル」でも会いました。
a0208783_5171686.jpg
手作りっぽい縫いぐるみ。衣装的には赤頭巾ちゃんですが、…どちらも狼に見えます。
a0208783_5173811.jpg
蒸気機関車のモデルのようです。高級そうですが、詳細は分からず。
a0208783_5175397.jpg
大いに楽しませてくれたのが、この食品のミニチュア専門のストール。
a0208783_5184887.jpg
どれも、ドール・ハウスの基本的な1/12サイズです。
a0208783_519232.jpg
これには、ミニチュア好きのP太も感心。イギリス旅行でイングリッシュ・ブレックファーストが気に入った人は、そのミニチュアをお土産に買ってみては。
a0208783_5192253.jpg
日本にも精巧なミニチュアを制作する人は結構沢山居ますが、これは負けるとも劣りません。
a0208783_5195183.jpg
ただし、あくまでイギリス人の食のセンスで、イギリスの食品がモチーフなので、豚の生首が乗った皿など、日本人の感覚とはやっぱ違うな!と思える物も混じっています(笑)。
a0208783_5201368.jpg
玩具の他に、箱類も御紹介。この木箱は、麦わらをカットした細かいピースで装飾されています。
a0208783_5203344.jpg
これは箱ではなく、美しい七宝細工の付いた、工芸品のような装丁の本です。
a0208783_5205954.jpg
ビンテージの缶は、何処のアンティーク・モールでも見掛ける、人気のコレクタブルズ。
a0208783_5211854.jpg
赤いポスト型やコテージ型缶は、特にイギリスならではのデザインです。
a0208783_5224672.jpg
OXO(オクソ)缶も、イギリスらしいアイテム。
a0208783_5222289.jpg
コバルト色の地には、カラフルな柄が映えます。
a0208783_5233585.jpg
一つ一つに欲しいアイテムはないんだけど、全体をまとめて見ると、何て絵になるんだろうと惚れ惚れするストールには、アンティーク・モールで沢山出会えます。勿論、無造作に並べて偶然そうなった訳ではなく、バランスを考慮してディスプレイしている場合もあるだろうし…。
a0208783_5235747.jpg
こういう場所では、売って儲けを得る事そのものよりも、自分のお気に入りを並べて、ディスプレイに満足する為に出店している人も、案外多いのかも知れません。
  



# by piyoyonyon | 2019-02-20 15:27 | 旅行・お散歩

クリア・ラインストーンの連爪のネックレス

a0208783_6401710.jpg
イギリスのフリーマーケットでは、チャリティショップの売れ残り品を大量に買い取って販売しているストールを、結構見掛けます。チャリティショップの値札が、そのまま残っているので一目瞭然です。そう言うストールはプロの業者な訳ですが、チャリティショップよりはずっと安い値段で販売しています。元は寄付品のくせに値段が高い今時のチャリティショップは、「この値段では誰も一生買わねえだろ」的な商品が多い割に、商品の入れ替えは比較的早いのですが、こう言う買い取り業者が存在するのも、その回転の理由の一つのようです。
a0208783_6403022.jpg
チャリティショップの値段では誰も買わなくとも、フリマ価格なら売れる場合は結構あります。このビンテージのネックレスも、そんなストールから買った物。チャリティ屋での元値は3ポンド位でしたが、フリマでは50ペンスでした。1920~50年代頃のネックレスとして良く見掛ける、ラインストーンの連爪のタイプですが、大き目のラインストーンも使用されてボリュームは十分あり、またデザイン的にも少し捻りのある点が気に入っています。
a0208783_6405754.jpg
これは、スタイル的にはアール・デコ時代の物のようです。ラインストーンは無色透明だけなので、結婚式等のフォーマル・パーティー向けだったかも知れません。
a0208783_641937.jpg
留め金は、フックを連爪に引っ掛けるだけの、古風で簡素な仕組み(ちょっと扱い辛い)。ラインストーンの輝きも地金もとても綺麗な状態で、見た目的にはそんな古い物には全く思えません。フリマ、チャリティショップ、プロのアンティーク・ショップ(またはモール)と、それぞれの妥当な価格帯があるので、フリマでも頻繁に出会えるようなアイテムなら、わざわざチャリティ屋やアンティーク屋では手を出さない等、賢く使い分けたいと思います。
  




# by piyoyonyon | 2019-02-19 15:27 | アクセサリー


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ

2019年3月1日より、こちらのブログ(手帖3冊目)で更新します。

手帳1冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2019
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(223)
(218)
(189)
(173)
(167)
(163)
(138)
(99)
(90)
(87)
(87)
(85)
(82)
(75)
(72)
(71)
(71)
(68)
(60)
(59)

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2019-02-28 15:33
サーモン・オレンジのエナメル..
at 2019-02-27 15:28
五角形のイエロー系ラインスト..
at 2019-02-26 15:30
競馬場でアンティーク・フェア
at 2019-02-25 15:22
ウラン・ガラスの矢車菊柄一輪挿し
at 2019-02-24 15:20

記事ランキング

検索

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル