いつまでも着たい服

a0208783_4393523.jpg
この白いコットン・レースのブラウスは、もうカレコレ20年以上の前に買った服です。言わば、自分ビンテージ。形自体はシンプルながら、襟と身頃の前立て部分、七部丈の袖口に、レースがふんだんに用いられています。インでもアウトでも着られるよう、身頃の脇には少しスリットが入っています。全面開きなので、キャミ等の上の羽織り物代わりにもなります。ボタンは可憐な貝ボタン。さすがに今は余り着る機会はありませんが、傷んでもいないし未だサイズも平気なので、こうして捨てずに取ってある訳です。こんな清楚な服、イギリスではフリマでもチャリティショップでも、全く売れそうにありませんし(英国人女性「セクシーじゃなきゃ服じゃないわ♥」)。
a0208783_17123091.jpg
メーカーは「Do!Family ドゥファミリー」。ベーシックできちんとした中にも、流行と遊び心をさりげなく取り入れ、女の子らしくて可愛く、尚且つ着心地が良く、「お母さんが娘に買って上げたい服」ナンバーワンのようなブランドでした。ドゥファミリーと聞くと、今は無き「MCシスター」と言うファッション雑誌を思い出します。高校生のお洒落の教科書的な存在で、専属やレギュラーのモデルからは、沢山のタレントや女優が誕生しました。主に10代の少女向けの雑誌でしたが、ファッション・センスが合う為(笑)、私はかなり大人になっても時折購読していました。ドゥファミリーは、そのシンボル的なブランドでした。ところがある時、何気に読者からのお便りページを読んでいたら、とある高校生からの投稿で、「クラスを見渡すと、ギャルか、お洒落に全く興味無さそうなヲタク系女子しかおらず、シスターのようなファッション・テイストのクラスメイトが全く居ない」と、孤独を嘆く内容がありました。へえ、今ってシスターっぽい格好の高校生おらんのかい??と意外に思っていたら、…その証拠に、そのうち本当にシスターが廃刊(一応休刊って事らしい)になってしまいました。しかし、ドゥファミリーは今も生き続けているようです。
a0208783_4413942.jpg
このブラウスに、やはりドゥファミリーの黒の控え目フレア・スカート、またはロール・アップのストレート・ジーンズ等を専ら合わせていました。ドゥファミリーは、当時としてはサイズが割と大きめだった、と言うのも、愛用していた理由の一つです。さすがに今は、Sサイズは着られませんけど~(涙)。で、今後この服をどうするかと言えば、このままずーっと持ち続けて、おばーちゃんになっても着ようと思っています。ええ、絶対こんな服が似合う老女になってやりますとも。





[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-09 15:36 | ファッション・コスメ | Comments(2)
Commented by kagicho at 2018-06-10 09:54 x
ぴよよんさん、お久しぶりです。
コメントは久しぶりなんですけれど、実はほぼ毎日来てます(笑)お庭便りも庭園めぐりもアンティーク・モール巡りもドールネタも大好物です!

このブラウス素敵ですね!
見た感じ、衿とカフスと前身頃は、スカラップレースの生地をうまく利用した一枚仕立てのように見えます。特に前身頃は横に裁っているのでしょうか?すごく繊細ですねぇ。ため息が出ます。

実は私にも20年以上ずっと捨てられないで持っている服があるのです。ノーブランドなんですけど、あしらわれたピンタックとレースがそれはそれは清楚で可愛らしいと思って購入した、白のローンで作られたペチコート・スカート(裏がついている)なんです。モンゴメリやオルコットの少女小説の主人公が来ていそうなヤツです(笑)

今思うと、自分に対する期待値が高かったんでしょうね〜
まぁ尻の青い小娘だったので仕方がない(笑)そんなイタイ思い出と共に手放すことの出来ない一枚です。

それからドクターが女性になったのにはびっくりしました!確かに(私の愛する)ミッシーの例もあるので不思議ではないのですが・・・う〜ん。なんかまだ気持ちが慣れない。新シリーズが配信されて見慣れたら馴染むかしら・・・

ただ、『ドクターが白人男性ばかりなのはおかしい』と言った意見があったとか。それはそうかもしれないけど・・・なんだか平等というものは窮屈なものだと思いました。

長文コメントすみません!
ではでは〜
Commented by piyoyonyon at 2018-06-12 17:29
kagichoさん、こんにちは! いつも御覧下さってありがとうございます♪

このブラウスは、まるで昭和前半から着られている服みたいだと思っていました。白い服は、いつの時代でも色褪せない魅力がありますよね。そのペチコートも、絶対まだまだお役立ちだと思うので、処分しないほうが良いと思いますっ。そんなに手の込んだタックやレースなら、例え服としては着なくなっても、きっと何か別な物に活用出来るんじゃないかと思います。人形用でも、そういうペチコートはいつもコーディネイトの役に立ちます。

女性のドクター、やっぱ違和感ありますか~。同じキャラとは言え、役者に寄って性格設定が結構変わるんですよね。こちらでは、発表前にBBC自ら「白人男性ばかりなのはおかしい」を盛んに強調していたので、次のドクターは絶対女優か有色人種俳優に変わるんだなーとは思っていました。逆に、次も白人男性のドクターのはずがないと確信していました。一方ミッシーは、女性になってもマスターのまんまなのが凄いと思います(笑)。


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(211)
(197)
(160)
(158)
(153)
(152)
(130)
(88)
(87)
(87)
(85)
(79)
(75)
(71)
(70)
(69)
(66)
(62)
(57)
(56)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

青と緑のバイ・カラーのガラス..
at 2018-11-17 15:25
カナル・ボート・スタイルのミ..
at 2018-11-16 15:30
アール・デコのマザー・グース..
at 2018-11-15 15:29
木製装飾用ボタンとパーツ
at 2018-11-14 15:30
ビンテージ・ドイリーのコサージュ
at 2018-11-13 15:32

記事ランキング

検索

最新のコメント

Monucaさん、はじめ..
by piyoyonyon at 06:56
初めまして、Monuca..
by Monuca at 22:07
はっちさん、私も「何でハ..
by piyoyonyon at 04:28
 ハッピーハロウィン! ..
by はっち at 16:39
tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。