初夏のナイマンズ 1

a0208783_217795.jpg
Standen スタンデン」を訪れた次の週末は、五月で二度目の三連休でした。しかし天気予報は、生憎三日間とも雷を伴う暴風雨。唯一晴れの予報の土曜日の午後に、急に思い立って、我が家から程近いナショナルトラストの「Nymans ナイマンズ」の庭園へ行く事にしました。
a0208783_2173645.jpg
ナイマンズに来たかったのは、花の撮影の練習をしたかったからです。入り口前の駐車場脇の花壇からして、こんなに花々で溢れています。
a0208783_2175410.jpg
この時期は、アイリス中心の花壇になっていました。
a0208783_2181120.jpg
カフェ・売店を通り抜け、この庭園で最初に出迎えてくれたのが、このハンカチの木。
a0208783_2184236.jpg
続いて、長く幅が広い宿根草のボーダー花壇。
a0208783_2191977.jpg
青いダッチ・アイリスと赤紫のアザミ、背後に咲いている白い花はウツギのようです。
a0208783_2193923.jpg
カフェ脇の説明に寄ると、これは細葉丁子草だそうです。
a0208783_2195890.jpg
花の撮影の練習と言っても、技術的な上達は見込めそうもありません(苦笑)。単に、構図や角度の工夫をする事です。例えば、白い風露草の写真は、普通なら自分の目の高さでこう撮り勝ちです。
a0208783_21102267.jpg
しかし、少し目線を変えて、出来るだけ背景を生かして被写体を際立たせるようにと、P太先生は指導します。
a0208783_2111671.jpg
セントーレア・モンタナ(宿根矢車菊)と、オレンジ色のウェルシュ・ポピーの鮮やかな組み合わせ。
a0208783_21113417.jpg
こちらは、白花のセントーレア・モンタナ。同じく宿根矢車菊のデアルバータより、花びらが疎らなようです。
a0208783_21115962.jpg
凄く背の高い黄花アイリス。皆、日当たりの方向に傾いています。手前の青紫の花はネペタかな。
a0208783_21142041.jpg
段状咲きになった、背の高いプリムラ。
a0208783_21125187.jpg
透明感が美しいアストランティア・マヨール。
a0208783_21121912.jpg
春の球根植物としては、一番最後位に花開くアリウムですが、花壇の目を引くアクセントになって良い仕事しています。
a0208783_21131718.jpg
チューリップや水仙の球根に比べると、値段が割高なんですよね~。それにうちでは、アリウム・モーリー以外のアリウムは、皆育たなくて自然消滅してしまいました(涙)。
a0208783_21144677.jpg
小屋の脇に咲く白い藤も、あえて小屋の壁を背景に撮影。
a0208783_21154667.jpg
バラ園は、この時は未だ花期には早過ぎました。唯一咲いていたのは、ほとんどルゴサ・ローズ(日本のハマナスの改良種)だけ。
a0208783_2116617.jpg
イングリッシュ・ローズの「ワイルド・エドリック」は、うっとりする芳香の強さですが、ルゴサ系なので幹が凄いトゲトゲ。我が家には、迎え入れられそうもありません。
a0208783_21163653.jpg
アイルランド民謡「The Last Rose of Summer 夏の名残りのバラ(邦題:庭の千草)」のモデルと言われる「オールド・ブラッシュ・チャイナ」は、歌詞通り晩秋まで咲き続ける上に、咲き始めも早い働き者。
a0208783_21172422.jpg
バラの下草のネペタの合間に、黄色いウェルシュ・ポピーが紛れ込んでいました。
a0208783_21175260.jpg
盛夏と秋には見事なボーダー花壇は、この時は未だ植え込み待ちの寂しい状態。
a0208783_21182412.jpg
その脇にある藤棚は、丁度真っ盛りです。この庭園を紹介する時に良く使用される、アイコン的なお屋敷(半廃墟)の壁の壁を伝う藤は、一足早く終わっていました。
a0208783_21184771.jpg
藤の花とバターカップの組み合わせ。
a0208783_21191348.jpg
こちらは、ヤマボウシorハナミズキ系の花とバターカップ。単なる雑草のバターカップですが、群生すると中々見応えがあり、背景として結構お役立ちです。
a0208783_2120583.jpg
この庭園は、ツツジやシャクナゲも見事です。
a0208783_21203318.jpg
お屋敷に近付いて来ました。お屋敷の裏手に、新たにカフェ・コーナーが出来ていました。ここは、かつては厩か車庫だった場所のようです。
a0208783_21205487.jpg
いつもは庭園散歩の最後にアイスクリームを食べますが、この日は相当暑かったし、到着した初っ端からP太がアイスアイスと騒いでいたので(子供か)、ここで早くもアイスクリーム・タイムとなりました。私はストロベリー&クリーム、P太はハニー&ジンジャーを選択。ストロベリーは甘さギリギリで自然な風味で爽やか、P太のは生姜が半端なく利いてスパイシー、どちらも非常に美味でした。地元ウェスト・サセックス州の乳業製です。
a0208783_21212478.jpg
しかし後から知った事には、同じメーカーのアイスなのに、入り口のカフェのほうが安かった…。ナショナルトラストの敷地内であっても、飲食店だけは外部経営の場合がある為、こんな差額が出るのかも知れません。しかしロケーション的には、いつも混んでいて騒がしい入り口近くのカフェより、ここの方がずっと落ち着いた良い雰囲気でした。---食後は、まだまだ歩きます。



・ 
[PR]
by piyoyonyon | 2018-06-13 15:31 | 旅行・お散歩 | Comments(0)


こんにちは! ぴよよんです。英国から蚤の市等で出会った愛しのガラクタ達を御紹介する雑貨手帖も2冊目となりました。1冊目と共に宜しくお願い致します。


by piyoyonyon

プロフィールを見る
画像一覧

お知らせ

手帳一冊目(2014年7月までのブログ)はこちら

日々のつぶやきブログはこちら

コメント欄を承認制にしています。

Copyright
©2007-2018
Der Liebling
All Rights Reserved.

ブログジャンル

海外生活
雑貨

カテゴリ

全体
ごあいさつ&お知らせ
おもちゃ・人形
アクセサリー
テーブル&キッチンウェア
ファブリック
インテリア・デコレーション
箱・缶・入れ物
ファッション・コスメ
バッグ・靴・帽子
手芸用品
本・メディア
ステーショナリー・グラフィック
飲み物・食べ物
旅行・お散歩
ガーデニング・植物
動物
その他
イギリス生活・文化

タグ

(209)
(192)
(159)
(154)
(149)
(149)
(128)
(87)
(86)
(86)
(83)
(78)
(75)
(70)
(69)
(68)
(66)
(62)
(57)
(55)

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ウラン・ガラスのラインストー..
at 2018-10-22 15:34
ベージュ地のプチポワンのビン..
at 2018-10-21 15:35
被せウラン・ガラスのミルク・..
at 2018-10-20 15:30
オクトーバーフェスト
at 2018-10-19 15:26
ウィッカムのアンティーク・モ..
at 2018-10-18 15:25

記事ランキング

検索

最新のコメント

tomtomさん、こちら..
by piyoyonyon at 05:59
お返事ありがとうございま..
by tomtom at 10:10
加代子さん、レース等の古..
by piyoyonyon at 19:55
とっても素敵なレースです..
by 加代子 at 04:53
tomtomさん、はじ..
by piyoyonyon at 18:32
こんばんは。 はじめま..
by tomtom at 21:36
でにさん、こんにちは! ..
by piyoyonyon at 17:59
こんにちは。 こちら、..
by でに at 15:14
はっちさん、ありがとうご..
by piyoyonyon at 16:57
 これはカワイイ!とって..
by はっち at 16:35

画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。